停滞 期 と は。 停滞期の期間とその長さ

なぜ起こる?いつまで続く?ダイエットの停滞期

停滞 期 と は

停滞期の原因は主に体の状態を一定に保つが働いて、これ以上脂肪を減らさないように体重が落ちなくなることです。 ダイエットをしているほとんどの人に起こることで、実際に私が-13Kgのダイエットに成功したときも1週間以上の停滞期に入りました。 しかも、停滞期は1ヶ月以上続くことがあります。 そのため、出来るだけ早い段階で停滞期を抜け出さないと、体重が変わらないことに悩まされてダイエットに挫折する原因にもなってしまうでしょう。 そこで、今回の記事ではご紹介します。 ご紹介する方法を実践して頂ければ、 1日で停滞期を抜け出すことも出来るので参考にしてください。 停滞期とは? 停滞期はダイエットをしていても、 1週間以上体重が変わらなくなる期間のことです。 今まで通りのダイエットをしても体重が全く変わらず、そこで諦めてリバウンドしてしまうこともあります。 ただ、停滞期はダイエットをしているほとんどの人が経験することなので、停滞期がなぜ起こるのか知っていれば対策がとれるはずです。 まずは、停滞期がどういうものなのか確認しておきましょう。 体重が1週間以上変わらなくなる期間のこと 先ほどもお伝えした通り、停滞期とはダイエットをしているのに1週間以上体重が変わらなくなる期間のことです。 個人差がありますがダイエットを始めて大体1ヶ月ほど経つと、 ある日を境に体重が減らなくなります。 むしろ、今までと同じ食事のはずなのに体重が増えてしまうこともあるほどです。 下記の画像を見るとわかる通り、体重が変わらない時期を過ごしてそこから体重が増えています。 これは私が-13Kgに成功したときの体重記録です。 画像のように1週間以上体重が変わらない、もしくは体重が増えてしまっているなら停滞期に入っているでしょう。 また、ダイエットの停滞期はでも確認されているので、ダイエットをしていれば医学的に誰にでも起こるものだといえます。 実際にそのような研究も見つかっていないのです。 通常は1ヶ月ほどで抜け出せる 停滞期は何か特別な対処をしなくても、そのままダイエットを続けていれば1ヶ月ほどで抜け出すことができます。 なぜなら、 停滞期は一時的な体の防衛反応だからです。 食事制限をすると体は急激な栄養不足に耐えるために、代謝を下げたり脂肪を溜め込んだりします。 その結果、停滞期に入って体重が落ちなくなっていきます。 しかし、通常は1ヶ月ほどで栄養のない状態に慣れるので、また体重が減っていくのです。 停滞期になる原因 停滞期になる原因は全部で4つあります。 その中でもホメオスタシスの機能で代謝が下がり、体重が落ちなくなるのがもっとも多い原因でしょう。 ホメオスタシスの機能が働くとエネルギーを節約しようとして代謝が下がります。 その結果、食事の量を減らしても体重が全く変わらなくなるのです。 そのほかにも停滞期になる原因があるので、詳しく解説していきます。 ホメオスタシスの機能が働いている 停滞期はホメオスタシスの機能が働き、代謝が下がることで起きてしまいます。 ホメオスタシスは、恒常性と呼ばれている 生命維持のために様々な機能を一定に保とうとする働きです。 身近なものでいうと体温調節や血糖値の維持などがあります。 体重が減るのは食事制限や運動によるエネルギー消費のおかげですが、体にとって栄養が不足しすぎると生命維持の危険を感じてしまうのです。 生命維持の危険を感じるとこれ以上エネルギー不足にならないように、栄養の吸収率を高めて代謝を下げようとします。 そうすると、どれだけ食事の量を抑えたとしても体重が減らなくなる停滞期に入ってしまうのです。 栄養が不足して代謝が下がっている ダイエット中は食事量が減ることで栄養が不足して、代謝が低下します。 栄養が不足しやすい食事をしていると、 代謝が常に低い状態が続いて停滞期に入ります。 特に不足する栄養がビタミンB群です。 ビタミンB群は糖質と脂質、タンパク質の三大栄養素をエネルギーに変えて体を動かす働きがあります。 もし、ビタミンが不足すると食べ物の栄養がエネルギーに変わらずに、脂肪として蓄えられてしまうのです。 そのため、食事量を減らしても体重が減らずに停滞期になってしまいます。 