いよかん カロリー。 伊予柑(いよかん)の美味しい食べ方や保存方法は?栄養価やカロリーは?

【カロリー】「いよかん」の栄養バランス(2016/4/19調べ)

いよかん カロリー

いよかん 砂じょう、生 46kcal 果物平均 61kcal 全食品平均 212kcal いよかんのカロリー 100gあたり は46kcal。 グラフはいよかんと、果物平均、全食品平均の100gあたりのカロリーをグラフで比較したものです。 果物の平均カロリーは61kcal、全食品の平均カロリーは212kcalですので、いよかんのカロリーは果物の中ではやや低く、全食品の中では低い水準にあることが分かります。 いよかん1個分 可食部 の重さはおよそ150~180gですので、 1個分のカロリーは約69~83kcalとなります。 また、いよかん1片の重さは約15gほどなので、 1片のカロリーは約7kcal程度です。 さわやかな香りとほどよい甘酸っぱさが人気で、とてもジューシーな柑橘類です。 厚い皮はそれほど固くなく手で簡単に剥けます。 主の食べ方はのように生食が向いていますが、ゼリーやマーマレード、ジュースなどにも加工されています。 いよかん 砂じょう、生 10. 7g 果物平均 13. 5g 全食品平均 18. 5g いよかんの100gあたりの糖質は10. 7gです。 糖質は炭水化物から食物繊維を引いた式で計算できます。 いよかんの炭水化物量は11. 8g、食物繊維量は1. 1gですので、差し引いた糖質量は10. 7gとなります。 果物の100gあたりの平均糖質量は13. 5g、全食品の平均は18. 5gですので、いよかんの糖質は他の果物の平均と比較してやや少なく、全食品の平均と比較してもやや少ないことが分かります。 ちなみに、いよかん1個の 可食部 重さは約150~180gとなりますので、 1個分の糖質量は16. 05~19. 26gとなります。 また、いよかん1片の重さは約15gほどなので、 1片のカロリーは約7kcal程度です。 いよかん100gではやや低い範囲ですが、1個分になると糖質が16gにもなるので、やや高い水準となります。 ただ、いよかんのGI値は33と低いメリットもありますので、半分に分けて食べるのがちょうどいいと思います。 他の果物とのカロリーと糖質の比較 上のグラフはいよかんと主な果物との100gあたりのカロリーと糖質の量を比較したものです。 ピンクのグラフがカロリー、ブルーのグラフが糖質量を表しています。 いよかんと他の柑橘類を比較すると、のカロリーと糖質がほぼ同じくらいなのが分かります。 これらは含まれている栄養成分も似ています。 カロリーで比較すると、もっとも低いのが、高いのがです。 糖質ではみかんがもっとも多く、とが少ないです。 柑橘類はゆずのように果汁や果皮を少量しか使わないものや、金柑のように皮ごと食べるもの、いよかんのような果肉を食べるタイプなど、様々です。 そのため、100g中でカロリーや糖質が多いものでも、実の大きさや食べ方で、一食分の摂取カロリーや糖質量が少なくなるものもあります。 いよかんのカロリーと糖質はやや低い - 半分に分けて食べよう いよかんを見てきましたが、100g中のカロリーと糖質はやや低い水準でしたが、1個分となるとそこそこなので、一度に食べる量は半分に抑えるのが無難です。 GI値は低いので食後のデザートにするのもいいでしょう。 食物繊維を含んでいるのでお通じの改善にも役立ちます。 いよかんにはビタミンCやクエン酸が含まれているので、風邪予防や疲労回復に効果があります。

次の

【愛媛県】亀井製菓 いよかんタルト

いよかん カロリー

精油がコレステロール値を下げてくれる いよかんには「精油」という成分が豊富に含まれています。 この精油には、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、高いダイエット効果があります。 血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的なのです。 精油には代謝を高めてくれる働きもある 先ほど紹介した精油には、体の代謝を高めてくれる働きもあると言われています。 体の代謝がアップすると、1日の消費カロリーをアップすることが可能になり、ダイエットに高い効果を発揮してくれます。 この精油は、香りを嗅ぐだけでもコレステロール値を下げてくれたり、代謝を高めてくれる効果を期待することができるので、いよかんを食べる前に香りを嗅いでから食べることをオススメします。 ビタミンB1が糖質の代謝を促してくれる いよかんには、「ビタミンB1」というビタミンも豊富に含まれています。 このビタミンB1には、摂取された糖質の代謝を促してくれる働きがあると言われており、肥満の予防に効果的です。 本来、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンの働きで、体に体脂肪がつきやすいのですが、ビタミンB1を摂取していることで、糖質が脂肪になる前に代謝されるので、太りにくくなると言われています。 いよかんの注意点・デメリット 缶詰は高カロリー コンビニやスーパーなどで、いよかんの缶詰が販売されています。 缶詰は手軽に食べれてそういう面では良いのですが、缶詰は砂糖などで味付けされているものが多く、カロリーや糖質が高くなってしまいます。 また、保存料などの添加物が使用されていることが多く、太りやすい体質を招く原因になるので、できるだけ缶詰は選ばないようにしましょう。 腹持ちが悪いので置き換えダイエットに向いていない いよかんは腹持ちが悪い食べ物としても有名です。 腹持ちが悪いということは、すぐにお腹が空き、間食を食べてしまったり、食事の量が増える原因になり、太りやすくなってしまいます。 このことから、いよかんは普段の食事と置き換える、置き換えダイエットには向いていないと言うことができます。

次の

【カロリー】「いよかん」の栄養バランス(2016/4/19調べ)

いよかん カロリー

いよかんは糖質制限中でも食べられる果物 いよかん100gには11. 8gの炭水化物と1. 1gの食物繊維が含まれています。 糖質量の求め方は「炭水化物量-食物繊維量」ですので、今回は「11. 8g-1. 1g=10. 7g」ということに。 すなわちいよかん100gに含まれる糖質量は10. 7g、1個(150g)なら16. 4gです。 決して低いとは言えない量ですが、果物全体で考えれば中間くらい。 果物はGI値が低いというメリットも持っていますし、食べられないこともないでしょう。 ただ、食べ過ぎてしまえば糖質過多から肥満を招く恐れがありますので、1日に半分など量を調整しておいてください。 いよかんを朝食に加えるときは飲み物を牛乳でなく水にするなど。 ちょっとした工夫で食事全体の糖質を調整することが出来るはずです。 食べ過ぎダメゼッタイを念頭に糖質制限を進めましょう。 関連: 柑橘類と糖質制限に関する記事をご紹介 柑橘類と糖質制限に関するその他の記事をご紹介します。 私達といっしょに糖質制限を広めてみませんか?.

次の