エム愛すべき人がいて。 M愛すべき人がいてあゆの実際の親友メイとは誰?玉木理沙がモデル?浜崎あゆみが仲がいい友達芸能人は?

「M愛すべき人がいて」発売から3日経ったので芸能人コメントまとめ

エム愛すべき人がいて

M 愛すべき人がいて 著者 発行日 発行元 言語 形態 ページ数 205 公式サイト コード [ ] 『 M 愛すべき人がいて』(エム あいすべきひとがいて)は、による「事実を基にした」小説。 にから刊行された。 歌手・が後半からにかけスターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、デビューのきっかけをもたらした・(当時専務)との出会い、大恋愛から別れまでを、2人へのインタビュー取材を元に浜崎の視点によるで赤裸々に描かれている。 出版前から話題となり 、発売日である2019年8月1日のワイドショーで本書が取り上げられると衝撃的な内容が浜崎のファンを中心に反響を呼び 、としても浜崎と同世代を中心に共感を呼んで 、累計発行部数16万部 の大ヒットとなった。 2020年4月よりと(旧AbemaTV)との共同制作でテレビドラマ化された。 執筆背景 [ ] 本書発売の1年前の8月1日に・で浜崎あゆみ、松浦勝人と社長のの3人が飲んでいる席で話が盛り上がり、その場で藤田が「本にしてくれたら、ぜひ、映像化したい」と幻冬舎社長のに電話を入れて、本書の企画がスタートする。 背景として、同年が浜崎のデビュー20周年の節目の年にあたり、またからへと新しい時代に迎えることで、「これからも歌い続けていく」「ステージに立ち続けていく」という覚悟を表明したいと感じて、浜崎と松浦との話し合いの中で「過去の思い出をいま知っていただくことで、そうした決意を伝えることができたら」という考えに至ったという。 著者としてやらの取材実績があったの小松成美が指名を受け、「浜崎あゆみという平成の大スターの誕生と、その背景にあった2人の恋愛を書きたい」と取材を開始。 通常のノンフィクション作品と同様に浜崎、松浦および周辺人物に10か月間にわたって取材を実施し、浜崎、松浦の2人一緒に、またそれぞれ単独でインタビューを行って、2人の合意のもとに交際前から別れまでの過去について聞き取りを行った。 20年以上も前の話に関わらず2人の記憶は鮮明で、2人とも過去について語ることにまったくためらいはなく、原稿の修正もほとんど無かったという。 本書の扉には「事実に基づくフィクションである」と記されているものの 、浜崎は本書のに「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」と自身の言葉を寄せている。 ノンフィクション作品の場合には実在する登場人物の都合により書けないエピソードが生じるケースもあることから、小説という形式を選択。 登場人物を浜崎、松浦以外にマネージャーなど数名に絞ることによって、物語性を際立たせている。 あくまで「事実をもとにした文芸作品」であり、ノンフィクション作家であるがゆえに執筆できた「ドキュメンタリー小説」「ノンフィクション小説」と位置づけている。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 『 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック』と題して本作のクライマックスとなる第5章「Mとの別れ」が浜崎あゆみの楽曲と朗読により映像化され、公式チャンネルにてより配信 、続編となる『 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック 2』がdTVにて同年より配信された。 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック [ ]• 劇中楽曲• 劇中BGM(インストゥルメンタル)• スタッフ [ ]• 著・文章再構成 - 小松成美• 監督 - 櫻木優平• 助監督 - 川崎司• BGクリエイター - 内田憲、岡亮佑、上原裕弥、春日健一、手川太輔• 制作 - クラフター、クラフタースタジオ• 音楽演出・企画・選曲 - 鈴木雅子• 音響監督 - 高木創• モーショングラフィックス - 川中玄貴、久保雄基• モーショングラフィックスプロデューサー - 飯野史子(EPOCH)• 劇中楽曲• 劇中BGM(インストゥルメンタル)• poker face• POWDER SNOW• End roll• スタッフ [ ]• 著・文章再構成 - 小松成美• 監督 - 櫻木優平• 助監督 - 川崎司• BGクリエイター - 内田憲、岡亮佑、上原裕弥、野村達哉、春日健一、手川太輔、多田健人• 制作 - クラフター、クラフタースタジオ• 音楽演出・企画・選曲 - 鈴木雅子• 音響監督 - 得能直也• 本作がドラマ初主演となるとのダブル主演。 全7回。 ABEMASPECIALチャンネルでは毎週日曜22時から22時41分までなしで配信され、「ABEMAオリジナルドラマ」と同様、右下に「ABEMA」のが常に表示されている。 これとは別にでも独占見逃し配信が行われるが、この配信は168時間経過するまでは「テレ朝キャッチアップ」と同じ扱いとなり、ウォーターマークが非表示となるほか、ABEMAプレミアム会員であってもCMが複数回入る仕様となっている。 168時間経過後は「ABEMAオリジナルドラマ」と同じ扱いとなるため、ウォーターマーク常時表示・CMなしとなる。 なお、本作はやによる見逃し配信は行われない。 本作の脚本を担当する鈴木おさむは、これまで『』(テレビ朝日)『』(ABEMA)でも脚本を務めており、三浦翔平や田中みな実、水野美紀(ゲスト出演)など、奪い愛シリーズに出演した俳優が本作でも重要人物として登場しているのが特徴。 さらに、それらの俳優のオーバーな演技が、かつてのを彷彿させるものとして、批評者の注目を集めた。 の感染拡大を受け、撮影スケジュールに変更が生じ、第4話以降の放送が延期されていたが 、2020年6月13日から第4話が放送されることが発表された。 2020年7月5日の最終回放送日に、は自身のインスタグラムのストーリーズを更新し、「ほんとに最低で最高で、大嫌いで大好きでした」と初めてドラマについて言及した。 あらすじ(テレビドラマ) [ ] 幼い頃に父が蒸発して以来、 アユは母と祖母・ 幸子と暮らす地元・福岡で主にモデルとして活動していたが、東京で芸能人として売れれば生活が楽になると考え、本格的に芸能活動を始めようと一念発起して祖母とともに上京する。 アユは高校に通いながら老舗芸能事務所「 中谷プロダクション」(通称: 中谷プロ)に所属しタレント活動を続けるが、入ってくる仕事といえばエキストラのような仕事ばかりで、芸能人として成功する契機を得られずにいた。 そんなある日、歌手を目指す友人の 玉木理沙に誘われ初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ ベルファインで、アユは次世代のスター候補となるダイヤの原石を探していたレコード会社「 A VICTORY」の専務・ マサと出会う。 それまでどんなに美人でスタイルのいい女性を前にしてもマサは心を動かされることがなかったが、部下の 流川翔に命じてVIPルームに連れてこられた女性の顔を見て次々と切り捨てていくマサのスター候補の探し方に意見したアユには運命的な何かを感じ、彼女に電話番号を渡し人生をかけて歌手としてプロデュースする決意を固める。 マサの 中谷社長への熱意ある懇願で、アユは「中谷プロ」から「A VICTORY」への移籍を認められ、移籍後すぐマサの指示で歌手デビューに向け単身ニューヨークに渡り、ボイストレーナーの 天馬まゆみから厳しいレッスンを受ける。 レッスンを終え帰国した後もアユはマサから次々と厳しい課題を与えられるが、周囲からはその様子がマサがアユを特別扱いしているように映り、 AXELSとしてデビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを呼び、マサに好意を寄せる秘書の 姫野礼香にけしかけられた理沙や 西谷真理からアユは壮絶な嫌がらせをうけてしまう。 しかし、アユは自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じ嫌がらせに耐えながらレッスンに打ち込み、いつしかマサへの信頼感が彼への恋心に変わっていく。 マサもそんなひたむきなアユの姿に心打たれ、彼女を所属アーティストとしてだけでなく、一人の女性として愛する気持ちが芽生えていく。 アユはマサへの抑えきれない思いをFAXを使って告白し、マサもアユを好きになっている気持ちを認め、直接会ってアユにその思いを告げ、二人は遂に結ばれる。 社内で自分の存在が脅かされるまで大きくになったマサの影響力を危惧する「A VICTORY」社長の 大浜は、マサを排除しようとAXELSとアユとのデビュー対決を持ち掛け、AXELSをプロデュースする流川に闇資金を渡して懐柔し、初戦のデビューシングルCD対決では大浜が勝利するが、マサはアユを売り出すためにスタッフを集結した「チーム・アユ」に鬼気迫る勢いで激を飛ばし、楽曲とともにアユの純粋なキャラクターをアピールするプロモーション戦略が徐々に世間に浸透し、アユのデビューアルバムは発売初日に150万枚をセールスする大ヒットを記録し、社内会議で宣言していた売上1位を達成して大浜との勝負に勝利する。 その後もアユは、マサのプロデュースによりヒット作を連発し破竹の快進撃を繰り広げ、一躍トップアーティストの座に登り詰め、いつしか「平成の歌姫」とまで称されるようになる。 マサはそんなアユのために、レコーディング設備を自宅に準備してアユとの同棲を始め、忙しいながらも二人は順風満帆の充実した生活を送る。 しかし、マサに付きまとう礼香に二人が交際、同棲していることを突き止められ、プロデューサーが自社の商品である所属アーティストに手を出しているというスキャンダルを大浜にリークする。 大浜はマサにスキャンダルの責任を取るため専務を退任させ、「A VICTORY」から追い出すこともできたが、スキャンダルの件を不問とする代わり「巨大フェスの開発」、「映画事業の開発」、「新人発掘と売出し」という3つの新規大型プロジェクトを成功させるよう指示をだす。 