赤城提督。 赤城提督シリーズ (あかぎていとくしりーず)とは【ピクシブ百科事典】

赤城提督シリーズ (あかぎていとくしりーず)とは【ピクシブ百科事典】

赤城提督

精霊達は世界各地で同時に姿をみせ、武装で身を固めており、世界相手に戦った。 それはそれは、二年以上来る日も来る日も戦いに戦った。 沢山の海で、数え切れないほどの死者を出しながらも。 海も空も争いが途切れる事はなく、毎日悲鳴の届かぬ日はなかった。 人間と同じく、知性を持つ者は共存を望まず殺し合いを望んだ。 精霊達の旗艦を務める戦艦精霊王を中心に陣を組み人類を滅ぼそうとせんとした。 大地の奥深くに逃げた人類に対しては航空戦力を使ってきた。 その為人類と精霊の戦争は非戦闘員も巻き込まれる程に大規模戦闘へと発展した。 豊かな森は精霊航空戦力によって焦土と化し、豊かな大地は失われた。 そんな世に、多くの国が疲弊し、機能しなくなり、ついには資源も失われた。 人間以上の身体能力を有した精霊の前では人は弱者でしかなかった。 それでも人類は生き延びた者達で協力し、徒党を組む。 そして反撃の機会を伺い、まずは生き残る事に専念した。 そんな中、精霊達と同じく機動力を最大限に活かし戦う艦隊少女が誕生する。 この空と海、そして大切な人を取り返す為、精霊達に立ち向かうのであった。 または愛する者を殺された者は復讐の為に立ち上がり、少女達の反撃が始まった。 だが、それでも失われた領土の一部しか取り返す事が出来なかった。 空が、海が、戦場となる世の中。 朝も昼も夜も、少女達の闘いは行われた。 そんな時、艦隊少女の力を受け継いだ男児が誕生する。 人はこれを進化と呼んだ。 艦隊少女の力と提督としての力を手に入れた男児は世界でその数を少しずつ増やす。 そして、艦隊少女達は自分達の力を更に強力にしてくてくれる者をこう呼んだ。 提督となった者達は、まず人類に残された領土の確認をし。 艦隊少女達と協力して、自分達の生存圏の確保に全力を注ぐ。 そして艦隊少女達に力強く語りかけた。 復讐心だけでは、精霊には勝てない。 上位個体である精霊に勝つには、 まず自分達が弱者だと認める事から始めなければ、 いつか人類は滅ぼされるだろうと。 そして弱者だと知った時、更なる力を手に入れる事ができる。 その時、提督の力は更に向上し艦隊少女に更なる力を与えるだろうと。 それから各鎮守府に着任した提督を中心に艦隊少女達は戦い続けた。 だが人類と精霊の闘いは両者の力が拮抗し、戦争そのものが停滞し始めた。 特定の艦隊少女しか強化できない提督の力はそこまで万能ではなく。 それ以外の艦隊少女に対する後押しは出来なかった。 ついには提督自ら戦場に出るように時代へと時は進んでいく。 かつて最も多くの艦隊少女から支持を得た提督の名は『セシル』。 そしてそれは精霊王すらもが警戒した提督の名。 彼の提督スキルは配下の艦隊少女全員の能力と。 自身の能力を大幅に強化する物だった。 まさに神の力だったとある者はそう言った。 あれから影と赤城は鎮守府に戻る前にある所に立ち寄っていた。 海にダイブし、初めての戦闘に冷や汗をかいた影の身体がベトベトしている事に気が付いた赤城は影を自分の家に案内していた。 「てかこれどう見ても広すぎだろ……」 タオル一枚腰に巻いた影は色々と驚いていた。 「そうでもないですから、ほらそこに座ってください」 「あ……うん。 てか何で二人でお風呂なの?」 「説明ですか? それは簡単です。 鎮守府ではまだ正式に提督として着任してない影提督が鎮守府の女性しかいないお風呂場に行けばどうなるか目に見えているからです」 ここで影はこの鎮守府に男は自分一人しかいない事を思いだす。 男と女が半々ぐらいいる世界にまだ感覚が慣れているせいか、どうもこの世界は日常生活においても慣れるまでが色々と大変そうだった。 「……うん。 そうだね、それでなんで俺、赤城に頭洗って貰ってるの?」 「それはもしや……私じゃ不満と言う意味ですか?」 赤城の声が急に弱々しくなり、頭を洗っていた手が止まる。 「そうじゃなくて。 自分で洗えるからわざわざしなくてもいいよって意味……です」 赤城が安心したのか安堵してから手を動かす。 「それは……ほら……あれですよ……。 若い男性は今一人しかいませんし……提督がほら……見てて可愛い……から、その……あれです……私も女ですし……今のうちに……好感度を……です」 と急に照れ始める赤城。 それにさっきから感じてる背中に当たる二つの塊が影の若い身体を刺激する。 これは俗に言う……ハーレムフラグ! と喜びたいところではあるが、迂闊に表に出せばドン引きされるかもしれないのであくまで冷静を装う。 「ちなみにこの大浴場は私が家族と住んでいた時に使っていた物です。 だからまぁ気にしないでください」 その時、ふと思う。 赤城に身体を洗ってもらう事は今まで生きて来て一番気持ち良かったかもしれないと。 一応言っておくが、変な意味ではない。 指の腹で程よい力加減で優しくマッサージをするように洗い、最後にリンスをして洗い流す。 これがまたとても気持ち良かったのだ。 後は背中を洗ってもらった。 流石に前は恥ずかしいので自分で洗ったが。

