あっせん 利得 処罰 法。 甘利明氏ら、不起訴処分 嫌疑不十分となった理由は...【現金授受問題】

【政治経済キーワード】あっせん利得処罰法:日本共産党前衆議院議員 佐々木憲昭オフィシャルサイト

あっせん 利得 処罰 法

「清潔な政治」目指す努力の積み重ねが生んだ成果 公明党の党是は「清潔な政治」。 その理想に向け、長年にわたり努力を積み重ねてきた。 特に、連立政権に参画してからは、「政治とカネ」をめぐる不祥事の一掃を目指し、政治資金規正法を何度も改正してきた。 たとえば、2000年から実施された、政治家本人に対する企業・団体献金の禁止。 これは、献金を存続させる方針だった自民党を公明党が説得して実現させたものだ。 また、2007年には、1円以上の政治資金支出の領収書公開も実現した。 2001年に施行された「あっせん利得処罰法」の制定にも、公明党は主導的役割を果たした。 同法は、公職にある者が口利きの見返りに報酬を得ることを禁じたもの。 政治家本人や公務員だけではなく、公設秘書についても同じく禁じた。 さらに翌02年には、「あっせん利得処罰法」を改正し、政治家の私設秘書についても「口利き」を禁止。 「政治とカネ」にメスを入れた一連の改革は、マスコミからも「渋る自民党を説得」と高く評価された。 【写真】党首討論で、鳩山首相の政治資金規正法違反問題を厳しく追及する公明党・山口那津男代表 (国会内 2010年3月31日).

次の

政治資金規正法改正と「あっせん利得処罰法」制定 ―「政治とカネ」にメス

あっせん 利得 処罰 法

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 免責事項もお読みください。 公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律 通称・略称 あっせん利得処罰法 平成12年11月29日法律第130号 種類 刑法 効力 現行法 主な内容 、の(及びその)やのの職権を利用したあっせん利得行為やそれに対する利益供与行為等を処罰する法律 関連法令 () 条文リンク テンプレートを表示 ウィキソースに の原文があります。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律(こうしょくしゃにあるものとうのあっせんこういによるりとくとうのしょばつにかんするほうりつ、平成12年11月29日法律第130号)は、あっせん利得行為等を規制するのの一つ。 概要 [編集 ] 旧来の上のは、贈賄側から請託を受けて他の公務員に職務上不正行為を斡旋したことを立証しなければならないなど犯罪のが厳しく、が困難だった。 しかし、この法律によって、請託を受けて斡旋先の公務員の職務上適正な行為をさせても、財産上の利益を収受していれば適用される。 なお、処罰対象はにある者と国会議員に限定されており、とそのや地方公職の秘書(地方自治体の等)は対象外である。 2004年の法改正までは国会議員秘書は国会議員に限定されていた。 1996年に発生したの一環である若築建設事件を教訓に制定された法律。 5月、における指名業者選定をめぐる事件が、この法律でのが出た初めての例となった。 現職の市議と会社経営者によるこの事件は、第154回国会における衆議院特別委員会で取り上げられた。 内容 [編集 ] 「公職にある者」(第1条) 、又はの議会の議員若しくは長()のこと。 「秘書」(第2条) 第132条に規定する秘書()その他衆議院議員又は参議院議員に使用される者で当該衆議院議員又は当該参議院議員の政治活動を補佐するもののこと。 その他 犯人が収受した利益は、される(第3条)。 また、も処罰される(第5条)。 その他、「適用上の注意」として、「この法律の適用に当たっては、公職にある者の政治活動を不当に妨げることのないように留意しなければならない。 」と規定がある(第6条) 脚注 [編集 ]• 読売新聞. 2002年5月9日. National Diet Library. 2020年5月6日閲覧。 この項目は、分野に関連した 書きかけの項目です。

次の

公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律とは

あっせん 利得 処罰 法

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律 通称・略称 あっせん利得処罰法 平成12年11月29日法律第130号 種類 刑法 効力 現行法 主な内容 、の(及びその)やのの職権を利用したあっせん利得行為やそれに対する利益供与行為等を処罰する法律 関連法令 () 条文リンク ウィキソースに の原文があります。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律(こうしょくしゃにあるものとうのあっせんこういによるりとくとうのしょばつにかんするほうりつ、平成12年11月29日法律第130号)は、あっせん利得行為等を規制するのの一つ。 概要 [ ] 旧来の上のは、贈賄側から請託を受けて他の公務員に職務上不正行為を斡旋したことを立証しなければならないなど犯罪のが厳しく、が困難だった。 しかし、この法律によって、請託を受けて斡旋先の公務員の職務上適正な行為をさせても、財産上の利益を収受していれば適用される。 なお、処罰対象はにある者と国会議員に限定されており、とそのや地方公職の秘書(地方自治体の等)は対象外である。 2004年の法改正までは国会議員秘書は国会議員に限定されていた。 1996年に発生したの一環である若築建設事件を教訓に制定された法律。 5月、における指名業者選定をめぐる事件が、この法律でのが出た初めての例となった。 現職の市議と会社経営者によるこの事件は、第154回国会における衆議院特別委員会で取り上げられた。 内容 [ ] 「公職にある者」(第1条) 、又はの議会の議員若しくは長()のこと。 「秘書」(第2条) 第132条に規定する秘書()その他衆議院議員又は参議院議員に使用される者で当該衆議院議員又は当該参議院議員の政治活動を補佐するもののこと。 その他 犯人が収受した利益は、される(第3条)。 また、も処罰される(第5条)。 その他、「適用上の注意」として、「この法律の適用に当たっては、公職にある者の政治活動を不当に妨げることのないように留意しなければならない。 」と規定がある(第6条) 脚注 [ ]• 読売新聞. 2002年5月9日. National Diet Library. 2020年5月6日閲覧。 この項目は、分野に関連した です。

次の