シミウス 化粧水 併用。 ハトムギ化粧水の効果的な使い方6選

シミウスの使い方「騙された!」と泣く前に効果的に使う方法とは?

シミウス 化粧水 併用

シミウスとは そろそろシミ対策や美白ケアをしたいけど、どんなケアをして良いのかわからない…そんな方におすすめしたいのがシミ対策オールインワンジェルの 『グレース&ルケレ・ シミウスホワイトニングリフトケアジェル』です! シミウスはすでに シリーズ累計販売実績450万個を突破した大人気のオールインワンジェルで、仕事・家事で毎日忙しい、出産後でお手入れしている暇がないという方にもおすすめです。 シミの原因となる紫外線は季節に関係なく年中降り注いでいます。 紫外線対策をするのはもちろんですが、シミをできないように抑える美白ケアは毎日続ける必要があります。 今は肌にシミがなくても、未来の肌にシミが現れてしまう可能性が高くなるのです。 美白美容液や美白化粧水などあれこれそろえるよりも、1つですべて対策したい方はぜひシミウスを試してみてください。 シミを防ぐ美白有効成分配合の医薬部外品オールインワンジェル!• 1つで10の役割があるから簡単にシミ対策&乾燥ケアができる!• ダブルクリスタル製法で美白マッサージにもおすすめ! 2014年医学と薬学・2017年診療と新薬に掲載!お医者さんもシミウスに注目中! シミに対するシミウスの臨床試験について2014年には医学と薬学、2017年には診療と新薬という医学誌に掲載されています。 それだけ 皮膚科医などのお医者さんも注目するオールインワンなのかもしれません! シミウス効果効能 1つで10役!塗るだけでエイジングケアができるオールインワンジェル シミウスは化粧水、乳液、美容液、アイクリームなど 1つで10の役割があるオールインワンジェルです。 忙しい方でも簡単に塗るだけで美白ケアや保湿ケアができるので、続けやすくなっています。 毎日降り注ぐ紫外線は、毎日対策をしていかないと蓄積されていってしまいます。 年齢を重ねた肌ですと、ターンオーバーが遅くなってしまってメラニン色素が排出されにくくなっているので、シミが現れやすいです。 忙しいからといって、ついスキンケアを簡単にしていませんか? 簡単にするのであれば、 エイジングケアにぴったりな成分を配合したシミウス1つでケアをするのがおすすめです。 日焼けなどによるメラニンの生成を抑える美白効果 最も注目したい効果がシミの美白なのですが、シミウスには有効成分プラセンタが配合されています。 プラセンタにはシミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる作用があります。 しかも、オールインワンなのにも関わらずシミウスにはまるで美容液のように 高濃度なプラセンタが配合されているので、シミの予防にはぴったりです。 毎日のケアでシミを予防するケアができるから、未来のシミに悩まないようにすることができます。 乾燥肌もしっかり保湿する成分をたっぷり配合 オールインワンだと潤いが物足りないということで使わないという方も多いかもしれません。 しかし、シミウスは美白ケアだけでなく 潤い成分をたっぷりと配合しているので 乾燥しやすい方にもおすすめです。 肌が乾燥すると、ハリやツヤがなくなったり、シワができやすくなったりします。 シワとシミは同時に悩みやすいですし、どちらも年齢を感じさせてしまいます。 どちらも一緒にケアできるシミウスはとても便利です。 ダブルクリスタル製法で美白マッサージに使える オールインワンのシミウスはマッサージにも利用することができるのですが、 メビウス製薬が独自開発したダブルクリスタル製法が採用されています。 このダブルクリスタル製法は2層のジェルにわかれている製法で、内側が美白、外側がマッサージ機能と 美白有効成分を内包しながらマッサージに適したジェルで美白マッサージができるようになっています。 伸びのよいジェルなので、肌に負担をかけることなくマッサージができます。 そして、美白マッサージの方法もとても簡単で• 10秒ほど耳の下のリンパ節を親指でほぐす• 手を握り第2関節でで頬骨の下をほぐす• 指の腹で顔全体を下から順に外側に向かって流し、最後にこめかみに流す• 後は耳の下のリンパ節から鎖骨のリンパ節に向かって流して完了 このようにとてもすごい簡単にマッサージすることができるので、毎日のスキンケアの際に試してみてください。 公式サイトでも動画が公開されているので、チェックしてみてください。 シミウス悪い口コミ・苦情・悪評 シミが消えないしシミが濃くなった気がする シミに良いと聞いたので、オールインワンで使いやすさもあり買いました。 使っているうちに、シミが消えると思っていたのですが変化がありません。 しかも、だんだんとシミが濃くなってきているようで騙された気分です。 肌の調子が良くなってきたくらいで、美白美容液を試せばよかったです。 適量使うと1ヶ月もたないのがデメリットですね… たっぷりと毎日シミ予防に使ってます。 今まで美白ケアラインでスキンケアを揃えていたときよりもかなりお得にケアできてます。 気になるのは、1ヶ月を待たずに足りなくなってしまうことです。 容量については少しいまいちかもしれません。 マッサージをするとモロモロしたものが出る シミウスは必ずマッサージをしないとダメなのでしょうか?リンパを流すようにマッサージをすると、必ずモロモロしたカスみたいなのが出てきます。 かといって、たっぷり使いすぎるとベタベタします。 美白には良いようですが、普通に使っていたほうがモロモロも出なくて私には使いやすいです。 悪い口コミまとめ• シミが消えずに濃くなってきてしまった• 目安量通りに使うと量が足りなくて1ヶ月もたずになくなる• 美白マッサージをするとモロモロが出てきてしまう シミウス効果なし 消えない・濃くなる原因とは? そもそもシミウスはすでにあるシミを消すジェルではなく、どちらかというとこれからできるシミを予防することができるオールインワンです。 