コンドーム 不足。 世界中がコンドーム不足の危機…日本の現状をオカモトに聞いた(SmartFLASH)

新型コロナウイルスによる「世界規模のコンドーム不足」が生じる可能性

コンドーム 不足

新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的な流行は、様々な分野に深刻な被害を与えているが、意外なところにも被害が及ぶかもしれない。 新型コロナウィルス拡散防止のため各国で外出禁止令が出されている今、コンドームの需要は世界中で非常に高まっているようだ。 マレーシアを拠点とし、世界に流通するコンドームの主要な製造メーカーである の最高経営責任者である Goh Miah Kiat 氏によると、 コンドームの重要は二桁の成長を遂げているとのことだ。 Karex Bhd は年間50億個のコンドームを製造しており、世界のコンドーム供給の20%を占めている。 また、そのクライアントには International Family Planning といった国際団体や Durex といったグローバルブランドが含まれている。 オーストラリアでは金融大臣によるロックダウンの可能性を示唆するコメントが発表された後、 コンドームの売り上げが3倍に、そしてアメリカの賭博サイト によると、アメリカでは 有名コンドームメーカー「TROJAN」の株価が上昇し、その原因としてCOVID-19 感染拡大による「恩恵」を受けている可能性が挙げられている。 更に、アメリカの新生児専門医団体 Millennium Neonatology の Kevin Kathrotia 医師は に対し、普段多くの若者がバーやレストランにゆく以外にすることがないため、それができなくなった今は「Netflix and chill(直訳は「ネットフリックスを見てくつろぐ」という意味だが、インターネットスラングの一種で「SEX をすること」を意味する)」しかすることがなく、 新型コロナウィルスによるパンデミックから約9ヶ月後に出生率が増加するのではないか、と語っている。 なお「一般的な使用方法」による世界的なコンドーム需要の一方、全く別の使用目的のための購入も増えているようだ。 オーストラリアを拠点としコンドームの通信販売事業を展開する CondomSales は、アジア圏ではコンドームを手袋代わりに使用するという新型コロナウィルス予防法が SNS 上で話題となったため、更に需要が高まったのではないか、とコメントしている。 上に挙げたコンドームメーカー・Karex Bhd の Goh 氏は、中国とインドの政府による都市封鎖(ロックダウン)のため、同社の工場の一時的な閉鎖を余儀なくされ、ロックダウンから10日後の3月27日金曜日には「重要産業の特別免除」の一環として操業を再開したものの、マレーシアの封鎖規制により労働者の半数しか配置することができず、その結果、 コンドームの価格が大幅に上昇する可能性があると警告した。 Goh 氏は「我々は、依然として全ての労働者に給料の全額を支払っているが、労働者は半分の時間しか働けないため、一般的にコストが増加している」とコメントし、更に 「需要の半分を維持するのにも苦労することだろう」 「世界中でコンドームが不足する事態となるだろう」とも語っている。 Karex は、スパイシー味、ドリアン味、ミルクティー味といった味付きのユニークな独自ブランドコンドーム「ONE condoms」も製造しているが、 コンドームの備蓄はあと2ヶ月分しかないとのことだ。 このコンドーム需要は世界的なものであると様々な方面からのコメントが相次いでいるものの、しかしここ日本はおそらく例外となるのではないだろうか。 マスク、トイレットペーパー、缶詰等の買い占めは横行しているが、コンドームの買い占めだけは起こらなさそうな気がするが……。

次の

【2020年度最新】コンドームのおすすめ人気ランキングベスト5!