マサはアユを会社全体で守ることを条件に、大浜が提示した3つのプロジェクトを引き受けることを決意する。 新規大型プロジェクトで更に多忙となったマサはアユとのすれ違いが多くなるが、皮肉なことにすれ違いが増えることでアユが奮起し、独り立ちしてアーティストとして更に成長してく姿を見ることとなり、礼香からの「アユはマサがいない方がいい歌を作る」という言葉を聞き、アユの更なる成長を願う気持ちからアユとの別れを決意し、マサはアユのもとを去って行く。 マサから突き放されたアユは絶望感に打ちひしがれ、仕事が手につかない状態まで落ち込みホテルに引きこもってしまうが、流川や、かつてのライバルである理沙や真理も駆けつけて励まされたことで気持ちを奮い立たせ、アーティスト活動を再開する。 アユはマサへの届かぬ思いを自身が作詞した歌「 M」に込め、その後もアーティストとして更なる成長を遂げていく。 キャスト(テレビドラマ) [ ] 主要人物 [ ] アユ 演 - (幼少期:米村莉子) 本作の主人公。 地元・福岡でモデルの仕事をしていたが、ギャラのいい東京で芸能活動をして売れれば祖母・幸子や母との生活が楽になると考え、一念発起し東京の叔母・里美を頼り祖母とともに上京する。 上京後に友人となった理沙に誘われて初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ベルファインでレコード会社「A VICTORY」の専務・マサとめぐり逢い、歌手デビューのチャンスを掴む。 自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じレッスンに打ち込むうち、マサへの信頼感が彼への恋心に変わっていきFAXを使いマサのことが好きだという気持ちを伝え、マサもアユが好きである気持ちを認め、二人は互いの思いを遂げる。 マサのプロデュースによりアユの純粋なキャラクターと楽曲が若い世代を中心に支持され、デビューアルバムが発売初日に150万枚の大ヒットを記録し、その後もリリースする楽曲が軒並み大ヒットし一躍トップアーティストの座に登り詰め、年末のレコード大賞 の受賞、紅白への出演を果たし、いつしか「平成の歌姫」と称されるまでになる。 新規大型プロジェクトで多忙となったマサと生活のすれ違いが増えることで、一人でも頑張らなければいけないという気持ちから仕事に打ち込むことでアユはアーティストとして成長するが、皮肉なことにその姿を見たマサから、今後もアユが成長し続けるためには彼女の元を去るべきと決意されて、アユはマサから突き放されてしまう。 マサに去られたアユは絶望感に打ちひしがれ、仕事も手につかない状態まで落ち込み、ホテルに引きこもってしまうが、流川や、かつてライバルだった理沙や真理からも励まされることで気持ちを奮起させ、アーティスト活動を再開する。 アユはマサへの届かぬ思いを自身が作詞した歌「 M」に込め、その後もアーティストとして更なる成長を遂げていく。 マサ 演 - 本作のもう一人の主人公。 レコード会社「A VICTORY」代表取締役専務。 通称マックス・マサ。 人気プロデューサー・輝楽ひとりの活躍に「A VICTORY」の売上を頼っている状態に危機感を感じ、次世代のスター歌手となるダイヤの原石を探そうと六本木のディスコ・ベルファインを訪れていたところ、流川にVIPルームに連れてこられたアユと出会い、運命的な何かを感じ、人生をかけて彼女を歌手としてプロデュースする決意を固め、次々と厳しい課題をアユに与える。 アユのデビューが決まると社内にアユを売り出すためのプロジェクトチーム「チーム・アユ」を結成し鬼気迫る勢いでチームに激を飛ばし、10億円をかけてプロモーションを行う。 アユのFAXを使った愛の告白で自分もアユが好きになっている気持ちを認め、「俺にとってお前が必要だ、会いたい」と返事のFAXを送信し、直接会ってアユに思いを告げ、二人は互いの思いを遂げる。 大浜の仕掛けたアユとAXELSとのデビュー対決で初回は大浜の裏金工作もありシングルCD売上順位に負けてしまう。 しかし、世間からはバカと揶揄されるアユの純粋なキャラクターを若い世代にアピールするマサが仕掛けた売り出し戦略が徐々に世間に浸透していき、デビューアルバム発売直前の深夜ラジオ『オールナイトジャパン』へのアユの出演が決定打となり、デビューアルバムが発売初日に150万枚の売上を記録し社内会議で宣言していた売上1位を達成して、大浜との勝負に勝利する。 しかし、大浜にアユとの交際、同棲のスキャンダルの情報を握られてしまい、マサはマスコミに同棲スクープをされないよう会社全体で協力することを条件に、大浜が不祥事を不問とする条件としてマサに課した「巨大フェス」、「映画事業」、「新人発掘」の新規開発プロジェクトの成功を請け負う。 3つの新規大型プロジェクトで更に多忙となるが、皮肉なことにアユとのすれ違いが増えることで彼女が独り立ちして成長する姿を見ることとなり、礼香からの「アユはマサがいない方がいい歌を作る」という言葉を聞き、アユの成長を願う気持ちからアユとの別れを決意し 、マサはアユの元を去ってゆく。 アユとの決別後は、マサの仕事ぶりに触発され、一から新事業を立ち上げたいと社長を退任した大浜の跡を継ぎ、「A VICTORY」の新社長に就任する。 口癖は「 絶対(ぜってぇ)負けねぇ! 」 中谷(なかたに) 演 - アユが上京後に所属する芸能事務所「中谷プロダクション」 の社長。 アユが売れるとは考えておらず、ブームに便乗するため彼女にに行くよう安易な指図を出すなど、芸能人として真剣に育てる気持ちがない。 しかし、マサがアユの才能を見出したことを知った途端、事務所から引き抜かれそうになることが惜しくなり、アユを囲い込もうと態度を一変させる。 アユが中谷プロに所属していながらマサに会うことを問題視する大浜らと裏で結託し、二人の邪魔をしようとするが、土下座してまでアユの「A VICTORY」への移籍を懇願したマサの熱意に心打たれ、アユの移籍を認める。 大浜(おおはま) 演 - レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。 プロデュース業をマサに任せて、自身は経営に専念しており、会社が都内の一等地であるに移転できるほど大きく成長したのはカリスマ性と才能にあふれるマサのおかげだと理解しているが、自分の存在が脅かされるまで大きくになったマサの影響力を危惧して、あの手この手でマサを会社から追い出そうと画策する。 アユとAXELSのデビュー対決を仕掛け、デビューCD売上対決でAXELSの事前状況が芳しくないことが分かると、アルバイトを雇い10万枚分のCDが購入できるだけの資金を礼香に持たせ、秘密裏に流川に提供する裏工作を行いデビューCD対決では勝利するが、アユのデビューアルバムではマサが社内会議で宣言していた初登場1位を達成されて敗北する。 アユへの敗北でAXELSが売れないと見るや否やAXELSの解散を流川に通告している。 礼香からマサとアユが交際・同棲している情報を教えられると、大浜はマサにスキャンダルの責任を取るため「A VICTORY」から排除することもできたが、その件を不問とする交換条件に「巨大フェス」、「映画事業」、「新人発掘」の3つの新規大型プロジェクトの成功をマサに指示する。 マサを「A VICTORY」から排除しようと考え、過酷な課題をマサに課した大浜であったが、3つの大型プロジェクトに全力で邁進するマサの姿に触発され、自分も初心に戻り一から新規事業を手掛けたい気持ちが芽生え、「A VICTORY」を去ることを決める。 モデルはエイベックス元会長の。 姫野礼香(ひめの れいか) 演 - レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 右目にオレンジ色の眼帯を付ける謎めいた美女。 右目はマサが自身の挙式で酔った弾みで礼香を階段から転落させてしまい、転落の際に割れたグラスの破片が刺さり失明している。 マサに好意を寄せており、過失で右目を失明させてしまったマサの「礼香の目の代わりになる」という言葉を信じ、並みの執着心で彼を追いかけている。 愛するマサがアユに肩入れすることへの激しい嫉妬心から、マサを振り向かせたい一心でアユとマサの仲を引き裂こうと、狂気じみた姑息な手段でアユへの嫌がらせを繰り返し、マサへの付きまとい行為も益々エスカレートしてゆく。 しかしマサがアユを独り立ちさせアーティストとして更に成長することを願う思いから、マサがアユを突き放すためにわざと礼香にキスする姿をアユに見せつけたことで、自分はマサにとってアユの成長のために利用される程度の存在で、マサのアユを思う気持ちに敵わないと悟り、マサへの思いを断ち切ることを決意し、「A VICTORY」を去っていく。 その際、失明したと思われていた右目は実は手術で完治しており、マサを引き留めるためにそのことを隠していたと打ち明けている。 明るく周囲から愛されるキャラクターだが、若干行動に軽薄なところがある。 マサにガールズグループAXELS のプロデュースを任され、理沙や真理たちをデビュー候補としてスカウトし、デビューが決まると彼女たちの売り込みに励むが、音楽業界に影響力を持つプロデューサー黒川にAXELSを後ろだけする見返りに理沙の夜の接待の要求されると、その要求を断ることができなかった。 黒川の夜の接待に理沙をひとりで行かせてしまったことに責任を感じているが、周りのことを気にせずスタッフを追い込み、自分のやりたいようにアーティストをプロデュースするマサとの勝ち目のない勝負に大浜に担ぎ出され、何をしてよいか分からないと弱音を吐くと、人の人生を背負っておきながら売り出しに勝てないことを他人のせいにして、自分は死ぬ気になって出来るだけのことをしてあげているのかとマサに叱責され、顔を殴打される。 マサとのプロデュース勝負で追い込まれると、マサを排除したい大浜から秘密裏に巨額の売り出し資金を提供され、勝負に勝つためにカッコをつけることをやめ、なりふり構わずその資金を受け取り不正な方法でアユとAXELSとのデビューシングルCD売上対決に勝利するが、引き続き大浜から資金提供を受けながらも以降は徐々に売上順位を落としていき、3rdシングル発売時にはアユに大きく差をあけられ負けと言わざるを得ない状況に陥る。 アユとの対決に敗れ、売れる見込みがないとの大浜の判断でAXELSの解散が決定し、ショックで理沙が自殺未遂を図り芸能界から引退することを決めると、利害関係から流川に近づいてきた理沙であったが、AXELSの売り込みで苦楽を共にし、そんな彼女のことを好きになっており、理沙にプロポーズして受け入れられる。 