軽キャンピングカー 価格。 軽自動車 キャンピングカー 販売

軽キャンピングカーのオリジナル制作・販売

軽キャンピングカー 価格

【サンパワー優先充電システム】のご紹介 - Stage21のこだわり - 軽キャンだからサブバッテリーへの充電がうまく機能しないのは、 当たり前だと思っていませんか? 一般的にはそうかもしれませんが、決してそんな事はありません。 ResortDuoは軽自動車でありながら大型のキャンピングカー並の充電機能を誇ります。 その秘密の一端をご紹介します・・・・・ 通常軽自動車のオルタネーター(ダイナモ)の発電量は60Aほどで、 ハイエースクラス130Aの半分もありません。 しかも、エアコンやカーナビ、オーディオ、ライト、フォグランプなどの電装は軽もハイエースも同等に使用しています。 そのオルタネーターで発電した電気でメインバッテリーを充電した後、余剰分をサブバッテリーに充電する走行充電は、どれ程の量の充電が可能か想像できますか? 軽キャンユーザーから『走行充電がされない』とか、『出かける前にACで満充電をしても翌日には電気がなくなってしまう』とか、『小さなソーラーパネルではほとんど充電してくれない』とか、軽キャンパーがいくら背伸びをしてもサブバッテリーに充電してくれる余剰電流は5Aくらいにすぎず、 60Aのオルタネーターでは充電量はたかが知れています。 Stage21はこう考えました。 充電効率の良いソーラーパネルと優秀なMPPTコントローラーさえあれば、パネルからの発電を優先的にサブバッテリーに充電して、太陽の出ていない雨や夜間時にだけ、サブ的にオルタネーターからの走行充電があればいいかと。 ResortDuoに標準搭載されているソーラーパネルは19Aの発電量があるので、日中はソーラーパネルからの充電をメインにし、夜間や曇り、雨の日は走行充電に自動で切り替える。 そうすれば軽キャンであっても十二分なチャージが実現し、北海道を一周するような長旅であっても、電気に不自由しない車中泊がおくれるのではないかと・・・・ ResortDuoは40Wの冷蔵庫に地デジテレビを一晩中つけっぱなしにしていても、翌朝はまだ充分に電圧が残っていますし、朝にインバーターを通してのレンジやコーヒーメーカーなどを使うことが出来ます。 またすぐに充電でバッテリーの電圧が回復するので、バッテリーの寿命も長くなり、交換時期を大幅に遅らせることができ経済的です。 晴天時なら105Aのバッテリーが残量半分でも3時間で簡単に満充電になってしまいます。 100wのソーラーパネルですと15時間以上必要ですので、それに比べStage21では大容量180wの高効率のソーラーパネルを使い、短時間で満充電が実現する様に しています。 世界で1番2番を競うアメリカSUNPOWER社のソーラーセルを使っているのも、その理由で 安く売られているノーブランドのソーラーでは満足のいく が得られない事もしばしばです。 このシステムさえあれば、24時間365時間、AC充電に頼らずに電気を使うことができます。 災害時にも、このシステムがあれば軽キャンパーがシェルターに変身します。 このような発想の転換で、『ソーラーをメインに、オルタネーターからの走行充電をサブにする』軽らしからぬ発電量で、軽キャンでは最強の 【サンパワー優先充電システム】が誕生しました。 このシステムはどの様なキャンピングカーにも対応します。 充電量にご不満があり、24時間冷蔵庫やTVをお使いになれない方はご相談ください。 ご相談ください。 レスの場合は-40,000円.

