はてなブログ ハッシュタグ。 ツイッターのシェアボタンにハッシュタグを設定する

はてなブックマークでアクセスアップ!登録やタグの付け方などの使い方

はてなブログ ハッシュタグ

ブログ開始以来かたくなにタグを使わなかった博士の心境に変化があった模様。 詳しくは「対策」でググろう。 これが少し面倒だったので知らない人向けに。 〇わぁ68種類もあって悩むなぁ。 background: 185417; color: white; 〇backgroundって背景ですよね。 まぁプログラムとか知っている人には常識なんだけど。 知らない人は下のサイトで色を選んでこの「 6桁」を書き換えてみよう。 〇赤なら「 ff0000」黄色なら「 ffff00」ですね。 〇これも同じサイトで調べられますね。 ここでタグ見出しを使いたい場合は「HTML編集」で文章を以下のように書く。 は改行という意味だよ。 「見たまま」では表示されないので注意。 こんなところかな。 〇なんか面倒ですね。 これ自体は無料のでも使用できる。 お金を掛けなくても手間をかければ美味しい料理はできるんだよ。 まぁ金掛けた方が早いけど。 梟茶房のように会話劇だとテンポが悪くなるから使っていなかった。 ただミミズク君が一人語り形式でやっていくときにそれだと困るよね。 〇良かった。

次の

複数のはてなブログをそれぞれ別のtwitterアカウントと連携したい!それを叶える連携サービス「IFTTT」

はてなブログ ハッシュタグ

では、ヘッダー部のブログタイトルに h1、ブログの説明文に h2が使われています。 そして記事の部分に入るとそれまでの見出しがリセットされて、記事タイトルが h1になっています。 なので、記事中の大見出しは h2から始まった方がいいのではないか? という話になるのですが……。 の記事作成画面の見出しを使うと、大見出しが h3、中見出しが h4、が h5になります。 あれ? h2が抜けてる……これはよくないのでは……と嗚呼蛙 さんは仰っていた訳です。 なぜ大見出しがh3なのか? 運営に問い合わせている方がいた! 私も大見出しが h3ということには気付いていたのですが、「公式で大見出しを h3にしているということは、何か理由があってのことなんだろう」と、あまり深く考えていませんでした。 しかし今回、そう言われればどうして h3なんだろう?……と改めて調べてみた所、下記の記事を見つけました。 上記記事に、「なぜ大見出しが h3なのか?」という問いに対する運営の回答が載っていたのですが……。 私はそれを見て、 ちょっとした衝撃を受けました。 その回答を下記に引用させて頂きます。 では記事のタイトルをh3としているため、 の仕様と合わせるためにh3となっております。 えっ……! ただ単に 運営の都合というだけの話だったようです……! 運営側で何か対策を講じている可能性もありますが、やはり自分で大見出しを h2に、中見出しを h3に、を h4に変更した方がよさそうな気がしてきました……。 見出しタグを変更する方法 手動で書き換える ポジ熊 さんが既に手動で見出しタグの書き換えを行っていました。 見たままモードで記事を作成した後、HTML編集に切り替えて、 h3を h2に手動で書き換えているようです。 これは大変そうです……! で自動的に書き換える方法もあるが…… 上記の記事のコメント欄に、勝手にティ さんが「 でタグを自動で書き換えてくれる方法を見つけた」とコメントなさっていました。 その方法が載っているのが下記のページになります。 上記ページを参考にして、のコードを書いてみました。 このコードにより、記事作成画面の上部にある見出しを使っても、プレビュー画面や公開した記事では、自動的に 大見出しがh2に、 中見出しがh3に、 がh4に書き換わるはずです(テスト用のサブブログで実験済み)。 過去記事はそのままでOKですが、 の変更は必要です(今まで h3で使っていたを h2に、 h4を h3に……という変更)。 上記コードをコピペしてご自由にお使いください。 ただ、どのテーマでも正常に動くかどうかは不明ですので、もしお使いになる際は自己責任でお願い致します。 応用したコード 上記の記事で、「 過去に自力で書き換えた記事があった場合や、今まで頑張って書き換えていたけどこれからは自動化したいという人向け」に応用したコードを載せてくれています。 注意 こちらの記事の雑記で、サイトのデザイン(HTMLや)を大掛かりに修正したり、わざわざでタグを書き換えてまで見出しを変更する必要はない、というご意見を頂きました。 こちらも読んでみて、見出しタグを変更するかどうか考えて頂いた方がよろしいかと思います。 (私もそこまで神経質になる問題ではないと思います。。。 やれるならやった方がいい、位のことかと……) モードで記事を作成する モードで記事を作成する場合、見出しは (シャープ)を打つことによって書けます。 私はモードで記事を作成していますので、今後は大見出しを h2にしようと思います(文頭にシャープを2つ打てばいいだけ)。 ただ今後はそれでいいとしても、 過去記事との修正は必要になります。 ちょっと面倒ですが、これから過去記事の修正に取りかかります……。 については下記の記事をご覧ください タグの変更は面倒! でも見出しタグの歯抜けだけは避けたい! という場合 タグの変更が面倒なら、目次の上につける「目次」という見出しだけでも h2にすればいいじゃん! というお話です。 確かにこれにより見出しタグの歯抜けは回避出来ます。 ただ上記記事でも触れていますが、記事中の見出しよりも「目次」という見出しの方が重要度が高くなるという問題があります。 重要度ウンヌンよりもとにかく見出しタグの歯抜けだけは我慢ならない! でもタグの変更は面倒! という場合はこの方法でもいいかもしれません。 しかし繰り返しになりますが、そんなに神経質にならなくても大丈夫な問題かと思います(運営が放置している訳ですから……)。 終わりに、参考にさせて頂いた記事へのリンクを改めて貼っておきます。 私もやっぱり微妙に効果があるような気がします。 私は2015年12月の終わり頃にこのブログの見出しタグの変更を済ませてから別ブログに移転し、2016年になってからはこのブログでは新記事を書いていないのですが、アクセス数にあまり変化はありません(というかむしろ微増しています)。 もともとそんなにアクセス数が多かった訳ではないのでなんともいえませんが、 見出しタグの変更の効果が少しはあったのかな……? という気もします(他は特にいじっていないので……)。 しかしクドイようですが、そこまで神経質になる問題ではないので、無理をしてまで直す必要はないと思います。 dokuwohaku.

