万 苗字。 「万」さんの名字の由来、語源、分布。

氏、姓、苗字、名字の違い

万 苗字

「Thinkstock」より 日本には、約30万種類の 苗字が存在するといわれている。 これは、アメリカの150万種、イタリアの35万種に続く、世界3位の数字。 実は、日本は世界でも有数の苗字大国なのだ。 そんな日本の苗字の中でも、ポピュラーなのが「佐藤」と「鈴木」だろう。 いずれも、180万~200万世帯と驚異的な数を誇っている。 一方、世帯数が圧倒的に少ない苗字が存在していることをご存じだろうか。 中には、残り1世帯となった「絶滅寸前の苗字」もあるという。 消滅しつつある希少な苗字について、 家系図の作成代行を全国から請け負っている苗字の専門家で、家系図作成代行センターを運営する渡辺宗貴氏に聞いた。 残り1軒!「文殊四郎」「春潮楼」という超希少苗字 「世帯数が1軒という苗字は、いくつか確認されています。 例えば『文殊四郎(もんじゅしろう)』という苗字は、2009年と12年の電話帳で確認したところ、世帯数はわずか1軒です。 この人は、福井県にいらっしゃるようです。 また、『春潮楼(しゅんちょうろう)』さんも、北海道に1軒だけ存在することが確認されています」(渡辺氏) 「文殊四郎」さんはフルネームのように見えるが、これでひとつの苗字だという。 ほかに、絶滅寸前の苗字にはどんなものがあるのだろうか。 「『四十九院(つるしいん)』さんは、やはり09年と12年の電話帳を見ると、9軒しか登録がありません。 この苗字のルーツは宮城県といわれ、四十九院さんたちは、その近辺に住んでいらっしゃるようです。 また、『人首(ひとかべ)』さんは09年の時点で20軒の登録がありましたが、12年になると14軒に減少しています」(同) 絶滅寸前の苗字はまだまだある? 途絶えつつある、希少な苗字。 仮に継承者がいなくなった場合、その苗字はどうなってしまうのだろうか。 「残念ながら、どうすることもできません。 過去の電話帳や人名録、職員録などに記録として残るだけです。 ただ、国勢調査票や戸籍簿など、日本人全員の苗字を確認できる資料が公開されていないため、実際のところ、希少な苗字が消滅したかどうかを判断するのは難しいのです」(同).

次の

珍しい苗字(名字)305選!変わった読み方をする苗字を紹介!

万 苗字

「Thinkstock」より 日本には、約30万種類の 苗字が存在するといわれている。 これは、アメリカの150万種、イタリアの35万種に続く、世界3位の数字。 実は、日本は世界でも有数の苗字大国なのだ。 そんな日本の苗字の中でも、ポピュラーなのが「佐藤」と「鈴木」だろう。 いずれも、180万~200万世帯と驚異的な数を誇っている。 一方、世帯数が圧倒的に少ない苗字が存在していることをご存じだろうか。 中には、残り1世帯となった「絶滅寸前の苗字」もあるという。 消滅しつつある希少な苗字について、 家系図の作成代行を全国から請け負っている苗字の専門家で、家系図作成代行センターを運営する渡辺宗貴氏に聞いた。 残り1軒!「文殊四郎」「春潮楼」という超希少苗字 「世帯数が1軒という苗字は、いくつか確認されています。 例えば『文殊四郎(もんじゅしろう)』という苗字は、2009年と12年の電話帳で確認したところ、世帯数はわずか1軒です。 この人は、福井県にいらっしゃるようです。 また、『春潮楼(しゅんちょうろう)』さんも、北海道に1軒だけ存在することが確認されています」(渡辺氏) 「文殊四郎」さんはフルネームのように見えるが、これでひとつの苗字だという。 ほかに、絶滅寸前の苗字にはどんなものがあるのだろうか。 「『四十九院(つるしいん)』さんは、やはり09年と12年の電話帳を見ると、9軒しか登録がありません。 この苗字のルーツは宮城県といわれ、四十九院さんたちは、その近辺に住んでいらっしゃるようです。 また、『人首(ひとかべ)』さんは09年の時点で20軒の登録がありましたが、12年になると14軒に減少しています」(同) 絶滅寸前の苗字はまだまだある? 途絶えつつある、希少な苗字。 仮に継承者がいなくなった場合、その苗字はどうなってしまうのだろうか。 「残念ながら、どうすることもできません。 過去の電話帳や人名録、職員録などに記録として残るだけです。 ただ、国勢調査票や戸籍簿など、日本人全員の苗字を確認できる資料が公開されていないため、実際のところ、希少な苗字が消滅したかどうかを判断するのは難しいのです」(同).

次の

名前の話|苗字の数はどのくらいあるか

万 苗字

まあ、集める事は集めているが、単に苗字の羅列にとどまっている その先を期待していたが、残念ながら、情報自体はネット検索で判る程度 ネットで80パーセント以上は出てくる内容だと思います 苗字に興味を持ったのは、先日、必要があり戸籍を調べてみて 明和や享保年間まで役所に記録が残っていたことに、ちょっと驚き (明和って田沼意次じゃん!って感じで、残ってるもんなんですね) 科学系雑誌を購入ついでに、注文したのだが、他の書籍が良かったかな 所詮はこの程度なのかな……と言う内容で、ちょっと残念でした 特にルーツを探したい方には不向きだと思います どなたかオススメの書籍はありますか? 誰かよろしくお願いします! 積年の苗字調査研究が「日本苗字大辞典」全三巻を生んだ。 その過程で見えてきた苗字の歴史、変遷が本書にまとめられている。 誕生した苗字ー古代。 整理された苗字ー奈良〜平安期。 封印された苗字ー室町〜江戸期。 作られた苗字ー苗字ー明治期。 進化する苗字ー昭和〜平成期。 うまくまとめられた苗字の変遷の様態がそれぞれに読み応えがある。 代表的に一つだけ例示すると、日本人に最も多い「スズキ」とはいったい何か? 鈴木姓は人口約80万人。 元の起こりの豪族の氏からすれば「穂積」。 これは紀州国の熊野神社に古くから続く神官の家柄である。 「穂積」とは稲束の中心に一本棒を立てる、それがスズキである。 この棒は稲魂を呼ぶ「依り代」で、棒を伝わって稲魂は稲に入來する。 したがってこの木は「聖なる木」…熊野の方言でスズキとなる。 今は「鈴木」の字を主として当てているが、40以上のスズキの書き方がある。 なくてはならない貴重な、めでたい存在の「スズキ(鈴木)」は明治になって苗字を名乗るのを許された一般人は我先にとこの憧れの姓を名乗るようになった。 このように日本の歴史・民俗等に関連して苗字の変遷史を縦軸に捉えて学問的な「苗字学」である。 平成18年亡くなられた著者丹羽基二氏のお「墓」に合掌して擱筆。

次の