消費者金融 ニート。 消費者金融を利用する理由と、多重債務という借金者の末路

無職で収入が無いと消費者金融・カードローンで借金は不可能です

消費者金融 ニート

皆さんは、ブラックという言葉を知っていますか? ブラックというのは金融用語では、あまり良くない意味で使われることが多いです。 ブラックは、カードローンやクレジットカードの返済の延滞を繰り返したり、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をしたりした記録が、CICやJICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)などの信用情報機関に記録として載ってしまった人たちを指します。 ブラックと認定されると、新たなローンを組んだり、クレジットカードをつくったりすることが難しくなります。 ちなみに、実際には、ブラックリストというものはありません。 ですが、信用情報機関にこのようなローン延滞や債務整理の記録が載ることを俗にブラックリストに載るというように表現されることもあります。 そのため、借り入れを検討している方の中には『ブラック』や『ブラックリスト』という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんなブラックに分類された人が、再度、お金を借りたいと考えたとき、果たして、消費者金融や銀行のカードローンは利用が可能なのか、ということを解説していきたいかと思います。 Contents• ブラックだとローンが組めない、クレカ(クレジットカード)が作れないなど不便がいっぱい まずは、現在、カードローンやクレジットカードを利用中だけれど、 延滞しそう…… 返済が遅れちゃってもいいや…… と軽く考えている方のために、ブラックであることのデメリットについて解説しますね。 ブラックであることの一番のデメリットは、やはり、ローンが組めない、組みにくくなるということが挙げられます。 一度、信用情報機関にブラックとして記録されてしまうと(『異動』情報が登録されるといいます)、マイカーローン(自動車ローン)、住宅ローン、カードローン、教育ローンなど審査がすごく通りくくなります。 これらの審査が通らなくなってしまうと、どうしても生活のために自動車が必要だったり、家が壊れてしまってリフォームをする必要があったりする場合も、そのための必要資金を借りることができなくなってしまうので、非常に不便な思いをすることになります。 急な出費で生活費がない、という場合も、消費者金融や銀行のローンをアテにすることができなくなるので、それ以外の手段でお金を調達することになるでしょう。 ローンが組めないと、金策が大変になってしまうので、出来る限り、現在借りているカードローンの返済やクレジットカードの支払いは延滞しない方が無難です。 また、ブラックであることのデメリットは他にもあります。 ひとたびブラックになってしまうと、クレジットカードが使えなくなる、作れなくなるという不便も生じてくるんですよね。 クレジットカードといえば、インターネットでショッピングをしたり、街で買い物や食事をしたりするときに重宝している方もいらっしゃると思います。 もし、クレジットカードが利用できなくなれば、インターネットでショッピングをする際もお金は代引き(代金引換)となりますから、現金を用意して自宅にいなければ商品を受け取ることもできなくなりますし、街で買い物や食事をするときも、大きな買い物をするときにも現金を財布に入れて持ち歩かなければならず不便であると同時に防犯にも良いとは言えなくなるでしょう。 少し長くなってしまったので、まとめるとブラックであることで生じるデメリットは以下のようになります。 ・ローンが組めなくなる ・クレジットカードが作れなくなる ブラックでも借りれる消費者金融・銀行はあるのでしょうか? 一度ブラックになった人が、消費者金融や銀行からお金を借りれるのか、という質問ですが、これについては結論から言えば難しいです。 ただし、信用情報機関のブラックリストに載ってしまった人が、生きている間は永久にローンやクレジットカードを利用できなくなるのかと聞かれればそうではありません。 ブラックリストに載ってしまったとしても、その記録がCICやJICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)のような信用情報機関に載っている期間は限られています。 たとえば、カードローンの支払いの延滞やクレジットカードの支払いの滞納の記録は、延滞・滞納が解消されてから5年間が経過すれば、信用情報機関から記録が消えるんです。 なので、過去に延滞や滞納をしてしまったことがあっても、未払いを解消して5年以上の月日が経過していれば、新たにカードローンやクレジットカードの審査に通る可能性もあります。 それは、任意整理や個人再生、自己破産によってブラックとなってしまった債務整理ブラック方でも同様です。 任意整理の場合は最長5年ですし、個人再生や自己破産の場合は最長5年~10年です。 なので、債務整理の経験が過去にあったとしても、相応の年月が経過していればローン審査に通過する可能性は十分にあると言えるでしょう。 