コンドーム 不足

【クアラルンプールAFP=時事】新型コロナウイルス感染拡大による製造工場の閉鎖や流通の混乱で、世界的なコンドーム不足が懸念されている。 すでに世界最大のコンドームメーカーであるマレーシアの「カレックス」が生産減に追い込まれており、国連は「破滅的」な影響を及ぼしかねないと警鐘を鳴らしている。 (写真はマレーシア・クアラルンプールの店内に並ぶコンドーム) 世界最大のゴムの産地で、コンドームの主要生産国でもあるマレーシアは先月、新型コロナウイルスの感染者数が東南アジアで最多クラスとなったことを受け、全国規模のロックダウン(都市封鎖)に踏み切った。 世界で販売されるコンドームの5分の1を生産するカレックスも生産活動が制限され、3月中旬から4月中旬までの生産数が例年より2億個少なくなる見通しだという。 カレックスのゴー・ミア・キアット最高経営責任者(CEO)はAFPに対し、流通の問題で他のメーカーも商品の市場投入が困難になっており、今後コンドーム全体の供給が大きな打撃を受けると指摘。 「世界は確実にコンドーム不足という状況を目の当たりにするだろう」と見通しを述べた。 カレックスは支援プログラムによる配給を目的に、多くの企業や政府にもコンドームを供給しているが、マレーシア国内の3か所の工場はロックダウン開始からしばらく、閉鎖を余儀なくされた。 国連人口基金(UNFPA)によると、新型コロナウイルスの影響で同団体へのコンドームの供給は例年の5~6割にとどまっている。 UNFPAは「コンドームなどの避妊具の不足は意図しない妊娠の増加につながりかねず、さらに未成年の少女や女性、パートナー、家族に破滅的な健康および社会的な影響を及ぼす可能性もある」と指摘。 また危険な中絶や性感染症、エイズウイルス(HIV)感染が増加する可能性もあるという。 ただ、工場の操業停止や出入国制限でコンドーム業界が混乱に見舞われている一方、需要は増加傾向にあるようだ。 インドでは全人口13億人に対して外出禁止が発表された後、コンドームの売り上げが1週間で25~35%増になったと報じられている。 世界的に外出制限が続いていることから、カレックスはコンドームの需要は今後増加すると見込んでいるという。 【翻訳編集AFPBBNews】 〔AFP=時事〕.

次の

コロナ余波“ゴム大国”マレーシアの工場閉鎖 世界で深刻「コンドーム不足」

コンドーム 不足

【クアラルンプールAFP=時事】新型コロナウイルス感染拡大による製造工場の閉鎖や流通の混乱で、世界的なコンドーム不足が懸念されている。 すでに世界最大のコンドームメーカーであるマレーシアの「カレックス」が生産減に追い込まれており、国連は「破滅的」な影響を及ぼしかねないと警鐘を鳴らしている。 (写真はマレーシア・クアラルンプールの店内に並ぶコンドーム) 世界最大のゴムの産地で、コンドームの主要生産国でもあるマレーシアは先月、新型コロナウイルスの感染者数が東南アジアで最多クラスとなったことを受け、全国規模のロックダウン(都市封鎖)に踏み切った。 世界で販売されるコンドームの5分の1を生産するカレックスも生産活動が制限され、3月中旬から4月中旬までの生産数が例年より2億個少なくなる見通しだという。 カレックスのゴー・ミア・キアット最高経営責任者(CEO)はAFPに対し、流通の問題で他のメーカーも商品の市場投入が困難になっており、今後コンドーム全体の供給が大きな打撃を受けると指摘。 「世界は確実にコンドーム不足という状況を目の当たりにするだろう」と見通しを述べた。 カレックスは支援プログラムによる配給を目的に、多くの企業や政府にもコンドームを供給しているが、マレーシア国内の3か所の工場はロックダウン開始からしばらく、閉鎖を余儀なくされた。 国連人口基金(UNFPA)によると、新型コロナウイルスの影響で同団体へのコンドームの供給は例年の5~6割にとどまっている。 UNFPAは「コンドームなどの避妊具の不足は意図しない妊娠の増加につながりかねず、さらに未成年の少女や女性、パートナー、家族に破滅的な健康および社会的な影響を及ぼす可能性もある」と指摘。 また危険な中絶や性感染症、エイズウイルス(HIV)感染が増加する可能性もあるという。 ただ、工場の操業停止や出入国制限でコンドーム業界が混乱に見舞われている一方、需要は増加傾向にあるようだ。 インドでは全人口13億人に対して外出禁止が発表された後、コンドームの売り上げが1週間で25~35%増になったと報じられている。 世界的に外出制限が続いていることから、カレックスはコンドームの需要は今後増加すると見込んでいるという。 【翻訳編集AFPBBNews】 〔AFP=時事〕.

次の