女性ホルモンのバランスが崩れている 女性ホルモンのバランスが崩れると、脂肪や水分を溜め込みやすくなって停滞期になってしまいます。 これは 特に生理中に起こりやすい現象です。 生理前から生理中はプロゲステロンが増えて、女性ホルモンのバランスが崩れます。 プロゲステロンはインスリン感受性を低下させるホルモンです。 インスリン感受性が低下すると血糖値の上下が激しくなるので、インスリンが大量に分泌されて糖質が脂肪に変えられてしまいます。 つまり、栄養を吸収して太りやすくなってしまうのです。 さらに、プロゲステロンは血漿成分 水分 を血管の外へ滲み出させる働きもあります。 それにより、むくんでしまって水分で体重が増えることも考えられます。 食事や筋トレの内容がずっと同じ 食事や筋トレの内容が1ヶ月ほど同じ内容が続いても、停滞期になってしまうと考えられます。 本来であれば、 体重が減ると基礎代謝も下がっていくので、それに合わせて食事を減らしたり筋トレを増やしたりする必要があるのです。 しかし、多くの人は体重が減るごとに基礎代謝が下がっていくことを知らずに、食事内容などをそのままにしてダイエットしてしまいます。 例えば、ダイエットを始めた当初は基礎代謝が1600Kcalだった人も、1Kg痩せるごとに基礎代謝が低下していきます。 それなのに5Kg痩せた後もダイエットを始めた当初と同じ食事をしていては、体重が減らなくなるでしょう。 筋トレも同様で、体は負荷に慣れていくので常に刺激を強くするなど オーバーロードの原則 内容を変えないと効果が出なくなってしまうのです。 ダイエット中の停滞期を抜け出す3つの方法 ここからは停滞期を抜け出す方法を3つご紹介していきます。 特にことは効果的で、でも行われているほどです。 私も停滞期に入ったときはチートデイを作って、 1日で停滞期を抜け出すことができました。 もしあなたが今停滞期に入っていて、体重が減らないことに不安を感じているなら実践してみてください。 食事量を増やすチートデイを作る チートデイのやり方• 好きなものを食べる日を1日だけ決める• その日は好きなものを大量に食べる 2000Kcal以上• チートデイの翌日からは今まで通りのダイエットをする 停滞期を抜け出すのにもっとも効果的なのがチートデイです。 チートデイとは1日だけ好きなものを食べて、 ダイエットの休憩日を作ることをいいます。 好きなものを好きなだけ食べることで、体は「栄養が足りている」と感じます。 そうすると、ホメオスタシスの機能が抑えられて体重がまた減り始めるのです。 チートデイから1〜2日は体重が増えるものの、そのあと体重が減っていきます。 現在、停滞期に入っているあなたはチートデイを作って、好きなものをたくさん食べるようにしましょう。 筋トレの内容を大きく変える ダイエットの一環として筋トレを行なっている人は、現在行なっている筋トレの内容を大きく変えるようにしましょう。 例えば、毎日スクワットだけしている人であればスクワットに加えて、腹筋も行うようにします。 今までの筋トレ 変えた筋トレ 毎日スクワットを20回3セット行なっている スクワットに加えて腹筋を20回3セット行う スクワット、腕立て、腹筋を毎日10回3セット行なっている 全ての回数を20回に増やす 筋トレを週に2回だけ筋トレを行なっている 筋トレを週に4回に増やす 腹筋を毎日100回行なっている 腹筋を50回にして、スクワットを加える 筋トレはオーバーロードの原則というルールがあって、今行なっている負荷を徐々に上げていかないと効果が出ないようになっています。 つまり、 筋トレの刺激に体が慣れてしまって、筋肉が成長しなくなっていくのです。 上記の表を参考にして筋トレの内容を変えるようにすれば、停滞期を抜け出すことができるでしょう。 カリウムが含まれている食品を食べる カリウムをとることで余分な水分を排出して、停滞期を抜け出すことが可能です。 停滞期は代謝が低下して脂肪が落ちなくなるのと同時に、 水分を溜め込んで体重が変わらないことも考えられます。 特に生理中 ので、むくむだけで体重が落ちなくなるのです。 カリウムは体に溜まっている余分な塩分や水分を排出する働きがあります。 そのため、カリウムをとれば水分が排出されて停滞期を抜け出すことが出来るでしょう。 