ちなみに、ブラックの方で、もっとも信用情報機関に記録が載っている期間が短いものは『多重申込みブラック』と呼ばれるブラックです。 多重申込みブラックは、複数の金融機関に同時にいくつも申込みをすることで認定されることになりますので、カードローンを利用しようとしている方は、多重申込みブラックとならないために、一つ一つ順番に申込みをしていくようにしましょう。 多重申込みブラックが信用情報機関に記録が載り続ける期間は半年ほどです。 なので、自分が多重申込みブラックであるという心当たりがある方は、半年が経過するを待ってからローンの申込みをしてみれば良いかと思います。 ちなみにですが、ブラックはカードローンの審査に通るのか、ということを気にされている方の中には、自分がブラックだと勘違いしているケースも稀にですがあります。 カードローンやクレジットカードは、一度延滞したからといって即座にブラックリストに登録されるわけではありません。 信用情報機関であるCIC、JICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)の場合、返済日から61日以上、あるいは3カ月以上の支払い遅延があったときに、金融事故として取り扱いますので、過去に一度だけ、延滞があったという方の場合は、ブラックと認定されている可能性は低いですので、ローン審査の申込みをしてみる価値はあると言えるでしょう。 申込み前に自分の属性がブラックであるかを確認する もし、自分が信用情報機関のブラックリストに載っているかどうかを確認したいという方はそれを調べる方法があります。 調べる方法は簡単で、信用情報機関に直接問い合わせれば良いのです。 信用情報機関に自分の信用情報を開示を求める場合、PC、スマートフォン、携帯電話や郵送、窓口で手続きをすることができるので、自分がブラックかどうかを調べたい方は、こちらを利用してみるのが良いかと思います。 ただし、信用情報機関に信用情報の開示を求める場合、CIC、JICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)(KSC)の全てに問い合わせることが必須となります。 なぜ、CIC、JICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)(KSC)すべてに情報開示の手続きをしなければいけないのかというと、これは、全銀協では自分の延滞情報などが載っていなかったとしても、CICやJICCには記録が残っているという可能性もありうるからです。 CIC、JICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)(KSC)がそれぞれ独立した信用情報機関である以上、それぞれ自分の借り入れ情報のデータが掲載されている期間は違うはずのですので、きちんとすべての信用情報機関に開示手続きをしておく必要があります。 ちなみにですが、CIC、JICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)(KSC)に自分の信用情報の開示手続きをする場合、各信用情報機関ごとに1,000円ほどかかることになります。 なので、自分がブラックかどうかを知るためには3,000円くらいの費用がいると考えておいた方が良いでしょう。 ブラックだから絶対にカードローン審査に通らないというわけではない 金融事故情報が信用情報機関に登録されており、ブラックと認定されていることは、確かにカードローンやクレジットカードの審査を受ける上で大きなマイナスにはなりますが、ブラックだからといって絶対にローン審査に通過しないわけではありません。 『ブラック』という情報は、ローン審査における審査基準のあくまで一つです。 仮りに過去にローンの支払いの延滞やクレジットカードの支払いの滞納があったとしても、それが解消されており、それ以降は長い期間を一度も延滞や滞納をせずにローンの支払いを行っていれば、消費者金融や銀行の担当者は「この人にお金を貸しても、おそらく返済の遅延はないだろう」と判断してもらえ、結果、ローン審査に通る場合もあります。 なので、 ブラックだから絶対にカードローンは使えない! ブラックはクレジットカードなんて使えるわけがない! このような思い込みをして、カードローンやクレジットカードの審査を受けないというのも勿体ないような気がします。 もし、クレジットカードが利用できなかったとしても、VISA付きのデビットカードならブラックの方でも審査なしで利用ができますから、インターネットショッピングで使うことも可能です。 また、自動車のETCカードも、ETCパーソナルカードというクレジットカード機能なしのカードなら、ブラックの方でも持つことが可能です。 なので、ブラックだからといって快適な生活が送れない、不便なことばかりでもないんですよね。 ブラックの借り入れについてここまで語ってきましたが「ブラックではないけれど、収入を持たない無職です」という方は、ローンカードを利用することはできるのでしょうか。 