半日 断食 やり方。 毎日コツコツ!半日断食の効果と正しいやり方|うちみがき

半日断食で無理なく痩せるやり方【結果を出す4つのポイント】

半日 断食 やり方

プチ断食とは? 「断食」というと、ハードな修行というイメージですが、プチ断食は初心者でも取り組みやすい断食です。 半日から3日だけ行う短期間の断食 「プチ断食」は短期間だけ食物の摂取を絶つという断食の方法です。 期間は様々で、半日から三日程度でもOK。 「半日で効果が出るの?」と思うかもしれませんが、普段の食生活が乱れている、食べ過ぎの傾向があるという人の場合、たった半日でも十分な効果を実感することができます。 気軽に断食の効果をえることができる プチ断食のメリットは、手軽に取り組むことができるということ。 平日は会社で働いているという人の場合、身体を整えるためには週末の限られた時間しか使うことができませんが、プチ断食なら週末だけでも十分。 気軽に取り組み、同時に断食の効果を得ることができます。 本来の消化吸収機能を取り戻す目的 修行などで行われる長期間の断食は、瞑想など精神的な目的で行われるのが多いもの。 しかし、プチ断食の場合、目的は大きくことなります。 プチ断食では、疲れた胃腸などを休ませて、本来持っている消化吸収の機能を取り戻し、断食が終わったあと、よりスムーズに胃腸を働かせるということが大きな目的になります。 プチ断食の効果 誰でも簡単に取り組むことができるプチ断食。 しかし、その効果には様々なものがあります。 不眠不休の胃腸を休ませる プチ断食のもっとも大きな効果は「胃腸を休ませることができる」ということです。 たとえば、年末年始などのパーティシーズンの場合、飲み会などが続くとどうしても胃腸に疲れを感じてあっさりしたものが食べたいと思うもの。 これは身体の正常な反応ですが、実は私たちの普段の食生活でもこれと同じことが起きています。 というのも、朝昼晩と三回の食事を取るだけでも、胃腸は常に働き続けている状態。 さらに夜遅く食べる習慣がある人の場合では、眠っている間も胃腸は休むことができなくなります。 これは胃腸にとっては非常に辛い状態。 しかし、一日三回食事を取るということが習慣になっているため、私たちは胃腸が悲鳴を上げていることになかなか気づくことができません。 そんな場合にプチ断食を行うと、胃腸はその間、消化や吸収を行う必要がなくなるため、しっかりと休息を取ることができます。 腸内環境を整える プチ断食には、腸内環境を整えるという効果もあります。 腸は消化された食べ物から栄養を吸収し、老廃物を排出するために非常に重要な部分。 しかし、普段から働きすぎている場合、どうしても本来持っている能力を発揮できなくなってしまいます。 その結果、腸内環境は悪化、必要な栄養素を取り込めなくなるだけでなく、老廃物を排出することができなくなります。 しかしプチ断食を行うと、それ以上食べ物が入ってこなくなるため、腸はまず老廃物の排出に力を集中することができます。 その結果、便秘が改善するなどのデトックス効果はもちろん、蓄えていた脂肪をエネルギーに変えることでダイエットの効果を得ることもできます。 また、腸内環境は脳にも大きな影響があるもの。 プチ断食によって腸内環境を改善することで、精神的にも安定し、より健康な心と身体を手に入れることができます。 内臓を活性化させる 普段、「お昼の時間だから」とお腹も減っていないのに食事を取っている人の場合、どうしても内臓の機能が低下してしまいます。 また、食べているうちについつい食べ過ぎてしまうということも少なくありません。 