全日本 学生 音楽 コンクール 2019 結果。 「全日本学生音楽コンクール」で入賞を目指すレベルとは?

日本音楽コンクール

全日本 学生 音楽 コンクール 2019 結果

バッハの無伴奏ならここまで バッハの無伴奏を例にとると、音高受験であれば声部の弾き分けまでは要求されませんが、「全日本学生音楽コンクール」(学生音コン)の中学校の部で入賞を目指すとなれば、話は別です。 本人に任せておくと、大抵は「そう変ではないがコンクールでは通用しない」レベルにしか到達しません。 「学生音コン」は、将来のソリストを選抜するためのコンクールであり、審査基準は一般人が聴いて感動するかどうかではなく、専門家が聴いてどうかのレベルに設定されています。 生まれつきバロックの書法が分かっている人間など一人もいませんから、ルールを教え込む必要があります。 まれに一を言えばぱっと分かる生徒もいますが、専門を目指すとなれば、ほぼ例外なく小さい頃から鬼のような?母親(父親でもいいのですが)がついて、みっちり勉強することになります。 機能はトニック(主音)・ドミナント(属音)・サブドミナント(下属音)に分かれ、バッハの曲の旋律は機能和声を土台に書かれている場合が多い。 例えば、バッハ:無伴奏パルティータなら第3番ガヴォットの後半等に特徴的に現れる。 予選通過の顔ぶれを見てレベルを上げることも 目標が「学生音コン」の予選通過ではなく、本選で入賞狙いとなると、生徒にも相当の負担がかかりますから、どこまで引っ張るかはその生徒のポテンシャルな能力との相談になるでしょう。 本人がついて来ることができれば結果が出る可能性がありますが、たとえリハーサルでいけると思っても、本番では何があるかわからないリスクは常に抱えることになります。 ソリスト志望者の大半は、このようなサイクルを1、2年単位で繰り返します。 指導者の側で「この生徒、この家庭なら行けるだろう」と思っても、見込み違いの場合もあります。 「専門教育」は「情操教育」とは異なる 原則15歳でデビュー、高校までで入賞歴がなければ切り捨てというポリシーの指導者もいるくらいで、そのような場合は門下生とその家族が金縛りにかかることもあり得ます。 あまりにひずみが強く出るようなら、「分からない子には教えない、かわいそうだから」という方針の先生に替わって、時機を見るのも一法でしょう。 野球では甲子園組でなくとも活躍しているプロ選手がいるのと同じで、本人の「時期」がまだ来ていないだけなのかもしれませんから。 いずれにしろ、「学生音コン」レベルのコンクールで結果を出そうと思ったら、「好きな音楽を通して豊かな人間性を」といったような情操教育とは別の、しかるべき覚悟を伴う専門教育の次元の話になってきます。 日本では、どうもこのまったく違う二つの教育が混同されがちで、「もって生まれた音楽性はそのままでどこでも通用する」「好きに弾かせてくれない先生が悪い」と信じきっている保護者も多いようです。 音楽そのものよりもサイドストーリーが売り物になる時代ですから、ある意味仕方のないことかもしれませんが。

次の

「全日本学生音楽コンクール」で入賞を目指すレベルとは?

全日本 学生 音楽 コンクール 2019 結果

バッハの無伴奏ならここまで バッハの無伴奏を例にとると、音高受験であれば声部の弾き分けまでは要求されませんが、「全日本学生音楽コンクール」(学生音コン)の中学校の部で入賞を目指すとなれば、話は別です。 本人に任せておくと、大抵は「そう変ではないがコンクールでは通用しない」レベルにしか到達しません。 「学生音コン」は、将来のソリストを選抜するためのコンクールであり、審査基準は一般人が聴いて感動するかどうかではなく、専門家が聴いてどうかのレベルに設定されています。 生まれつきバロックの書法が分かっている人間など一人もいませんから、ルールを教え込む必要があります。 まれに一を言えばぱっと分かる生徒もいますが、専門を目指すとなれば、ほぼ例外なく小さい頃から鬼のような?母親(父親でもいいのですが)がついて、みっちり勉強することになります。 機能はトニック(主音)・ドミナント(属音)・サブドミナント(下属音)に分かれ、バッハの曲の旋律は機能和声を土台に書かれている場合が多い。 例えば、バッハ:無伴奏パルティータなら第3番ガヴォットの後半等に特徴的に現れる。 予選通過の顔ぶれを見てレベルを上げることも 目標が「学生音コン」の予選通過ではなく、本選で入賞狙いとなると、生徒にも相当の負担がかかりますから、どこまで引っ張るかはその生徒のポテンシャルな能力との相談になるでしょう。 本人がついて来ることができれば結果が出る可能性がありますが、たとえリハーサルでいけると思っても、本番では何があるかわからないリスクは常に抱えることになります。 ソリスト志望者の大半は、このようなサイクルを1、2年単位で繰り返します。 指導者の側で「この生徒、この家庭なら行けるだろう」と思っても、見込み違いの場合もあります。 「専門教育」は「情操教育」とは異なる 原則15歳でデビュー、高校までで入賞歴がなければ切り捨てというポリシーの指導者もいるくらいで、そのような場合は門下生とその家族が金縛りにかかることもあり得ます。 あまりにひずみが強く出るようなら、「分からない子には教えない、かわいそうだから」という方針の先生に替わって、時機を見るのも一法でしょう。 野球では甲子園組でなくとも活躍しているプロ選手がいるのと同じで、本人の「時期」がまだ来ていないだけなのかもしれませんから。 いずれにしろ、「学生音コン」レベルのコンクールで結果を出そうと思ったら、「好きな音楽を通して豊かな人間性を」といったような情操教育とは別の、しかるべき覚悟を伴う専門教育の次元の話になってきます。 日本では、どうもこのまったく違う二つの教育が混同されがちで、「もって生まれた音楽性はそのままでどこでも通用する」「好きに弾かせてくれない先生が悪い」と信じきっている保護者も多いようです。 音楽そのものよりもサイドストーリーが売り物になる時代ですから、ある意味仕方のないことかもしれませんが。