次の

#8 提督と赤城

赤城提督

図鑑データ 艦名 赤城 図鑑No 6 艦級 赤城型1番艦 艦種 CV 絵師 「航空母艦、赤城です。 空母機動部隊を編成するなら、私にお任せくださいませ。 」 サイトトップの艦娘紹介 空母機動部隊の旗艦も務める航空母艦の艦娘、赤城。 零式21型や九九艦爆、九七艦攻などの自慢の艦載機の組み合わせで、 強力なパンチ力を繰り出す彼女も、後輩から慕われる優しい艦娘先輩です。 概要、出ます! となった実在のについては。 としては、単なるも多い。 彼女は序盤の任務報酬として入手できるため、の中では身近な空母娘である。 正規空母としては標準的な性能であるが、入手時点では、良くてが中心のである場合が多く、正規空母はそれらと比較して群を抜く大型艦であり、その火力は圧倒的。 だがその一方、資源消費量や(的な意味での)の占拠時間もそれまでとは桁違いのものであり、大型船の戦力と悪燃費を知らしめられた(特に初期の)達による 「・」のが定着してしまい、 を筆頭に、でもネタとして採用されてしまった。 (後述) またゲーム上で表記されているので間違われやすいが、 厳密に言うと本来の彼女の艦級は「2番艦」なので注意が必要。 この辺りの経緯も。 あの、提督?ごは…あ、いえ!作戦開始はまだでしょうか? この事から、赤城は という、良い意味で彼女らしいが付けられたのである。 更に出撃時の台詞「!赤城!出ます!」の台詞が「一航戦!赤城! 寝ます!」に改変され、食っちゃ寝キャラと化してしまうことも。 なお、や相方であるをはじめ、彼女以上に高コストの艦は決して珍しくない。 何故赤城ばかりがそんな印象を持たれやすいかと言えば、彼女は先述の早期確実入手が可能なのに対し、その他やはレアで滅多にお目に掛かれないからだと思われる。 また、空母は索敵や制空権争いの先制複数攻撃でMVPを獲得しがちでが突出しやすく、そのせいでただでさえ多い修理コストが 急激にガンガン膨れ上がっていくため、尚の事重巡以下の艦娘とは差が開きやすい。 戦艦と比べてやや低い防御力からがかさみやすい=長時間入渠に追い込まれやすいのも一因だろう。 戦艦と違っても食べるし。 他にも、初期には で1-1に出没する相手に何故かボーキサイトが大量に消し飛ぶ様になっていた事や、 同じくバグでとの性能が正常に発揮されず、ボーキが消し飛ぶ様になっていたのも要因の一つと言えるだろう。 また、の藤田咲も赤城のをコミックウォーカーに書きおろした際、 「特盛こそ、一航戦の誇り」の一文と共にを盛ったを一緒に書いている事からそのようなキャラとして認識している事が分かる。 そして、2014年7月、遂に内でも赤城が腹ペコキャラである事を匂わせるセリフが追加された。 詳しくは下記を参照されたし。 なお、運営鎮守府がイメージしている本来の赤城は 「頼れる素敵なお姉さん」という設定である。 実際に母港や出撃時や戦闘時等のボイスを聞いていれば、 極めて真面目でリーダーシップがあり、尚且つ凛としておっとりした優しい印象を感じさせる。 その為か「(気味だけど)素敵なお姉さんの赤城さん」というイメージや、「誰にでも優しいけど(史実の敗戦から)事あるごとに自分を戒める赤城さん」というイメージもあり、また、任務に関連する台詞が多いド真面目っぷりから「戦いにしか興味がない戦闘マシーンな赤城さん」というイメージで想像しているもいれば、史実の赤城の主計烹炊員が優秀だった事から「食べるのも作るのもいける艦娘」としている提督もいる。 そしての追加ボイス 放置ボイス・後の母港ボイス・補給ボイスに加え、2014年夏季イベント『』までの期間限定ボイスが実装された。 この期間限定ボイスでは、刻一刻と迫るMI作戦に対し不安?怯え?を見せる、普段の凛とした彼女とは違う一面を垣間見る事が出来た。 ある種の「トラウマスイッチ」と言えるのかもしれない。 そして 放置ボイスでまさかのハラペコキャラがゲーム内で公式化された……が、「ごはん」と言いかけ慌てて「作戦」と言い直すその姿に、「かわいい」と好評が集まっている模様。 また、の姉妹艦である(舞風と同様に赤城の雷撃処分に関わる)ので昼食を食べに来ているが、これが果たしてタカったりつまみ食いをしに来ていたかどうかは 全くの不明である。 (普通に昼食を取りに来た可能性もある) 艦娘との婚姻を結ぶケッコンカッコカリでは、自身のトラウマとも言える「ミッドウェー海戦の運命の5分間」を提督となら塗り替える事が出来るかもしれないという信頼(そして愛情)を語っている。 また、2014年8月に全国のにて数量100個限定で発売された「赤城目覚まし時計」には、愛らしいボイスが用意されており、硬派な普段のセリフとは違った一面を見せている。 