結論から言えば、無職でも専業主婦(主夫)の方であればカードローンを利用することができます。 消費者金融のカードローンは、貸金業法上の総量規制という決まりのため、収入を持たない無職の方は借り入れすることができませんが、銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外となりますので、無職でも借り入れをすることが可能なんです。 ただし、銀行カードローンを利用する場合、専業主婦(主夫)であり、配偶者の方が安定した収入を持っていることが条件となります。 配偶者がお仕事に就いていて、毎月きちんと継続的にお給料を貰っている方、あるいは稼いでいる方であれば、無職で定職を持たない専業主婦(主夫)の方でも銀行カードローンの審査に通る可能性がありますから、お金にお困りの際は、銀行カードローンを頼ってみるのもアリです。 ちなみに、最近の銀行カードローンは、非常に低金利であり、審査スピードも最短即日融資が可能なものが増えてきており、利便性が高いものが多いです。 特に、メガバンクだけでなく、地方銀行のカードローンも、全国から申込みが可能であったり、メガバンクのカードローンと比較して何ら遜色のないものが増えてきていますので、地方にお住まいの方も気軽かつお得に借り入れがをすることができますよ。 収入の安定しない自営業(個人事業主)はお金を貸してもらえるのか 消費者金融・銀行のカードローンは安定した収入があることが条件となりますが、それに正確に該当する方は、原則として不景気でもクビになったりリストラされたりする恐れがない公務員や、資本力のある大企業に勤める正社員、あるいは銀行員くらいになるはずですね。 大企業だって、景気が悪ければリストラされる恐れもありますし、中小企業ならば猶更です。 しかしながら、大企業と比較すると自営業(個人事業主)の方やフリーランスの方はさらに収入が安定していないと言えるでしょう。 自営業(個人事業主)やフリーランスの方の場合、たくさん稼ぐ人は稼いでいますが、やはり、時期によって収入の上がり下がりが激しいので、200万円が懐に入ってくる月もあれば、10万円しか儲けがないという月もありますよね。 このような場合、消費者金融や銀行カードローンの審査に通過することはできるのでしょうか。 結論から言えば、大手消費者金融のカードローンならば、アコムもSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスも、アイフルもSMBCモビットも、自営業(個人事業主)の方でも審査に通る可能性があります。 また、一部の銀行カードローンも自営業(個人事業主)でも審査が通ることが多数報告されています。 ただし、収入が安定しない場合は、借入限度額が少なくなるなどして金融機関側も貸し倒れのリスクを防ぐことになるので、希望限度額いっぱい借りることができないということも考えられるでしょう。 どうしても、限度額いっぱい借りたいのでしたら、ローンの返済実績を積んで増額(増枠)をしてもらったり、一社だけでなく複数社の借り入れを行ったりする必要がありそうですね。 とはいえ、自営業(個人事業主)も困ったときには消費者金融・銀行のカードローン審査に通過する可能性は十分にありますので、こちらを利用してお金を借りるというのは十分有効なのではないかと思います。 消費者金融や銀行カードローンを利用できるのは自営業(個人事業主)の方だけではありません。 たとえば、水商売である飲食店の個人経営や俳優、スポーツ選手、作家、キャバクラ嬢や風俗嬢、ホストの方などが借りることができたという報告もありますので、お困りの方はカードローンの利用を検討してみるのも良いでしょう。 大手の審査に落ちたから中小・中堅消費者金融やサラリーマン金融(サラ金・街金)で借りるのはリスク? 大手の消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちたからといって、中小・中堅の消費者金融やサラリーマン金融(サラ金・街金)からお金を借りることを考えている方もいらっしゃるかと思います。 しかしながら、結論を言ってしまうと、良く知りもしない、あるいは知名度が低いサラリーマン金融(サラ金・街金)にローンの申込みをするのはあまり得策とは言えません。 なぜなら、知名度が低いサラリーマン金融には、しばしば、闇金融が紛れていることがあるからです。 闇金融と呼ばれる悪質な業者からお金を借りてしまうと、違法かつ常識外の金利で取り立てをされて、借りた金額の数倍以上のお金を奪われたり、お金だけでなく家や土地まで取り上げられてしまう恐れもあります。 闇金融からうっかりお金を借りてしまったばかりに借金苦、借金地獄で家族そろって心中してしまった、というような悲惨な事件もあるくらいですから、軽い気持ちで良く知らないサラリーマン金融からキャッシングをするのは避けた方が絶対に良いかと思います。 闇金融は、『ブラック歓迎』、『多重債務借り入れ可能』、『無職OK』など、お金に困っている人たちにとって魅力的に聞こえるキャッチフレーズで融資の勧誘をしてきますので、これらの怪しい広告や勧誘を見かけたら、くれぐれも絶対に借り入れの申込みをしないでくださいね。