食事摂取基準でカリウムは1日に2,600mg以上とることが推奨されています。 たくさんとっても健康に悪影響がないので、1日に出来るだけ多くのカリウムを摂取するようにしてください。 食べ物 カリウムの量 100gあたり アーモンド 770mg アボカド 720mg ほうれん草 690mg 小松菜 500mg バナナ 360mg ダイエット中の停滞期を予防してスムーズに体重を落とすコツ 停滞期はそもそも予防することができます。 予防することができれば体重が落ちない期間を過ごすこともなく、 最短でダイエットに成功します。 私は-13Kgのダイエットに成功しましたが、チートデイの効果を確かめるためにわざと停滞期に入りました。 通常、ここで紹介するコツを抑えてダイエットすれば停滞期に入ることもありません。 事実、4ヶ月のダイエットの中で停滞期に入ったのは1度だけでした。 でご紹介した方法で停滞期を抜け出したあとは、今からお伝えするコツを押さえてダイエットしましょう。 1ヶ月以上同じメニューを食べない ダイエット中は 食べ物のメニューを1ヶ月ごとに変えるようにしましょう。 食べるものが一緒だとカロリーはずっと変わらないので、食事量が減らずに停滞期に入ってしまうからです。 ダイエットをしていると食べるものが限られて、つい同じメニューを食べがちです。 これでは食事の内容に慣れて食べる量が増える可能性もあります。 停滞期に入らないために1ヶ月ごとに食事のメニューを変えるようにしましょう。 筋トレの内容を1週間ごとに変える 筋トレは同じメニューを1週間以上続けずに、1週間ごとにメニューを変えるようにしましょう。 1週間ごとに筋トレのメニューを変えることで、 体が慣れる前に筋肉に違う刺激を与えられます。 筋トレの種目を全て変えるまでいかなくても、順番を変えたり回数を増やしたりするだけでも効果があります。 最初の1週間 次の1週間 スクワットを毎日10回3セット スクワットを毎日20回3セット 腹筋を毎日10回3セット 腹筋を毎日20回3セット スクワット、腹筋を10回3セットずつ スクワット、腹筋を20回3セット 週に2回の筋トレ 週に4回の筋トレ スクワット、腹筋を20回3セット スクワット、腹筋に加えて腕立て伏せも行う いつも同じ種目の順番で、同じ回数で行うことだけ避けるようにして筋トレすると停滞期に入ることはありません。 栄養バランスを整える 糖質制限や特定の食品しかとらない過度な食事制限はせずに、 栄養バランスが整った食事制限を行うようにしてください。 栄養素はそれぞれ役割が決まっていて、どれか欠けるだけでも代謝が下がってしまいます。 栄養素 役割 糖質 炭水化物 体を動かすエネルギーになっている 脂質 ホルモンや細胞膜を構成している タンパク質 筋肉やホルモンの材料となる ビタミン 栄養素の代謝をサポートしている ミネラル 栄養素の代謝をサポートしている 特に白米などの糖質を減らしがちですが、糖質は体を動かすエネルギーに変わるので不足すると代謝が下がりやすいです。 を見れば栄養バランスが整った食事ができるようになるので参考にしてください。 生理1週間前から豆乳を飲む 生理になる1週間前から豆乳を飲むと 女性ホルモンのバランスが整います。 プロゲステロンが過剰に増えることがないので、水分や脂肪が溜まりにくくなるのです。 豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た働きがあることで知られています。 女性ホルモンのバランスはエストロゲンが減少して、プロゲステロンが増えることで崩れます。 そこで、豆乳を飲むとエストロゲンの分泌が増え、プロゲステロンとのバランスが整います。 1週間前から毎日豆乳を200ml飲むことを心がけましょう。 まとめ 停滞期はダイエットしている誰にでも起こり得る現象です。 人によって1ヶ月以上続くこともあるので、このまま体重が減らないかもしれない不安に駆られることもあるでしょう。 しかし、停滞期はであれば簡単に抜け出すことが可能です。 もしあなたが現在、停滞期なら チートデイから試してみましょう。 停滞期から抜け出せたらもう2度と停滞期に入らないために、でお伝えしたコツを押さえてダイエットしてください。

次の

ダイエット停滞期の乗り換え方|同体重ループの地獄から脱出する方法とは?