AXELS解散後は一度は対立したマサのもとに戻り、彼とともにアユのプロデュースの仕事に協力し、マサが「A VICTORY」の新社長に就任した際には理沙との結婚披露宴の招待状を彼に渡している。 玉木理沙(たまき りさ) 演 - アユの友人。 歌手デビューを目指しており、同じ高校で芸能活動をしているアユに興味を持ち声をかける。 アユをディスコに誘い、彼女とマサとの出会いのきっかけを与える。 流川がプロデュースするガールズグループAXELSでの歌手デビューを目指してアユとともにレッスンを受けるが、礼香に吹聴されたことでアユがマサから次々と課題を与えられる様子を彼女だけ特別扱いを受けているとひがみ、逆恨みからアユに嫌がらせをする。 アユへのライバル心から流川に色仕掛けを仕掛け、彼の弱みを握り服従させ、「A VICTORY」での自身の扱いをアユより優位に立たせようと画策したり、売れるために音楽プロデューサーの黒川の夜の接待の要求を受け入れるなど芸能界の闇に陥っていく。 売れる見込みがないと大浜に判断され、AXELSの解散が決定すると敗北感から薬物の大量摂取で自殺を図るが、未遂に終わり一命を取り留める。 そして芸能界からの引退を考え実家に戻ることを決意し流川にそのことを伝えるが、流川からプロポーズされ、彼のプロポーズを受け入れる。 一度はライバルとして敵視してアユに酷い仕打ちをしてきたが、マサとの失恋で落ち込んでしまったアユのため、真理とともにアユが引きこもるホテルに駆け付け、アユとの勝負に負け芸能界を去った後は、落ち込んだ心をアユの曲に救われたと告げて、彼女を励ます。 野島美香(のじま みか) 演 - 「A VICTORY」でのアユのチーフマネージャー。 デビュー当時、アーティストとして活動していくことに自信がなさげなアユを叱咤激励するが、その後、アーティストとして成長していくアユの姿に頼もしさを感じている。 吉田明日香(よしだ あすか) 演 - 大浜の秘書。 大浜の問いかけに対して無表情で「です」と返事をしたり、話の語尾に「です」と付ける特徴的な話し方をする。 大浜が社長退任後は、礼香が「A VICTORY」を去ったこともあり、新社長となったマサの新しい秘書に就任する。 輝楽天明(きら てんめい) 演 - 「A VICTORY」の人気プロデューサー。 「A VICTORY」の売上のほとんどを支え、絶頂期を極めている。 デビューアルバムの大ヒットでアユが売れっ子になると、アユと彼女をプロデュースしたマサに祝辞を送るとともに、アーティストとして売れ続けることはもっと難しいと、成功したプロデューサーならではの格言をマサに送っている。 モデルは。 幸子(さちこ) 演 - アユの祖母。 持病を患っているにも関わらず本格的に芸能活動を始めるために上京しようとするアユを心配し、彼女とともに福岡から都内に住む娘の里美の家に身を寄せるが、アユがアーティストとして成功する姿を見ることなく持病が悪化して他界する。 西谷真理(にしたに まり) 演 - () アユのライバル。 流川がプロデュースするガールズグループAXELSでのデビューを目指す。 アユがマサから特別扱いを受けていると嫉妬して、逆恨みから理沙とともにアユに嫌がらせをする。 AXELSのメンバーとしてデビューすると、大浜からの闇資金の提供もありデビューCD対決ではアユに勝利するものの、3rdシングルをリリースする頃にはアユに大きく差をあけられ、売れる見込みがないと大浜に判断され解散を言い渡される。 AXELS解散後は「A VICTORY」を離れ、ダンスのスキルを磨くために海外留学を決意する。 ライバルとしてアユに酷い仕打ちをしてきたが、マサとの失恋でどん底に落ちこんでいるアユを励ますため、理沙とともにアユの引きこもっているホテルまで駆け付けている。 椎名里美(しいな さとみ) 演 - アユの叔母。 幸子の東京に住む娘。 上京してアユと幸子は彼女の家に身を寄せる。 マサとの失恋で居場所を失ったアユが舞い戻ってきた際も、アユのことを快く受け入れている。 佐山尚樹(さやま なおき) 演 - マサ行きつけののバーSILVERのマスター。 バーでドラマの舞台となる90年代当時のをで弾き語りしている。 その他の人物 [ ] OTF(Over The Fact) 演 - Hina()、和田颯()、栗原陸人 マサがプロデュースした女性ボーカルを擁する3人組ロックユニット。 モデルは。 USG 演 - (、小宮山直人、moca、hibiki、honoka) 輝楽がプロデュースした5人組ダンスユニット。 モデルは。 冴木真希(さえき まき) 演 - Yupi'n 女性ロックシンガー。 モデルは。 静香(しずか) 演 - AXELSのメンバー。 奈緒(なお) 演 - 齊藤英里 AXELSのメンバー。 ゲスト [ ] 第2話 天馬まゆみ(てんま まゆみ) 演 - (第6話、第7話) ニューヨーク在住のボイストレーナー。 渡米したアユを鬼のように厳しいレッスンで鍛え上げる。 後日、流川がプロデュースするガールズグループAXELSのデビュー候補たちの合宿にも講師として招聘され来日している。 アユが日本でアーティストとして大ブレークしたことを知ると、お祝いにストレス発散用のシンバルセットを祝辞の手紙とともにアユにプレゼントし、マサからアユが独り立ちしたことを聞きつけると、来日してアユの前に現れてエールを送り励ましている。 モデルはボイストレーナーの原田真裕美。 第4話 水島(みずしま) 演 - (第6話) 六本木テレビのTVプロデューサー。 アユのデビューのプロモーションのためゴールデンタイムの人気歌番組『Sing Sing』へアユの出演をマサから懇願されるが、マサは恋煩いで新人のアユにのぼせ上って見込み違いをしていると一蹴して相手にしなかった。 しかしアユが大ブレークすると掌をかえして『Sing Sing』へのアユの出演を依頼し、出演してくれたことをマサに感謝している。 黒川誠(くろかわ まこと) 演 - 音楽プロデューサー。 業界に影響力があり、デビューするアユとAXELSのデビューの後押しをしてもらえるよう「A VICTORY」からプロモーションを受け、その結果、アユではなくAXELSを後押しして人気歌番組『Sing Sing』への出演を推薦することを決めるが、見返りに理沙に夜の接待を要求する。 礼香の父 演 - 礼香の母 演 - 礼香と結婚するためにマサが離婚したと聞かされて信じ込み、マサと会食する。 山本 演 - (第6話) 「A VICTORY」のアユ担当のレコーディングプロデューサー。 洋楽レコード輸入のためのマサからの資金1000万円の要求を了承する。 スタッフ(テレビドラマ) [ ]• 原作 - 『M 愛すべき人がいて』(刊)• 脚本 -• 企画 - ()• 演出 - 、• ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)• プロデューサー - (テレビ朝日) 、谷口達彦(ABEMA)、山形亮介(角川大映スタジオ)、佐藤雅彦(角川大映スタジオ)• アソシエイトプロデューサー - 川島彩乃(ABEMA)• 音楽 -• 主題歌 - 「」• 制作 - 、• 制作協力 - 放送日程(テレビドラマ) [ ] 各話 放送日 配信日 サブタイトル ラテ欄 演出 視聴率 テレビ朝日 ABEMA 第1話 4月18日 4月19日 俺の作った虹を渡れ! アユ…歌姫誕生への壮大な愛憎劇!! 木下高男 5. 6% 第2話 4月25日 4月26日 いいダイヤの原石だ 歌姫デビューへ…11人の悪魔の女達!! デビュー曲誕生!! 愛する人との別れ… 麻生学 4. ついに放送再開! 秘書礼香VSアユ!! 大雪で絶唱!? アユはバカじゃない!? マサの告白で愛は泥沼化 木下高男 3. マサ追放!! 名曲M…アユ涙の熱唱 木下高男 4. 「」第2期内での平均視聴率は前クール『』と並び同率1位タイとなった。 M 愛すべき人がいて〜メイン・テーマ 2. 予感 3. True Love Story 4. 俺を信じろ 5. マサとアユ 6. 会いたいよ 7. 輝楽天明 8. ベルファインのVIPルーム 9. PERFECT LIFE 10. 「です」 11. 姫野礼香のテーマ 12. 眼帯 13. ゆるさない 14. NYのレッスン生活 15. ミリオン歌手へ 16. ルーレット 17. 永遠の愛 18. 瞳を閉じて 19. 逆走 21. 戻れない二人 22. Forever 23. our night, our light…(Demo) 7. Portrait(Demo) 8. 最後のリスタート(Demo) 9. grace(Demo) 10. SEREAL(Demo) その他 [ ]• が演じる姫野礼香の右目の眼帯が博多銘菓「」に似ているとを中心に話題となり、第4話から話題を聞きつけた販売元の「」が番組スポンサーにつき、初の全国テレビ放送でのCMを流している。 また、で放送休止していたドラマが第4話から放送再開することをアナウンスする記者会見で、明月堂から「『通りもん眼帯』のおかげで、博多通りもんの売上が上がりました。 ありがとうございます」とコメントが寄せられるとともに、会見に出席していた田中が明月堂から「通りもん」の差し入れがあったことを明かしている。 関連項目 [ ]• - 2017年に朝日放送(現・)と共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 - 2018年にと共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 - 2019年にと共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 系 前番組 番組名 次番組 配信ドラマ [ ] 『 L 礼香の真実』(エル れいかのしんじつ)と題したスピンオフドラマがABEMAでからABEMAプレミアム会員向けに独占配信される。 おとなしい女性だった礼香が愛する人に異常なまでに執着し、愛を手に入れる為なら手段を選ばない常軌を逸した行動をとる人格が形成されるまでのエピソードが描かれる。 キャスト(配信ドラマ) [ ] 姫野礼香(ひめの れいか) 演 - (小学校時代:加藤莉奈、高校時代:) 茂樹(しげき) 演 - () 礼香が通うバーのバーテンダー。 