そんな人でもプチ断食を行うことで、正常な食欲を回復して、内臓機能を活性化させることができます。 また、摂取しているエネルギーが多すぎる場合、どうしても身体の中のカロリーがあまりがちになってしまいますが、プチ断食でお腹を減らすと、代謝がアップ、体内の血流量なども向上して、冷え性などの改善につながります。 プチ断食の基本のやり方 女性にとって様々な効果があるプチ断食。 では、プチ断食は具体的にはどのように行えばよいのでしょうか。 プチ断食中は水分のみ、固形物は口にしない プチ断食中は、基本的には固形物は口にしません。 ただし、水分なら摂取してもOK。 本格的な断食の場合、食べ物だけでなく水も飲まないというものがありますが、プチ断食の場合、修行ではないため、水分は積極的に摂取することがすすめられています。 ただし、摂取する水分は、水やミネラルウォーターが基本です。 野菜ジュースや砂糖が入った清涼飲料水は避けた方がよいでしょう。 また、お茶やコーヒーなども胃腸に負担を掛けることがありますので、こちらもプチ断食中はストップしましょう。 準備期間、プチ断食日、復食期間の3ステップ プチ断食で重要なのは、しっかりと準備をすることと、回復期間を取ることです。 プチ断食の目的は、胃腸を休めること。 そのため、プチ断食を始める前の日の夕食は軽めにしておくと効果がアップします。 また、プチ断食に備えて少しずつ食事の量を減らしていくのも効果的です。 プチ断食の日は、食べ物は我慢。 水だけで過ごしましょう。 さらにプチ断食を成功させるため、重要なのが回復期間。 短期間のプチ断食とはいえ、お腹の中が空っぽになっている状態で急に普通の食べものを摂取すると、余計に胃腸に負担がかかります。 断食の翌日は、重湯やおかゆ、具のない味噌汁などから始めて、ゆっくりと普通の食事に戻していくとよいでしょう。 いろいろなプチ断食 一日水だけで過ごすのがプチ断食ですが、どうしても我慢できないという人のために、様々なプチ断食の方法があります。 半日断食 断食なんて絶対できない、準備や回復のために使える時間がないという人におすすめなのが「半日断食」です。 半日断食はプチ断食の中でも最も手軽な方法。 断食をする自信がないという人にもおすすめです。 プチ断食の方法は、半日だけ断食するということ。 具体的には、朝と昼を抜く、夜だけを抜くという方法があります。 目安となる時間は約18時間。 この程度の時間でも、消化や吸収に当てられていたエネルギーが老廃物の排出や代謝などに使われるため、十分に効果を実感することができます。 限られた飲食物だけを食べながらおこなうプチ断食 プチ断食の中には、「限られた飲食物だけを食べながらおこなう」というものもあります。 この方法の場合、飲食物を摂取しているため、完全な断食に比べると効果は低下しますが、なによりも取り組みやすいというのが大きなメリット。 その場合、おすすめは「りんご」だけを食べる方法。 りんごにはビタミンやミネラル、食物繊維も豊富でなにより低カロリー。 ひとつだけでも満足感を得られるため、どうしても食べたい人のプチ断食に最適です。 炭酸水やグリーンスムージーでプチ断食 手軽なプチ断食の方法として、炭酸水やグリーンスムージーだけは摂取してもよいというものもあります。 炭酸水やグリーンスムージーなら満足感も高く、失敗することもありません。 また、胃腸に対する負担も少ないため、まず断食を試してみたいという方にはおすすめです。 まとめ 簡単に取り組めて効果の高いプチ断食。 ただし、体力がない人や体調を崩している人、妊娠中の人の場合、十分に気を付けて行いましょう。