そのため、 すでにある濃いシミを消すのは難しいです。 ですが、しっかりと肌を保湿していくことでターンオーバーが整っていきます。 ターンオーバーによってメラニンが蓄積した角質が排出されていくと、シミが薄くなることが期待できます。 そのときに、 まれにシミが濃く見えてしまうことがあります。 シミを消す効果が高いと知られているのはハイドロキノンですが、白斑などの危険があるので同じ場所の美白には使い続けることができません。 シミウスはハイドロキノンを配合せずに、シミを予防することができるので毎日安心して使い続けることができます。 内容量が少なくて足りない? マッサージにたっぷりと量を使ったり、全身のシミ予防にシミウスを使用すると1個では足りない場合はあります。 その場合は お得な定期便の個数を変更したり、お届けサイクルを変更するのがおすすめです。 シミウスの定期便は初回から解約することができるだけでなく、サイクル変更も可能です。 足りないというだけでなく、多すぎるという方でも2ヶ月に1個などと変更可能です。 量を減らしてマッサージをしたり、スキンケアをすると肌の摩擦になってしまって負担をかける場合があります。 肌への摩擦や負担はシミを作らせる原因にもなってしまうので、適量を使い続けることをおすすめします。 ポロポロ・モロモロ・ベタベタするときの対処法は? カスのようなものがポロポロしてしまう原因は• 摩擦する力が強い• なじませているときに乾燥している• 量が多くて浸透しきれていない このようなことが考えられます。 ベタベタする原因も量が多すぎることがあります。 そして、時間をかけてマッサージやなじませていると乾燥してきてしまってポロポロが出やすくなります。 手早くマッサージをするか、途中でジェルを足すようにしてみてください。 ベタベタする場合はティッシュオフするのもおすすめです。 シミウス良い口コミ 少しずつ顔が明るくなってリフトアップもしてます 美白マッサージを毎日つづけているおかげなのか、顔色が少しずつ明るくなってきました。 くすみもシミも気になりません。 それに、マッサージのおかげなのかたるみ気味なっだ顔がリフトアップしてきました。 経過もいいので、これからも使い続けたいですね。 シートマスクもついてきて、とてもお得に買えたのも良かったです。 オールインワンは苦手だったけどシミウスはお気に入り ブログなどの口コミや写真をを見て、オールインワンは苦手だけど少し試してみたいと思ってはじめたのがシミウスです。 あまりベタベタしないゲルクリームで、さっぱりと使えます。 スパチュラも内側についていて、これ一つで旅行に行けるのもいいですね。 本当に効くか不安でしたし、苦手だと思っていたのに、すでに一年は使っている気がします。 おかげでシミも気になりません。 ネットでは批判もあるようですが、私にとっては大のお気に入りです。 美白美容液はピリピリすることが多かったけど 敏感肌なのか、美白ケア美容液などを使うとピリピリしたりブツブツが出てしまうこともありました。 シミウスはそんな私の肌でも使用することができました!ニキビもできにくくなりましたし、シミやニキビ跡も薄くなってきています。 オールインワンでコスパもいいですし、シミ対策にはシミウスがおすすめです。 手軽なケアで美魔女を目指してます! 年齢を重ねてきて、シミやシワが気になり始めました。 ですが、エイジングケアはどこからはじめていいのかわからず適当な化粧品ばかりを使ってきました。 このままではいけないと思い、すべて入っているシミウスからスタートしました。 とりあえずはじめただけだったのですが、シミやシワが気にならなくなってきたのでびっくりしています。 このままシミウスで美しく年齢を重ねられる美魔女を目指します(笑) 良い口コミまとめ• 少しずつくすみ・シミが気にならず顔が明るくなってきた!マッサージもするからリフトアップもできる!• オールインワンは苦手だったけどシミウスの使い心地がいい!• 高濃度で配合されたプラセンタエキスが、シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。 そもそもプラセンタとは胎盤のことで、成長因子、アミノ酸やビタミンなど豊富な栄養素を含んでいます。 肌を整えて、美肌を目指せる成分となっています。 グリチルリチン酸ジカリウム 敏感肌向けスキンケアにも配合されるこちらの成分は、抗炎症作用・抗アレルギー作用などがあります。 肌がニキビや肌荒れなどによって、炎症を起こすと紫外線を浴びたときのようにダメージを受けて、肌を守ろうとメラニンが生成されます。 他にもアレルギーなどのかゆみによって、肌をかいてしまっても同じようにダメージになり、シミや黒ずみになってしまいやすくなります。 そういった炎症を起こさないようにしてくれるのがグリチルリチン酸ジカリウムです。 炎症やアレルギーを抑えることで、肌へのダメージを減らしてシミや黒ずみになりにくくしてくれます。 水溶性コラーゲン コラーゲンは水に溶けにくいという特徴があるのですが、水溶性コラーゲンはその名前の通り化粧品などに配合しやすくなったコラーゲンです。 コラーゲンの構造を壊すことなく、そのまま配合できるようになっています。 保湿力が高く、肌のハリ・弾力をアップしてくれる効果があります。 たるみ・シワが気になるかたにおすすめです。 シコンエキス 紫根は消炎作用・殺菌作用などがあり、古くから生薬として使用されていきました。 炎症を抑え、殺菌作用もあるのでニキビにはぴったりな成分です。 ニキビの悪化はアクネ菌という菌が増えすぎてしまうことなので、殺菌作用によってニキビの悪化を防ぐことで、ニキビ跡にならないようにします。 さらに、ターンオーバーを整えてくれる効果もあるので美白にもおすすめです。 サクラ葉抽出液 サクラは日本でも民間薬として使用され、漢方などでも使われています。 メラニンの生成を抑える効果があるので、シミ予防に効果的です。 