突発 性 難聴 めまい。 突発性難聴

なるべく早く病院へ!突発性難聴でめまいが起こる原因と対処法

突発 性 難聴 めまい

もっと見る 突然起こるめまいは、『突発性難聴』の恐れがあります。 いろいろな場面で起こり得る『めまい』ですが、「大したことない」と放っておくと、聴力を失うことさえあります。 こちらの記事では、突発性難聴がどんな病気か、なぜめまいが生じるのかについて解説します。 突発性難聴とは 1. どんな病気? 『突発性難聴』は、 突然耳が聞こえなくなる、または聞こえにくくなる病気です。 ストレスやウイルス感染など…突発性難聴にかかる要因 突発性難聴の原因は未だ解明されていません。 しかし、要因としては『過度なストレス』や『服用している薬』、『ウイルス感染』、『血行不良によって栄養が届かない』こと、などが考えられます。 また、そのほか『頭部の外傷』や飛行機に乗ったときなどに起こる、耳の奥の部位『内耳の気圧変化』によっても起こるリスクがあります。 これらの要因で、音を脳に伝える神経に障害が起き、聞こえが悪くなります。 40~60代に多いが、子供もかかる 特に40~60代に多くみられますが、稀に子供がかかることもあります。 突発性難聴の症状 難聴や耳鳴り、耳がつまったような感じなど 突発性難聴は、通常片方の耳に起こりますが、稀に両耳に発症することもあります。 『難聴』の症状は、発症から数分~3時間以内の短期間で進行していきます。 難聴の症状が出る前の前兆として、『耳鳴り』が起こることも多く、これによって耳の異変に気づく人も多くいます。 そのほか、『耳が詰まったような感じ』や『吐き気』、『嘔吐』などを感じる人もいます。 めまいの程度は人によってさまざま 『めまい』の症状を感じることもありますが、その程度は人によってさまざまです。 ふわふわと雲の上を歩いているような感じがしたり、ぐるぐると景色が回っているように感じたりします。 めまいは数分でおさまることもあれば、数日にわたって続くこともあります。 突発性難聴にかかった3割の人がめまいを感じます。 症状は一過性で、繰り返すことはない 突発性難聴による症状は一過性です。 改善と悪化を繰り返したり、再発したりすることは通常ありません。 ただし、その後の聴力の回復が難しいケースもあります。 なぜ突発性難聴でめまいが起こるの? 突発性難聴は、耳の最も奥にある『内耳』に何らかの障害が起こることで発症します。 その内耳には、平衡感覚をつかさどる『三半規管』という部位があります。 突発性難聴によって、 三半規管が、正常に働かなくなり、平衡感覚に支障をきたすことで、めまいが生じます。 めまいを伴う突発性難聴の対処法 1. なるべく早く耳鼻咽喉科を受診! 突発性難聴にかかったら、『耳鼻咽喉科』を受診しましょう。 突発性難聴は、 治療を早く始めることが非常に大切です。 放っておくと聴力を失うこともあります。 症状に気が付いたら、すぐに医療機関を受診しましょう。 検査方法 まずは、難聴やめまいの原因を調べます。 問診とともに、外耳道や鼓膜に異常がないかを診ます。 また、血液検査によって、ウイルスなどに感染していないかを調べます。 聴力検査もおこない、その結果によって、CT検査やMRI検査、平衡感覚検査などの精密検査を実施します。 治療法と完治の可能性 突発性難聴は、先に解説したように原因が解明されていないため、確実な治療法はありません。 安静にし、ストレスや疲労の解消につとめる 安静にすることが大切です。 突発性難聴の要因といわれる、ストレスや疲労、睡眠不足などの解消につとめます。 ステロイド剤や血管拡張剤を用いた治療 それに加えて、炎症を抑える『ステロイド剤』や、末梢神経を正常に働かせる『ビタミンB12製剤』、血流障害を改善する『血管拡張剤』など、症状をみながら、薬を用いて治療します。 症状によっては、入院して安静を保ちながら治療することもあります。 遅くとも症状があらわれてから2週間以内には、治療を開始する必要があります。 そのほかの人には、聞こえづらさや耳鳴りなど、何らかの後遺症が残ります。 まとめ めまいの症状があったら、できるだけ早く病院へ 突発性難聴は、誰にでも起こりうる病気です。 めまいが起きたからといって、必ずしも突発性難聴ではありません。 しかし、症状があったらできるだけ早く病院へ行くことが大切です。 たった1回のめまいでも、病気が潜むサインかもしれません。 そのほかの病気の可能性も! 突発性難聴であれば、治療を始めるのは早ければ早いほど良いです。 また、『メニエール病』や『聴神経腫瘍』など、他にもめまいを起こす病気があります。 めまいの原因をつき止めるためにも、異常を感じたら医療機関を受診しましょう。

