カブトムシ 歌詞 意味。 カブトムシ(aiko)の歌詞の意味とは?私はこう考える!

aikoでカブトムシの歌詞の意味が分かりません教えてください

カブトムシ 歌詞 意味

カテゴリ• はじめに aikoさんの『カブトムシ』は、aikoさんの4枚目のシングルとして1999年に発売されました。 タイトルが『カブトムシ』と、恋愛関係の歌のはずなのに虫に例えてしまうミスマッチが話題となりました。 頭に残るものの、歌ってみるととても難しいメロディに乗せて歌われる『カブトムシ』の歌詞を読み解きます。 2018年の紅白歌合戦に出場 紅白歌合戦、2018年の出場歌手と曲目が発表されました。 ここ数年登場していなかったaikoさんですが、2018年の紅白歌合戦では『カブトムシ』を歌ってくれます。 テレビの前で、『カブトムシ』の歌詞をかみしめながらaikoさんを応援したいと思います。 「指先は凍えるほど冷たい」 恋の情熱と、季節の温度差が描かれています。 「あなたが死んでしまって」という、具体的な言葉から、死んでしまった恋人に向けて歌われている歌だということが分かります。 長い年月が過ぎても、忘れることのできない、ずっと燃えている恋を思い出しているのでしょうか。 思い出が歌詞に詰まっているように感じられます。 少し癖のあるあなたの声 耳を傾け 深い安らぎ酔いしれるあたしはかぶとむし 琥珀の弓張月 息切れすら憶える鼓動 姿だけではなく、耳に残る声も大切な思い出です。 目を閉じて、耳を傾けると聴こえてくる声。 忘れたくないものの一つですね。 小さな『カブトムシ』は、ただただそこにいて、安らぎに酔いしれます。 ずっと一緒に居たかった、離れたくなかった、肩を震わせて、泣いている、そんな溢れる思いが、「息切れすら覚える鼓動」という歌詞に、つらく、せつなく描かれます。 おわりに 飼っていた『カブトムシ』を思い出して泣いてしまう、とい状況とは違う歌詞の内容でしたね。 恋人との永遠の別れを歌い、自身を『カブトムシ』に見立てるというaikoさん独特の歌詞でした。 発売からも長い時間が過ぎましたが、aikoさん自身も小柄でかわいらしいので、未だに色あせない、息の長い『カブトムシ』です。