保湿効果や抗炎症作用・抗アレルギー作用があるので、サクラ葉抽出液だけでもシミ対策やニキビケアに良いです。 ヒアルロン酸Na 化粧品に配合されることの多いヒアルロン酸は、保湿成分として配合されています。 もとから人の体にある成分ではあるのですが、年齢を重ねていくと徐々に減少してしまいます。 ヒアルロン酸はたった1gで6リットルもの水を抱え込む力があります。 減少してしまうことで水分を保持できなくなり、うるおいを逃がしやすくなってしまうことがあります。 肌をしっとりとしたうるおいのある状態にしてくれる効果があります。 シミウス危険性や副作用は?肌荒れなど肌トラブルは? パラベン(防腐剤)やエタノールが含まれているので、シミウスを使っても大丈夫か心配になってしまう方もいます。 しかし、原材料の中でも最後の方に配合されていることから 品質を保つために少量を配合していることが考えられます。 最近ではパラベンを配合しない化粧品も増えてきていますが、そのかわりしっかりと使い切らないと品質が劣化してしまう可能性もあります。 シミウスは肌への負担を考えながら品質を保つために防腐剤を使用しています。 個人差があるので肌が敏感な方ですと、つっぱる・肌荒れ・肌トラブルなどは起こる可能性はあります。 肌がデリケートな時期や敏感肌の人はパッチテストをしてから使用してください。 ニキビ・吹き出物・ニキビ跡は治る?背中ニキビは? ニキビ・吹き出物ができてしまう大きな原因は乾燥だと言われています。 肌が乾燥することで、皮脂が過剰分泌する・ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積しやすくなります。 毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、アクネ菌が増えるとニキビが悪化してニキビ跡になってしまいます。 シミウスはオールインワンなのに 潤い成分をたっぷりと配合しているので、乾燥もしっかり対策できるというメリットがあります。 さらに、 ニキビ跡からシミになってしまうことも抑えてくれる効果があるのでニキビケアにもぴったりです。 シミウスいちご鼻はどうなの? 毛穴に皮脂・古い角質が詰まり角栓になってしまって、それが酸化することで黒くなって目立ちやすくなった状態がいちご鼻です。 顔の中心にある鼻がブツブツと黒くなってしまうので、目立ちやすいです。 ニキビと同じように 原因は主に乾燥です。 乾燥によって過剰な皮脂分泌が続くと、毛穴が開きやすくなってしまうので詰まりが起こりやすくなることもあります。 しっかり保湿できるシミウスが役立ちます。 その他にはクレンジングなどでメイクが落ちきれずに、残ってしまっている場合があります。 メイクにあったクレンジングを使用してしっかりと落とすようにしてください。 しかし、洗顔・クレンジングのし過ぎは乾燥を招くので、しっかりとうるおい成分が配合されたタイプがおすすめです。 シミウス肝斑に効く? シミやくすみと違い、 頬骨の左右に同じ形であらわれるのが肝斑の特徴です。 肝斑はピルの服用、妊娠中や更年期の女性に現れることがほとんどで、その原因は女性ホルモンのバランスだと言われています。 そのため、 年齢を重ねたりすると徐々に薄くなっていったりすることがあるという特徴があります。 女性ホルモンの影響によるものですが、紫外線の対策は必要です。 紫外線によって悪化させてしまうこともあるので、 メラニンを抑制する効果のあるシミウスは肝斑にもおすすめです。 根本的な解決はできませんが、毎日のケアに役立ってくれます。 シミウスそばかすにはいい? シミの仲間でもあるそばかすは遺伝によってできてしまうことが多いです。 そのため、 原因を防ぐことはシミウスにはできません。 しかし、肝斑と同じように そばかすを濃くしないようにメラニンを抑えることには役立ちます。 紫外線対策をしながら、シミウスを試してみてください。 シミウスほくろを消すことはできる? ほくろはメラニン色素を作り出す母斑細胞が集中的にできた部分です。 そのため、メラニンを抑えることでほくろを濃くしない、増やさないことには役立つことが考えられます。 すでにあるほくろを除去することは難しいですが、増やさない・大きくしないことなどには期待できます。 シミウスどれくらいの期間で効果がある?2ヶ月・3ヶ月・1年? シミに悩みやすい人の特徴としてターンオーバーが遅れてしまっているということがあります。 ターンオーバーが正常であればメラニンが皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーによって押し出されていき、排出されていきます。 20代くらいの方でターンオーバーの周期は28日です。 ですが、加齢によってどんどん周期は遅くなっていきます。 さらに肌が乾燥したりしていると、遅くなりやすいです。 そのため、 早い方ですと1ヶ月ほどで効果を実感できる可能性はありますが、シミに悩んでいる方は遅くなってしまうことが多いです。 できるだけ使い続けることで、効果を実感できるので1週間や1ヶ月などで効果が現れなくても継続してみてください。 シミウスシミウスの効果的な使い方・順番は? クレンジング、洗顔が終わったあとに使用します。 付属のスパチュラで1~2杯分が適量ですが、 肌の乾燥状態などによって変えるようにしてください。 皮脂が多い方ですと朝は少なめにすることで化粧ヨレなどを防ぎます。 そして、なじませる前に手を温めてから美白マッサージをすることで肌に浸透しやすくなります。 耳の下のリンパ節、頬骨の下の筋肉などをしっかりとほぐしてあげてください。 余ったジェルは年齢が出やすい首筋、デコルテにひろげてください。 乾燥が気になる、シミやシワが気になる場所には重ね付けするのがおすすめです。 シミウス化粧水と併用・乳液など他の化粧品と併用できる?順番は? シミウスは他の化粧品とも併用することができるオールインワンです。 