礼香から彼女の思い出話を聞かされる。 松本正幸(まつもと まさゆき) 演 - (小学校時代:浅川大治、高校時代:) 礼香が小学生の頃から想いを寄せた初恋相手。 通称マサ。 あゆむ 演 - 蒼井由奈 ルイ 演 - (第6話 - ) 学校のマドンナ。 正幸のことを彼氏にしようと狙っていてる。 工藤真一(くどう しんいち) 演 - 高校時代の正幸のライバル。 芥川先生 あくたがわ せんせい 演 - 高校時代、正幸を目の敵にした教師。 スタッフ(配信ドラマ) [ ]• 原作 - 『M 愛すべき人がいて』(刊)• 脚本 -• プロデュース - 谷口達彦(ABEMA)• 企画・演出 - 池田克彦(ABEMA)• プロデューサー - 山形亮介(角川大映スタジオ)• アソシエイトプロデューサー - 川島彩乃(ABEMA)• 協力プロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)• 制作 - 、• 制作協力 - 配信日程(配信ドラマ) [ ] 話数 配信日 サブタイトル 配信分 第1話 6月28日 マサと私の間に入り込んできたら許さなーーーーーーい 9分 第2話 カーストの下にいらっしゃーーーーい 7分 第3話 先生の方が頭がかた〜い 8分 第4話 ねえ、キスしたことある? 10分 第5話 7月 05日 トドメ、刺しておかないと… 6分 第6話 教えてあげる、もうひとりのMとの恋 9分 最終話 あなたのこと、好きになっちゃったかも… 11分 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 制作協力している角川大映スタジオは、1971年の分社化前の大映本体の系譜を踏んでいるため、本作は「大映ドラマ」のカテゴリーには入らない。 放送休止期間中は、、(6月6日のみ)が副音声で作品の実況解説を行うリミックスバージョンと称する本作の特別総集編(5月9日:第1話、5月16日:第2話&第3話、6月6日:第3話)と本作の脚本家・が脚本し、本作と共通する俳優が出演する『』の傑作選(5月23日、5月30日)がとして放送された。 作中では「日本レコード大賞」ではなく、「アジアレコードCD大賞」という架空の賞にされている。 アユと交際する頃には、多忙による生活のすれ違いを理由にマサは離婚している。 礼香とキスしている場面を故意にアユに見せつけアユを突き放す。 中谷プロダクションのモデルは浜崎がエイベックスの前に所属していたとされるが、原作小説に中谷社長は登場しない。 原作小説には登場しないドラマオリジナルのキャラクター。 特定のモデルはおらず、複数人の逸話を織り交ぜたドラマオリジナルのキャラクター• 第1話ではの「」、第2話ではの「」との「」、第3話ではの「」、第4話ではの「」、第5話ではの「」、第6話ではの「」、最終話ではの「」、の「」のの部分を歌唱している。 をオマージュ。 をオマージュ。 をオマージュ。 クリス・ペプラーは第6話と最終話の作中で流れるアユのCDを宣伝するCMで部分の「A VICTORY」のフレーズも担当している。 出典 [ ]• スポーツニッポン新聞社. 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 インタビュー. Smart. 2020年4月1日閲覧。 ニュース. 2019年8月10日. 2020年4月1日閲覧。 松田広宣 2019年10月2日. ブック blueprint. 2020年4月1日閲覧。 ナターシャ. 2020年2月29日. 2020年2月29日閲覧。 2019年8月16日. 2020年4月1日閲覧。 2019年8月1日. 2020年4月1日閲覧。 オンライン 2020年4月18日. 2020年4月22日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年11月8日. 2020年4月1日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年12月27日. 2020年4月1日閲覧。 2020年5月9日. 2020年5月7日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年5月3日. 2020年5月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月6日閲覧。 Yahoo! ニュース スポニチアネックス. 2020年7月5日. 2020年7月5日閲覧。 インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 ABEMA TIMES 2020年6月28日. 2020年6月28日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部 2020年5月9日. 2020年5月8日閲覧。 2020年4月25日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 2020年6月13日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年3月18日. 2020年3月18日閲覧。 2020年5月2日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 2020年6月20日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 クランクイン! 2020年4月25日. 2020年4月25日閲覧。 2020年3月20日. 2020年3月30日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部 2020年4月19日. 2020年4月25日閲覧。 haradamayumi. 2020年5月8日閲覧。 2020年6月14日. 2020年6月30日閲覧。 インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 服部宣之 2020年6月12日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年4月18日. 2020年4月25日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 スポーツ報知 2020年7月5日. 2020年7月5日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年7月6日. 2020年7月6日閲覧。 www. m-on-music. 2020年5月27日閲覧。 デイリースポーツ online. 2020年6月13日閲覧。 J-CAST ニュース 2020年6月14日. 2020年6月14日閲覧。 Real Sound映画部 RealSound. 2020年6月20日. 2020年6月20日閲覧。 ザテレビジョン. ザテレビジョン. 2020年7月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - クラフター• - プレイリスト• ayu. secretdiary -• masa.

次の

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の評価がまっぷたつに割れている理由(高堀 冬彦)

エム愛すべき人がいて

リンク 松本人志 (ダウンタウン) 自分の恋愛を詩にして、それにメロディーを乗せて歌ってきたものを、あえてもう一回活字にするのは ちょっと本末転倒なんじゃないかな。 フジテレビ「ワイドナショー」(8月4日) 共演している女性アナウンサーがayuのファンで擁護する発言をするたびに「気持ち悪い」と連呼していました。 和田アキコ あゆも一緒に飲んだ事があるけど、歌を歌う時にあなたっていうのは聞いてる人に色々感じてもらわないといけないのに、 社長の事を歌った歌だったていうと、ちょっと聞くのはどうですかね? あぁ、社長の事を思ってるんだと思うと。 何でだかな、こういうの出すんだろう? TBS系「アッコにおまかせ!」(8月4日) 同じ歌手として紅白歌合戦などで共演した後輩浜崎あゆみのことは可愛がっていたようですね。 お酒も一緒に飲んだ仲なのにこの件には理解できないようです。 指原莉乃 (本に) 興味はあります、面白そうなんだけど誰かが悲しい思いをしているわけじゃないですか。 フジテレビ「ワイドナショー」(8月4日) 指原莉乃は浜崎あゆみのことを「お姉さんっぽい恋愛の歌を歌う人」と時代の移り変わりを反映する評価でバッサリ。 加藤浩次 何かむずかゆくなるところもあるけどね 日本テレビ系「スッキリ」(8月1日) 先日までの吉本騒動の勢いで疲れが出たのか歯切れの悪いコメントです。 近藤春菜 いちファンとして これから大恋愛するぞって思いました。 気になったのは、これを書くことで現・ 松浦さんの奥様がどう思うのかなって気になりました。 奥様も器の大きな方だと思うので、こういうことがあったから、だからこの歌が生まれたのかなっていう思いになると思う 日本テレビ系「スッキリ」(8月1日) 独身女性は「身を滅ぼすような恋愛」に憧れます。 坂上忍 あまりの 突然のカミングアウト感に驚きます。 僕はイマイチ分からないというか、ここまでさらすんだったらファンタジーだとか一部フィクションだとか何かスッキリしないなと個人的に思います。 フジテレビ系「バイキング」(8月1日) 坂上忍の毒舌を期待していましたが、それほどでないのが残念。 薬丸裕英 どういう思いでこの本を出版しようと思ったか分からないけど、世の中の印象は秘めごとを公にしちゃうことで暴露として見られちゃう。 何かを暴露しているんじゃないかと思われちゃうと、すごく 浜崎あゆみさんにとってマイナスだなと。 曲がMさんについて書いたとなっちゃうと、今後歌い継がれていく(曲を)聴くときにそれがカットインしてきちゃう。 聴いている人が複雑な気持ちで曲を聴いちゃうというのは、 彼女が残した功績にとってすごくマイナスなことじゃないかと思ってしまう フジテレビ系「バイキング」(8月1日) やっくんは女性に優しい発言をするのはいつも通りでした。 