次の

軽キャンピングカー製造・販売の【オートワン】軽キャンパー・車中泊・多目的車の専門販売店

軽キャンピングカー 価格

軽キャンピングカーの魅力とは? コスト面だけではなく、軽自動車ならではのコンパクトさが、通常のキャンピングカーにはない魅力であるとして注目されています。 特に、定年退職を迎えたシニア世代の方々には、軽キャンピングカーで夫婦二人での旅行を気の向くままに楽しみ、疲れたらすぐに休憩をとることのできる手軽さが人気の秘密のようです。 また東日本大震災を契機として、シェルター代わりに購入する人も増えています。 長い車中泊では、エコノミークラス症候群を発症する危険性が高まりますが、軽キャンピングカーは普通の車と比べて、かなり快適に過ごすことができ、充実した機能が搭載されているといえるのではないでしょうか。 軽キャンピングカーのメリット コンパクトで小回りがきく なんといっても軽自動車がベースとなっていますので、コンパクトであり小回りがきくことがメリットといえるでしょう。 フルサイズのキャンピングカーはどうしても車体の大きさがデメリットとなってしまって、キャンプは好きであるものの、運転が苦手という人には敬遠されてしまいます。 軽キャンピングカーであれば手軽に出かけることができますし、細い道であっても気にせず進むことが可能です。 意外に快適な空間 軽自動車がベースですからどうしてもフルサイズと比べると車体が小さく、居住空間は狭くなりがちです。 しかし、軽自動車の規格をフル活用している車体もあり、そのような車両であれば思ったほど空間の狭さを感じることはなく広く感じられます。 家族4人でというわけにはいかないものの、夫婦での旅行くらいであれば十分に過ごすことができるスペースであるといえます。 軽自動車がベースになっているので価格が安い 価格はフルサイズと比べると、はるかにリーズナブルとなっています。 フルサイズであれば数百万円から一千万円を超えるものも珍しくありませんが、軽キャンピングカーであれば百万円程度から購入することができます。 その程度の金額は、車を購入する常識的な金額ですから、それほど高いハードルであるとはいえないでしょう。 ランニングコストも低くすむ 軽自動車がベースとなっていますから、あらゆるコストを抑えることができます。 燃費はフルサイズよりもはるかによく、自動車税も軽自動車が適用になりますから年間4000円です。 高速道路の料金も軽自動車料金が適用になりますから、普通車よりも安くすみます。 車検時においても軽自動車の自動車重量税は普通車の3分の1程度で済みます。 自宅の駐車場で十分に駐車しておけますから、ガレージ代も節約できます。 普段乗りも十分可能 もちろん普段乗りでも十分に活用できますから、旅行だけではなく普段の外出時においても利用することができます。 軽自動車ですから街乗りでも不自由なく運転することができますし、小回りがききますから細い道でもまったく問題ありません。 パーキングにも停めやすいでしょう。 軽キャンピングカーのデメリット 長距離走行には向いていない 軽自動車ですから、基本的には近距離向きであり、長距離走行には向いていません。 フルサイズであれば乗り心地もいいですが、それほどいいともいえません。 そのため長距離走行だけではなく、山道など足場が悪い場所での運転は辛いといえそうです。 長期滞在には向いていない かなり工夫はなされているものの、フルサイズと比べてしまうとどうしても快適さには差を感じずにはいられません。 そのため長期での旅行や滞在には厳しいといえます。 しかし逆にいいますと、短距離で短期の滞在を想定しているのであれば、かなり快適に過ごすことができるのではないでしょうか。 どうしてもパワー不足 軽自動車のエンジンですから、キャンピングカーとしてどうしてもパワー不足を感じてしまいます。 峠道や上り坂、高速道路などにおいては、キャンピングカーの装備によって増してしまった重量が、そのまま仇となってしまうことは間違いありません。 まとめ 今回は軽キャンピングカーの魅力をメリット・デメリットの両方を踏まえつつ、ご紹介しました。 フルサイズのキャンピングカーに快適さでは劣るものの、そのコスパの良さと利便性を考えると、とても魅力的です。 みなさんも、ご自身の目的に合ったキャンピングカーを探してみてくださいね。 関連記事一覧.