更に、でも…… 『鎮守府生活のすゝめVol. 3』のインタビューでは、アニメ版では吹雪から憧れの存在として描かれる予定である事が発表されており、劇中では主人公のが憧れを覚え、彼女のとなる事を決意させるに十分なキャラクター設定となっている。 が、 第2話では超弩級盛りカツカレーを頼むなど、食べられるものは何でも大器の大食艦ぶりは相変わらずである(吹雪はそういう所にも憧れている様子)。 第6話のカレー大会で加賀が剥いたジャガイモを頬張る姿があたかもっぽくなったのは、寡黙な加賀でさえもときめかせるちょっとした萌えポイント。 一航戦のリーダーとしての自負と責任感を持っており、のも赤城の進言には耳を傾けている程だが、その責任感が極度のプレッシャーとなったのか、第11話では……。 尚、アニメ放送開始前に公開されたPVの時点で既に登場を果たしていたが、PV第一弾の水上戦シーンにおいて艦娘が仁王立ちのまま水上スキーのように海上を滑走するシーンが余程シュールだったのか、赤城が足を停めたまま滑走しながら弓を射る(艦載機を発艦させる)シーンを素材に様々なパロディ作品が作られた模様()。 もっとも、空母は艦載機を発進させる際に風上に向けて全速力で航行する必要があるため、そういう意味ではこの行動自体に何らおかしな所はない。 そして、限定グラフィックでも…… 2020年元旦には、相方の加賀から一年越しでの新春【晴着】modeが実装された。 加賀に負けず劣らずのかなり派手な赤い晴着を着ており、「正射必中」と書かれた札のついた破魔矢を持っている。 以前の限定グラフィックから一転、紛うことなき正統派美人の姿に驚嘆した提督諸氏も少なくなかったとか。 他にも、立川シネマや呉コラボにおいて、しばふ氏による私服姿が描かれているほか、姿の少し幼い姿まで描かれている。 彼女の私服姿は何種類かあるが、お洒落度は高いようだ。 史実で轟沈した後の「知らない子」 また、彼女の有名なの一つに 「? いえ、知らない子ですね」というものがある。 これは史実において赤城が(1942年6月)で沈没したのに対し、艦上戦闘機の烈風はその開発の遅れから、結局中に実戦投入されるぬまま終戦を迎えてしまった事に由来する。 (同じくについての台詞もあるが、改変しづらいせいか「知らない子ですね」ほど話題に上ることはない) なお、対比として赤城が沈んだ後に一航戦旗艦を継いだはケッコンカッコカリ時に、史実では搭載する機会が無かった機体でも「素敵な艦載機」と高評価をして提督に感謝の意を述べている。 また、「知らない」と言っても開発はちゃんと出来るので、烈風や流星狙いでを回す際には赤城さんをにしても全く問題はない。 しかし、この「いえ、知らない子ですね」の台詞の影響もあるのか、赤城がミッドウェー以後の戦況をどう認識しているのか判別つかないという弊害を生み出してしまっている。 公式4コマでは「トラウマスイッチ」「赤城スイッチ」としてネタにされているが、陰で克服すべく一応の努力はしていた様子。 その方法が残念なのはだから仕方ないね。 『いつか静かな海で』のは、ミッドウェーのトラウマを越えようと足掻いていた。 また、の名を受け継ぐ『最期の一航戦』の一隻であるとの関わりに期待がかかっていたが、公式4コマの天城登場回にて、新一航戦としての活躍を望む天城を赤城と加賀が悲しげに見守る場面が描かれた。 この中で加賀が「あの子たちが一航戦だった時を考えると…ね」と語った事から、公式4コマではミッドウェー後の一航戦が辿った末路を赤城と加賀が認識している事、そして『天城』の名を持つ船が一航戦を受け継いだ事に負い目を抱いているという解釈になっている模様。 謎の多い交友関係 長らく、 「他の艦娘や提督について一切言及しない」ことで有名な艦であり、このことから上述のような「人当たりはいいが内実は戦闘と任務にしか興味が無い戦闘マシーン」という解釈を持たれることさえあったが、逆に「自分から壁を作っているような雰囲気が感じられる」という意見もある。 しばふ氏の公式イラストやプレイ漫画『艦々日和』では、公認のと組んでいる事もあり、吹雪の連装砲の持ち方を支える赤城の姿が描かれている。 これは赤城に座乗していたの氏が水雷屋上がりの人物であり、吹雪の所属していた司令を務めていた事も関係しているのかもしれない。 史実においては、赤城の設計図がに渡り、空母の建造において参考とされている。 からの改装空母である赤城と、純然たる空母として設計されたグラーフ・ツェッペリンの設計には大きな違いがあり、中央エレベータ部以外はドイツ独自の設計であるが、ある意味で異国ののような存在と言えるのかもしれない。 