小倉智昭 今度、松浦さんにお会いしても感想とかは言わない方がいいかもしれない。 フジテレビ系「とくダネ」(8月1日) 個人的に松浦さんと親しいんだよアピールでしょうか? テリー伊藤 この本いいよね、すごく浜崎さんにとってもいいような感じがする、新鮮だし。 TBS系「サンデー・ジャポン」(8月4日) いつも怒っている印象のテリーさんですが、褒めるって意外でした。 太田光(爆笑問題) 付き合ってたんだね。 TBS系「サンデー・ジャポン」(8月4日) 泉谷しげる 彼女とえらい昔ラジオをやったことがあるから味方をしてあげたいんだけど、どうしようもないなこの女。 だってプロデューサーは プロデューサーで商品に手を出しているんだぞ。 自分の恋愛をモデルにして歌を作ってますってぬかしてやがるんだぞ、ファンに売ってるんだから、ファンが自分のものとして受け止めるように作るのが筋だろうが。 誰々さんのためにって、固定されたらしらけちゃう フジテレビ「ワイドナショー」(8月4日) 同じ曲作りをしている泉谷さんはファンへ心理が心配のようです。 鈴木奈々 メチャメチャ世代で、本を買いました。 松浦さんの今の奥さんはポップティーンのモデルさんなんですよ。 (時期は)かぶってはないんですけど、同じポップティーンの先輩で、 奥さんの事を考えると、ちょっと複雑だなという気持ちはありますね。 本を読んだ後カラオケで浜崎の歌を歌った時に やっぱり松浦さんが出て来るんですよね。 TBS系「サンデー・ジャポン」(8月4日) 矢作兼(おぎやはぎ) 『M』って有名な曲のMは松浦さんのMでしょ。 Mとの出会いが ヴェルファーレのVIPルームってどんだけチャラいんだよこれ。 ヴェルファーレのVIPルームで出会ってる恋って時点でもうさ、 最初のスタートが面白いもん。 TBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき (8月1日深夜) 小木博明(おぎやはぎ) よくないよダメでしょ、 ルール違反でしょ、あゆ失格。 一番やっちゃいけいなよ、暴露なんてしちゃいけないよ。 俺は読みたいから別にいいけど、一時期あゆのこと好きだったし。 TBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき (8月1日深夜) 遠野なぎこ 連ドラでずっとご一緒していた。 スター街道にいってすごいなと思っていたが、最近はインスタとかツイッターとかでしか話題にならないでしょ。 単純に話題作りなのかなと。 周りの事とか自分の事も見えない、誰が今さらこの方の過去の恋愛に興味があるのかな、 ただの痛い人になってしまったなっていう印象で残念だな TOKYO MX「バラいろダンディ」(7月31日) 1995年にドラマ「未成年(TBS系)」で、まだ歌手デビュー前の浜崎あゆみと共演していた遠野なぎこは他の芸能人とは違う感情で感想を伝えていました。 暴露本と言われる「M 愛すべき人がいて」ですが、同業者であり業界を知っている芸能人だから思う「なぜ?」にはそれぞれの立場で意見が分かれるようですね。

次の

エイベックスの目論み外れた『M愛すべき人がいて』 安斉かれんの売り出しに失敗…得をしたのは田中みな実だけ|日刊サイゾー

エム愛すべき人がいて

M 愛すべき人がいて 著者 発行日 発行元 言語 形態 ページ数 205 公式サイト コード [ ] 『 M 愛すべき人がいて』(エム あいすべきひとがいて)は、による「事実を基にした」小説。 にから刊行された。 歌手・が後半からにかけスターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、デビューのきっかけをもたらした・(当時専務)との出会い、大恋愛から別れまでを、2人へのインタビュー取材を元に浜崎の視点によるで赤裸々に描かれている。 出版前から話題となり 、発売日である2019年8月1日のワイドショーで本書が取り上げられると衝撃的な内容が浜崎のファンを中心に反響を呼び 、としても浜崎と同世代を中心に共感を呼んで 、累計発行部数16万部 の大ヒットとなった。 2020年4月よりと(旧AbemaTV)との共同制作でテレビドラマ化された。 執筆背景 [ ] 本書発売の1年前の8月1日に・で浜崎あゆみ、松浦勝人と社長のの3人が飲んでいる席で話が盛り上がり、その場で藤田が「本にしてくれたら、ぜひ、映像化したい」と幻冬舎社長のに電話を入れて、本書の企画がスタートする。 背景として、同年が浜崎のデビュー20周年の節目の年にあたり、またからへと新しい時代に迎えることで、「これからも歌い続けていく」「ステージに立ち続けていく」という覚悟を表明したいと感じて、浜崎と松浦との話し合いの中で「過去の思い出をいま知っていただくことで、そうした決意を伝えることができたら」という考えに至ったという。 著者としてやらの取材実績があったの小松成美が指名を受け、「浜崎あゆみという平成の大スターの誕生と、その背景にあった2人の恋愛を書きたい」と取材を開始。 通常のノンフィクション作品と同様に浜崎、松浦および周辺人物に10か月間にわたって取材を実施し、浜崎、松浦の2人一緒に、またそれぞれ単独でインタビューを行って、2人の合意のもとに交際前から別れまでの過去について聞き取りを行った。 20年以上も前の話に関わらず2人の記憶は鮮明で、2人とも過去について語ることにまったくためらいはなく、原稿の修正もほとんど無かったという。 本書の扉には「事実に基づくフィクションである」と記されているものの 、浜崎は本書のに「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」と自身の言葉を寄せている。 ノンフィクション作品の場合には実在する登場人物の都合により書けないエピソードが生じるケースもあることから、小説という形式を選択。 登場人物を浜崎、松浦以外にマネージャーなど数名に絞ることによって、物語性を際立たせている。 あくまで「事実をもとにした文芸作品」であり、ノンフィクション作家であるがゆえに執筆できた「ドキュメンタリー小説」「ノンフィクション小説」と位置づけている。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 『 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック』と題して本作のクライマックスとなる第5章「Mとの別れ」が浜崎あゆみの楽曲と朗読により映像化され、公式チャンネルにてより配信 、続編となる『 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック 2』がdTVにて同年より配信された。 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック [ ]• 劇中楽曲• 劇中BGM(インストゥルメンタル)• スタッフ [ ]• 著・文章再構成 - 小松成美• 監督 - 櫻木優平• 助監督 - 川崎司• BGクリエイター - 内田憲、岡亮佑、上原裕弥、春日健一、手川太輔• 制作 - クラフター、クラフタースタジオ• 音楽演出・企画・選曲 - 鈴木雅子• 音響監督 - 高木創• モーショングラフィックス - 川中玄貴、久保雄基• モーショングラフィックスプロデューサー - 飯野史子(EPOCH)• 劇中楽曲• 劇中BGM(インストゥルメンタル)• poker face• POWDER SNOW• End roll• スタッフ [ ]• 著・文章再構成 - 小松成美• 監督 - 櫻木優平• 助監督 - 川崎司• BGクリエイター - 内田憲、岡亮佑、上原裕弥、野村達哉、春日健一、手川太輔、多田健人• 制作 - クラフター、クラフタースタジオ• 音楽演出・企画・選曲 - 鈴木雅子• 音響監督 - 得能直也• 本作がドラマ初主演となるとのダブル主演。 全7回。 ABEMASPECIALチャンネルでは毎週日曜22時から22時41分までなしで配信され、「ABEMAオリジナルドラマ」と同様、右下に「ABEMA」のが常に表示されている。 これとは別にでも独占見逃し配信が行われるが、この配信は168時間経過するまでは「テレ朝キャッチアップ」と同じ扱いとなり、ウォーターマークが非表示となるほか、ABEMAプレミアム会員であってもCMが複数回入る仕様となっている。 168時間経過後は「ABEMAオリジナルドラマ」と同じ扱いとなるため、ウォーターマーク常時表示・CMなしとなる。 なお、本作はやによる見逃し配信は行われない。 本作の脚本を担当する鈴木おさむは、これまで『』(テレビ朝日)『』(ABEMA)でも脚本を務めており、三浦翔平や田中みな実、水野美紀(ゲスト出演)など、奪い愛シリーズに出演した俳優が本作でも重要人物として登場しているのが特徴。 さらに、それらの俳優のオーバーな演技が、かつてのを彷彿させるものとして、批評者の注目を集めた。 の感染拡大を受け、撮影スケジュールに変更が生じ、第4話以降の放送が延期されていたが 、2020年6月13日から第4話が放送されることが発表された。 2020年7月5日の最終回放送日に、は自身のインスタグラムのストーリーズを更新し、「ほんとに最低で最高で、大嫌いで大好きでした」と初めてドラマについて言及した。 あらすじ(テレビドラマ) [ ] 幼い頃に父が蒸発して以来、 アユは母と祖母・ 幸子と暮らす地元・福岡で主にモデルとして活動していたが、東京で芸能人として売れれば生活が楽になると考え、本格的に芸能活動を始めようと一念発起して祖母とともに上京する。 アユは高校に通いながら老舗芸能事務所「 中谷プロダクション」(通称: 中谷プロ)に所属しタレント活動を続けるが、入ってくる仕事といえばエキストラのような仕事ばかりで、芸能人として成功する契機を得られずにいた。 そんなある日、歌手を目指す友人の 玉木理沙に誘われ初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ ベルファインで、アユは次世代のスター候補となるダイヤの原石を探していたレコード会社「 A VICTORY」の専務・ マサと出会う。 それまでどんなに美人でスタイルのいい女性を前にしてもマサは心を動かされることがなかったが、部下の 流川翔に命じてVIPルームに連れてこられた女性の顔を見て次々と切り捨てていくマサのスター候補の探し方に意見したアユには運命的な何かを感じ、彼女に電話番号を渡し人生をかけて歌手としてプロデュースする決意を固める。 