ストーリー 表示されない。 Facebook「ストーリー」機能が非表示に設定出来るようになった!

Facebook「ストーリー」機能が非表示に設定出来るようになった!

ストーリー 表示されない

2018年12月19日 2020年2月19日 投稿した画像や動画は24時間で消えるものの、好きなように加工したり、エフェクトをつけたりすることでみんなを楽しませることができるインスタストーリー。 消えてしまうのはもったいない時はアーカイブに保存したり、ハイライトとして公開しながら残す機能は便利ですよね。 しかし一方で、フォローワーの一部特定の人にだけストーリーやハイライトを見せたく無いという場合もあるはず。 今回は特定の人だけストーリーやハイライトを非表示にする方法、非表示にされたらわかるのか?(バレるのか?)どうかまでを解説していきます。 ちなみにハイライトを見たときに足跡でバレるかどうかを検証しました。 表示しない人の人数 前の画面に戻ると、ストーリーズの表示しない人の人数が表示されています。 そこが更新されていれば設定完了です。 インスタストーリーで非表示にされたら公開範囲でバレる?バレない? 結論から言うと、 自分のストーリーの公開範囲は自分以外誰にも表示されることはありません。 ストーリーを非表示にされた側の相手のタイムラインでは、あなたがストーリーを更新しても 通知は表示されません。 また、相手があなたのプロフィール画面に来て直接ストーリーを見ようと思っても、 更新されていない時と同じ画面の状態になり見ることはできないのです。 よって、その特定の人だけストーリーを非公開にしているということはバレないようになっているのです。 自分は友人に非表示にされてる?非表示にされてるかわかる方法 ストーリーを非表示にされた側が「自分がストーリー非表示にされいるかどうか」は、 サブアカウントで確認することが可能です。 たとえAさんというアカウントをストーリー非表示にしたとしても、Aさんが「B」というアカウントを作り、あなたのプロフィール画面から直接ストーリーを開けば、更新していることがバレる可能性があります。 他のサブアカウントでバレてしまうというのを防ぐのであれば、 フォローしている人以外は投稿もストーリーも見れない鍵アカウントにする必要があるでしょう。 インスタストーリーの非表示リスト確認方法 後から誰を非表示にしたか忘れてしまった時は、 ストーリーの非表示リストをまずは確認しましょう。 その方法を解説しましょう。 ミュートする以前のストーリーズは表示されることがあります• 相手はこの設定をしていることがわからないので、話題の不一致には気をつけてください• 相手のホーム画面画面の「ハイライト機能」の視聴は可能です この記事ではストーリーズの表示・非表示についてをお届けしました。 上手に使い分けて、快適にインスタを楽しんでくださいね! 詳細 写真・動画を中心としたSNSのインスタグラムにはさまざまな機能がありますが、中でもインスタストーリー機能は人気の機能となっています。 投稿した画像や動画は24時間で消えるものの、 好きなように加工したり、エフェクトをつけたりすることでみんなを楽しませる動画を作ることができるのです。 さらに、 24時間で消えてしまうのはもったいないというストーリーであればアーカイブに保存したり、ハイライトとして公開しながら残すこともできます。 ただ、あなたはインスタのストーリーが見れない人がいることをご存知でしょうか?これは決してバグとかではなく、 投稿者がストーリーの表示を特定の人だけ非表示設定にできるためです。 今回は特定の人だけストーリーを非表示にする方法と、非表示にされたらわかるのか?(バレるのか?)どうかまでを解説していきます。 インスタストーリーが見れない人がいる?