アウト ワード バウンド。 「インバウンド」と「アウトバウンド」の意味とは?

教員向けコースについて

アウト ワード バウンド

アウトワード・バウンド長野校の紹介・アクセス 冒険教育活動の拠点となるOBJ長野校は、長野県の最北端小谷村(おたりむら)の大網という小さな集落にあります。 ここは糸魚川から松本まで塩や海産物を運んだ《塩の道》の宿場町として知られ、今でも塩倉や当時の民具が残されており、民俗学の観点からも注目されている土地です。 学校の東方には日本百名山の一つ、雨飾山(あまかざりやま)、西には北アルプス後立山連峰を望みます。 車で30分ほど北に向かえば日本海と、バラエティーに富んだ大自然の中に学校があります。 学校は廃校になった北小谷小学校大網分校の建物を改装し、事務所、食堂、ミーティングルームとして使用しています。 宿舎は学校に隣接されており、快適なベッドルーム、シャワー、洗濯機などを備えています。 公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 長野校 〒399-9601 長野県北安曇郡小谷村北小谷10650 (地区名/大網・おあみ) 電話 025-557-2211 FAX 025-557-2277 アクセス アウトワード・バウンド関西校の紹介・アクセス 2017年4月1日、兵庫県豊岡市日高町神鍋高原に豊岡市神鍋高原の皆様方のご支援により旧豊岡市立西気小学校にアウトワード・バウンド関西校を開設しました。 西日本有数のスキーリゾートである神鍋高原は、山陰海岸ジオパークの中心に位置するジオサイトでもあり、多様な自然を生かし、学校・団体・企業のニーズに応じた冒険教育プログラムの提供が可能です。 かつて、アメリカのアウトワード・バウンドでインストラクターを勤めたこともある冒険家植村直己氏の故郷でもあるこの地を拠点に、アウトワード・バウンド教育普及活動を行なっています。 学校教育との連携による人間力向上のためのアクティブラーニングとして、企業研修における保有能力の発揮能力への転換のため、 冒険教育、アウトワード・バウンド教育の可能性を追い続けて行きたいと思います。 公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 関西校 〒669-5373 兵庫県豊岡市日高町東河内607 0796-21-9117  尼崎市立美方高原自然の家の紹介・アクセス 公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会の指定管理受託施設、尼崎市立美方高原自然の家(愛称:とちのき村)は、兵庫県北部にあり、周囲を豊かな自然に囲まれた施設です。 約280名が宿泊出来る宿泊棟、研修室が6室、創作工芸室、屋上には天文台があります。 また、約200名が宿泊出来るキャンプ場には、4つの炊事棟やテントサイトがあります。 アウトワード・バウンドの教員免許状更新講習をはじめとする主催事業、学校主催のアウトワード・バウンドプログラムなど体験学習の基地として活用しています。 様々なプログラム提供が可能です。 どうぞご活用ください。 公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会 尼崎市立美方高原自然の家 〒667-1532 兵庫県美方郡香美町小代区新屋1432-35 TEL:0796-97-3600 FAX:0796-97-3602.

次の

アウトワード・バウンドとは

アウト ワード バウンド

アウトワード・バウンド長野校の紹介・アクセス 冒険教育活動の拠点となるOBJ長野校は、長野県の最北端小谷村(おたりむら)の大網という小さな集落にあります。 ここは糸魚川から松本まで塩や海産物を運んだ《塩の道》の宿場町として知られ、今でも塩倉や当時の民具が残されており、民俗学の観点からも注目されている土地です。 学校の東方には日本百名山の一つ、雨飾山(あまかざりやま)、西には北アルプス後立山連峰を望みます。 車で30分ほど北に向かえば日本海と、バラエティーに富んだ大自然の中に学校があります。 学校は廃校になった北小谷小学校大網分校の建物を改装し、事務所、食堂、ミーティングルームとして使用しています。 宿舎は学校に隣接されており、快適なベッドルーム、シャワー、洗濯機などを備えています。 公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 長野校 〒399-9601 長野県北安曇郡小谷村北小谷10650 (地区名/大網・おあみ) 電話 025-557-2211 FAX 025-557-2277 アクセス アウトワード・バウンド関西校の紹介・アクセス 2017年4月1日、兵庫県豊岡市日高町神鍋高原に豊岡市神鍋高原の皆様方のご支援により旧豊岡市立西気小学校にアウトワード・バウンド関西校を開設しました。 西日本有数のスキーリゾートである神鍋高原は、山陰海岸ジオパークの中心に位置するジオサイトでもあり、多様な自然を生かし、学校・団体・企業のニーズに応じた冒険教育プログラムの提供が可能です。 かつて、アメリカのアウトワード・バウンドでインストラクターを勤めたこともある冒険家植村直己氏の故郷でもあるこの地を拠点に、アウトワード・バウンド教育普及活動を行なっています。 学校教育との連携による人間力向上のためのアクティブラーニングとして、企業研修における保有能力の発揮能力への転換のため、 冒険教育、アウトワード・バウンド教育の可能性を追い続けて行きたいと思います。 公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 関西校 〒669-5373 兵庫県豊岡市日高町東河内607 0796-21-9117  尼崎市立美方高原自然の家の紹介・アクセス 公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会の指定管理受託施設、尼崎市立美方高原自然の家(愛称:とちのき村)は、兵庫県北部にあり、周囲を豊かな自然に囲まれた施設です。 約280名が宿泊出来る宿泊棟、研修室が6室、創作工芸室、屋上には天文台があります。 また、約200名が宿泊出来るキャンプ場には、4つの炊事棟やテントサイトがあります。 アウトワード・バウンドの教員免許状更新講習をはじめとする主催事業、学校主催のアウトワード・バウンドプログラムなど体験学習の基地として活用しています。 様々なプログラム提供が可能です。 どうぞご活用ください。 公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会 尼崎市立美方高原自然の家 〒667-1532 兵庫県美方郡香美町小代区新屋1432-35 TEL:0796-97-3600 FAX:0796-97-3602.

次の

アウトワード・バウンドとは

アウト ワード バウンド

アウトワード・バウンド(Outward Bound)は、出身の教育者が中に亡命先ので、にローレンス・ホルトの助けを得て開校した 世界で初めての活動のための短期スクール。 また、その運営主体の名称を指す。 概要 [編集 ] 1941年に、海運業者とドイツ人教育者によって英国のアヴァードベイ(Aberdovey)に作られたものが最初の学校で、訓練などを通して相互の信頼とチームワークを培う青少年の社会教育施設だった。 創立に当たっては、イギリス王室のの助力があり、王室の師弟もここに学んでいることはよく知られている。 「アウトワード・バウンド」は「出港準備が出来た」という意味の海事用語で、「いつ何時、事が起きても対処できるだけの準備を」という意味で付けられたもの。 イギリスでは、、などと並んで青少年の社会教育の三本柱のひとつといわれている。 その後、世界各地に広がり野外活動、訓練などの学校として、訓練、、、、、など幅広く訓練の領域は広がってきた。 普通の青少年だけでなく、非行少年の更生プログラム、家族対象のコースを設けているところもある。 日本にも支部が作られたが、当初は旧イギリス連邦構成国が主体だった。 27ヵ国、35校があり、生徒は毎年10万人以上が訪れる。 は、アウトワード・バウンドの精神を異文化理解教育に発展させ、ウェールズにある(後のUWCイギリス校)、そして国際教育組織の設立に寄与した。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]•

次の