気 を つけ て 帰っ て ください 英語。 「気をつけて」の敬語表現・目上の人に対して使うときのマナー

お気をつけてお帰りくださいとは?丁寧な敬語や英語や中国語や韓国語も

気 を つけ て 帰っ て ください 英語

伝える相手が取引先・ビジネスパートナーとあるので、そういう方への別れ際のご挨拶は Goodbye. Have a good day. がよいのではと思います。 Take care of yourself! Take good care of yourself! (おからだにお気をつけて!) Take care. もし、遠くへ帰る(国内出張や海外出張)方へ、道中お気をつけてねの気持ちをこめるならば Have a nice trip. や Have a safe trip. もよいでしょう。 「お気をつけてお帰りくださいね」は日本語のさよならの表現なので、無理にこの言い方をしようとせず、「英語での別れ際のあいさつ」を使えばOKですよ。 Have a safe trip back home. 「気をつけて帰ってね」 trip と言うと日本人は「旅行」しか思いつかない方が多いのですが、 「移動」という意味で頻繁に使われます。 (travel も同様) ですので、たとえば東京から(次の駅の)有楽町まででも、 tripやtravel が使えますので、どんなに近くに住んでいても、上記の表現で大丈夫です! また、home は「自宅」の他に「自国」という意味もありますので、 海外から来た方にも使える表現です。 (その場合、このままでもOKですが、trip を flight にしてもいいですね) その他、「体に気をつけてね」でしたら、 質問者様もお使いの Take care. や Take good care of yourself. などがやっぱりよく使われますね。 good は、どこか具合がわるいところがある時によく入れて使われます).

次の

帰り際に「気をつけて帰ってね」と英語で言いたい

気 を つけ て 帰っ て ください 英語

基本は「care」「sure」「safe」 care は「注意」の意味で汎用的に使える表現 care は、日本語で「気にかける」「注意する」を表現する場面に幅広く対応する、基本的で汎用的な表現です。 たいていの場合、 take care 、 carefully、 be careful といった形で用いられます。 take care take care は、「注意する」「気をつける」「気にかける」という意味合いの熟語表現です。 《他動詞+目的語》の組み合わせですが、まとめて1個の自動詞であるかのように扱えます。 take care to do の形にすれば「~するように注意する」、take care that ~ の形にすれば「~を注意する」という趣旨が表現できます。 前置詞 of を続けて take care of の形を取る場合は、多分に「世話をする」「面倒を見る」というニュアンスの表現として用いられます。 気をつける程度を強調したい場合には take good care (十分に気をつける)と表現できます。 Take care! と呼びかける言い方は、別れ際のあいさつ表現の定番でもあります。 Take care you do not break anything. 何も壊さないよう気をつけなさい be careful be careful は、「気をつけてね」という呼びかけ表現としてよく用いられる言い方です。 careful は care に接尾辞 -ful が付いて「care に満ちた」状態を指す形容詞です。 He is careful. というような叙述でも使えますが、命令形で用いることの方が多いでしょう。 Be careful. という呼びかけ表現は、未然に防ぎたい事柄について注意を促すような場面で多く用いられます。 たとえば、事故、失敗、ケガ、あるいは風邪で寝込むような事態などが主に念頭に置かれます。 Pay attention to the difference. 異なる部分に注意して keep your eyes open(よく見て注意しておけ) keep your eyes open を直訳すると、「目を開いておく」となります。 つまり、注意して何かを見ていなさいという意味で使われます。 keep your eyes wide open と言い換えることもできます。 be on the alert(警戒しておけ) be on the alert は、警戒状況にあること、また油断なく準備することを指す言い方です。 少し硬い表現です。 alert には名詞・動詞・形容詞の各用法があります。 名詞としては「警報」「警戒態勢」、動詞では「警報を発する」「警告する」、形容詞としては「油断のない」「警戒している」といった意味合いが中心です。