「表示しない人を選択」とは いつも自分のタイムラインの上部に表示されるストーリーの通知。 表示しない人の人数 前の画面に戻ると、ストーリーズの表示しない人の人数が表示されています。 そこが更新されていれば設定完了です。 インスタストーリーで非表示されたら公開範囲でバレる?バレない? インスタユーザーの中には、知り合いだから仕方なくフォロー・フォロワーになっているけど、正直自分のストーリーでプライベートを知られたくない、という相手もいるでしょう。 そんなときこそ、上記で解説した「表示しない人を選択」で相手からストーリーを隠すことができます。 しかし、「自分が非表示にされても、ストーリーの公開範囲でバレるのでは?」と思う人もいるでしょう。 まず結論から言うと、 自分のストーリーの公開範囲は自分以外誰にも表示されることはありません!よって、 その特定の人だけストーリーを非公開にしているということはバレないようになっているのです。 ストーリーを非表示にされた側の相手のタイムラインでは、あなたがストーリーを更新してもストーリー通知は表示されません。 また、相手があなたのプロフィール画面に来て直接ストーリーを見ようと思っても、更新されていないことになり、どっちみちストーリーを見ることはできないのです。 インスタストーリーで非表示にされてるかわかる方法 ただし1つだけ、ストーリーを非表示にされた側が「自分がストーリー非表示にされてるかどうかがわかる」方法があります。 それは、 他のサブアカウントで確認するという方法です! インスタアカウントを全体公開にしている場合、あなたをフォローしていない人でもプロフィール画面から直接ストーリーを表示させ、見ることができるようになっています。 たとえAさんというアカウントをストーリー非表示にしたとしても、Aさんが「B」というアカウントを作り、あなたのプロフィール画面から直接ストーリーを開けば、更新していることがわかるのです。 つまり、 自分はストーリーを非表示にされているということがバレてしまうという方法です。 他のサブアカウントでバレてしまうというのを防ぐのであれば、フォローしている人以外は投稿もストーリーも見れない鍵アカウントにする必要があるでしょう。 インスタストーリーの非表示リスト確認方法 インスタのストーリーを特定の人だけ非表示にしたものの、後から誰を非表示にしたか忘れてしまうこともありますよね。 また、後から非表示を解除してあげたいときもあります。 そのためには、ストーリーの非表示リストをまずは確認しないといけません。 その方法を解説しましょう。 青いボタンをタップして白に戻す 青い丸になっている人は「現在ストーリーを表示しない設定にしています」ということ。 非表示を解除するには、この青いボタンをタップし、そのすぐ下のような白い丸に戻しましょう。 設定が完了したら、最後に右上の「完了」をタップして保存します。 これで今まであなたのストーリーが見れなかった人でも見れるようになりました! インスタストーリーのハイライトを非表示にする方法 大切に取っておきたいストーリーやまだまだ全体公開していたいストーリーなどは、ハイライトに保存していつでも他のユーザーに公開しておくことができます。 現在インスタでも、どんどん人気が上昇している機能のひとつです。 では、ストーリーを非表示にしている人はハイライトが見れるのでしょうか?実は、ストーリーを見せないようにしていてもハイライトは表示されるため、見れてしまう状態です。 ユーザーの中にはストーリーもハイライトも非表示にしたい人もいるでしょう。 実際にはこの2つを一緒に非表示することはできないのですが、ただ1つだけ隠す方法があります。 それは、 アカウント自体を非公開アカウント(鍵アカ)にする方法です。 やり方は次の通り。