次の

2019年12月全日本学生音楽コンクール生配信を見た感想

全日本 学生 音楽 コンクール 2019 結果

スポンサーリンク 全日本学生音楽コンクール(学生音コン)とは 毎日新聞社が主催で、1947年から始まりました。 2018年で 72回目の開催となります。 学生だけのコンクールでは 最も難易度が高いと言われており、 音楽を志している学生の登竜門となっているコンクールです。 全国を5つの地区に分けて、予選、本選を行い、 そこで上位になれば全国大会へ出場することができます。 5つの地区とは、 東京、大阪、 北九州、 名古屋、 北海道になります。 楽器ごとの部門に分かれており、 木村心美さんは 東京大会のフルート部門に出場されました。 フルート部門は中学の部と高校の部の2つがあり、 木村心美さんは高校の部になります。 木村心美さんは このハイレベルなコンクールの東京大会の予選を突破し、 10月16日に行われた 東京大会本選に出場しました。 かなりの実力の持ち主だと言えます。 2018全日本学生音楽コンクール東京大会の参加人数 2018年の東京大会フルート部門の予選出場者は 65人で 予選突破が 20人になります。 この20人のうち全国大会へ出場できるのは 4人です。 そして、全国大会はこの東京地区代表4人を含め、 全 14人で実力を競います。 フルート部門の全国大会は、 2018年11月29日に横浜みなとみらいホール小ホールにて開催されます。 キムタク長女は桐朋女子高校音楽科でフルートを専攻 木村心美さんが通うのは 東京都の 私立桐朋女子高等学校音楽科です。 こちらの高校の 管楽器専門(フルート)に在籍しています。 ちなみに高校名に「女子」とありますが、 共学の高校になります。 桐朋女子高校音楽科はレベルが高い 上の画像は桐朋女子高校音楽科の年度毎の入試結果ですが、 木村心美さんは一般入試で入学したようですね。 こちらの高校は音楽に関して非常にレベルの高い高校です。 桐朋女子高校音楽科に入学する生徒の多くは、 「 子供のための音楽教室」という 桐朋学園大学音楽学部の附属組織の 音楽教室出身者が多いです。 この音楽教室は全国にあり、その教育レベルは高く、 この教室で学んだ小中学生のなかには、 全国コンクールの上位入賞者も多くいるそうです。 そのような生徒の多くが 桐朋女子高校音楽科を受験するそうなので、 高い技術を持った人が多いようです。 また、入試については一定の演奏レベルに達していないと、 たとえ定員に満たなくても合格は厳しいそうです。 スポンサーリンク 桐朋女子高校音楽科はコンクール受賞者が多く練習環境が良い 音楽コンクールの受賞者が多く在籍している高校は、 以下の3校が大部分を占めます。 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校• 桐朋女子高等学校音楽科• 東京音楽大学付属高等学校 桐朋女子高校音楽科ももちろん入っています。 桐朋女子高校は、楽器の練習環境が整っていたり、 質の高い授業を受けることができるようで、 音楽漬けの毎日を送ることが可能なようです。 レベルの高い生徒に囲まれ、 このような良い環境で練習に打ち込むことができるので、 実力を存分に伸ばすことができますね。 キムタク長女は第23回ヤマノジュニアフルートコンテストで最優秀賞 木村心美さんが学生音コン以外に結果が明らかになっているものは このコンテストだけでしたので参考に紹介します。 2013年10月27日山野楽器主催のコンクールで 木村心美さんは 最優秀賞を受賞されました。 小学生の部に出場したようですが、 木村心美さんと次女のKokiさんほか16名が参加しました。 演奏時間は約5分間で、 「カルメンファンタジー」という曲を演奏しました。 どんなコンテストであれ 最優秀賞はなかなか取れるものではないと思います。 素晴らしいですね! キムタク長女の将来の夢は音楽家 出典:わうぱごす 木村拓哉さんと工藤静香さんは、 心美さんにフルート奏者になって欲しいという考えがあり 幼い頃からフルートを習わせていました。 そのため、 自宅に 防音設備を備えたスタジオのような部屋も作ったそうです。 フルート留学を真剣に考えていたそうですが、 留学はまだされていなく、桐朋高校にて腕を磨かれています。 木村心美さん自身も「将来はフルート奏者になりたい」と言っており、 今後の進路も含めて、ますますの活躍が楽しみですね! キムタクの長女、 木村心美さんのフルートの凄さについて紹介しました。 これからフルートも含めてどのような活動をするのか楽しみですね。 今後の木村心美さんに注目です!.

次の