次の

めまいと突発性難聴

突発 性 難聴 めまい

突発性難聴の症状 突発性難聴とは、名前の通り突然に発症する難聴症状です。 「耳が聞こえない」「耳が詰まった感じがする」といった症状のほか、耳鳴りやめまい・吐き気伴うこともあります。 高度の難聴であることが多く、発病時にはハッキリと難聴が起きたという自覚があるのが特徴です。 突発性難聴は通常、片耳だけに起こるもの(一側性難聴)であり、誰にでも起こり得る病気です。 治療が遅れるほど難聴が治りにくくなり、悪化すると栓をしたように耳が詰まった感じになり、聴力の改善が期待できなくなります。 突発性難聴の原因とストレス 突発性難聴の原因は未だ明確にされていませんが、ウイルス感染や内耳循環障害、ストレスが原因ではないかと考えられています。 特に、ストレスや疲労を感じている時に難聴が起こったという人は多く、発症の引き金になっていることが指摘されています。 ストレスによって体内に潜伏したウイルスが活性化したり、自律神経が乱れて内耳循環障害につながる可能性もあることから、日頃のストレスケアが重要になってきます。 突発性難聴の対処法 突発性難聴は治療開始のタイミングによって予後が大きく変わってきます。 耳が聞こえない、耳が詰まった感じがするといった明確な症状があるため、異常を感じた場合には、症状を固定化させないよう出来る限り早く治療を受けることが大切です。 「数日以内に治療を開始すれば回復の見込みがあり、2週間以上放置すると治りにくくなる」といわれることが多いですが、後遺症を残さないためにも、できれば48時間をタイムリミットと考えて危機感を持つべきです。 耳鼻咽喉科等で突発性難聴と診断された場合には、副腎皮質ステロイド薬ビタミン剤、循環改善薬などを使用した薬物療法が行われるのが一般的です。 予防においては、誘因となるストレスを溜めないことや、耳に負担のかかる大きな音を避けること、食生活の改善、十分な睡眠時間の確保などが重要になります。 難病認定と後遺症 突然始まった難聴の治療が遅れて症状が固定化した場合には、突発性難聴として難病の認定を受けることがあります。 また、自治体等の定める特定疾患に突発性難聴が指定されていれば、助成金を受け取ることができる可能性があるため、チェックしてみると良いでしょう。 突発性難聴が完治しない場合、聴力の低下や耳鳴り等の後遺症が残ることがあります。 こうした後遺症を残さないためにも、難聴の症状が現れた時には、少しでも早く耳鼻咽喉科を受診することが大切です。 まとめ 今回は、突発性難聴の症状と原因、ストレスとの関係についてご紹介しました。 ウイルス感染や内耳循環障害、ストレス等が原因とされる突発性難聴は、治療が遅れると聴力が回復しないこともある怖い病気です。 突然耳が聞こえない、耳が詰まった感じがするといった場合には、早期に医師の診察を受けるよう心がけましょう。