次の

【インスタ】相手の投稿とストーリーを非表示にする方法を解説!!

ストーリー 表示されない

こんにちは。 白石ふくです。 最近のインスタグラムでは通常の投稿よりもストーリーの方が人気の傾向にありますよね。 みなさんの中にも通常投稿よりストーリーの方を更新している、という方も多いのでは。 ストーリーは24時間でアーカイブに移動する、1日に何度更新してもタイムラインにしつこく表示されないなど、気軽に投稿できる仕組みが整っている便利な機能です。 自分が投稿したストーリーを見てみると、誰が見たのかも分かりますよね。 でもちょっとまって!! 基本的にはこれで問題ないですが、なんらかの理由で自分がストーリーを見たことを相手に知らせたくない、という方もいるのでは? そこで今回は、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧する裏技をご紹介します。 この方法はiPhoneユーザーのみ使用可能で、サードパーティアプリを使用した方法です。 そのため突然使用できなくなる場合もありますので、注意してくださいね。 「Instagramでリポスト」とは 「Instagramでリポスト」とは、インスタグラムの投稿をリポストしたり保存したり、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧することができる無料アプリです。 閲覧したストーリーは、保存することも可能です。 ストーリーを閲覧すると、基本的に投稿者に誰がみたのかが分かる仕組みになっています。 自分が相手をブロックしている、非公開アカウントにして相手が自分の投稿を見れないようになっている、などの場合でも「誰がみたのか」という履歴は残ります。 基本的には履歴が残ったからなにかがある、というわけではありませんが、さまざまな理由で「履歴をのこしたくないけれどストーリーを見たい」ということもありますよね。 そこで「Instagramでリポスト」の出番です。 こちらのアプリを使用すれば、履歴を残さずにストーリーを閲覧・保存することができますよ。 なお記事の冒頭でも書きましたが、こちらはサードパーティアプリですので突然利用停止になったり、仕様変更でストーリーを見た際に履歴が残るようになってしまったりなどの可能性もあることには注意してくださいね。 入手方法 「Instagramでリポスト」でストーリーを見てみよう まずアプリをインストールして起動します。 最初に「Log in with Instagram」というボタンが表示されますので、タップしてください。 ユーザー名・パスワードを入力して、インスタグラムのアカウントでログインします。 公式のインスタグラムアプリとほぼ同じような画面が表示されます。 「フィード」は自分がフォローしているアカウントのタイムラインが、「ポピュラ」にはインスタグラムの公式アプリの「検索 虫眼鏡アイコン 」と同じ画面が、「いいね」には自分がいいね!をした投稿の一覧が、「投稿」は自分の投稿の一覧が、「お気に入り」には「Instagramでリポスト」内でお気に入り登録した投稿の一覧が表示されます。 そして画面の1番上を見ると、ストーリーの一覧が表示されていることが分かります。 ストーリーの一覧から見たいストーリーをタップする、または「検索」でストーリーを見たいユーザーのアカウントを検索してください。 すると対象のアカウントのプロフィール画面のような画面に切り替わり「Stories」という画面が表示されます。 ここでは、現在見ることができるストーリーすべてが表示されています。 なお「投稿」では、通常のタイムラインに投稿されている写真や動画が表示されます。 「Stories」で見たいストーリーをタップしてください。 するとストーリーが再生されます。 この画面上で、画面の右上に表示されている「・・・」をタップするとメニューが表示されますので「保存する」をタップするとストーリーを保存することもできます。 この方法でストーリーを見ると、相手がストーリーの閲覧履歴を見ても履歴として残っていません!! まとめ 「Instagramでリポスト」を使えば、例えば企業のインスタグラムアカウントを運用している担当者の方が、競合他社のアカウントをチェックしたい時に履歴を残さず見ることができて、さらに保存もできるのでちょっと便利ですよね。 ただし、悪用は厳禁です。 履歴を残さずストーリーを見て保存までできたからと言って、自分のアカウントであたかも自分が投稿したかのようにアップロードする、などの行為は絶対にやめてくださいね。 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2017. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の

Facebookストーリーの使い方!投稿/削除/非表示の方法や足跡機能は?