次の

気軽にできる!半日断食のやり方

半日 断食 やり方

半日断食は、そこまできつくない 断食と聞くと、「しんどそう、お腹が空きそう」と、イメージしますよね。 通常のファスティングは、何日も食事を抜くので慣れていない人からしたらまさに地獄の日々。 (笑) でも半日断食はまったく違うんですよね。 やり方は、人それぞれで違うかもしれませんが、一般的に多いのは、 夕食を18時までに済ませて翌日の朝食まで抜くというスタイル! 約18時間食事を抜くのが半日断食です。 当日はきちんと 1日3食食べれるから気分も気楽に出来るんですよね。 半日断食の目的は、胃腸を18時間ゆっくり休ませること 目的は、 胃腸を休ませることに意味があります。 胃腸は食べ物を消化~吸収して排出するまでに18時間はかかると言われているんですよね。 ってことは、普段1日3食食べている私たちは、胃腸って普段ずっと働きっぱなし… それでは、内臓だって疲れてしまうんです。 睡眠の質が良くない、寝ても寝ても疲れが取れないのも、この胃腸が働きっぱなしだからというのも原因かもしれませんよね。 たまには、そんな胃腸や内臓をゆっくり休ませて、元気にさせようってのが、半日断食なんです。 内臓を休ませるということは結果的に、体重も痩せやすく健康的にも良いのです。 好きなものばかり食べてると、まったく痩せなくてびっくり 「ただ夕食から翌日お昼までの18時間食事を抜けばいい」なんて思っている人は、恐らく痩せません。 私がそれを実証済です。 (笑) 私も最初は適当にやってしまったので、食事内容はまったく考えずに行ってしまいました。 しっかり夕食を18時まで~翌日昼食まで食事を抜いたのにも関わらず、「どれぐらい痩せてるかなぁ」なんてウキウキしながら体重計に乗ってみると、 「全然痩せてないじゃねぇかーーーー」なんてことに…。 適当にやっていると、このような効果を実感できない私みたいなオチが待っています。 (笑) 原因は、18時間食事を抜くことが出来ても、 他の食事で思いっきりカロリーオーバーしていれば、このような結果が待っています。 どんだけ食ってんだよって話ですが。 (笑) 好きなもの脂っこいものばっかり食べていれば、 胃腸もその分消化するのに負担がかかり、体はあんまり休めなくなってしまいます。 いくら18時間内臓を休めようが、 効果は半減しちゃうんですね。 半日断食は挑戦しやすい代わりに、そこまで単純なものでもないということなんです。 せめて、断食期間中はその他食事も栄養バランスを考えて、野菜中心にしておくと効果をしっかり感じられるようになると思いますので気を付けましょう。 半日断食成功の鍵は「まごはやさしい食」 結局のところ「栄養のバランスが取れた食事ってどんなの?」って思いますよね。 詳しい方は良いですが、あまり料理をしない人は、 「まごはやさしい食」を参考に食べることをオススメします。 まごはやさしい食一覧• 「ま」・・・納豆、豆腐、味噌などの豆類• 「ご」・・・ごま、くるみ、銀杏、ナッツなどの種子類• 「わ」・・・わかめ、ひじき、のり、昆布などの海藻類• 「や」・・・緑黄色を中心とした野菜類• 「さ」・・・魚類(特に小型の背青魚類)• 「し」・・・椎茸、しいたけ、えのき、なめこなどのキノコ類• 「い」・・・じゃがいも、さつまいも、こんにゃくなどのイモ類 料理苦手な方は、お惣菜屋さんで揃えてもいいかもしれませんね。 私はよく、玄米、味噌汁、里芋やかぼちゃの煮物、サラダ、魚などを食べています! 結構この食事もハマるとこれがまた体が軽くなっていいんですよね。 いくつかレパートリーを考えておくと楽ですよ。 半日断食してみて体に起きた嬉しすぎる効果は 半日断食も正しく行うと、結構体の変化も変わります。 私は、体重も減りましたが、何より翌日の体がすごい軽く感じるんですよね。 