次の

無職やニートはお金を借りることができない?失業中の無職やニートでも安全にお金を借りる手段を紹介!|マネスピ

消費者金融 ニート

しかし、無職になる前、仕事をしていた頃に作成した消費者金融のカードであれば、本当はいけないのですが、お金を借りることはとりあえずできます。 会社を辞める前に消費者金融に借入を申し込んでおくのが、正しい無職生活、正しいニート生活のはじめ方とも言えるかもしれません。 このあたりも「ご利用は計画的に」といったところです。 とはいえ、心ならずも無職になってしまったという方もいるでしょう。 転職活動をするために一時的に無職になっている方もいると思います。 また、今は無職でニートだけど、きちんと就職して仕事をしたい。 そのための就職活動資金が必要だ。 そんな方もいるかもしれません。 そのような方は、もしクレジットカードを持っていれば、クレジットカードのショッピング枠を現金化するクレジットカード現金化という手法でお金を借りることは可能です。 このクレジットカード現金化、現状では明確に取り締まる法律はなく、違法行為というわけではありませんが、カード会社がこのような利用を非常に嫌っています。 そのためクレジットカードの利用を停止されるリスクもありますが、それを承知の上で利用するようにしてください。

次の

無職で収入が無いと消費者金融・カードローンで借金は不可能です

消費者金融 ニート

「失業してしまってもう何ヶ月も収入がない... でもお金が今すぐ必要... 」 「家族に生活の面倒を見てもらっているけど、どうしても今すぐ欲しいものができてしまった。 どこかからお金を借りることはできないかな... 」 生活をしていくためにはお金が必ず必要ですから、現在はニート(無職の人)であってもなんらかの形でお金を用意しなければならない状況に追い込まれることは少なくありません。 どうしても困ったときにはお金を借りてくることが考えられますが、問題は「どこから借りるか」です。 結論から言うと、現在ニートの人が銀行や消費者金融といった金融機関でお金を借りることは非常に難しい(実質的には不可能)です。 家族などからお金を借りることができるのであれば、恥をしのんで頼んでみるのも一つの選択肢といえます。 それでは、そのような人(家族)がいないときにはどうすればいいのか? ここでは現在ニートの人がお金を用意するための方法について考えてみましょう。 とにかくアルバイトでも良いので無収入の状況を変えよう! 銀行や消費者金融などの金融機関のカードローンで場合、現在勤務先などから毎月定期的に収入を得ているかどうかが必ず審査されます。 具体的には、勤務先として金融機関に申告した勤務先の電話番号などに在籍確認などの形で電話をかける手続きが行われるのが普通です。 そのため、現在ニートの人が銀行や消費者金融のカードローンでお金借りることは実質的に難しいと言わざるを得ません。 ただし、例えば短期アルバイトなどの形であっても、毎月収入を得ている人であれば金融機関は貸付の審査に通してくれ、があります。 現在ニートだけれど... という方は、何らかの形で職業を持ち、その上で金融機関に融資を申し込みしてみるのが現実的な選択肢と言えるでしょう(ただし、その場合も勤続期間の短さから審査に通らないということはあります) <参考>: 派遣登録だけでもお金は借りられる? 派遣会社などに登録だけしていて、実際にはまだ派遣先での仕事は決まっていない... という状況の場合にはカードローン等でお金を借りることは難しいです。 派遣元ではなく派遣先へのが行われるほか、年収を証明する書類で審査落ちとなってしまう可能性が高いためです。 金融機関のカードローンでお金を借りるためには、実際に仕事をしていて、収入を得ていることが条件となります。 クレジットカードを持っているなら もし現在、あなたがクレジットカードを持っているのであれば、そのクレジットカードのキャッシング機能を使えないかどうか試してみましょう。 キャッシング機能というのは海外旅行などでよく使う現金引き出しの機能のことですが、クレジットカードの利用枠が残っている場合に利用できる可能性があります。 ただし、キャッシング機能が付与されていないクレジットカードもありますし、現在はキャッシング機能のついていないクレジットカード(ショッピングにしか使えないクレジットカード)に改めてキャッシング機能をつけるためには、年収の証明書などの提出を求められる可能性もあります。 