グラブル アーカルム。 【グラブル】アーカルムを楽に周回できるディストリーム編成について解説!|こーひーのグラブル攻略ガイド

【グラブル】ザ・デビル(SSR)の評価と入手方法|アーカルム召喚石【グランブルーファンタジー】

グラブル アーカルム

これまでの使用用途は「ガチャ産の召喚石」だけでしたが、また新たな使い道が増えてしまいました。 なので早かれ遅かれ「アーカルム石のSSR化」及び「十賢者の加入」を考えるなら金剛晶の交換は避けられないです。 パスポートの上限UP 優先度はそれなりに高いですが「 毎日きちんとチケットを消費出来る」人には不要かも。 以前まではダンジョンに入る必要がありましたが、今は「簡易探索」で簡単に消費出来ます。 なので、チケットを溢れさせてしまうかもしれない人だけ交換をおすすめ。 EXを周回していると数日で上限値まで行きやすいため、なるべく早めに交換をおすすめします。 アストラ アストラは全部で 6種類あります。 ドロップ運の関係上、 欲しい属性のアストラと不要な属性のアストラが偏ることもあります。 アストラはアーカルム召喚石の強化でそれなりに要求されるので、交換優先度は高いです。 交換出来る在庫は無制限ですが、要求されるポイントは 1500Pです。 使いすぎるとあっという間に無くなるので注意が必要。 セフィラストーン 個人的に「 1番交換の優先度が高い」素材です。 とにかく「 需要数>供給数」になるので、アーカルム召喚石の強化に集中するならセフィラストーンの交換は視野に入ってきます。 イベントでも入手は出来ますが、気休め程度なのでメインは「 ポイント交換」です。 セフィラストーンは「簡易探索」でも入手出来るので、無理に探索をする必要性はなし。 オーロラ・ヘイズ カオティック・ヘイズも含め、 偏りが酷くなりがちな素材です。 ただし今後、 複数の召喚石や賢者の解放を見据えているのであれば、おそらく枯渇すると思います。 必要なポイントも500Pと少なめなので、必要に応じて交換しておくのもあり。 上でもいいましたが、強化する召喚石の数によって枯渇するかどうか変わります。 要求されるポイントが15000Pと高めなので、 交換の優先度は低いかと。 個人的にはブラックラビットよりも、ホワイトラビットを入手することをおすすめします。 優先度が低いというより、しないほうが良いのが正直なところ。 要求されるポイントは3000Pなので、 カーバンクル系やラビット系の3凸を作りたい人は交換候補。 ただ、カジノでも交換が出来るので、 わざわざアーカルムポイントで使う必要は無いです。 カジノは月に 5個、アーカルムは月に 3個交換することが出来るので、各自で判断してもらえればOK。 個人的に、カジノメダルは頑張ればすぐに増やせるので、アーカルムポイントでの交換はおすすめしません。 月光晶よりも、他の素材などに宛てたほうが無難です。

次の

【グラブル】アーカルムの転生攻略

グラブル アーカルム

簡易探索のやり方 まずは簡易探索のやり方を実践しながら解説していきますね! まずはアーカルムの転生の画面で『簡易探索』を選択して下さい。 画像のような画面になると思いますが、ここで1つ注意点があります。 1度でも攻略していないと簡易探索は出来ません 簡易探索をやりたい場合は1度そのポイントをクリアしておきましょう。 ここで周回したいポイントの右にある『簡易探索』を選択しましょう。 ポイントを選ぶと『簡易探索開始』と表示されるので、選択しましょう! 今回はスターを4凸したいという個人的な理由で、ポイント・ケルサスを周回していきますね。 簡易探索開始を選択すると、9-1~9-2まで進み、アーカルムポイントとアイテムを入手できます。 1・2・4・5・6・7・8はここで簡易探索は終わりなのですが、3・6・9についてはボスがいますので、そのボス戦まで飛びます。 次に『NEXT STAGE(ネクストステージ)』を選択して、ボス戦にいきましょう。 ボス戦で勝利するとアイテムを獲得できます。 画像はザ・スターを倒した報酬ですね。 ここは通常探索と同じのようです。 簡易探索のやり方はこのような流れ進んでいきますので、参考になれば幸いです。 アーカルムでの簡易探索検証 アーカルムの転生のポイント・ケルサス(EX)を簡易探索して獲得したアイテムをまとめました。 軌跡の雫でのドロップ上昇は発動していません。 簡易探索のやり方の項目でも書きましたが、3-3・6-3・9-3のボス戦については『通常探索同じ』だったことをご報告しておきます。 ・・・ということでみなさん、僕が人柱となって検証しましたので・・・アーカルムパスポートを返して下さい、マジで。 騒乱の三つ葉• 地竜鱗• 厳峰の清水• ラクリモサ• 獲得アーカルムポイント:400 スポンサーリンク 簡易探索のメリット 簡易探索のメリットは、自動で探索を行ってくれてポイントやアイテムを入手できること。 つまり 『時間が大幅に短縮』できます。 アーカルムの転生は非常に時間がかかるのコンテンツになります。 アーカルムパスポートは毎日発行されるので、時間がかかるコンテンツを自動化できるのは大きいですよね。 簡易探索のデメリット 経験値とランクポイントが獲得できない 経験値のランクポイントが獲得できません。 EXは獲得できる経験値が多いため、結構痛いんですよね。 個人的に1番痛いのがコレ。 そう、 LB(リミットボーナス)が獲得できなくなること。 正直、経験値やランクポイントは、半額期間中のキャンペーンクエストをやっていればいいんですよ。 しかしLBはキャラ性能をさらにアップさせる重要なステータスになりますので、ぶっちゃけこれが1番痛い。 キャラの成長が遅れる原因にもなりますので、気を付けたいところですね。 レアモンスターに遭遇できれば1戦で100ポイント超えますからね。 そこまでの差はないとはいえ、アーカルムポイントは非常に貴重! この差でアストラやセフィラストーンの獲得数に影響すると考えれば、簡易探索は避けたいところ。 アイテム獲得数も減る 上記の結果を見てもらえればわかると思いますが、簡易探索では 獲得できるアイテムが明らかに減っています。 3・6・9のボスは簡易探索でも登場しますので、これらの素材は問題ないと思いますが・・・ 問題はコレですよね。 そう、 アーカルム召喚石の上限解放や十賢者の加入に必要なフラグメントです。 簡易探索では『道中で遭遇できるレアモンスターからドロップするアイテム』は、入手できないようですね。 簡易探索について個人的な意見 ぶっちゃけ簡易探索は 『やらない方がいい』です。 アーカルムパスポート発行は限られているので、素材やアーカルムポイントが減るということは・・・ アーカルム召喚石の強化と十賢者の加入が遅れることを意味します。 時間が取れるなら通常探索1択でしょう。 とはいえ、 時間がなく、隙間時間でグラブルを楽しんでいる人も少なくないでしょう。 アーカルムパスポートが上限に達してしまう!という状況だったら、簡易探索の消費もやむおえないと思います。 この場合は アーカルムチケットの所持できる枚数の上限を最大まで上げておき、それでも上限に達してしまう場合は簡易探索にしましょう。 簡易探索ついてまとめ• 各ポイント1回通常探索で攻略しないと簡易探索できない• ボス戦だけは通常探索と同じ• 経験値・ランクポイント・LBは貰えない• アーカルムポイント獲得数が減る• アイテム獲得数も減る• 特にフラグメントが出ないのが痛い• セフィラストーンは出る はい!ということで今回は、簡易探索のやり方と検証結果やデメリットなどまとめてみました。 グラブルは時間がかかるゲームなので、どこかで時短したところですが・・・アーカルムは枚目に周回した方が良さそうですね・・・苦笑 イベントのHELL難易度もスキップできるようになったので、簡易探索も少し獲得素材数を上げて欲しいところです。 以上、『【危険】アーカルム簡易探索の実践結果からデメリットを解説』でした。