停滞 期 と は

ダイエット女子の敵「停滞期」になる理由 停滞期というのは、 ダイエットをちゃんと行なっているのに体重が減らなくなる時期のことです。 順調に落ちていた体重が急に減らなくなる…それどころか増えちゃってる!? ダイエットをしていると避けて通れない 「減量停滞期」 急激に摂取カロリーが減るとあなたの身体は 「このままじゃヤバイっ!」と 焦ります。 そうすると身体はどういう行動にでるかというと、 出来るだけ消費カロリーを抑えて、少しでも多く脂肪を蓄えようするのですが、それが停滞期という期間です。 その時期は、頑張って運動や食事制限をしていても体重が減らないので、停滞期が続くと一気にやる気が失われてしまいます。 そんなダイエッターへの試練「停滞期」ですが、ちょっとしたコツを覚えると人より早く期間を脱出することができるようになります。 停滞期の時期はいつ頃からくる?期間は? 停滞期の時期はダイエットを始めておよそ 1ヶ月後です。 ダイエット開始から約1ヶ月で、減ってきた体重がピタッと減らなくなってしまうことがよくあるのです。 通常、 ダイエット中の「停滞期」は、個人差がありますが、一般的にはダイエット開始後1ヶ月前後、もしくは体重の5%減量したタイミングから始まり、1ヶ月前後続くことが多いようです。 この停滞期の期間をいかに我慢できるかがダイエットの明暗を分けます! ダイエット開始してすぐに落ちた体重が急に落ちなくなってしまったらモチベーションは下がってしまいますが、このようにダイエットには停滞期があるということと、ある程度期間が続くのです。 でも、停滞期は来て当たり前なんだ!ということを知っておけば乗り切れるでしょう! 停滞期には個人差があり長い人も? 早くやせたいという人も多いですが、停滞期を乗り切るまでにはどうしても時間がかかってしまう人がいます! ダイエットの停滞期は、 2週間で抜ける人もいれば、 長い人は1ヶ月ほど続く場合もあります。 1ヶ月程度続くと長いですね。 極端な食事制限を行うダイエットでは、停滞期が長くなるようですのでダイエット方法は慎重に選びましょう! 停滞期は1度だけではない!! 停滞期は1度乗り越えたらもう来ないというものでもありません! しばらくするとまた次の停滞期と向き合うことになります! しかし、1度目を乗り越えておけば上手に対処しすることができるはずです! 停滞期を乗り切ることは、太りにくい体質に近づいているということですので、体重ばかり気にして、停滞期にストレスをためず、辛抱強く乗り切りましょう! そして、再び順調に痩せ始めるので、この事実を知っておきましょう。 ただし、また再び停滞期はやってきます。 停滞期になったら焦りは禁物! いよいよ停滞期に突入した!そんな時、一番やってはいけないことがあります。 焦ってダイエットをハードにするのは絶対NG! 先に云った通り、停滞期とは身体がエネルギーを蓄えようとする期間のことです。 この期間に突入したのに、結果が出ないことに焦ってさらに 過酷な食事制限や運動をしてしまうと、身体がいつまでたっても緊急警戒を解除してくれません。 体重を思うように減らなくて焦る気持ちは分かりますが、停滞期中はぐっとこらえて今までどおりのダイエット生活を送りましょう。 常に一定の運動と食事を続ければ身体が「これがこの人の平常運転なんだ」と理解する瞬間が訪れるはずです。 身体のスイッチが切り替われば停滞期脱出!本格的なボディ・メイクの運動はそのあとでも遅くありません? ダイエット停滞期の過ごし方と脱出する方法7つ ある一定期間を過ぎると自然に脱出できる停滞期ですが、やっぱり体重が落ちない期間は早めに終わらせたいですよね。 停滞期の性質を利用した7つの裏技を使えば、効率よく停滞期を脱出できちゃうんです。 その方法を紹介します。 必須栄養素がバランスの良く整った食生活を送ることです。 2、ダイエットの停滞期はタンパク質を食べる ダイエット中は筋力を落とさないために特にタンパク質の摂取が重要です。 タンパク質が不足すると筋肉の量が減り、筋肉の量が減るということは、基礎代謝の量も減るということです。 