次の

突発性難聴と「めまい」について

突発 性 難聴 めまい

をご存知ですか?ある日突然に耳の聞こえが悪くなる原因不明の病気です。 わたしは、3年前にを初めて患いました。 んで、2回再発しました。 自分の体験と、編み出した対処法をまとめます。 同じような症状の方のお役に立てれば幸いです。 を発症したらどうなるの? を発症すると、どんな感じ? 最初に発症したときは「これがだ!」とは分からないと思います。 わたしの場合は、残業中いきなり物音が大きく聞こえるようになりました。 普段だったら気にならない電話の音や、人の話し声が頭の中でグワングワン響く感じ。 その日は22時くらいに帰宅しました。 一晩寝ても治らず、翌朝も全く同じ状態。 仕事が忙しかったけど、午前休を貰って病院へ。 病院に行く途中も、電車のアナウンスやクルマの音が耳に突き刺さるようで辛かったです。 の診断はどうするの? 耳鼻科で聴力検査をしました。 電話ボックスみたいな箱に入って、ヘッドホンを付けて、音が聞こえたらボタンを押すヤツ。 健康診断でやったことあると思います。 検査の結果、右耳が低音を聞き取れない状態になっていました。 後から知ったのですが、この症状は48時間以内に治療を受けないと、症状が固定化してしまう可能性が高いそうです。 頑張れば仕事に行ける状態だったので、悩みましたが、あのとき病院に行ってよかった。 耳の聞こかしいときは、すぐに病院を受診して下さいね! の治療方法と期間は? は原因不明の病気です。 とにかく休むしかないと、お医者さんに言われました。 めまいがひどい場合は入院するケースもあるそう。 わたしは病院で診断書を貰い、仕事を2週間休んでクスリで治療しました。 処方されたのは、メとアデスコホーワです。 音が怖いので、最初の10日は家で過ごしました。 バンザイです。 食べ物はネットスーパーで買っていました。 この期間は何も考えない方がいいかなと思い、神経を集中する読書はやめていました。 ネット動画も音がダメなので見ませんでした。 画集を眺めたり、時間がかかる料理を作ったりしたくらい。 10日後に耳が少し詰まっている感じまで症状が落ち着いたので、外出するようになりました。 不思議だったのが、近所のでお湯にしばらく浸かっていると、「シポン!」って右耳が抜けるような音がしたんです。 その後、耳の聞こえが正常になりました。 温泉で完全にカラダがリラックスしたからかな?と思っています。 を再発するとどうなるの? を再発すると、どんな感じ? 初回の発症から半年くらい経ったある日、また頭の中で音がグワングワン響くようになりました。 迷わず病院へ行き、聴力検査してもらいました。 初回ほどではないけど、また右耳で低音が聞こえにくくなっているとのこと。 再発したの治療はどうするの? 診断書が出るほどの症状ではなかったので、この時はクスリだけもらいました。 クスリの種類は前と同じでした。 前回の経験を踏まえて、以下の3つを実施することで、耳の聞こえは軽快しました。 3日間は家にこもって何もしない(有休を使いました。。。 もPCも一切見ない• お風呂にゆっくりつかる 仕上げにでお湯に浸、完全回復しました。 、まじスーパーです。 この後、3度目の発症を経験しましたが、同じ手順で回復しました。 を繰り返さないためには? を繰り返さないためにしていること 体質か・生活に問題があるのかなぁと思って以下のことに気をつけて過ごしています。 そのおかげか、2回目の再発時は症状が軽かったです。 それ以降は2年ほど症状が起きていません。 連続3日間何もしない日を強制的に作る 3ヶ月に1回は「何もしない日」を連続3日間作るようにしています。 この期間は徹底的に何もしません。 具体的には、おひとり様OKの温泉宿にこもって、メシ・フロ・ネルに専念します。 もPCも見ずに、完全にデジタルします。 血行を良くする 病院でもらったクスリの効能に「血流を良くする」とあったので、血の巡りが悪いのかなと思いました。 そこで週2回はジムで運動したり、駅で階段を使ったり、お手洗いで軽くストレッチをしたり、血行を良くすることを心掛けています。 自分が疲れに気づきにくいことを知る は自分が気づかないうちに、カラダが疲労のピークに達しており、それが症状としてあらわれたんだと考えています。 自分は疲れに気づきにくい人間だということです。 そのため、常に耳栓は持ち歩いています。 東京ってうるさいんですよね。 電車のアナウンスとか。 映画館の音はわたしには大きすぎるので、映画を見るときも耳栓をしています。 ストレスを感じる人から距離を置く 人間関係が一番のストレスになります。 一緒にいてイヤだな・疲れるなと思う人とは、かかわりらないようにしています。 仕事なら、その人と絡まなくていいように最大限の努力をする。 挨拶と仕事の話以外はしない。 プライベートなら一切連絡を絶ちます。 まとめ• かな?と思ったら、全てを放棄してすぐ病院へ行く!• 症状が治まるまで、とにかくリラックス!• 温泉は効果アリ!• 普段からストレスを溜めない仕組みを作っておく! ざくっとまとめると、こんなところですかね。 1が特に重要です!仕事なんかしちゃダメ。 体調が悪い時は自分を一番大事にしましょう!.

次の