メビウス製薬のおすすめ商品リスト シミウスを販売しているメビウス製薬からはさまざまなスキンケアが販売されています。 他のメーカーの化粧品と併用することも可能ですが、おすすめの製品があるのでご紹介します。 シミの対策にとって、一番重要なのが紫外線対策です。 シミウスと同じ美白成分のプラセンタやヒアルロン酸、シコンエキスなどを配合しているので、シミ・くすみ対策にもなります。 まるで美容液のような日焼け止めなので、肌に負担のある日焼け止めは使いたくないという方におすすめです。 他にもウォータープルーフタイプのUVスプレーやUVプロテクトもあるので、その日の状況に合わせて使い分けるのことも可能です。 ホワイトニングリフトケア朝ジェル 朝は忙しくてシミウスで美白マッサージできない…そんな方におすすめの、マッサージ不要の朝専用シミウスジェルです。 塗るだけでいいので、時短ケアしたい方にもおすすめです。 夜は通常のシミウスで丁寧なケアをして、朝はササッと朝専用シミウスでケアしてください。 シミウス脇・腕・手のシミ・ボディには?デリケートゾーンに使える? 脇の黒ずみや腕・手の甲などのシミも顔にできるシミと同じように、メラニンの分泌が原因ですのでおすすめです。 ムダ毛処理のあとなどに使用することで、 肌ダメージによるメラニン色素の分泌を抑えてシミにならないようにすることができます。 また、デリケートゾーンの黒ずみも下着などの摩擦によるメラニンの分泌が原因の可能性があります。 名前の通りデリケートな部分ですので、無理に使用することはおすすめできませんが、使用することはできます。 シミウス使うタイミングは?夜だけでもいい? 基本的には朝・夜の最低2回は使用するのがおすすめです。 その他にはムダ毛処理や乾燥を感じたときなどに使ってみてください。 皮脂が多く、朝に使うと化粧崩れがしやすくなるという方は夜だけもOKです。 シミウスの使用期限はいつ? 未開封の場合は3年ほどで、開封済みの場合は最低でも半年以内に使用してしまうのがおすすめです。 スパチュラ付きで防腐剤も配合されているので、品質は保ちやすいという特徴はありますが、開封して使用してしまうと雑菌の繁殖が考えられます。 品質が劣化してしまう可能性もあるので、 使用後はできるだけ早く使い切ってしまうのが理想的です。 シミウスは男性・メンズでも使える? 女性や男性にかかわらず、使用することができます。 男性の場合ですと皮脂量が多いので、少なめの量で使用するとテカリを抑えられます。 シェービング後の保湿やニキビを予防するために使ってみてください。 シミウスは何歳から使える?30代・40代・50代・60代でもいいの? 20代・30代・40代・50代・60代など多くの年代の方が愛用しています。 シミ対策は早めにはじめることで、将来のシミに悩まないようにできます。 何歳からというわけではなく、 シミ・シワ・乾燥など悩みに気がついたときにはじめるようにしてください。 子供・10代・中学生・高校生など年齢が若い人は? 小さなお子様の場合は肌がデリケートな可能性があるので、 パッチテストをしてからの使用をすすめます。 10代の思春期の方はニキビに悩みやすいです。 その原因はホルモンバランスによって、皮脂の分泌が活発になってしまうからです。 ニキビの炎症を抑える成分なども配合され、オールインワンなのでこれひとつでケアが完了しますので、 スキンケアに慣れていない方にもおすすめです。 皮脂量が多い若い方は、量を少なめにするとベタベタしにくいです。 まずはオールインワンからスキンケアをはじめてみてはいかがでしょうか? リフトケアジェルリッチタイプとの違いは? シミウスには通常の薬用ホワイトニングリフトケアジェルの他にリッチタイプとスーパーリッチタイプが販売されています。 通常のシミウスでも十分に保湿成分が配合されていて、乾燥肌もケアすることが可能です。 ですが、より保湿したいという方のために用意されているのがリッチタイプとさらに濃厚な保湿ができるスーパーリッチタイプです。 保湿成分がプラスされていて、テクスチャーが通常に比べてややこっくりとしているという口コミがありました。 少しリッチタイプはマッサージには使いにくいというデメリットもあるようです。 テクスチャーがさっぱりしている方が使いやすい、マッサージをスムーズにしたい方は通常のシミウスがおすすめです。 また、シミウスはそれだけでも保湿力が十分ですが他の化粧水と併用して保湿力を高めることもできます。 冬には化粧水をプラスしたりすることで、物足りなさをカバーできるので試してみてください。 シミウスと人気の美白化粧品を比較!どっちがおすすめ? シミウスとアンプルールを比較 皮膚の専門家が開発した美白化粧品がアンプルールです。 シミウスとは違い、集中美容液・化粧水・美白美容液・美容乳液ゲルなどをライン使いすることでシミをケアするスキンケアです。 特徴としてはアンプルールのスキンケアのなかには新安定型ハイドロキノンが配合されいているアイテムがあります。 ハイドロキノンはシミの予防や、すでにあるシミにも強力な美白効果があることで知られていますが、刺激が強い成分でもあります。 アンプルールのハイドロキノンは刺激が抑えられ、安全に使用できるようになっています。 しかし、注意したいのはシミを集中ケアできるスポット集中美容液などは夜のみの使用となります。 高濃度で新安定型ハイドロキノンを配合しているので、朝に使用すると逆にシミを濃くする可能性があるのです。 シミウスはハイドロキノンが配合されていないオールインワンジェルです。 メラニンの生成を抑える効果や炎症を抑えることでシミを予防し、乾燥を保湿することでターンオーバーを整えてシミを改善することができます。 ハイドロキノンに比べるとシミへの効果は感じられにくいかもしれませんが、毎日続けて使用できるというメリットがあります。 逆にハイドロキノンを配合することで、アイテムによっては顔全体に使用できないなどといったデメリットがあります。 