胃腸が空っぽな感じでお腹がスッキリしている感じですね。 やっぱり胃腸に食べ物が常に入っている普段の状態と比べると、「体ってこんなに違うんだな」ってことがすごくわかります。 この半日間食事を摂らないということは、胃腸だけでなく体全体の疲れも取れやすくなるんです。 個人差もあるでしょうけどね。 私は、朝の目覚め!睡眠の質もよくなることが多く気分も爽快になります。 断食すると胃腸が空っぽになると、 脳からセロトニンという幸せホルモンが活発に分泌されるそうです。 なので幸福感でもないですが、不安感情が緩和されて気分が爽快になるのかなって思います。 空腹感によるイライラ解消法は知っておくと便利 まぁ栄養バランスが悪い食事をしていた人にとって、健康食は慣れないと最初は物足りないものなんですよね。 「お肉食べたいー。 ジュース飲みたいー。 もっと食べたい。 」って気持ちになることもきっとあるでしょう。 「半日ぐらい我慢せい!」って言いたいところですが、慣れていない人からしたら、やっぱり空腹感が何よりしんどいですよね。 このダイエットの天敵による感情をどうにかしないと、なかなか痩せれずに失敗する。 なので、 空腹感をどうにかする方法やイライラを解消する方法は、いくらでもあります。 半日断食中の空腹感とイライラを減らす方法• 食事30分前にお水か酵素ドリンクをしっかり飲む(食事による消化と吸収を助けて満足感を増やす)• 筋トレをする(運動することで血糖値が上がり食欲が抑えられる)• 好きな街を散歩してみる(完全に気晴らしってやつですが効果は結構高い)• アロマの香りでリラックス• さっさと寝る(電気を消してしまえばなんだかんだで寝れます。 笑) 他にも探したらたくさんありそうですが、自身に合うスタイルを見つけてやってみてくださいね。 ストレスなく行うことも半日断食の効果を上げるためには重要ですからね。 こんな人は半日断食をやらないほうがいい! 基本的に、断食を行うためには、ある程度の 健康状態があることが前提です。 何かしらの 持病や病気を持っている方や、体調が悪いときに行うのは避けましょう。 どうしても行いたい人は、半日断食だからと言っても担当の医師や管理栄養士さんなどに相談することがおすすめです。 半日断食中、万が一体調が崩れてしまう人も様子を見ることも大事ですが、無理せず中断することも大切です。 酵素ドリンクを使用するともっと効果的に取り組める 半日断食中は、少しでも効果的にするために食事を、「まごはやさしい食」にすること。 私なりなアドバイスもしましたが、 酵素ドリンクも使用するとなかなか良い役割をしてくれます。 酵素ドリンクは発酵食品で、たくさんの 栄養価値のある要素を凝縮している健康食品です。 飲みやすくておいしくて健康に良いために世の中の健康オタクに重宝されています。 このような成分を積極的に体に取り組むことで、体の働きも高まりやすく 半日断食の効果を手助けをしてくれるのです。 短期間で行えるような健康法やダイエット法は、少しでも効果的に取り組めることをまずは考えたほうが絶対良いです。 でも、酵素ドリンクにも種類が多く、中には添加物が入っていたり高カロリーなものもあったりします。 間違って購入して飲むと、太ってしまうこともあるので要注意! なるべく添加物の入っていない体に害のないものや、低カロリーにされている 品質の良い酵素ドリンクを使用しましょうね。 酵素ドリンクはオーガニックのような安心するものがオススメ まとめ 結局のところ、半日断食を行うなら最低限の正しいルールのもと行うことをオススメします。 ただ痩せるためにやるものではないかなって感じです。 健康的な体に導いていくため、少しでも健康的な食事を摂りながら、水分や飲むタイミングなども効果的に行うと尚良いと思います。 あとは、無理しないことですね。 安全安心に行い理想的な体や健康を目指しましょう。