後にが実装されたが、彼女の時報で赤城が正規空母の会(夕食会)にグラーフ・ツェッペリンを招待した事が語られており、遠い親戚にあたる彼女を気にかけている模様。 グラーフ・ツェッペリンの方も自分の建造に赤城が関わっている事から日本の艦隊との合流を楽しみにしていた。 になると「一航戦1946」というif設定からか、史実で面識のなかったと会話するようになる(ちなみに大鳳のことは呼び捨てである)……が「史実で面識がない」点が強調された結果、 この段階で初めて大鳳の存在を認識したというそれはそれでなんとも言えない事になった。 二次創作では、空母改装中にで大破し廃棄された姉がいる事から、亡き姉に思いを馳せる赤城を加賀が気遣ったり恋愛関係物が描かれる事が多い。 vol. 2』には、しばふ氏の描いた「大和煮さん」なる女性キャラクターが登場している。 この大和煮さん、一部の提督の間では 赤城と瓜二つな事で知られており、彼女自身も「知らない子」「慢心」などのワード(更には飛龍の「第二次攻撃の要を認めます」まで)を口にしているなど、明らかに『狙った』ような描写がなされている。 そして2017年4月22日、艦これと大阪王将のコラボに抜擢されて読売新聞の紙面に登場した赤城は 腰から上の服とアクセサリーが大和煮さんと全く同じであった。 一航戦の性能…こんな所で失うわけには… 序盤の任務報酬で手に入るため、多くの提督が最初に手に入れることが多い正規空母であるが、入手時期の早さに見合わず、その性能は極めて高水準である。 火力は相方の加賀以上の54、これは「改」の時点での次に高く砲撃戦時の攻撃力は十分である。 制空特化にすれば翔鶴型と互角の制空力を誇り、対艦攻撃を意識して艦攻を積めばアッサリと戦艦並の攻撃能力を獲得するため、総じて扱いやすい正規空母と言えるだろう。 数字上の耐久値は高いが装甲は低めであり、過信は禁物。 回避も低く、高難易度海域では中破・大破に追い込まれやすい。 中破・大破すると昼戦に参加できなくなるため繊細な運用が必要になる。 なお、彼女(と加賀)はスロットに偏りがあり、性能に方向性を持たせる事ができるため、一番搭載数の多いスロットにを積めばボーキの消費を抑えることができる場合もある。 ついでに、序盤の任務報酬としてほぼ確実に入手可能なために忘れられがちだが、赤城さんの 本来の度は凄く高い(やと同じ 準最高レアリティの 「ホロ」)。 3周年を迎えてがそれなりに増えてからはを始めとする「 」や改の「 」といった上位種が出てきているが、それでも通常建造・通常ドロップでのレアリティが高いことに変わりはない。 任務報酬で手に入れた赤城さんをうっかりあるいはさせてしまうことのないよう気を付けたい。 改二実装、ありがとうございます! 、二航戦・五航戦の実装から長い時間を空け、期間限定イベント「」の実施と共に、遂に が実装された。 とのコラボ企画「」のステージイベントで先行公開されていたが、さらなる コンバート改装形態として も同時実装された!! アクションフィギュア化、ありがとうございます。 助かります。 に引き続き、赤城のが2014年5月16日に発売された。 特徴である甲板や電探、マストなどを再現。 艦載機3機と、回避運動をイメージした水飛沫のエフェクトパーツが付属する。 また、「大食い」のイメージからオプションパーツとして「山盛りご飯」「セット」「ボーキサイト満載の」も付いてくる。 他にもやでもラインナップされており、figma版にはねんどろいどと同様にバケツやご飯等のオプションが付属。 更に「GOOD SMILE ONLINE SHOP」で2014年4月30日までに予約を行うと特典として状態の飛行甲板が同封された。 この出演で慢心しては駄目 2015年10月12日に、米軍横須賀基地で米海軍航空母艦ロナルド・レーガンが一般公開されたが、その 米軍公式動画になぜかねんどろいど赤城が映っており、海外からのコメントにもAkagiが多数含まれる事態になった。 ちなみに ネタにする事になるが、 実はボーキサイトは人体に有害。 それも、粉塵がに入ると ものの数年でに至るほどにひどく有害なのである。 なので、を降ろせば普通のである(らしい)がこれを素のまま持ち歩いたり、あまつさえに近づけるなんてとんでもない行動であるといえるだろう。 無論、ゲームにリアリティを求めるのもナンセンスかもしれない…。 pixivでは での扱いはだいたい上述の通りだが、率は約5. 全体ではほぼ同数の加賀が約11. 関連イラストのみなさん、用意はいい?.