毎日使い続けたい・ライン使いではなくオールインワンがいいという方はシミウスがおすすめです。 または、すでにあるシミや濃くしたくないシミの集中的なケアにはアンプルールを使用して毎日のケアにはシミウスという方法も試してみてください。 エルシーノ 新美白理論という超予防型と超対策型のスキンケアを提案しているのがエルシーノの特徴です。 アルブチンなどを配合したメラニンを抑える予防ケアと、ハイドロキノンなどを配合したすでにあるシミを美白する対策ケアがあります。 予防しながら今あるシミを対策することで、白さをキープしてくれるスキンケアです。 オールインワンのシミウスとは違い、ライン使いで使用するスキンケアでもあります。 エルシーノでは美白成分ダーマホワイトを配合した美容液、内側から肌をサポートするL-シスチンを配合した濃密美白サプリ、ハイドロキノンを配合したピンポイントクリームの3つを愛用することがすすめられています。 シミウスを販売しているメビウス製薬からもサプリなどは販売されていますが、基本的なスキンケアはシミウスのみでOKとなっています。 1つですべてのケアが完結し、シミを予防することができるのでシミ対策に手間をかけたくない方はシミウスがおすすめです。 ただ、できてしまったシミにはシミウスだけではケアが物足りない場合があるのでエルシーノのピンポイントクリームを併用するという方法もあります。 注意点としてはハイドロキノン配合ですので、エルシーノは朝には使用できないアイテムもあります。 使い分けやハイドロキノンでシミが濃くなるのが心配な方は、シミウスのみでのケアを続けてみてください。 シミトリー シミやシワ対策ができる9つの役割があるオールインワンです。 シミウスと似ていることから、どちらにすればいいのか悩まれる方が多いです。 シミトリーにはハイドロキノン誘導体や持続型ビタミンC誘導体、フラバンジェノールが配合されています。 ハイドロキノン配合の美白化粧品とは違い、 ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンと同じ効果がありながら肌に優しい成分となっているので、敏感肌の方にも愛用されています。 ただし、ハイドロキノンに比べるとすでにあるシミなどへの効果がないと言われています。 シミウスも美白有効成分を配合した10つの役割があるオールインワンですので、シミトリーと同じようにシミ対策に役立ってくれます。 価格で比較するとシミトリーが初回限定3,685円、シミウスが3,795円とほとんど変わりありません。 お得な定期便の特典を比較するとシミトリーは日焼け止めクリームミニ、シミウスはプレミアムマスク3枚(キャンペーン中なら5枚)と豪華な特典になっています。 また、敏感肌の方にとって注目したいのが返金保証です。 シミトリーは14日間全額返金保証、シミウスは30日間全額返金保証となっています。 こういったことから オールインワンでシミ・乾燥対策をしたい方や、たっぷりお試ししたい方は、まずはシミウスから試してみることをおすすめします。 パーフェクトワン パーフェクトワンには4種類のオールインワンジェルがあります。 保湿・高保湿・美白・濃厚保湿とそれぞれ重視している部分が違うという特徴があります。 シミウスと似ているオールインワンジェルがパーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルです。 有効成分としてトラネキサム酸とアルブチンが配合され、メラニンの生成を抑えてシミを防ぎます。 専用のスパチュラ付きで、シミを対策したい方におすすめです。 どちらも2つの有効成分を配合して、シミを効果的に対策してくれるオールインワンですが、比較したところパーフェクトワンとシミウスは定期購入のお得さが大きく違いました。 パーフェクトワンは保湿重視のモイスチャージェルですと、初回限定で2,052円とお得に注文できます。 しかし、薬用ホワイトニングジェルは20%OFFの4,374円で購入できるようです。 そしてパーフェクトワンの定期購入では3回以上のお受け取りが約束になっています。 パーフェクトワンは4回目以降ではないと、定期コースを解約することができません。 シミウスは初回3,795円で定期コースの縛りはなく、1回からでもキャンセル・解約することができます。 さらに、30日間全額返金保証付きなので、はじめてオールインワンでシミ対策をする・はじめてシミウスを試す方でも安心して注文していただけます。 そういったことから、まずはシミウスからオールインワンを使ったシミ対策をはじめてみるのがおすすめです。 エニシングホワイト トータルエイジングケアができるエニシングホワイトは紫根エキス、プラセンタエキスが配合されています。 これはシミウスも同じで、 エニシングホワイトとシミウスはとても似ているオールインワンジェルです。 容量についてはエニシングホワイトのほうが多く、120gとなっています。 シミウスは60gですので、容量に関してはエニシングホワイトのほうが有利ですね。 価格も初回から3,416円とお得に買えるという特徴があります。 また、 パラベンなども無添加なので無添加志向の方にもエニシングホワイトは人気のようです。 シミウスが良いところは有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているところです。 炎症を抑える効果があるのでニキビや肌荒れによってシミになってしまうことを防ぎます。 抗炎症作用、抗アレルギー作用が高いため敏感肌向けのスキンケアにも配合されることが多いです。 なので、内容量・価格・無添加重視の方にはエニシングホワイトがおすすめですが、 ニキビや肌荒れによるシミが気になるという方にはシミウスがおすすめです。 もしくは、どちらも30日間返金保証付きで定期コースの縛りもないので両方試してみてはいかがでしょうか。 ピュアメイジング プラセンタとアラントインの有効成分を配合し、 12の役割があるオールインワンがピュアメイジングの特徴です。 