代謝の量が減ると運動をしても脂肪が燃えにくくなり、ダイエットの効果が下がってしまいます。 タンパク質を美味しく食べてお肌の透明感や髪の毛のツヤを保ちましょう。 Sponsored Link 3、極端な食事制限はNGです! 食事制限ダイエットにありがちなのは単純に日ごろ食べている食事を減らすことはNGです。 この方法で体重を減らすことは可能なのですが、確実に栄養が不足します。 栄養の不足、特にビタミンやミネラルの不足はお肌にかなりの悪影響を与えてしまうんです。 また、極端な食事制限によるダイエット法は、リバウンドしやすく、太りやすく、老化して不健康な体になってしまい、痩せるためには、致命的な大問題になってしまいます。 4、貯め込んだ水分はカリウムで撃退! 停滞期中は栄養や水分を身体にため込みやすくなる傾向があります。 水分をため込むことで気になるのがむくみ。 体重増加はもちろん、もったりとしたボディラインを目にするとモチベーションもぐっと下がってしまいますよね。 そんな時は1日カリウム摂取量をいつもより多めに取るように心掛けてみましょう? カリウムは体内の塩分を排出してくれる効果のある栄養素です。 皆さんの身体は体内にある塩分濃度を常に一定のバランスに保とうとしています。 塩分を外に追い出せば、濃度が薄まりすぎることを避けるのに水分も排出されるという仕組み? この仕組みを利用してむくみを解消しちゃいましょう! 5、筋トレで痩せボディの味方「基礎代謝」UP? 停滞期中に下がってしまう基礎代謝は、ダイエットの強い味方。 この基礎代謝が高いと、毎日の日常生活で脂肪を燃焼し痩せやすい身体を作ってくれます。 基礎代謝をUPするには、筋トレ・エクササイズで筋力をつけるのが一番の近道です。 毎日の運動に軽い腹筋やスクワット等を取り入れるだけで、基礎代謝をあげることができますよ? 筋肉がつけばボディラインも引き締まるので一石二鳥ですね! 6、ナッツを食べて脳みそに満腹信号を! 身体が「エネルギー不足だ!」と認識するのは実は脳みそからの命令によるものだってご存知ですか? それなら脳みそに勘違いさせて、常に満腹感を感じてもらっていましょう! カロリーを制限しながら満腹中枢を満たしておくのにお役立ちのアイテムがナッツ類です。 高カロリー、高脂質と呼ばれるナッツですが食べ方を考えれば、ダイエット食品としてかなりの優等生なんです。 お腹が空いた、と思ったらナッツを数粒食べてください。 ナッツ類は血糖値が上がりにくいので身体に吸収されるスピードもゆっくりです。 ドカ食いとは違うのですが、基礎代謝の3~4倍の量を摂取しても良い日を1日だけ設けるというダイエットの補助法で、最近は科学的にも「たまには好きなものを食べたほうが痩せる」ことが証明されてきたんです。 「何でも食べていい日」ではなく 「たくさん食べてもいい日」です。 但し、意志が強い人でないとドカ食いで停滞期を終わらせる方法はうまくいきません。 より質の高いドカ食いの方法 一日の早い時間帯に。 もちろん一番いいのはトレーニング後に行いましょう! ドカ食いはしっかり食べる。 次の日からはきっちり制限。 これらを切り替えることが重要です。 ダイエットのおさぼりはリバウンドのもと! 停滞期でダイエットに失敗してしまう王道パターンが諦めて運動や食事制限をやめてしまうというもの。 特に、エネルギーを蓄える時期に今まで続けてきた運動をやめてしまうと、身体に過剰な栄養が備蓄されてしまいます。 前の体重より増えてしまった!なんてことがないように、 毎日決めた運動を続けるようにしましょうね。 停滞期とは?ダイエットの停滞期を脱出し即効で乗り越える方法!時期や期間は?まとめ ダイエットの妨げになる停滞期ですが、自分の体の状況やちょっとしたコツを知っていれば今までよりもっと楽に乗り切ることができるはずです。 停滞期だから…と諦めないで、停滞期になったという事は、実はダイエットが順調に進んでいるという証拠ですので、理想の体になるためのプロセスだと思えば今までよりもっとダイエットがはかどるのではないでしょうか?! 停滞期は、一定の期間が過ぎると終わります。 是非、停滞期の乗り越え方を覚えてダイエットの効率をUPさせてみましょう!.