マサの 中谷社長への熱意ある懇願で、アユは「中谷プロ」から「A VICTORY」への移籍を認められ、移籍後すぐマサの指示で歌手デビューに向け単身ニューヨークに渡り、ボイストレーナーの 天馬まゆみから厳しいレッスンを受ける。 レッスンを終え帰国した後もアユはマサから次々と厳しい課題を与えられるが、周囲からはその様子がマサがアユを特別扱いしているように映り、 AXELSとしてデビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを呼び、マサに好意を寄せる秘書の 姫野礼香にけしかけられた理沙や 西谷真理からアユは壮絶な嫌がらせをうけてしまう。 しかし、アユは自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じ嫌がらせに耐えながらレッスンに打ち込み、いつしかマサへの信頼感が彼への恋心に変わっていく。 マサもそんなひたむきなアユの姿に心打たれ、彼女を所属アーティストとしてだけでなく、一人の女性として愛する気持ちが芽生えていく。 アユはマサへの抑えきれない思いをFAXを使って告白し、マサもアユを好きになっている気持ちを認め、直接会ってアユにその思いを告げ、二人は遂に結ばれる。 社内で自分の存在が脅かされるまで大きくになったマサの影響力を危惧する「A VICTORY」社長の 大浜は、マサを排除しようとAXELSとアユとのデビュー対決を持ち掛け、AXELSをプロデュースする流川に闇資金を渡して懐柔し、初戦のデビューシングルCD対決では大浜が勝利するが、マサはアユを売り出すためにスタッフを集結した「チーム・アユ」に鬼気迫る勢いで激を飛ばし、楽曲とともにアユの純粋なキャラクターをアピールするプロモーション戦略が徐々に世間に浸透し、アユのデビューアルバムは発売初日に150万枚をセールスする大ヒットを記録し、社内会議で宣言していた売上1位を達成して大浜との勝負に勝利する。 その後もアユは、マサのプロデュースによりヒット作を連発し破竹の快進撃を繰り広げ、一躍トップアーティストの座に登り詰め、いつしか「平成の歌姫」とまで称されるようになる。 マサはそんなアユのために、レコーディング設備を自宅に準備してアユとの同棲を始め、忙しいながらも二人は順風満帆の充実した生活を送る。 しかし、マサに付きまとう礼香に二人が交際、同棲していることを突き止められ、プロデューサーが自社の商品である所属アーティストに手を出しているというスキャンダルを大浜にリークする。 大浜はマサにスキャンダルの責任を取るため専務を退任させ、「A VICTORY」から追い出すこともできたが、スキャンダルの件を不問とする代わり「巨大フェスの開発」、「映画事業の開発」、「新人発掘と売出し」という3つの新規大型プロジェクトを成功させるよう指示をだす。 マサはアユを会社全体で守ることを条件に、大浜が提示した3つのプロジェクトを引き受けることを決意する。 新規大型プロジェクトで更に多忙となったマサはアユとのすれ違いが多くなるが、皮肉なことにすれ違いが増えることでアユが奮起し、独り立ちしてアーティストとして更に成長してく姿を見ることとなり、礼香からの「アユはマサがいない方がいい歌を作る」という言葉を聞き、アユの更なる成長を願う気持ちからアユとの別れを決意し、マサはアユのもとを去って行く。 マサから突き放されたアユは絶望感に打ちひしがれ、仕事が手につかない状態まで落ち込みホテルに引きこもってしまうが、流川や、かつてのライバルである理沙や真理も駆けつけて励まされたことで気持ちを奮い立たせ、アーティスト活動を再開する。 アユはマサへの届かぬ思いを自身が作詞した歌「 M」に込め、その後もアーティストとして更なる成長を遂げていく。 キャスト(テレビドラマ) [ ] 主要人物 [ ] アユ 演 - (幼少期:米村莉子) 本作の主人公。 地元・福岡でモデルの仕事をしていたが、ギャラのいい東京で芸能活動をして売れれば祖母・幸子や母との生活が楽になると考え、一念発起し東京の叔母・里美を頼り祖母とともに上京する。 上京後に友人となった理沙に誘われて初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ベルファインでレコード会社「A VICTORY」の専務・マサとめぐり逢い、歌手デビューのチャンスを掴む。 自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じレッスンに打ち込むうち、マサへの信頼感が彼への恋心に変わっていきFAXを使いマサのことが好きだという気持ちを伝え、マサもアユが好きである気持ちを認め、二人は互いの思いを遂げる。 マサのプロデュースによりアユの純粋なキャラクターと楽曲が若い世代を中心に支持され、デビューアルバムが発売初日に150万枚の大ヒットを記録し、その後もリリースする楽曲が軒並み大ヒットし一躍トップアーティストの座に登り詰め、年末のレコード大賞 の受賞、紅白への出演を果たし、いつしか「平成の歌姫」と称されるまでになる。 新規大型プロジェクトで多忙となったマサと生活のすれ違いが増えることで、一人でも頑張らなければいけないという気持ちから仕事に打ち込むことでアユはアーティストとして成長するが、皮肉なことにその姿を見たマサから、今後もアユが成長し続けるためには彼女の元を去るべきと決意されて、アユはマサから突き放されてしまう。 マサに去られたアユは絶望感に打ちひしがれ、仕事も手につかない状態まで落ち込み、ホテルに引きこもってしまうが、流川や、かつてライバルだった理沙や真理からも励まされることで気持ちを奮起させ、アーティスト活動を再開する。 アユはマサへの届かぬ思いを自身が作詞した歌「 M」に込め、その後もアーティストとして更なる成長を遂げていく。 マサ 演 - 本作のもう一人の主人公。 レコード会社「A VICTORY」代表取締役専務。 通称マックス・マサ。 人気プロデューサー・輝楽ひとりの活躍に「A VICTORY」の売上を頼っている状態に危機感を感じ、次世代のスター歌手となるダイヤの原石を探そうと六本木のディスコ・ベルファインを訪れていたところ、流川にVIPルームに連れてこられたアユと出会い、運命的な何かを感じ、人生をかけて彼女を歌手としてプロデュースする決意を固め、次々と厳しい課題をアユに与える。 アユのデビューが決まると社内にアユを売り出すためのプロジェクトチーム「チーム・アユ」を結成し鬼気迫る勢いでチームに激を飛ばし、10億円をかけてプロモーションを行う。 アユのFAXを使った愛の告白で自分もアユが好きになっている気持ちを認め、「俺にとってお前が必要だ、会いたい」と返事のFAXを送信し、直接会ってアユに思いを告げ、二人は互いの思いを遂げる。 大浜の仕掛けたアユとAXELSとのデビュー対決で初回は大浜の裏金工作もありシングルCD売上順位に負けてしまう。 しかし、世間からはバカと揶揄されるアユの純粋なキャラクターを若い世代にアピールするマサが仕掛けた売り出し戦略が徐々に世間に浸透していき、デビューアルバム発売直前の深夜ラジオ『オールナイトジャパン』へのアユの出演が決定打となり、デビューアルバムが発売初日に150万枚の売上を記録し社内会議で宣言していた売上1位を達成して、大浜との勝負に勝利する。 しかし、大浜にアユとの交際、同棲のスキャンダルの情報を握られてしまい、マサはマスコミに同棲スクープをされないよう会社全体で協力することを条件に、大浜が不祥事を不問とする条件としてマサに課した「巨大フェス」、「映画事業」、「新人発掘」の新規開発プロジェクトの成功を請け負う。 3つの新規大型プロジェクトで更に多忙となるが、皮肉なことにアユとのすれ違いが増えることで彼女が独り立ちして成長する姿を見ることとなり、礼香からの「アユはマサがいない方がいい歌を作る」という言葉を聞き、アユの成長を願う気持ちからアユとの別れを決意し 、マサはアユの元を去ってゆく。 アユとの決別後は、マサの仕事ぶりに触発され、一から新事業を立ち上げたいと社長を退任した大浜の跡を継ぎ、「A VICTORY」の新社長に就任する。 口癖は「 絶対(ぜってぇ)負けねぇ! 」 中谷(なかたに) 演 - アユが上京後に所属する芸能事務所「中谷プロダクション」 の社長。 アユが売れるとは考えておらず、ブームに便乗するため彼女にに行くよう安易な指図を出すなど、芸能人として真剣に育てる気持ちがない。 しかし、マサがアユの才能を見出したことを知った途端、事務所から引き抜かれそうになることが惜しくなり、アユを囲い込もうと態度を一変させる。 アユが中谷プロに所属していながらマサに会うことを問題視する大浜らと裏で結託し、二人の邪魔をしようとするが、土下座してまでアユの「A VICTORY」への移籍を懇願したマサの熱意に心打たれ、アユの移籍を認める。 大浜(おおはま) 演 - レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。 プロデュース業をマサに任せて、自身は経営に専念しており、会社が都内の一等地であるに移転できるほど大きく成長したのはカリスマ性と才能にあふれるマサのおかげだと理解しているが、自分の存在が脅かされるまで大きくになったマサの影響力を危惧して、あの手この手でマサを会社から追い出そうと画策する。 アユとAXELSのデビュー対決を仕掛け、デビューCD売上対決でAXELSの事前状況が芳しくないことが分かると、アルバイトを雇い10万枚分のCDが購入できるだけの資金を礼香に持たせ、秘密裏に流川に提供する裏工作を行いデビューCD対決では勝利するが、アユのデビューアルバムではマサが社内会議で宣言していた初登場1位を達成されて敗北する。 アユへの敗北でAXELSが売れないと見るや否やAXELSの解散を流川に通告している。 礼香からマサとアユが交際・同棲している情報を教えられると、大浜はマサにスキャンダルの責任を取るため「A VICTORY」から排除することもできたが、その件を不問とする交換条件に「巨大フェス」、「映画事業」、「新人発掘」の3つの新規大型プロジェクトの成功をマサに指示する。 マサを「A VICTORY」から排除しようと考え、過酷な課題をマサに課した大浜であったが、3つの大型プロジェクトに全力で邁進するマサの姿に触発され、自分も初心に戻り一から新規事業を手掛けたい気持ちが芽生え、「A VICTORY」を去ることを決める。 