そして、 重視しているポイントはシミとニキビということでした。 シミウスはプラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムなのですが、ピュアメイジングの有効成分の働きと同じです。 プラセンタは美白に効果があり、アラントインとグリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える効果があります。 ピュアメイジングはニキビとシミ、シミウスはシミと乾燥というような特徴がありますが、ピュアメイジングも乾燥対策はできますし、シミウスもニキビにも効果的なオールインワンです。 そのため、成分や働きがこの2つはほぼ似たオールインワンなので選ぶのに迷ってしまいます。 価格の違いはというと、ピュアメイジングが初回1,998円で2回目以降は4,624円。 シミウスが初回からずっと3,795円となっています。 どちらも1回のみで解約できるので、 お得な価格でいえばピュアメイジングなのですが、使い続けることを考えるとお得なのはシミウスです。 甲乙つけがたいオールインワンですが、長く使い続けたい方には2回目以降もお得なシミウスがおすすめです。 ピュアメイジングもお得な価格でお試しできるので、こちらも両方試してみても良いかもしれません。 フィトリフト 5つの機能が1つになった形状記憶新テクスチャーを採用したオールインワンジェルがフィトリフトです。 配合されている成分はフィト発酵エキス、ダイズエキス、コメセラミドなど豊富な美容成分が配合されていて、無添加処方になっています。 どちらかというと フィトリフトは潤い・ハリを重視したい方におすすめのオールインワンです。 形状記憶の新テクスチャーで肌にピンとしたハリを与えてくれる効果があります。 シミをしっかりと対策したい方にはシミウスがおすすめです。 美白有効成分を配合し、メラニンの生成を抑制するのでシミ予防にはぴったりです。 保湿成分も豊富に配合しているので、乾燥対策もしっかりとできてキメ・ハリなどエイジングケアもできます。 潤い・ハリを重視したい方はフィトリフトがおすすめですが、シミ対策を含めた総合的なエイジングケアをしたい方にはシミウスがおすすめです。 フレキュレル そばかす専用のフレキュレルはメラニンの抑制&排出をサポートする薬用クリームです。 トラネキサム酸をはじめとした8種類ものメラニンを抑えて、排出する成分を配合しているのに低刺激というのが特徴です。 シュガースクワランやセラミドなどを配合しているので、保湿も重視されています。 夜だけのケアとしてもおすすめされていて、眠っているあいだに浸透させてそばかすやシミを対策することができます。 180日間もの返金保証があるので、はじめての方にも使いやすい薬用クリームとなっています。 シミウスは朝・夜どちらにも使えるオールインワンです。 フレキュレルも夜だけでなく、朝も使えるのですがこっくりとしたクリームですので、皮脂が多めの方ですと朝に使うとメイクがヨレやすくなってしまう可能性があります。 さっぱりとした使い心地が良いという方にはシミウスがおすすめです。 もしくは、フレキュレルが保湿クリームのようなテクスチャーなので乾燥が気になる・そばかすケアも重視したいのであれば、シミウスを使ったあとにクリームの代わりにフレキュレルを重ねつけしてみるのもおすすめです。 その他にも朝はシミウス、夜はフレキュレルといった使い方もできます。 どちらもオールインワンで簡単にケアできるので朝はさっぱり、夜はこっくりといったケアができるので、どちらも試してみても良いかもしれません。 ただ、フレキュレルのお得な定期便は2回以上の継続がお約束になっています。 そのため、1回からでも解約できるまずはシミウスから試してみることをおすすめします。 ましろっぷ 美容家の青木梨奈さんが愛用しているシミ対策オールインワンがましろっぷです。 トラネキサム酸を配合した薬用美白オールインワンジェルで、ジャータイプもしくはチューブタイプのシミウスとは違いプッシュして出せるボトルタイプになっています。 炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムは両方に配合されています。 そして、 ましろっぷはベタつきにくいジェルオイルタイプのオールインワンでもあります。 ましろっぷとシミウスを比べると美白成分はましろっぷのほうが有利です。 乾燥対策に関しては、保湿も重視したシミウスをおすすめしたいですね。 また、シミウスはダブルクリスタル製法を採用することでマッサージ機能が重視されています。 美白有効成分が包み込まれたジェルでマッサージをしながら美白することができますし、マッサージによってリフトアップもできます。 ましろっぷはジェルオイルですのでベタつきは少ない反面、ジェルのシミウスに比べるとマッサージはしにくいかもしれません。 また、容量がややましろっぷのほうが少なくなっています。 なのでシミ対策に加えて、マッサージをしてたるみ・シワなどエイジングケアをしたい方にはシミウスがおすすめです。 ドットゼロ 赤いゲルが特徴のドットゼロパーフェクトゲルには赤色の秘密でもあるアスタキサンチンが配合されています。 そして、シミウスと同じプラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として配合されています。 アスタキサンチンは抗酸化作用があるので、活性酵素を抑えてメラニンを作り出しにくくしてくれます。 オールインワンとしては6つの機能があります。 シミウスは10の機能があるオールインワンで、ドットゼロよりもオールインワンとしての機能は軍配が上がります。 ドットゼロはパックやアイクリームには向いていないようですので、 目の周りの年齢が気になる方やついでにパックもしたい方にはシミウスがおすすめです。 