ヌメルゴン 育成論。 ヌメルゴンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヌメルゴン : ハメて倒す毒守ヌメルゴン|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

ヌメルゴン 育成論

シャロによる、エントリーです。 フォーカスレンズ持ち 草食ヌメルゴン育成論 持ち物 フォーカスレンズ 運に自信のある人はカゴの実や食べ残し 特性 草食 性格 冷静 努力値 実数値 HP252 197 攻撃4 121 防御100 103 特攻148 163 特防4 171 素早さ0 90 技構成 確定技 眠る ドラゴンテール 毒々 選択技 雷 大文字 気合玉 地震 PT単位で辛い敵に対して刺さる技を選択してください 地震の場合は性格は勇敢で特攻に振る努力値を攻撃へ振ってください まずこのヌメルゴンの主な仮想敵はアタッカーを受けに来たポケモンです。 クレセリアやポリゴン2などを毒で倒します。 相手からのダメージは眠るで回復も間に合い、毒々等状態異常になっても眠るによって回復することができます。 ドラゴンテールはスイクンやウルガモス等の積みアタッカーを強制的に戻すことができます。 ドラゴンテールは優先度が-6なので命中90という不安定な数字でもフォーカスレンズで確実に当てることができます。 ヌメルゴンは 特性草食という点とドラゴンテールによってステルスロックの定数ダメージを稼ぐことができる点でラグラージとの相性が良いです。 ラグラージで物理を受けヌメルゴンで特殊を受けることもできます。 フォーカスレンズを持たせることによって後攻大文字は必中。 気合玉、雷は命中84となります。 最後に努力値の調整例を載せておきます。 耐久面 補正なし252振りゲッコウガの珠冷凍ビーム確定2発 無振りクレセリアの冷凍ビーム確定5発 補正有り252振りハチマキファイアローのブレイブバード確定耐え 補正なし252振りメガゲンガーのシャドーボール確定4発 補正有り252振りメガバシャーモの飛び膝蹴りを確定2発 攻撃面 勇敢の場合HP193ヒードランを地震で確定1発 H252ナットレイを大文字で確定1発 H252ギャラドスを雷で確定1発 素早さ面 80族抜かれ 補正無し152振り以下のマリルリ抜き 最後まで閲覧ありがとうございました。 少しでも参考になれば嬉しいです。

次の

ヌメルゴンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヌメルゴン 育成論

また、特性「そうしょく」の効果で、 相手の草技が効きません。 交代読みがうまく決まれば、相手の攻撃を1回分透かすことができるので、読み要素も楽しめる型となります。 命中がかなり不安。 相手の特防を2段階下げる。 後続サポートが可能。 草タイプ相手に有効な選択技。 草タイプ相手に有効な選択技の技。 威力は高いが、命中が不安。 特性「ぬめぬめ」の効果で相手の素早さを下げつつ確実に倒し切れるのが強みです。 使用後の特攻2段階ダウンも面倒。 命中がかなり不安。 相手の特防を2段階下げる。 後続サポートが可能。 草タイプ相手に有効な選択技。 草タイプ相手に有効な選択技。 威力は高いが、命中が不安。 ヌメルゴンの役割と立ち回り 敵の攻撃を受けつつ特殊技で反撃する 「ヌメルゴン」の特徴は、突出した高い特防種族値と言えます。 特殊アタッカーの攻撃を受けつつ、相手の効果抜群を突く立ち回りが強力です。 技範囲も広く選出次第では全てのポケモンの弱点を狙えるので、刺されば非常に強力なポケモンと言えます。 ヌメルゴンの対策 物理アタッカーで対策する 一見物理耐久の高そうな「ヌメルゴン」ですが、実数値にして 特防種族値の半分以下しかありません。 つまり、高い火力を発揮できる物理アタッカーのポケモンたちなら比較的容易に突破できます。 例えば、「カビゴン」や「トリトドン」は高い耐久性能を持っており、ヌメルゴンの攻撃を受け切ることができます。

次の

ヌメルゴン

ヌメルゴン 育成論

攻撃技 特殊技 ノーマル フェイント・ギガインパクト はかいこうせん ほのお ほのおのパンチ かえんほうしゃ みず アクアテール だくりゅう でんき かみなりパンチ 10まんボルト くさ パワーウィップ すいとる こおり れいとうビーム かくとう きあいパンチ きあいだま どく ポイズンテール ヘドロウェーブ じめん じしん ひこう エスパー むし いわ いわなだれ ゴースト ドラゴン げきりん りゅうのはどう あく ぶんまわす はがね アイアンテール フェアリー ランドロスやボーマンダなど氷4倍ポケモンに役割を持てる『れいとうビーム』やナットレイやハッサムなどの炎4倍ポケモンに大ダメージを与えられる『かえんほうしゃ』・『だいもんじ』を覚えます。 他にも苦手なフェアリータイプの有効だとして『ヘドロばくだん』や『ヘドロウェーブ』を覚えます。 この中から4つを選ぶにはあまりにも選択肢が多すぎます。 そのためヌメルゴンを使う時は構築と相談しましょう。 ヌメルゴンの育成論 結論 アタッカーではなくサポートに回る ヌメルゴンの特徴• 耐久がある• 技範囲が広い この2つを生かしてサポート役で採用します。 ヌメルゴンは『ほのお・みず・くさ・でんき』を半減にできます。 特性を『そうしょく』にすることでくさタイプの技は無効にすることができます。 だいもんじを覚えさせると、環境に多いナットレイやテッカグヤを完封することができます。 そのためナットレイやテッカグヤで止まってしまうメガラグラージやカプ・テテフと組み合わせると強いのではないでしょうか。 しかし、ここでもヌメルゴンの弱い点が明らかになります。 それは自己再生などの回復技、ボルトチェンジなどのサイクル技を使えないことです。 いくら耐久があっても、サイクルを回せなければいずれ消耗して一貫を作られてしまいます。 そのため持ち物はHP半分回復きのみで確定です。

次の