モデルはエイベックス元会長の。 姫野礼香(ひめの れいか) 演 - レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 右目にオレンジ色の眼帯を付ける謎めいた美女。 右目はマサが自身の挙式で酔った弾みで礼香を階段から転落させてしまい、転落の際に割れたグラスの破片が刺さり失明している。 マサに好意を寄せており、過失で右目を失明させてしまったマサの「礼香の目の代わりになる」という言葉を信じ、並みの執着心で彼を追いかけている。 愛するマサがアユに肩入れすることへの激しい嫉妬心から、マサを振り向かせたい一心でアユとマサの仲を引き裂こうと、狂気じみた姑息な手段でアユへの嫌がらせを繰り返し、マサへの付きまとい行為も益々エスカレートしてゆく。 しかしマサがアユを独り立ちさせアーティストとして更に成長することを願う思いから、マサがアユを突き放すためにわざと礼香にキスする姿をアユに見せつけたことで、自分はマサにとってアユの成長のために利用される程度の存在で、マサのアユを思う気持ちに敵わないと悟り、マサへの思いを断ち切ることを決意し、「A VICTORY」を去っていく。 その際、失明したと思われていた右目は実は手術で完治しており、マサを引き留めるためにそのことを隠していたと打ち明けている。 明るく周囲から愛されるキャラクターだが、若干行動に軽薄なところがある。 マサにガールズグループAXELS のプロデュースを任され、理沙や真理たちをデビュー候補としてスカウトし、デビューが決まると彼女たちの売り込みに励むが、音楽業界に影響力を持つプロデューサー黒川にAXELSを後ろだけする見返りに理沙の夜の接待の要求されると、その要求を断ることができなかった。 黒川の夜の接待に理沙をひとりで行かせてしまったことに責任を感じているが、周りのことを気にせずスタッフを追い込み、自分のやりたいようにアーティストをプロデュースするマサとの勝ち目のない勝負に大浜に担ぎ出され、何をしてよいか分からないと弱音を吐くと、人の人生を背負っておきながら売り出しに勝てないことを他人のせいにして、自分は死ぬ気になって出来るだけのことをしてあげているのかとマサに叱責され、顔を殴打される。 マサとのプロデュース勝負で追い込まれると、マサを排除したい大浜から秘密裏に巨額の売り出し資金を提供され、勝負に勝つためにカッコをつけることをやめ、なりふり構わずその資金を受け取り不正な方法でアユとAXELSとのデビューシングルCD売上対決に勝利するが、引き続き大浜から資金提供を受けながらも以降は徐々に売上順位を落としていき、3rdシングル発売時にはアユに大きく差をあけられ負けと言わざるを得ない状況に陥る。 アユとの対決に敗れ、売れる見込みがないとの大浜の判断でAXELSの解散が決定し、ショックで理沙が自殺未遂を図り芸能界から引退することを決めると、利害関係から流川に近づいてきた理沙であったが、AXELSの売り込みで苦楽を共にし、そんな彼女のことを好きになっており、理沙にプロポーズして受け入れられる。 AXELS解散後は一度は対立したマサのもとに戻り、彼とともにアユのプロデュースの仕事に協力し、マサが「A VICTORY」の新社長に就任した際には理沙との結婚披露宴の招待状を彼に渡している。 玉木理沙(たまき りさ) 演 - アユの友人。 歌手デビューを目指しており、同じ高校で芸能活動をしているアユに興味を持ち声をかける。 アユをディスコに誘い、彼女とマサとの出会いのきっかけを与える。 流川がプロデュースするガールズグループAXELSでの歌手デビューを目指してアユとともにレッスンを受けるが、礼香に吹聴されたことでアユがマサから次々と課題を与えられる様子を彼女だけ特別扱いを受けているとひがみ、逆恨みからアユに嫌がらせをする。 アユへのライバル心から流川に色仕掛けを仕掛け、彼の弱みを握り服従させ、「A VICTORY」での自身の扱いをアユより優位に立たせようと画策したり、売れるために音楽プロデューサーの黒川の夜の接待の要求を受け入れるなど芸能界の闇に陥っていく。 売れる見込みがないと大浜に判断され、AXELSの解散が決定すると敗北感から薬物の大量摂取で自殺を図るが、未遂に終わり一命を取り留める。 そして芸能界からの引退を考え実家に戻ることを決意し流川にそのことを伝えるが、流川からプロポーズされ、彼のプロポーズを受け入れる。 一度はライバルとして敵視してアユに酷い仕打ちをしてきたが、マサとの失恋で落ち込んでしまったアユのため、真理とともにアユが引きこもるホテルに駆け付け、アユとの勝負に負け芸能界を去った後は、落ち込んだ心をアユの曲に救われたと告げて、彼女を励ます。 野島美香(のじま みか) 演 - 「A VICTORY」でのアユのチーフマネージャー。 デビュー当時、アーティストとして活動していくことに自信がなさげなアユを叱咤激励するが、その後、アーティストとして成長していくアユの姿に頼もしさを感じている。 吉田明日香(よしだ あすか) 演 - 大浜の秘書。 大浜の問いかけに対して無表情で「です」と返事をしたり、話の語尾に「です」と付ける特徴的な話し方をする。 大浜が社長退任後は、礼香が「A VICTORY」を去ったこともあり、新社長となったマサの新しい秘書に就任する。 輝楽天明(きら てんめい) 演 - 「A VICTORY」の人気プロデューサー。 「A VICTORY」の売上のほとんどを支え、絶頂期を極めている。 デビューアルバムの大ヒットでアユが売れっ子になると、アユと彼女をプロデュースしたマサに祝辞を送るとともに、アーティストとして売れ続けることはもっと難しいと、成功したプロデューサーならではの格言をマサに送っている。 モデルは。 幸子(さちこ) 演 - アユの祖母。 持病を患っているにも関わらず本格的に芸能活動を始めるために上京しようとするアユを心配し、彼女とともに福岡から都内に住む娘の里美の家に身を寄せるが、アユがアーティストとして成功する姿を見ることなく持病が悪化して他界する。 西谷真理(にしたに まり) 演 - () アユのライバル。 流川がプロデュースするガールズグループAXELSでのデビューを目指す。 アユがマサから特別扱いを受けていると嫉妬して、逆恨みから理沙とともにアユに嫌がらせをする。 AXELSのメンバーとしてデビューすると、大浜からの闇資金の提供もありデビューCD対決ではアユに勝利するものの、3rdシングルをリリースする頃にはアユに大きく差をあけられ、売れる見込みがないと大浜に判断され解散を言い渡される。 AXELS解散後は「A VICTORY」を離れ、ダンスのスキルを磨くために海外留学を決意する。 ライバルとしてアユに酷い仕打ちをしてきたが、マサとの失恋でどん底に落ちこんでいるアユを励ますため、理沙とともにアユの引きこもっているホテルまで駆け付けている。 椎名里美(しいな さとみ) 演 - アユの叔母。 幸子の東京に住む娘。 上京してアユと幸子は彼女の家に身を寄せる。 マサとの失恋で居場所を失ったアユが舞い戻ってきた際も、アユのことを快く受け入れている。 佐山尚樹(さやま なおき) 演 - マサ行きつけののバーSILVERのマスター。 バーでドラマの舞台となる90年代当時のをで弾き語りしている。 その他の人物 [ ] OTF(Over The Fact) 演 - Hina()、和田颯()、栗原陸人 マサがプロデュースした女性ボーカルを擁する3人組ロックユニット。 モデルは。 USG 演 - (、小宮山直人、moca、hibiki、honoka) 輝楽がプロデュースした5人組ダンスユニット。 モデルは。 冴木真希(さえき まき) 演 - Yupi'n 女性ロックシンガー。 モデルは。 静香(しずか) 演 - AXELSのメンバー。 奈緒(なお) 演 - 齊藤英里 AXELSのメンバー。 ゲスト [ ] 第2話 天馬まゆみ(てんま まゆみ) 演 - (第6話、第7話) ニューヨーク在住のボイストレーナー。 渡米したアユを鬼のように厳しいレッスンで鍛え上げる。 後日、流川がプロデュースするガールズグループAXELSのデビュー候補たちの合宿にも講師として招聘され来日している。 アユが日本でアーティストとして大ブレークしたことを知ると、お祝いにストレス発散用のシンバルセットを祝辞の手紙とともにアユにプレゼントし、マサからアユが独り立ちしたことを聞きつけると、来日してアユの前に現れてエールを送り励ましている。 モデルはボイストレーナーの原田真裕美。 第4話 水島(みずしま) 演 - (第6話) 六本木テレビのTVプロデューサー。 アユのデビューのプロモーションのためゴールデンタイムの人気歌番組『Sing Sing』へアユの出演をマサから懇願されるが、マサは恋煩いで新人のアユにのぼせ上って見込み違いをしていると一蹴して相手にしなかった。 しかしアユが大ブレークすると掌をかえして『Sing Sing』へのアユの出演を依頼し、出演してくれたことをマサに感謝している。 黒川誠(くろかわ まこと) 演 - 音楽プロデューサー。 業界に影響力があり、デビューするアユとAXELSのデビューの後押しをしてもらえるよう「A VICTORY」からプロモーションを受け、その結果、アユではなくAXELSを後押しして人気歌番組『Sing Sing』への出演を推薦することを決めるが、見返りに理沙に夜の接待を要求する。 礼香の父 演 - 礼香の母 演 - 礼香と結婚するためにマサが離婚したと聞かされて信じ込み、マサと会食する。 山本 演 - (第6話) 「A VICTORY」のアユ担当のレコーディングプロデューサー。 洋楽レコード輸入のためのマサからの資金1000万円の要求を了承する。 スタッフ(テレビドラマ) [ ]• 原作 - 『M 愛すべき人がいて』(刊)• 脚本 -• 企画 - ()• 演出 - 、• ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)• プロデューサー - (テレビ朝日) 、谷口達彦(ABEMA)、山形亮介(角川大映スタジオ)、佐藤雅彦(角川大映スタジオ)• アソシエイトプロデューサー - 川島彩乃(ABEMA)• 音楽 -• 主題歌 - 「」• 制作 - 、• 制作協力 - 放送日程(テレビドラマ) [ ] 各話 放送日 配信日 サブタイトル ラテ欄 演出 視聴率 テレビ朝日 ABEMA 第1話 4月18日 4月19日 俺の作った虹を渡れ! アユ…歌姫誕生への壮大な愛憎劇!! 