次の

月曜断食で停滞期が始まった?体重が減らないのには訳がある!

停滞 期 と は

ダイエット経験者なら次の様な経験をしたことありませんか? A「私ダイエット始めたんだけど」 B「へぇー、で効果はどうなの?」 A「それが 初めの頃は体重減ったのに最近全然減らないんだよね…」 B「あーそれって 停滞期とかいうやつ?」 A「そうそう…」 ダイエット中に「途中から全く体重が減らなくなった」このような悩みを持ったことはありませんか? じつはダイエットにおける停滞期とはそのダイエットが効いている証拠なのです。 ダイエットにおける停滞期とは何なのでしょう?いつまで続くのでしょうか? 停滞期に体でどんなことが起きているのか、停滞期がどのくらい続くのか、停滞期を乗り切るコツを知っていれば、体重が減らないことへの不安も少しは解消されるのではないでしょうか? リバウンドと停滞期の関係 ダイエットを始めてから順調に減ってきていた体重が、急に減らなくなってしまい、「もうこのダイエット方法ではやせられないのかも…」と諦めてしまうケースが多いです。 実は、よくある挫折例です。 停滞期にダイエットをやめて、以前の食事量・生活習慣に戻すと、体重がダイエット前よりも増えてしまう場合(リバウンド)が多いのだとか。 食べ過ぎているわけでもない、ダイエット前の食生活に戻しただけなのに、なぜ体重が増えてしまうのでしょう。 体重が減らなくなったことで、ダイエットをやめたのが原因です。 体重が思うように減らないからといって、ダイエットをやめてはいけません。 停滞期を辛抱することが、リバウンドを回避する方法なのです。 ホメオスタシスが原因!?停滞期のメカニズム 実は体にはホメオスタシス(恒常性)と呼ばれる働きがあります。 ホメオスタシスの働きのおかげで、体内の環境が一定に保たれているのです。 ホメオスタシスの例として、体温の維持が挙げられます。 周囲の温度が変化しても、体温は一定に保たれます。 冷たいものを食べた時にブルブルと震えることがありますが、体の中が冷えても、筋肉をブルブルと緊張させることで熱を生み出し、体温を一定に保つのです。 熱いものを食べて汗をかくのも、このホメオスタシスの働きの一つです。 ホメオスタシスは、体の一部や外部の環境が変化しても、体内の環境を一定に保って生命を維持してくれるのです。 ダイエットをして体重の減少が起こると、体は変化を感じ取って体重が減りにくくなるように働きます。 これは、摂取カロリー不足を体が「危機的な状況」と判断するためです。 遭難などで数日食べることができなくても、人間は生きていけます。 ホメオスタシスの働きで、少しのエネルギーで体を保ち、なるべくエネルギーを蓄えるようになるからです。 エネルギーの供給がないのですから、生命を維持するために体が省エネになってしまうのです。 このホメオスタシスの働きは、1ヶ月で体重の5%以上減った場合に活発に反応するようになります。 このような体を守ろうとする働きが、ダイエットの効果を一時的に止めていたのです。 ダイエットをやめてもホメオスタシスの働きはそのまま 停滞期にダイエットをやめても、ホメオスタシスの働き(防衛機能)はそのままです。 つまり、ダイエットをやめてダイエット前の生活を送っていても、体は危機的状態(エネルギー不足)に備えているのです。 このことを知らずに、ダイエットをやめて元の生活を送ると、体は「今のうちに栄養を蓄えておかなければ」と、なるべくエネルギーを消費せず、摂取したエネルギーを蓄積します。 