ショッピング枠の現金化 クレジットカードのショッピング枠が残っている場合、そのショッピング枠で買い物をし、商品を指定された届け先に郵送する代わりに現金を振り込んでくれる「ショッピング枠の現金化」というサービスが存在しています。 ショッピング枠の現金化は違法とは言えませんが、クレジットカード会社の規約(契約)では禁止されているのが普通です。 もしクレジットカード会社にショッピング枠現金化の利用がバレてしまったような場合にはクレジットカードの利用停止のほか、ブラックリストへの登録(金融機関でローンを組んだりクレジットカードをつくることが一定期間できなくなる措置)が行われる可能性があります。 また、もし自己破産などの債務整理を行いたい時にも、ショッピング枠現金化の事実がわかると自己破産が認められないという可能性もあります。 このようにクレジットカードショッピング枠の現金化はリスクの高い方法ですから、おすすめしません。 実際にお金を借りる時にはどんな手続きがある? アルバイトなどの形で職業についている状態になってから、改めて金融機関の貸付を利用する場合には以下のような手続きが必要になります。 まず、銀行や消費者金融などのネットの公式ページからカードローンの審査の申し込みをします。 その後、金融機関の担当者から電話やメールで連絡が来ますから、指示に従って年収を証明する書類(源泉徴収票や給与明細数ヶ月分など)や、本人確認の書類を提出します。 この時点で問題がなければ、金融機関の担当者があなたが実際に申告した勤務先に在籍しているかどうか、電話などの形で確認が入ります。 もちろん、金融機関の担当者は「消費者金融のものですが」などと名乗ることはなく、「友人のものですが」「以前お仕事でお世話になったものですが」などといった形で連絡をしてくれます。 在籍確認も問題なければ、銀行振込などの形でお金を借りることが可能になります。 勤務先や家族に内緒で借りられる? お金を借りていることを家族や勤務先には内緒にしておきたい... という方も少なくないかもしれません。 結論から言うと、家族と同居している人であっても家族に内緒でお金を借りることは可能です。 連絡先は自分の携帯電話にしておけば問題ありませんし、借入のための手続きはインターネットや駅前に設置されている無人機(ATMのような機械で、人と対面することなく借入の手続きをすることができます)でも行えます。 カードの発行もこの無人機経由で受け取れば問題ありませんし、金融機関からは延滞などがない限りは書面で連絡が来るようなことはありません。 毎月の返済が遅れない限り、家族にバレずに金融機関からお金を借りることは難しくないと言えます。 現在、返せる見込みのない借金を負っているなら 借金がたくさんあって、その返済をするためにお金が必要... という状況の方もおられるかもしれません。 失業状態(ニート)で生活して行くのも苦しいのに、さらに金融機関から過去に借りたお金を返さなくてはならない... というのは非常に苦しい状況ですよね。 もしどうしてもお金を返せる見込みがない... というような場合には最後の手段として自己破産などの「債務整理」の方法があります。 債務整理は債権者側と交渉したり、裁判所を通して手続きをしたりすることによって合法的に借金の支払い義務を免除してもらえる方法です。 債務整理は弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼することで手続きを行うことができますから、現在「ニートで収入もない、それなのに借金がある... 」という状況の方は選択肢の一つに入れてみると良いかもしれません。 (ただし、債務整理を行うと金融機関のブラックリストに登録されて数年間はローンが利用できなくなるなどのデメリットもありますから、慎重に判断するようにしてください) ニートがお金を借りる方法「まとめ」 今回は、現在はニートで収入がないけれど、どうしてもお金が必要... という人向けにお金を借りるための方法について解説させていただきました。 結論的には、本文でも説明させていただいたように、何らかの職業についてから(アルバイトでもいいので)あらためて金融機関に対して借入の申し込みをするのが現実的な選択肢と言えます。 ニートの状況のままでお金を借りるのは親族以外からの場合は難しいということを理解しておきましょう。

次の