また、シミウスにはお得な定期便で申し込むと30日間返金保証がありますが、ドットゼロには返金保証がないようです。 シミウスならプレミアムマスクパックのプレゼントなどもあるので、オールインワンでシミ対策を試してみたい方は、シミウスからはじめてみるのがおすすめです。 メディプラスゲル メディプラスゲルの特徴は1本で4役のオールインワンでポンプタイプということです。 シワ改善やハリ肌を目指すことが重視されていて、配合されている成分によってほぐす・包む・届けるオールインワンです。 密着型ヒアルロン酸やヒト型セラミドなど美容成分を豊富に配合し、さらに出雲玉造温泉水を配合しているので、しっかりと保湿できるオールインワンです。 美容成分と美肌温泉水の力で、肌の奥までうるおいで満たします。 シミウスはメディプラスゲルよりも機能が多い1つで10の役割となっています。 ほぼすべてのスキンケアがつまっているので、基本的なスキンケアがつまったメディプラスゲルよりも時短ケアやコスパが優秀です。 保湿を重視したいのであればメディプラスゲルがおすすめですが、総合的にシミ・シワ・保湿などをまとめてケアしたい方にはシミウスがおすすめです。 美白・シミ対策を重視したいのであれば圧倒的にシミウスがおすすめです。 また、たるみのある顔をリフトアップするために毎日マッサージをしているという方にもシミウスを試していただきたいです。 ナノクリア ハリや乾燥が気になる方に人気なのが高浸透オールインワンエマルジョンのナノクリアです。 ラ・フローラ R という美肌乳酸菌を配合して美肌菌のバランスを保ち、バリア機能をキープする効果があります。 シミウスはシミと乾燥をケアするオールインワンですので、 シミ・美白ケアをしたい方にはシミウスがおすすめです。 また、ナノクリアはラクトクコースという定期便で購入すると初回限定980円とシミウスと比べると圧倒的に安く購入できます。 シミウスは初回からずっと20%OFFの3,795円ですので初回価格は高く感じてしまいます。 しかし、実はナノクリアの定期便は最低4回以上の継続がお約束になっています。 4回お受け取り後でないと、解約することができません。 初回はかなりお得ですが、2回目以降の価格はシミウスよりも高い4,980円となっています。 続けて使用することを考えると結果的にシミウスのほうがお得です。 シミウスの定期便は1回からでもストップ・解約できるので、定期便の縛りが心配な方でも安心です。 ルミナスホワイト 水溶性プラセンタ、ビザボロール、V. エチル、加水分解コメヌカエキスを配合した薬用ホワイトニングジェルがルミナスホワイトです。 ミセル化・エマルジョン化という特殊製法を採用した クリームとジェルのちょうど中間のいいとこ取りをしたクリーミージェルで、ベタつきにくく、うるおいが持続します。 オールインワンでしっかりと潤わせることができて、シミ対策にもなります。 また、ブライトニングソープという保湿洗顔を併用すると効果的です。 シミウスもシミ・乾燥をしっかりと対策してくれるオールインワンです。 ただ、特に併用がおすすめされている洗顔はありません。 メビウス製薬からは洗顔やクレンジングなど、さまざまなスキンケアアイテムが販売されていますが、シミウス単体でも十分にシミ対策できるからです。 ルミナスホワイトはまとめ買いをするとお得です。 単品購入した場合でもシミウスとはあまり価格が違わないです。 ただし、ルミナスホワイトには先着300名様限定のセットという購入方法はありますが、残念ながら返金保証がないようです。 どちらも試したことがないという方は30日間の返金保証がついたシミウスからスタートするのがおすすめです。 使い切っていても利用できますし、定期便も1回から解約できるのでおすすめです。

次の

シミウスに「騙された」「最悪」→この怪しい口コミの真相とは!?

シミウス 化粧水 併用

目次 CLOSE• シミウスの基本的な使い方 シミウスの使い方は、公式サイトに掲載されています。 マッサージの方法などは動画がありますので、文字や写真だけよりもマスターしやすいのではないでしょうか。 また、シミウスを購入すると、マッサージブックが付いてきます。 マッサージブックを見ながら、シミウスと使うと良いでしょう。 その通りに使えば、きっとより良い効果が出るはずです。 シミウスの効果的な使い方 シミウスには、効果をより感じやすくなる使い方があります。 難しいことはないので、ぜひ実践してみてくださいね。 使うタイミング シミウスは洗顔後やお風呂上り、すぐに使うのがおすすめです。 時間が経つにつれ、お肌は乾燥していってしまいます。 乾燥が進む前にシミウスで潤いを与えてあげましょう。 特にお風呂上りは時間との戦い。 5分以内には保湿をしておくのが効果的です。 お風呂から上がってあれをやってこれをやって…なんてしているヒマはありません。 まずはシミウスでケアをしましょう。 使用量 シミウスの1度の使用量は、付属のスパチュラで2杯分が目安です。 だいたい1gから2gくらいなのですが、肌の調子に合わせて量は調節してもかまいません。 乾燥が気になるときは多めに付けても良いですし、べたつきが気になるときは少なめでも良いでしょう。 ただ、あまり使用量が少ないと、十分にシミウスの成分がお肌に行き渡りませんので気を付けましょう。 手のひらであたためる シミウスを手のひらに伸ばし、体温であたためます。 それから顔全体に薄く塗るようにしましょう。 温めることにより肌になじみやすくなります。 シミウスは固めのテクスチャーで、伸びにくく使いにくいと感じるケースもあるようです。 温めるとテクスチャがやわらかくなりますよ。 やってみたいシミウスのこんな使い方 シミウスの口コミを見ると、人によりいろいろな使い方をしているようです。 お肌の調子に合わせて、みんな工夫をして使っているみたいですね。 お風呂でパック シミウスを塗って、お風呂にそのままつかります。 お風呂に入ると毛穴が開くので、シミウスの成分が浸透しやすくなります。 