つまり、体は過剰にエネルギーを蓄え、エネルギー消費を抑えるので、食べ過ぎていなくても太ってしまうのです。 停滞期ですぐにダイエットをやめると、それまでの頑張りをダメにしてしまうだけじゃなく、さらに太ってしまうということです。 この停滞期を乗り越え、ダイエットを続けると体はどうなるのでしょうか。 体の中では、「今摂取している栄養量は足りないのではなく、正常なのだ」と判断するようになり、停滞期で止まっていた体重はまた減少し始めます。 頭でわかっていても、乗り越えるのが大変な停滞期。 やせ体質を作るには、あせらず時間をかけることが大切です。 辛抱強く乗り切りましょう。 停滞期はダイエットを開始して1ヶ月程度でやってくる ダイエットにおける停滞期はいつ頃起こりやすく、どのくらい続くのでしょうか。 上のグラフにあるように、 ダイエット開始から約1ヶ月で減ってきた体重がある時からピタッと減らなくなってしまいます。 これが停滞期です。 そして、 ダイエットの停滞期は2週間から1ヶ月程度は続くとされています。 早くやせたいという人も多いですが、停滞期を乗り切るまでには時間がかかってしまいます。 また、 極端な食制限を行うダイエットでは停滞期が長くなるようなのでダイエット方法は慎重に選びましょう。 停滞期は1度乗り越えたらもう来ないというものでもありません。 しばらくするとまた次の停滞期と向き合うことになるかもしれません。 しかし、諦めずに続けていけば、きっとダイエットを成功できます。 停滞期を乗り切ることは、太りにくい体質に近づいているということです。 体重ばかり気にして、停滞期にストレスをためず、辛抱強く乗り切りましょう。 ダイエット停滞期を乗り切るコツ 停滞期は、ダイエッターにとって大きな壁であり、誰もがぶつかる壁です。 ダイエットで停滞期を向かえるということは、効果が出ている証拠です。 この壁さえ乗り越えれば…、わかっているけれどやっぱりつらい停滞期…。 どう乗り切れば良いのでしょうか。 停滞期を理解することが第一 停滞期があるということを前もって理解しておくだけで、実際に停滞期になっても心に余裕がもてますよね。 心にゆとりを作っておくことは、実はダイエットにおいても大事なことです。 ここまでせっかく体重が減ったのに数値が変わらなくなると、焦ったり苛立ったりしませんか? ストレスはダイエットの大敵です。 挫折の原因となります。 正しい知識は、ストレスを軽減してくれます。 抜け出せないように思えてしまう停滞期ですが、正しい知識を持っていれば、「いつか抜け出せる」と自信が持てます。 まず、停滞期を理解することが第一なのです。 無理しない 停滞期を早く乗り切るために、極端にダイエット方法を追加したり、内容を厳しくしても停滞期が短くなるわけではありません。 無理にダイエットの内容を濃くしようとするよりも、それまでのダイエットをしっかりと続けていくようにしましょう。 なお、停滞期にはタンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養を補充することが効果的です。 タンパク質は筋肉の増加につながりやすい栄養素であり、基礎代謝量UPが期待できます。 ビタミンやミネラルはダイエットだけでなく、美容にも効果がある重要な栄養素です。 ダイエットの停滞期を乗り越えるには、それまで行ってきたダイエット方法を続けていくのが一番です。 停滞期を乗り越えるには時間がかかりますが、自分が行ってきたダイエットを信じて続けていきましょう。

次の