次の

グラブル レオパルトの倒し方!「アーカルムの転世」攻略

グラブル アーカルム

初心者もアーカルムをやるべき理由 初心者の方も早めにアーカルムの転世を進めることをおすすめします。 その理由は主に3つ• チケット制で挑戦できる特殊な仕様のため• ノーマルなら初心者でも十分クリア可能• 報酬がうまい マグナ武器も落ちる アーカルムはダンジョンに入る上で「チケット」が必要です。 毎日1枚貰えるようになっており、上限枚数は7枚となってます。 アーカルムの転世でやることまとめ 主にアーカルムの転世でやることは以下の通り。 中でも「素材集め」が重要だったりします。 召喚石の交換 アーカルムの転世をやる1番の理由がこれ。 指定の素材を集めることで「専用の召喚石」と交換できます。 種類は全部で10種類あり、それぞれ異なる性能を持った召喚石になってます。 またこれらの召喚石は「十天衆」同様、最終上限解放することで、石に対応した「賢者」を仲間に出来ます。 この素材を集めるために「ノーマル・ハード・EX」に挑戦して必要な素材を集めるわけです。 色々な素材を要求されるので、余裕のある人は出来るだけ「トレハン」があると良いですね。 実際は素材だけでなく、武器や消費アイテムも同時に集めることも可能。 このポイントを使うことで、召喚石の強化に使う素材や貴重な育成アイテムと交換出来ます。 また、探索専用に自信の攻撃力やHPを回復する薬とも交換可能です。 上限が5万ポイントになってるので、溢れる前に薬や不足している素材などに使いましょう。 難易度によって敵の強さはもちろん、エリア効果や入手出来る素材 1部 が変わります。 このダンジョンは9つのステージで1周する仕様になっています。 中でも「9-3」に待機するボスはアーカルムボスとなっているので、しっかりと有利属性で挑むと良し。 また、ダンジョンの道中から落ちる宝箱でもマグナ武器が入手出来ます。 ノーマルだけでも素材はある程度集まるので、トレハンを用意して周回出来ると尚良し。 ある程度強い人は有利属性以外でも勝てますが、初心者の方は有利属性で挑むことをおすすめします。 危なくなったら撤退すること 道中で出てくる敵はそこまで強くはありませんが、 所々で強敵が出現します。 特に「ディスペル」で消去出来ない「レオパルト」は厄介です。 アーカルムの転世では戦闘で負けてしまうと、強制的に撤退させられます。 そうなると 入手した素材やアイテムまで無くなるので注意が必要です。 しかし、勝てない敵だと判断して自主的に撤退することで、素材は持ち帰ることが出来ます。 貴重な武器や素材が落ちたら、撤退することも選択肢に入れておきましょう。 ノーマルとハードの違い 主なノーマルとハードの違いは以下の通り。 初期のTPがノーマルは 100・ハードは 50• 敵が全般的にノーマルよりも強い• それぞれの階層で「 ランダムイベント」発生 ハードになるとTPが半分になるので、撤退がしずらくなります。 またランダムでイベントが発生し• 奥義が使用不可• アビリティ使用不可• 連続攻撃確率DOWN など、厄介なデバフを受けて攻略をしなければなりません。 ハードへの挑戦は戦力が整ってからやることをおすすめします。

次の