ストーリー 表示されない

LINEのストーリーについて 自分の好きな写真や動画、テキストをストーリーとして投稿できます。 ストーリーは投稿後24時間で自動的に消えるのが特徴。 インスタグラムのストーリー機能に近い部分が多いが、詳しくみると違うところもあります。 詳細内容を見ていきましょう。 公開できる範囲 閲覧できるのは自分が公開した友だちの範囲内のみ。 インスタグラムのストーリーのように、すべての人に(全く知らない人に)公開されるといったことはありません。 足跡・既読は残るのか ストーリーに対しての「いいね!」や「メッセージ」を送信した場合は投稿者が誰からのものかというのは、確認できるようになっています。 当初は、誰がストーリーを見たか投稿者することができる(足跡や既読・閲覧履歴のような)機能はありませんでしたが、LINEアプリバージョン9. 0にて、ストーリーの閲覧者を確認できる機能が追加されました。 iPhone、Androidどちらも対応しました。 ストーリーの投稿者は誰が見たか、すぐに確認することができます。 閲覧者は投稿者にバレずに見るというのは基本的にできません。 ストーリーの使い方(投稿者) ストーリーを投稿する場合の使い方についてです。 1、Android版Ver. 0の環境で行った操作です。 投稿する• 【タイムライン】タブを開く• 【+ストーリー】のアイコンをタップ• カメラが起動するので、写真や動画を撮影(撮影済みの写真・動画の使用も可能です)。 画面下の【テキスト・写真・動画】よりそれぞれ切り替えできます。 以上でストーリーに投稿することができました。 ちなみにストーリーへのアクセスは、プロフィールからも可能です。 投稿したストーリーを削除する 間違えて投稿してしまった場合も下記の手順で簡単に削除することができます。 【タイムライン】タブを開く• 画面上の【自分のストーリー(アイコン)】をタップ• ストーリーが表示したら、右上のバツの隣にある【…】をタップ• 【削除】をタップ。 確認画面が出るのでもう一度【削除】タップ 以上でストーリーが消えます。 一度消してしまうと復元できませんので、もう一度投稿しなおす必要があります。 閲覧者(足跡)やいいね!をした人を確認する 閲覧者やいいねの数や誰がしたかというのは、自分が投稿したストーリーの画面の左下を見て確認することができます。 「閲覧1・いいね1」のように、そのストーリーに対しての閲覧数といいねの数が表示します。 閲覧者がない場合は何も表示しません。 【閲覧1・いいね1】の部分をタップすると、閲覧者を確認できるほか、【いいね】をタップすると、「いいね」してくれた友だちといいねのアイコンの種類・数を確認できます。 メッセージが届いた場合 ストーリーにメッセージが届いた場合は、送ってくれた友だちとのトークルームにメッセージが届きます。 過去に投稿したストーリーを見る 自分が投稿したストーリーは24時間経過後に消えますが、自動で保存されてまとめてみることができます。 LINEアプリのホームにある【自分のプロフィールアイコン】をタップ• 【写真・動画】をタップ• すると、マイストーリーという項目が表示します。 こちらで自分が過去に投稿したストーリーを見れます。 バージョン9. 0より対応しています。 ストーリーの使い方(閲覧者) 友だちのストーリーを見る側としての操作です。 閲覧だけでなく、コメントをしたり、いいね!を伝えたりすることもできます。 友だちのストーリーを見る ストーリーが公開・更新されると、タイムラインの画面上にアイコンが表示します。 見たい人のアイコンをタップすればストーリーが開きます。 「いいね」する ストーリーを開いたら、左下の【ニコちゃんマーク】をタップすると、「いいね!」をつけることができます。 【ニコちゃんマーク】を長押しして6種類の絵文字を選べます。 メッセージを送る 画面したのメッセージボックスより、投稿されているストーリーについてコメントすることが可能。 メッセージを送ると、投稿者とのトークルームにメッセージが届きます。 ストーリーが見れない・使えない ストーリーが見れない原因について考えられる事柄と対処方法を紹介します。 アプリバージョンが対応していない バージョンが古い場合は、ストーリーを利用できません。 アプリストアにて最新のバージョンアップにアップデートしてから利用できるか試してみてください。 Android版は9. 5、iOS版は9. 0以上のバージョンである必要があります。 不具合など アップデートしても利用できない場合は、LINEアプリの再起動、スマホの再起動をお試しください。 改善しない場合はLINE側での不具合・障害が起きているということもまれにあります。 友だちや家族などはタイムラインは利用できているか確認して、複数で同じトラブルが発生している場合はLINEで何かしらの問題が発生している可能性があります。 しばらく時間をおいてからお試しください。 急に友だちのストーリーが消えた、見れなくなった 先ほどまで見れていたストーリーが見れなくなってしまうことがあります。 24時間経過し自動的に消えた• 投稿者が削除した• 投稿者が自分に対し非公開にした などが考えられます。 友だちから見れないと言われた ストーリーを投稿しているのに、友だちのスマホからは見れないと言われた場合、次のようなことが考えられます• 公開範囲を設定できていない(その友達を非公開にしている)• 友だちのLINEがストーリーに対応していない(友だちがLINEをアップデートして解決) プロフィール画像がストーリーに表示するのをやめたい プロフィール画像を更新すると、ストーリーに自動的に投稿することができます。 これは、プロフィールアイコンやプロフィールの背景画像を変更時に【完了】のボタンの隣にある「ストーリーに投稿」のチャックボックスがオンになっているとストーリーに変更した画像がストーリーに表示するようになっています。 ストーリーの通知設定について ストーリーの通知設定は、LINE内のタイムライン設定から行えます。 LINEアプリの【ホーム】タブの上部にある【歯車のアイコン】をタップして設定を開く• 【通知】をタップ• 【タイムライン通知】をタップ• 必要に応じて通知設定をオン・オフする こちらでストーリーに「いいね」がついたときの通知に関する設定などを行えます。 知らない人のストーリーが表示するのはどうして? 2019年8月23日、知らない人のストーリーが表示するとの報告が増えています。 私の環境でも同じように友だち登録していない人のストーリーが表示していることが確認できました。 見てみると、HKT48の元メンバーの菅本裕子さん(すがもとゆうこす日記)でした。 複数のスマホで確認しましたが、全て彼女のストーリーが同じように表示されています。 今のところ、表示される条件は不明ですが、芸能人や有名人が表示する仕様に変更されたのかもしれません。

次の