美容成分が奥まで届くので、お肌がぷるぷるになるんです。 高価なパックを使うよりも、シミウスでお風呂パックをした方がお肌の調子が良いという方もいるようです。 塗ってお風呂に入るだけと簡単なのに、スペシャルなケアができてしまいます。 これはやってみる価値ありだと思います。 乳液やクリームを使う シミウスはオールインワンジェルなので、他のアイテムは不要です。 これひとつだけでケアができてしまいます。 しかし、お肌の調子によっては、保湿力が足りない…と感じることはあるようです。 もっと保湿をしたいというときは、シミウスの後に乳液やクリーム、美容液などを使うと良いでしょう。 クリームがフタをしてくれるので、お肌の水分が蒸発するのを防止してくれます。 シミウスだけでも潤うようにはなるのですが、より潤うお肌になれます。 重ね付けをする シミウスを顔全体に塗ったら、気になる部分には重ね付けをするのがおすすめです。 乾燥しやすい目もとや口もとに重ね付けをすることで、シワやハリ対策ができます。 また、シミが気になるところにも重ね付けするとより効果的です。 一度付けたシミウスがお肌に浸透してから重ね付けをするのが効果的です。 シミウスを使う時の注意点 シミウスを使う時は、注意したいことがいくつかあります。 力を入れすぎない シミウスはマッサージジェルとして使うことができます。 毎日マッサージをすれば血行やリンパの流れが良くなりますし、シミウスの成分も浸透しやすくなります。 マッサージをするときに、注意をしたいのが力の加減です。 強すぎると摩擦が起きてしまい、お肌には良くありません。 刺激を受けるとシワやシミができやすくなりますので、あまり力を入れすぎないようにしてください。 マッサージをするときは、「痛気持ちいい」くらいが良いでしょう。 目もとは優しくマッサージする 目の周辺は皮膚が薄く、刺激を受けやすい部分です。 力を入れすぎたりこすったりすると、肌トラブルがおきやすくなってしまいます。 赤くなったりすることもあるので、優しくなでるようにシミウスをつけマッサージをするのがおすすめです。 使用量が少なすぎるのはダメ もったいないので少なめに使う…という方もいるようですね。 使用量が少ない状態でマッサージをすると、肌に摩擦が起きやすくなります。 シミウスではスパチュラ2杯分が1回の量とされていますので、それを目安にしてください。 多少は少なくても良いですが、少なすぎないようにしてくださいね。 あまりケチると効果を感じにくくなります。 肌トラブルが起きているところには使わない シミウスはキズ、はれもの、湿疹などがあるお肌には使うことができません。 肌トラブルがあるときは、使用をしない方が良いでしょう。 その部分だけを避けて使うなどしてください。 また、ニキビがあるところは、マッサージをしないのがおすすめです。 ニキビがあるままマッサージをしてしまうと、刺激となり悪化してしまうことがあります。 シミウスはニキビ肌にも使うとはできますが、マッサージは避けるのが良いと思われます。 マッサージは長時間やれば良いわけではない マッサージは長時間行うと、効果が出やすいような気がしますよね。 しかし、ずっとマッサージを行うのは、お肌に負担を与えることがあります。 シミウスでマッサージをするのは、長くても3分から5分くらいにしておきましょう。 長時間行うよりも、毎日続けることを優先してください。 まとめ シミウスは基本的な使い方をしていれば、効果はでやすいオールインワン美容液です。 ただ、効果的な使い方や注意点を覚えておけば、より実感しやすくなるでしょう。 正しく使用して、透明感のあるお肌を目指してくださいね。

次の

シミウス化粧品シリーズの口コミまとめ オールインワン・化粧水・クレンジングなど

シミウス 化粧水 併用

化粧水や美容液との併用 ホワイトニングリフトケアジェルはオールインワンタイプの商品でございます。 この商品のみで、保湿ケア・美白ケア・マッサージを行うことができますので併用せずお使いいただければと存じますが、お手持ちの化粧品との併用も可能でございます。 お使いのスキンケアによって一概には言えませんが、油分が多いものを先にご使用すると、水分がお肌に浸透しにくくなります。 シミウスのホワイトニングリフトケアジェルと「モイスチャーローション」。 シミウス ホワイトCシリーズの「薬用 美白ホワイトC化粧水」。 洗顔後に化粧水をコットンでなじませて・・という流れをオールインワンジェルにしていきなり変更するのもどうなのかなぁという方も多いかと思います。 結論としてはシミウスジェルだけで普通にジェルが伸びる方は特には必要無いかなと思っています。 マッサージに適した固めのテクスチャだったのが、水っぽくなっちゃいますもんね。 同じ理由で、ブースターや導入美容液も必要無いかなと思っています。 しかしながら、事前に化粧水を使ってさらにジェルの伸びをよくしたい・化粧水でお肌を整えてから、と言う口コミも有りましたので、化粧水を併用して使用されておられる方も一定数いらっしゃいます。 その際は、上記のようにシミウスジェルが水っぽくなることを防ぐために、とろみのある化粧水の方が良いと思います。 併用する化粧水は、具体的にはライスフォースのディープモイスチュアローションなどが選ばれているようです。 やはりとろみのある化粧水ですよね。 メビウス製薬とライスフォースの繋がりは各所で散見されますしね(facebook等)。 親和性が高いのだろうと思います。 敏感肌の方でも問題無いという口コミも有りましたので、相性は良いのかもしれませんね。 インナードライ肌の方には揮発性のあるアルコール系は少し注意が必要かもしれませんが・・。 また同一ブランドのシミウスシリーズでは先述のようにシミウス モイスチャーローションが定番です。 成分はBG、ペンチレングリコール、グリセリンなどですので、エタノールを避けて化粧品を選ばれている方には良さそうですね。 テクスチャは「ややとろみがあるかな」と言う感じでした。

次の