次の

Beetle (カブトムシ) の歌詞

カブトムシ 歌詞 意味

カブトムシと言えばaikoさん 鹿児島ライブ終わりました!「また鹿児島に来てね」って何度も言ってくれてありがとう。 何度も何度も来たいです。 30代40代の人で知らない人はいないでしょう、というほど長期にわたり売れた曲です。 恋する女の子がカブトムシにたとえて歌った曲。 少し切ないバラードでとってもいい曲ですよね。 そんなaikoさんのプロフィールや名曲『カブトムシ』を調べてみました。 実はラジオDJ出身のaikoさんのプロフィール 【お知らせ】 本日このあと24時から携帯サイトTeam aikoの「あじがとレディオ」第28回が配信になります。 ラジオ番組のDJへ経て、aikoさんは1998年に『あした』でメジャーデビューします。 聞いたらすぐわかるaikoの曲 【お知らせ】 本日このあと24時から携帯サイトTeam aikoの「あじがとレディオ」第27回が配信になります。 聴くとすぐにaikoさんの歌だとわかりませんか? もう最初の始まりからaikoなんです! なんでこんな素人でもすぐにわかってしまうのか? それは曲のコードです。 6度メジャー 普通のJ-POPでは、メジャースケール(長調)と呼ばれるものが使われます。 aikoさんはスケールから外れるコードを多く使用するんです。 「 6度メジャー」がaikoさんの曲っぽいカギなんです。 Cメジャーが「ラ・ド・ミ」なら、6度メジャーだと「ラ・ド ・ミ」になるのです。 ピアノで弾いてみると、「あ、aikoだな!」てわかると思います。 曲で言うと、『花火』ならBメロ4小節目の「三角の目をした羽ある天使が恋の知らせを聞いて」の「聞いて」の部分ですね。 「カブトムシ」だと、歌い出し6小節目の「悩んでる体が熱くて指先は凍えるほど冷たい「どうした はやくいってしまえ」の「ってしまえ」という部分です。 歌い出しの9thもありがちだけど好き カブトムシの歌い出しは「な や~んでる」ですが、この「や~」の部分が9thなんすよね。 D のコードに足して「や~」はE なんです。 うちのじいちゃんは本当に素敵な場所に住んでいたんだなって思いました。 頑張ろうって何度も思ったよ。 『カブトムシ』は1999年11月17日に発売されたメジャーでから4作目のシングル曲です。 この曲は恋する女の子の気持ちをカブトムシにたとえて歌った曲です。 aikoさんは「カブトムシは昆虫では1番強いとされる存在だが、甲羅1枚はがすだけで柔らかくなって脆くなり、実は寂しい昆虫ではないか」と自分を守るための虚勢(甲羅)を張って恋する自分を歌っているようです。 カブトムシの歌詞を分析・解釈してみた 歌詞の意味を解釈してみました。 「指先は凍える程冷たい」というところから、 冬の歌だとわかります。 aikoさんはカブトムシは冬の虫だと勘違いしていたようです。 え) 「どうした はやく 言ってしまえ」は恋人に 別れの言葉を告げるのかもしれません。 その言葉が中々出てこない。 あなたが死んでしまって…という歌詞は勘違いしてしまいそうですが、あなたは死んではいないと思います。 あなたが死んだり、あたしが年老いたりする遠い未来のことは想像できない、 今が大切だから…という意味ではないでしょうか? 「死んでしまう」や、「年老いる」という言葉を使うことで、よりリアルさを出しているのでしょう。 メリーゴーランドの白馬のところでは、王子様=恋人ですね。 メリーゴーランドを恋人との時間にたとえて、スピードを落としている… 恋人との時間が終わるのでしょうか…。 サビの背の高いあなたに近寄った、あなたの耳に寄せた…ということは、少し身長差があるのがわかりますね。 甘い匂いに…というところでをカブトムシにたとえてますが、彼の匂いが好きという女の子は多いでしょう。 流れ星を恋人との楽しく輝いていた時間に例えてるんですね。 それも流れ星のように一瞬のこと。 この苦しい、嬉しい恋心を生涯忘れることはないのでしょう。 上手く季節感を表している古文のような歌詞がとても素敵です。 こんな歌詞を書ける女性アーティストはaikoさんだけではないでしょうか。 悲しかったこと、それもあなたと過ごしたしるしだから、と思えるとても健気な女の子ですね。 琥珀は琥珀色、樹脂でできた化石で黄色で半透明なハチミツのようの色です。 弓張り月は、半月のことです。 きっと、琥珀色の半月が出ている夜、もしくは夕暮れなのでしょう。 あなたの声に、安心して酔いしれている私は、なかなか別れの言葉を言い出せずに、息切れするほど、ドキドキしているのかもしれません。 この気持ちを、あたしは生涯忘れることはないでしょう。 そんな女の子の恋の終わりを、aikoさんの素敵な感性が感じられる詞で、切ないバラードにのせて…。 そんな「カブトムシ」、ミュージシャンの槇原敬之さんも絶賛しています。 「女の子の恋愛のどうしようもない性を、カブトムシが甘い汁に向かって吸っていっちゃう風に書くのはずげーと。 あれ書けたら僕もう引退します。 aikoのカブトムシの名カバー aikoさんのカブトムシは、たまに有名アーティストにカバーされていますよ。 いい曲の証ですね。 秦基博.

次の

aiko カブトムシ 歌詞考察|くり|note

カブトムシ 歌詞 意味

胸の中には熱いものがあるのに、表に出ているものは冷たいのです。 内に秘めた想いをどうしても、伝えることができないのではないでしょうか。 遠い未来のことを考えるのではなく、今の幸せをあなたと過ごしたいのかもしれません。 メリーゴーランドは止まりました。 それでも私の心は、まだ続いているのです。 あなたをもっと近くで感じたいのです。 流れ星を二人で見たようです。 幸せだったけれど、どうしても素直に喜ぶことができません。 まだ果たせていないことがあるからかもしれません。 それでも、二人で見た流れ星は、とても思い出深いものになったのです。 秋は少し肌寒くなり、もう気づいたら冬になっているのです。 あたしはあなたのことを考え、この一年を過ごしてきたのかもしれません。 思えばいつもより、季節は早く通り過ぎていったのです。 嫌なこともたくさんありましたが、あなたがいたから全然苦しくなかったのかもしれません。 辛いことがあっても、あなたの顔を見たら、全て忘れることができるのかもしれません。 あなたがそこにいるのは現実なのです。 それがとても嬉しいのではないでしょうか。 透明感のある黄褐色の月が輝いていたように思います。 あたしは夜、あなたと一緒に見た綺麗な月を忘れられないのかもしれません。 それがとても綺麗で、あたしは幸せを感じたのではないでしょうか。 あなたとはまだ深い関係ではありませんが、デートを重なるほどの仲になっているのではないでしょうか。 あたしは一緒にいる時間を過ごす度に、あなたへの想いを強くするのです。 PR タイトル「カブトムシ」の意味 あたしは殻にこもっているのかもしれません。 堅い殻にこもっています。 あなたのことを好きな気持ちを内に秘め、強い殻で身を守っているのです。 何か起きてしまうのが怖くて、本心を表に出すことができない女心を表現しているように思います。 aiko「カブトムシ」MV考察 二人でいるはずなのに、あたしは一人を感じているのかもしれません。 あなたに想いを伝えられないあたしは、より孤独を感じてしまうのかもしれません。 早くその想いを伝えたい。 そんな思いが感じられます。

次の