木下高男 5. 6% 第2話 4月25日 4月26日 いいダイヤの原石だ 歌姫デビューへ…11人の悪魔の女達!! デビュー曲誕生!! 愛する人との別れ… 麻生学 4. ついに放送再開! 秘書礼香VSアユ!! 大雪で絶唱!? アユはバカじゃない!? マサの告白で愛は泥沼化 木下高男 3. マサ追放!! 名曲M…アユ涙の熱唱 木下高男 4. 「」第2期内での平均視聴率は前クール『』と並び同率1位タイとなった。 M 愛すべき人がいて〜メイン・テーマ 2. 予感 3. True Love Story 4. 俺を信じろ 5. マサとアユ 6. 会いたいよ 7. 輝楽天明 8. ベルファインのVIPルーム 9. PERFECT LIFE 10. 「です」 11. 姫野礼香のテーマ 12. 眼帯 13. ゆるさない 14. NYのレッスン生活 15. ミリオン歌手へ 16. ルーレット 17. 永遠の愛 18. 瞳を閉じて 19. 逆走 21. 戻れない二人 22. Forever 23. our night, our light…(Demo) 7. Portrait(Demo) 8. 最後のリスタート(Demo) 9. grace(Demo) 10. SEREAL(Demo) その他 [ ]• が演じる姫野礼香の右目の眼帯が博多銘菓「」に似ているとを中心に話題となり、第4話から話題を聞きつけた販売元の「」が番組スポンサーにつき、初の全国テレビ放送でのCMを流している。 また、で放送休止していたドラマが第4話から放送再開することをアナウンスする記者会見で、明月堂から「『通りもん眼帯』のおかげで、博多通りもんの売上が上がりました。 ありがとうございます」とコメントが寄せられるとともに、会見に出席していた田中が明月堂から「通りもん」の差し入れがあったことを明かしている。 関連項目 [ ]• - 2017年に朝日放送(現・)と共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 - 2018年にと共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 - 2019年にと共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 系 前番組 番組名 次番組 配信ドラマ [ ] 『 L 礼香の真実』(エル れいかのしんじつ)と題したスピンオフドラマがABEMAでからABEMAプレミアム会員向けに独占配信される。 おとなしい女性だった礼香が愛する人に異常なまでに執着し、愛を手に入れる為なら手段を選ばない常軌を逸した行動をとる人格が形成されるまでのエピソードが描かれる。 キャスト(配信ドラマ) [ ] 姫野礼香(ひめの れいか) 演 - (小学校時代:加藤莉奈、高校時代:) 茂樹(しげき) 演 - () 礼香が通うバーのバーテンダー。 礼香から彼女の思い出話を聞かされる。 松本正幸(まつもと まさゆき) 演 - (小学校時代:浅川大治、高校時代:) 礼香が小学生の頃から想いを寄せた初恋相手。 通称マサ。 あゆむ 演 - 蒼井由奈 ルイ 演 - (第6話 - ) 学校のマドンナ。 正幸のことを彼氏にしようと狙っていてる。 工藤真一(くどう しんいち) 演 - 高校時代の正幸のライバル。 芥川先生 あくたがわ せんせい 演 - 高校時代、正幸を目の敵にした教師。 スタッフ(配信ドラマ) [ ]• 原作 - 『M 愛すべき人がいて』(刊)• 脚本 -• プロデュース - 谷口達彦(ABEMA)• 企画・演出 - 池田克彦(ABEMA)• プロデューサー - 山形亮介(角川大映スタジオ)• アソシエイトプロデューサー - 川島彩乃(ABEMA)• 協力プロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)• 制作 - 、• 制作協力 - 配信日程(配信ドラマ) [ ] 話数 配信日 サブタイトル 配信分 第1話 6月28日 マサと私の間に入り込んできたら許さなーーーーーーい 9分 第2話 カーストの下にいらっしゃーーーーい 7分 第3話 先生の方が頭がかた〜い 8分 第4話 ねえ、キスしたことある? 10分 第5話 7月 05日 トドメ、刺しておかないと… 6分 第6話 教えてあげる、もうひとりのMとの恋 9分 最終話 あなたのこと、好きになっちゃったかも… 11分 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 制作協力している角川大映スタジオは、1971年の分社化前の大映本体の系譜を踏んでいるため、本作は「大映ドラマ」のカテゴリーには入らない。 放送休止期間中は、、(6月6日のみ)が副音声で作品の実況解説を行うリミックスバージョンと称する本作の特別総集編(5月9日:第1話、5月16日:第2話&第3話、6月6日:第3話)と本作の脚本家・が脚本し、本作と共通する俳優が出演する『』の傑作選(5月23日、5月30日)がとして放送された。 作中では「日本レコード大賞」ではなく、「アジアレコードCD大賞」という架空の賞にされている。 アユと交際する頃には、多忙による生活のすれ違いを理由にマサは離婚している。 礼香とキスしている場面を故意にアユに見せつけアユを突き放す。 中谷プロダクションのモデルは浜崎がエイベックスの前に所属していたとされるが、原作小説に中谷社長は登場しない。 原作小説には登場しないドラマオリジナルのキャラクター。 特定のモデルはおらず、複数人の逸話を織り交ぜたドラマオリジナルのキャラクター• 第1話ではの「」、第2話ではの「」との「」、第3話ではの「」、第4話ではの「」、第5話ではの「」、第6話ではの「」、最終話ではの「」、の「」のの部分を歌唱している。 をオマージュ。 をオマージュ。 をオマージュ。 クリス・ペプラーは第6話と最終話の作中で流れるアユのCDを宣伝するCMで部分の「A VICTORY」のフレーズも担当している。 出典 [ ]• スポーツニッポン新聞社. 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 インタビュー. Smart. 2020年4月1日閲覧。 ニュース. 2019年8月10日. 2020年4月1日閲覧。 松田広宣 2019年10月2日. ブック blueprint. 2020年4月1日閲覧。 ナターシャ. 2020年2月29日. 2020年2月29日閲覧。 2019年8月16日. 2020年4月1日閲覧。 2019年8月1日. 2020年4月1日閲覧。 オンライン 2020年4月18日. 2020年4月22日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年11月8日. 2020年4月1日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年12月27日. 2020年4月1日閲覧。 2020年5月9日. 2020年5月7日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年5月3日. 2020年5月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月6日閲覧。 Yahoo! ニュース スポニチアネックス. 2020年7月5日. 2020年7月5日閲覧。 インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 ABEMA TIMES 2020年6月28日. 2020年6月28日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部 2020年5月9日. 2020年5月8日閲覧。 2020年4月25日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 2020年6月13日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年3月18日. 2020年3月18日閲覧。 2020年5月2日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 2020年6月20日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 クランクイン! 2020年4月25日. 2020年4月25日閲覧。 2020年3月20日. 2020年3月30日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部 2020年4月19日. 2020年4月25日閲覧。 haradamayumi. 2020年5月8日閲覧。 2020年6月14日. 2020年6月30日閲覧。 インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 服部宣之 2020年6月12日. インタビュー. 2020年6月28日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年4月18日. 2020年4月25日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 スポーツ報知 2020年7月5日. 2020年7月5日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年7月6日. 2020年7月6日閲覧。 www. m-on-music. 2020年5月27日閲覧。 デイリースポーツ online. 2020年6月13日閲覧。 J-CAST ニュース 2020年6月14日. 2020年6月14日閲覧。 Real Sound映画部 RealSound. 2020年6月20日. 2020年6月20日閲覧。 ザテレビジョン. ザテレビジョン. 2020年7月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - クラフター• - プレイリスト• ayu. secretdiary -• masa.

次の