次の

お気をつけてお帰りくださいの敬語表現|上司や目上の人に伝える場合

気 を つけ て 帰っ て ください 英語

敬語の役割は、日本語の場合は相手を敬ったりへりくだったりする際に用います。 つまり自分と相手の立場や気持ちで表現の仕方が変化します。 英語は単語、中国語は漢字を並べているだけ、苦手な方にはすべてがタメ口のように見えますが、英語にも中国語にも当然敬語は存在します。 ビジネスシーンで海外からの大切なお客様に対し、日常会話程度の英語や中国語を使用していたら、場合によっては失礼な言い回しでお客様に不快な思いをさせるかもしれません。 また、言葉はその国や風土によって変化してきました。 日本語では丁寧で気の利いた表現だと思っても、実は他の国の方にしてみると失礼極まりない表現かもしれません。 言葉の使い方はその国の使い方をしっかり理解した上で使うと、海外のお客様に対して失礼のない対応ができます。 「道中お気をつけて」という言葉から考えてみよう 例として「道中お気をつけて」という言葉から考えていきましょう。 日本語の場合だと旅行などに行く前送り出す際に使われる言葉です。 これを英語で直訳すると「To be careful along the way.」中国語は「照顧? 的方式」となります。 確かにこのような表現も悪くはありません。 丁寧な敬語であることは間違いありません。 少しフレンドリーに言うなら英語では「Have a nice trip.」や「Have a safe trip.」、中国語では「路上小心」や「? 慢心」といったニュアンスでもいいでしょう。 「道中お気をつけてお越し下さい」の英語・中国語 丁寧な日本語の言い回しで「道中お気をつけてお越し下さい」として見てみましょう。 英語だと「Please come and be careful along the way.」とかなり丁寧な尊敬語になります。 中国語では「請照顧? 的方式」や「祝? 一路平安」です。 色々なフレーズがあります。 英語や中国語の場合、相手の気持ちを考えながら使い分けると不快な思いをさせることがないかもしれません。 「道中お気をつけてお帰りください」の英語・中国語 では、お帰りになられる際はどのようになるのでしょう。 「道中お気をつけてお帰りください」日本語の敬語では失礼のない言い回しです。 英語の敬語では「please welcome back to take care along the way.」こちらもかなり丁寧な尊敬語です。 中国語の場合「請注意? 的方式」丁寧というか「注意して」という感じになるかもしれません。 相手に失礼のない程度の言い回しはどうなるのでしょう。 「Have a safe trip back」や「一路平安」これでも十分丁寧な言い回しになります。 英語や中国語の敬語の使い方を覚えてみては 海外からのお客様は、旅行でお越しになられた方も、ビジネスパートナーであっても、日本のおもてなしの心を楽しみに来日されます。 日常的な英会話や中国語を覚えるのは基本ですが、それだけでは失礼な言葉遣いで相手に不快な思いをさせないと言い切れません。 それを予防するにはもうワンステップ踏み込んで、英語や中国語の敬語の使い方を覚えなければなりません。 この他にも英語も中国語も、シーンに応じた使い方がたくさんあるのです。 それを使いこなせるようになれば、日本のおもてなしの心が伝わりビジネスも成功に導けるかもしれません。 ワンランク上の英語や中国語を上手に使い分けて 言葉は相手に何かを伝える手段にすぎません。 必要なことを連絡したり、気持ちを伝えたり、使う場面はそれぞれです。 ただそれを使うお相手様が対等であるなら日常会話でいいでしょう。 大切なお客様に普通のタメ口を聞いたらどうなるでしょう。 目上の人に対して日本語では尊敬語を使います。 日本へ海外からいらっしゃるお客様は年々増加しています。 公用語である英語や隣の国の中国語が「使えない」では通用しません。 グローバル社会はハイスピードで進んでいます。 自分自身のスキルアップするチャンスです。 ワンランク上の英語や中国語を上手に使い分けて、周囲と差をつけてみてはいかがでしょうか?あなた様にとって大きなビジネスチャンスが訪れるかもしれません。 日常会話の中に敬語を一言二言使うだけで、海外の言葉はは大変丁寧な言い回しに変化するのです。 一度試してみませんか?• 関連する記事• 2017. 14 社会人としての身に付けておかなくてはいけないビジネスマナーの一つに言葉遣いがあります。 ビジネスにおける言葉遣いは自分自身の常識はもちろんのこと、話す相[…]• 2017. 19 社外の人には、お礼状や暑中・寒中見舞い、休業のお知らせや転勤のあいさつ等々。 社内の人には、社内行事の案内や給与明細など。 ビジネスシーンにおいて、文書を[…]• 2018. 22 社会人として仕事をする上で身に付けておかなくてはいけないことの一つにビジネスマナーがあります。 ビジネスマナーは態度はもちろんのこと、言[…]• 2018. 15 ビジネスの現場では、仕事上のやり取りからメールの送受信などで敬語を使う機会が多々あります。 敬語には複数の種類がありますが、ビジネスの現[…]• 2017. 13 会社に勤めていると社内外で様々なイベントや催し物が開催されたり、取引先の相手との交流や飲み会などに誘われる場合があります。 このような場[…].

次の