次の

軽自動車 キャンピングカー 販売

軽キャンピングカー 価格

男の人なら1度は憧れる キャンピングカー! でも、 価格が高い!って思いますよね・・そこで人気なのが 軽自動車のキャンピングカーです。 新車や中古車の種類や価格、更に人気車種も色々とご紹介していきましょう。 キャンピングカーとは? 始めにキャンピングカーとはなんぞや?っていうのを説明しましょう。 一般的には寝泊まりできる設備を備えた車ですよね。 ちなみにキャンピングカーというのは和製英語で アメリカではキャンパーというそうです。 一つ勉強になりましたねwwww アメリカとかだとバカデカイ車のイメージがありますけどね・・・ まあアメリカの場合は牽引タイプの方が多いんだろうか? それこそ、車で家を引っ張ってるみたいな感じですけどwww それはそれで良いと思いますけど、狭い日本では厳しいですよね。 また価格的にも高いと思います。 日本ではキャンプまたは宣伝活動を行う為の特殊な設備を要する車っていう道路運送車両法があります。 これに該当すれば8ナンバー登録が可能って事ですね。 架装形態によって区分されています。 ・フルコンバージョン 専用のシャーシに架装したもの。 フルコンと呼ばれる場合があります。 ・キャブコンバージョン キャブ付きのシャーシに架装したもの。 一般的にはトラックを改造した物が多いみたいですが、最近はワンボックス車のBピラーから後をボディカットしてつくられる物もおおいです。 ・バンコンバージョン キャンパーバンとも呼ばれる、ワンボックス車などの内装、屋根などを加工して架装したもの。 ハイエースとかを改造したキャンピングカーは多いと思います。 ・バスコンバージョン マイクロバスなどのバスに架装したもの。 窓が大きいため断熱性が低いって事ですね・・ ・軽自動車キャンピングカー こちらをこれから紹介していきます。 近年のキャンピングカーブームや段階の世代の余暇で注目を集めているのがこちらです。 ベース車両の安さ、低維持費、取り回しやすさ、駐車場を選ばないなど日本での使用スタイルにマッチしていることが人気の理由ですよね。 軽キャンピングカーの種類や価格は? さて、それでは軽キャンピングカーをご紹介していきましょう。 ・愛犬くん 車名もめちゃくちゃ可愛いこの車。 ベース車両はスズキエブリイですね。 価格は188万円からということでかなりリーズナブルです。 まあ、愛犬くんという名前からもわかるとおり ペット目線の仕掛けが満載です。 キャビネット付きの室内は断熱、吸音にも力を入れていて、天候に左右されない車中泊が可能です。 ・マイクロバカンチェス・ひとりのくるま旅 ベース車両はマツダスクラム他。 価格は181万8千円~ こちらは1名使用と割り切った作りが良いですよね。 社内左側に食材や飲み物を収納できる40リットルの大容量冷凍冷蔵庫と電子レンジを標準装備。 更に19インチのテレビまで付いてます。 ルーフにはソーラーパネルを装備しているので、充電残量を気にすることなく、家電を使えるのもいいですよね・・ 1人で車中泊ってことなら良い車だと思います。 ・テントむし ベース車両はハイゼットトラック、軽トラックのキャリー ブログ更新しています。 ポップアップルーフを備えていて、 乗車も就寝も定員は4名! 給水用タンクとシンク、冷蔵庫、カセットコンロ指揮調理器具、オートチャージャー、外部電源などを標準装備。 オプションでサイドオーニングや発電機も設定しています。 価格は364万4千円~と高いですけど、それに見合う車だと思います。 ・パロッコ こちらもベース車両はハイゼットトラックですかね? 大型に引けを取らない 本格的モーターホームというコンセプトで製造されています。 居住性を追求し、断熱パネル製のボディや二重窓で断熱効果を高めていますし、家具、内装、電装、塗装、全てが純国産素材で自社工場生産というこだわりが凄いです。 価格は429万5百円~と豪華な高級車並ですけどねwwwでもいいです。 ・リゾートデュオ・バスキング ベース車両はダイハツのハイゼットカーゴ。 ルーフに11A(180W型)の発電量を持つソーラーパネルを搭載してサブバッテリーを充電し、 電化製品を長時間使用出来るようにしています。 乗車は4人、就寝は2人。 2名用ソファーベッド、脱着式テーブル、バタフライテーブル付きギャレー、丸形シンクなどを備えています。 価格は221万5千円から! ・Threrunder(ツレルンダー) オートワンさんのツレルンダー。 釣りを中心とした河や海での水系合う度ドアで車中泊できるってことですね。 ポイントは天井で釣り竿をセットできるようになっています。 価格は284万7800円~ ・かるキャン コンビ ベース車両は軽トラックのキャリィってことで、外見がベース車両から大きく変わっていますね。 こちらはトランスフォームキャンパーシリーズの1台になり、車中泊する時は「ステイモード」として横方向に615mm引っ張りだし、ルーフも上方に930mmアップできます。 今日見たキャンピングカーの中でも気になったのが、コイズミのトランスフォームキャンパー 軽きゃん! 内装が大幅に変更されていた、木目調の内装と前はシンクがあった場所に家具の様な物が!なんか高級感が増した。 sekine AXIS5963 これは広いですよね・・・走行時と比較して2. 4倍に拡大できます。 価格は360万円~軽キャンピングカーとは思えないほどの空間的な余裕は魅力ですよね。 ・N-BOXキャンパーネオ ベース車両は大人気車種のN-BOXになります。 価格は273万1千円~ ということで、色々紹介してきましたが、購入してから後悔しないためにも、色々と自分がどのようなタイプが欲しのか考えた方が良いですよね。 自分の生活にあった軽キャンピングカーを選んで楽しみましょう。

次の