次の

赤城「提督が残念なんですけど…」提督「人のこと言えないだろ…」

赤城提督

「私、この鎮守府で…提督と出会えて、本当に良かったです」 「…俺も、お前と出会えて良かったよ」 私の心の奥の奥底まで覗き込むような瞳を向けて、提督は微笑んだ。 私は提督のこの笑顔が大好きだ。 弓を射る時より、ご飯を食べる時より、何よりこの笑顔を見るのが大好きだ。 「提督」 「どうした、赤城」 「私のこと、好きですか?」 「ああ、大好きだ。 愛している」 「ふふっ。 私も愛していますよ」 「そうか」 「提督」 「どうした、赤城」 「提督の手…暖かいです」 「そうか」 「はい」 「お前は……いや、お前も暖かいよ」 「提督」 「どうした、赤城」 「初めて会った日のことを、覚えていますか?」 「もちろんだ。 お前はこの鎮守府で初の正規空母だったからな」 「あの時の提督ったら…ふふっ。 子供みたいに喜んでくれましたよね」 「それはもう忘れてくれ…」 「ずっと覚えていますよ」 「提督」 「どうした、赤城」 「私は、提督のお役に立てましたか?」 「…愚問だよ。 俺はご飯を作ることも、洗濯だってロクに出来ないんだ。 お前がいなきゃ、生きていけないよ。 …今までも、これからも」 「そうですか」 「ああ」 「提督」 「どうした、赤城」 「…生きてくださいね」 「………」 「どうして答えてくれないのですか?」 「ごめん」 「少し、ボーッとしてただけだよ」 「提督」 「どうした、赤城」 「笑ってください」 「……難しいな」 そう言いながらも、少し口角を上げ、私の目をしっかりと見据え微笑んでくれる。 ああ、大好きな、私の大好きな笑顔だ。 「提督」 「どうした、赤城」 「ありがとうございます」 「………ああ」 「私を選んでくれて、ありがとうございます」 「こちらこそ、ありがとう。 こんな俺を支えてくれて…こんな俺を選んでくれて… 本当に…ありがとう」 「提督!」 血相を変え、ノックもせずに執務室の扉を乱暴に開いた加賀。 普段の彼女からはあり得ない行動。 つまり、そういうことなんだ。 「どうした…加賀…」 俺はその様子に驚きもせず、冷静に返した。 「赤城さんが……赤城さんが……っ!」 ポロポロと大粒の涙が加賀の頬を伝って、執務室の床へ次々と流れ落ちる。 上手く喋れず、口をパクパクと動かすだけの加賀に、何もしてやれることはなく、ただただ次の言葉を待った。 『提督』 「赤、城…さん、が……轟沈……しました………」 『さようなら…。

次の