ポケモン シエラ対策。 1月のシエラ対策!アブソルなどに勝ったポケモンたち!

【ポケモンGO】シエラ対策と手持ちポケモン一覧【ロケットリーダー攻略】

ポケモン シエラ対策

5 3000 3 相手のパーティを確認して対策する アルロに負けても使用してくるポケモンは変わらない。 1回目でクリアできなかった場合は、相手が使ってきたポケモンに対抗できるポケモンをパーティに入れよう。 相手のシールドを早く使わせる アルロはこちらのゲージ技をシールドで防いでくる。 ただし、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを使って、相手のシールドを全て使わせよう。 アルロ1体目の対策方法 クヌギダマの突破方法 通常技 ゲージ技 ディアルガが安定して戦える カイリューはドラゴンタイプなので、ドラゴンタイプ技でも弱点を突ける。 こちらもドラゴンだと弱点を突かれるが、はがねを持っているディアルガであれば、ドラゴン技を等倍にできる。 一方的に弱点を突けるので、安定して戦える。 2重弱点を突けるこおりタイプで対策するといい。 ロックオンで素早くゲージを貯められるレジアイスや、技とステータスが強いマンムーがおすすめ。 はがねのつばさでこおりの弱点を突かれる カイリューは通常技ではがねのつばさを使うことがある。 はがねタイプの技なので、こおりタイプは弱点を突かれるため、すぐにやられてしまう。 はがねのつばさの場合は、こおりタイプ以外で対策しよう。 対策に使えるポケモン.

次の

【ポケモンGO】シエラ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略|ポケらく

ポケモン シエラ対策

5 3000 3 相手のパーティを確認して対策する アルロに負けても使用してくるポケモンは変わらない。 1回目でクリアできなかった場合は、相手が使ってきたポケモンに対抗できるポケモンをパーティに入れよう。 相手のシールドを早く使わせる アルロはこちらのゲージ技をシールドで防いでくる。 ただし、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを使って、相手のシールドを全て使わせよう。 アルロ1体目の対策方法 クヌギダマの突破方法 通常技 ゲージ技 ディアルガが安定して戦える カイリューはドラゴンタイプなので、ドラゴンタイプ技でも弱点を突ける。 こちらもドラゴンだと弱点を突かれるが、はがねを持っているディアルガであれば、ドラゴン技を等倍にできる。 一方的に弱点を突けるので、安定して戦える。 2重弱点を突けるこおりタイプで対策するといい。 ロックオンで素早くゲージを貯められるレジアイスや、技とステータスが強いマンムーがおすすめ。 はがねのつばさでこおりの弱点を突かれる カイリューは通常技ではがねのつばさを使うことがある。 はがねタイプの技なので、こおりタイプは弱点を突かれるため、すぐにやられてしまう。 はがねのつばさの場合は、こおりタイプ以外で対策しよう。 対策に使えるポケモン.

次の

【ポケモンGO】シエラ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略|ポケらく

ポケモン シエラ対策

ラプラスは耐久が高いポケモンですので、どうしても長期戦になってしまいます。 火力の高い「ふぶき」や「ハイドロポンプ」に対してはシールドを使い、でんきタイプやかくとうタイプで弱点を突いて攻略しましょう。 アブソル戦で攻撃を上げた後にラプラスと対面すると、より効率的にダメージを稼ぐことが可能です。 攻撃種族値が非常に高いため、被弾を抑えつつ手早くパルシェンを倒せる点も魅力です。 ナッシーは非常に火力が高いポケモンですので、むしタイプの技で2重弱点を突いて速攻で倒す攻略法がおすすめです。 特にハッサムは、ナッシーの技すべてに耐性があるため、最もおすすめの1体になります。 技の回転も速いため、育っている個体であればシールドを温存しながらナッシーを倒せます。 ナッシーのくさ技に2重耐性があるため、防御面も安定します。 防御面にやや不安はありますが、育成コストを考慮すると初心者の方におすすめの1体になります。 ラプラス タイプ1 タイプ2 通常わざ スペシャル技 サメハダーは攻撃種族値が非常に高いですが、打たれ弱いポケモンのため速攻で倒してしまう戦法がおすすめです。 攻撃種族値が突出して高く、通常技のカウンターでもゴリゴリとサメハダーのHPを削ることができます。 合計種族値が高く覚える技も優秀なため、安定してサメハダーを倒すことができます。 DPSの高いハードプラントを使えるため、効率よくサメハダーにダメージを与えられます。 3匹目にシエラが出すポケモンの対策 ダーテング タイプ1 タイプ2 通常わざ スペシャル技 ダーテングは秀でた種族値はないポケモンですが、エネルギーを貯めやすい「バークアウト」とダメージ効率の良い「リーフブレード」の組み合わせには注意が必要です。 最低でもくさ技を半減できるポケモンを採用し、被ダメージを抑えましょう。 防御を下げることができるアシッドボムも強力で、長期戦になっても打ち勝つことができます。 技の回転率も高いため、手早くダーテングの処理が可能です。 種族値が高く、CPが高いノクタスでも安定した立ち回りができます。 ヘルガーは攻撃種族値が高いため、あく技とほのお技に耐性があるポケモンを選出しないと簡単に倒されてしまいます。 しかし、HPと防御は低いため高火力のかくとうタイプやじめんタイプで攻撃すれば打ち勝つことが可能です。 あく技を半減できませんが、技の組み合わせが優秀なのでヘルガーに打ち勝てます。 攻撃種族値も高いため、防御の低いヘルガーを手早く倒すことができます。 合計種族値が高いため、最も安定してヘルガーと戦えるポケモンであると言えます。 フーディン タイプ 通常わざ スペシャル技 フーディンの対策には、あくタイプのポケモンがおすすめです。 フーディンは耐久が貧弱なポケモンですので、高い火力を出せるあくタイプであれば手こずらずに倒すことができるでしょう。 スペシャル技はタイプ一致のあくのはどうよりも、不一致のシャドーボールの方が火力が出ます。 耐久も高いため、安定してフーディンを倒すことができます。 フーディンのスペシャル技に対して、れいとうパンチ以外に耐性がある点も評価できます。 関連リンク ロケット団の関連記事 シエラ対策.

次の