次の

はてなブログで検索からのアクセス数を増加させる効果があった方法!!

はてなブログ ハッシュタグ

ブログを書く理由は人によって様々ですが、自分の知識や考え、想いを人に伝えたいという気持ちは、ほとんどの方に共通していると思います。 今回、このブログをより多くの方に知ってもらうために、Twitterと連携してみました。 連携すると、記事の投稿・更新をツイートでお知らせすることが簡単にできるようになります。 Twitter連携のメリットや注意点、設定方法などをまとめましたので、まだ連携されていない方は是非お試しください。 Twitter連携のメリット ブログの更新をTwitterでお知らせすると、次のメリットがあります。 連携設定をしておくと、より簡単・確実にツイートできます。 ブログへのアクセス数アップ• Twitterユーザーさんに自分のブログを知ってもらえる• 「リツイート」で更に多くの人に広めてもらえる可能性あり• フォロワーさんに、記事の投稿・更新情報を確実にお届けできる ブログ継続のモチベーションアップ• 「いいね」をもらえると嬉しい!• リツイートされると、「もっと多くの人に読んでもらえるかも」とワクワクする• 「フォロワーさんの期待に応えられるように頑張ろう!」という気持ちになる 注意点 メリットの多いTwitter連携ですが、設定前に注意すべき点もあります。 プライバシーの問題 Twitterを利用する際、設定や使い方を気をつけないと個人情報や居場所が公開されてしまい、トラブルにつながる可能性があります。 ブログと連携して人目に触れる機会が多くなれば、当然そのリスクも大きくなりますので、事前に設定を見直すことを強くおすすめします。 」ということもあるかもしれません。 ブログ専用のTwitterアカウントを作ると安心 リスクを抑えるためには、ブログ専用のTwitterアカウントを作成し、更新情報を中心にツイートすることもおすすめです。 (当ブログもそうしています) フォロワー数ゼロからのスタートになるので、連携直後のアクセス数アップはあまり望めませんが、気軽に始められます。 Twitterの設定確認(Web版) はてなブログにTwitterを連携する前に、見直しておきたい設定をピックアップしました。 ここでは、TwitterのWeb版を例に説明します。 写真の内容によっては、あなたの顔や、その時いた場所が明らかになってしまいます。 [私を画像にタグ付けすることを許可しない]に変更し、この機能を無効にすることを推奨します。 [位置情報をツイート] 初期設定では、[ツイートに位置情報を追加]は無効になっているため、そのままであれば問題ありません。 有効にすると、ツイート時に位置情報を付加することができてしまいます。 ツイート時に気をつければ大丈夫ですが、自宅の場所などを誤って公開することがないよう、無効を推奨します。 位置情報を既に付加してしまった場合は、[すべての位置情報を削除]から削除可能です。 [見つけやすさ] 知り合いがあなたのメールアドレス・電話番号をTwitterにアップロードしていた場合、初期状態では「友だち」の候補としてお互いが表示されます。 自分のTwitterアカウントが、メールアドレス・電話番号を伝えているすべての人に知られても問題ない場合は有効のままで構いませんが、そうでない場合は無効にします。 [メールアドレスの照合と通知を許可する]、[電話番号の照合と通知を許可する]で個別に設定可能です。 Twitterの初期設定は、ユーザーのプライバシーへの配慮が欠けていると言わざるを得ません。 はてなブログのTwitter連携設定 Twitterの設定確認後、ログアウトせずに「はてなブログ」の管理画面を開きます。 左側の[アカウント設定 ]を開き、[外部サービス連携]を選択します。 [Twitter連携設定]が表示されるので、青色の[有効にする]をクリックします。 [Twitter認証画面にすすむ]をクリックします。 [連携アプリを認証]をクリックすると、はてなブログからツイートできるようになります。 「現在有効です」と表示されれば設定完了です。 ツイート方法 記事を投稿・更新後の画面で[Twitterに投稿]をクリックすると、次の状態になります。 [シェアする]をクリックすると、「はてなブログに投稿しました はてなブログ」という内容でツイートされます。 ハッシュタグの活用 ツイート内容はお好みで変更できます。 この記事は下記の内容でツイートしました。 各ハッシュタグは「 」で始まり、複数の場合はスペースで区切ります。 ハッシュタグがあると、その言葉に興味のある人がツイートを見つけやすくなります。 私はブログ内のカテゴリー、重要なワードをハッシュタグとして追加しています。 また、デフォルトのメッセージは「はてなブログ」が2つあり冗長なので、1つのタグにまとめています。 上記のツイートがどんな風に表示されるかは、Twitterでご確認いただければと思います。 まとめ はてなブログをTwitterに連携すると、ブログをより多くの方に知ってもらうチャンスが増え、自身のモチベーションアップにもつながります。 プライバシーの設定など注意すべき点もありますが、ポイントをおさえた上で上手にご活用いただければと思います。 関連記事 s-hatta.

次の