次の

ダイエットに最適!プチ断食のやり方と効果

半日 断食 やり方

この記事では、断食(ファスティング)について、そのルーツから、基本的な健康効果、またダイエットからメンタル、病気への効果について解説しています。 また、断食(ファスティング)のおすすめの方法として「半日断食」を取り上げ、その方法の要点を紹介しています。 みなさんこんにちは! 最近、ネットや本屋などでも「断食」「ファスティング」という言葉をよく目にする人も増えているのではないでしょうか。 そこで謳われている言葉を見てみると、• ダイエット効果あり!• 病気が治る!• メンタルが強くなる! など、気になる謳い文句が並んでいます。 しかし、「断食」と聞いて思い浮かべるのは、 なんだか厳しい修行のような風景ですし、そもそもそのやり方も効果もわかりませんよね。 そこで今日の記事では、 そんな「断食」について、 断食による健康効果から、その具体的な実践方法までを解説していきます。 是非最後までお楽しみください。 この記事の内容• 断食とは 断食について端的に説明するならばそれは、 「食べ過ぎによって溜まった体内の余分な栄養を取り除き、人間が本来持っている能力を最大限引き出す健康術」 であると言えます。 断食のルーツは、 宗教における心身の浄化のための修行にありますが、 最近ではその健康効果が医学的な研究からも明らかになってきておりますます注目を集めています。 断食によるプラスの健康効果のメカニズムを簡単に説明すると、 まず食べ物を断つことで体には飢餓状態というストレスが生じます。 このストレスに対して体は反応をはじめ、 断食による飢餓状態から自分を守ろうと必死に動き出します。 そして、 この飢餓状態によるストレスへの反発力が体の仕組みを大きく変動させ、 それに伴い、体質は改善し、様々な病気や症状を治す治癒力として現れてくるのです。 断食の効果とは それでは次に、断食によって期待できるプラスの健康効果をご紹介していきます。 普通に食事をとっていると、肉体や脳は主に糖分をエネルギー源として使用します。 しかし、断食をすると体内の糖分が尽きてしまいますので、 肉体や脳は体に蓄えた脂肪を代わりのエネルギー源として使うようになります。 また、以前の動画でも解説をしたように、 断食を定期的に行う事でホルモンの一種のインスリン値をかなり低くする時間を定期的に確保できるので、 自分の体重の基準値というものが下がり、自然と体が体重を落としていくようにもなるのです。 まず断食をすることによって、脳下垂体からストレスに強く対抗する物質が出るようになるので、ストレスに強くなる事ができます。 宗教において、心身の浄化のために断食が取り入れられてきた事にも納得がいきます。 断食によるプラスの健康効果のメカニズムは先ほど軽く触れた通りですが、 断食によってそれまで溜まった老廃物や宿便が大量に出るだけではなく、 擬似的な飢餓状態によってオートファジーで知られる自食作用が起こり、 肉体の中に損傷して残っている細胞や余分なものがエネルギーとして燃やされるので、 それに付随して諸々の病気も治ってしまうと考えられています。 また、他にも断食ノウハウの名著である「奇跡が起こる半日断食」に書かれている例を列挙しますと、 高脂血症・脂肪肝・高血圧・動脈硬化・心臓病・糖尿病・心身症・胃潰瘍・大腸炎・アレルギーの病気・冷え性・ガンまでも治ってしまうと書かれています。 半日断食のやり方 それでは次に、実際にどうやって断食を実践すれば良いのかというその方法についてご紹介していきます。 断食の方法としては実は様々なものがあり、 「本断食」という名前で知られる本格的な方法は、 少なくとも3日以上、水以外にはなにも摂取しないという方法です。 しかし、この「本断食」は初心者にはつらすぎ、 また準備期間や断食後の回復食が必要など、 色々と手間がかかったりノウハウがないと難しい方法です。 そこでこの記事では、 先ほどご紹介した書籍の著者である甲田光雄先生が推奨する 「半日断食」 という 誰でも簡単に明日から実践でき、断食の良い部分を簡単に取り入れられる方法をご紹介していきます。 具体的には朝食は抜き、お昼ご飯と夜ご飯のみを食べます。 目安としては、1日のうちで16時間は水分以外は摂取せず、1日のうちで8時間の間だけ食事を摂るようにします。 水分としては、ミネラルウォーター、柿の葉茶、またコーヒーを取るようにします。 基本的な方針としては、玄米菜食を心がけるようにします。 いわゆる、昔ながらの日本食といったような食事であり、 玄米・大豆製品・小魚・生野菜中心のメニューを心がけます。 半日断食を習慣化すればお腹が空くという感覚に強くなるので問題ないかと思いますが、 最初の方は努力が必要です。 もし、どうしても空腹に耐えられなくなったら、消化吸収で内臓に負担をかけないような「青汁」「酵素ドリンク」などなら飲んでも良いということになっています。 【高品質酵素ドリンク優光泉】 半日断食を毎日繰り返した体験談 以上いかがでしたか? この記事では断食による健康効果とその簡単な実践方法として「半日断食」のやり方をご紹介してきました。 私自身も、この半日断食の方法を知ってからかれこれ半年近く実践していますが、 明らかなものとして感じている効果としては• 目覚めがスッキリで熟睡できてる気がする• 自分を律する力が格段にアップしている• 脂肪の減少と肌のトラブルの解消 といった事があります。 ちなみに、 私は先ほど紹介した方法の中で厳密に守っているのは1日のうちで8時間の間しか食べない、という部分だけです。 他の部分についても意識的に取り組んではいますが、 そこまで神経質にはなっておらず、白米も食べますし、お菓子、アイスクリームもたまには食べます。 そのため、まずは部分的にも、 断食のハウツーを取り入れてみてその効果を実感してみてはいかがでしょうか。 なにか一つでもご参考になる点がございましたら幸いです。 また「半日断食」の方法については、こちらの書籍にて解説がされておりますので、 半日断食についてもっと深掘りしたいという方は是非ご覧になってみてください。

次の