あやか 化粧品。 スキンケア

スキンケア

あやか 化粧品

界面活性剤(surface active agent:surfactant)とは、その構造中に水になじむ親水性部分(親水基)と水になじまない親油性部分(疎水基)の両方を有し、少量で表面または界面の性質を変化させる物質のことをいいます。 これらの界面活性剤は、1つの疎水鎖と1つの親水基(一鎖一親水基)で構成されており、専門的には「モノメリック型界面活性剤」とよばれています。 ジェミニ型界面活性剤は、モノメリック型界面活性剤の機能の延長線上では成し得ない機能を発揮することが特徴であり、その機能は一般に、• モノメリック型界面活性剤と比較して界面活性能に優れる(cmcが低い、表面張力低下能に優れる、クラフト点が低いなど)• 低濃度で使用できることから環境負荷が小さい• 水溶液での会合挙動が特異的 これらの特徴に基づいたユニークな特性を示し、少量で大きな効果を発揮することから注目を集めています。 また、1990年あたりからメイクアップ化粧品において化粧くずれ防止などの目的でシリコーン油が用いられるようになりましたが、シリコーン油を乳化するためにシリコーンを疎水基としたが開発され、現在でも汎用されています。 界面活性剤の安全性 界面活性剤には様々な種類があり、種類によって安全性の評価が変わるため、各界面活性剤の安全性については上表の各界面活性剤名称をクリックし詳細ページより確認してください。 界面活性剤一覧• A-Z ア-ンの順番に並べてあります• 目的の成分がある場合は目的の行 ア行カ行など をクリックすると便利です.

次の

ちふれの口コミ一覧|美容・化粧品情報はアットコスメ

あやか 化粧品

綾花(あやか)とは? 「上質なエイジングケアを身近に」という思いから高品質・低価格のちふれから1991年に誕生したエイジングケア化粧品です。 私は、白石美帆さんのCMで知ったので最近誕生した化粧品かと思っていたのですが、かなり以前からあるシリーズのようですね。 大人の肌に着目し、年齢肌のハリとうるおいにアプローチする 5つの「ハリつや」成分を配合しています。 5つのハリつや成分 マヨラナ葉エキス・・・保湿成分 マグワ根皮エキス・・・保湿成分 アレカカテチュエキス(ピンロウ種子エキス)・・・保湿成分 ヒオウギエキス・・・保護成分 リピジュア(ポリクオタニウム-51)・・・被膜形成成分 エイジングケア化粧品というと1万円近くする化粧品も数ある中、綾花のエイジングケアは 1000円台から2000円台のラインナップでとてもお手頃価格です。 そんなちふれのエイジングケア「綾花バイタルアップシリーズ」のトライアルセットを使ってみました。 洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームの約7日分のトライアルセット1100円(税込)です。 洗顔(モイスチャーフェイスウォッシュ) よごれはすっきり落としてなめらかな肌に洗い上げる洗顔フォーム。 水でサッと泡立ち、顔に乗せると ふわっとやわらかな感触。 とてもやさしい使い心地です。 水で流したあとは思ったよりしっかりと汚れを落としているような洗いあがり。 でもそのあとはつっぱるようなことなく汚れは落としながらも、うるおいをとりすぎることはありません。 他に、フレッシュとディープモイスチャーがあり中間のタイプです。 手に取った時は、さらっとした感触ながらも肌につけると肌に吸い込まれるようになじみ、うるおいで満たしてくれます。 ふっくらと肌をやわらかく包みこみながらハリを与えてくれます。 ほんのりとした香りの優しい使い心地です。 美容液(バイタルアップエッセンス) ハリとうるおいを保つ力を与えてくれる美容液 化粧水であたえたうるおいをさらに補強するようにしっかりとしたうるおいのあるつけ心地です。 ジェルのような感触でべたつきはありません。 ややオイリー気味の私の肌は美容液まででもしっかりとうるおいを感じることができました。 トライアルでは他に乳液、クリームがセットされています。 さらに、今回はホワイトニングシリーズのサンプルも入っていました。 これで1100円のトライアル。 トライアルもとってもお得でした。 使ってみた感想 とってもやさしく包み込まれるような感触が印象に残りました! お肌もとてもなめらかになってこれで1000円台~2000円台で買えるというのはとってもコストパフォーマンスがよいです。 これまであまりちふれの化粧品は使ったことがなかったのですが、綾花シリーズはとても使い心地がよく気に入りました。 他にホワイトニングシリーズやリンクルケア美容液などもあり、いずれもとてもお手頃価格なのが魅力。 これは買い!のプチプラエイジング化粧品だと思います。 エイジングケアはしたいけど、そんなにお金はかけたくない、という時にはありがたいですね。 トライアルセットは、ドラッグストアなどで取り扱いがあるところもあるほか、綾花の公式通販サイトからも購入することができます。 本体価格 モイスチャー フェース ウォッシュ 1,200円 シルキー クレンジング オイル 1,700円 クレンジングクリーム 1,500円 モイスチャーフェースウォッシュ1200円 バイタルアップローション 1,900円 ホワイトニングローション 1,900円 バイタルアップミルク 1,900円 バイタルアップクリーム 1,900円 リンクルクリーム 2,500円 バイタルアップエッセンス 1,900円 モイスチャーバリアエッセンス 2,200円 ホワイトニングエッセンス 2,500円 バイタルアップマッサージクリーム 1,800円 いずれも税抜価格.

次の

基礎化粧品はちふれ化粧品の綾花プレステージシリーズを愛用中

あやか 化粧品

基礎化粧品はちふれ化粧品の綾花プレステージシリーズを愛用中 - tsukico. 基礎化粧品はちふれ化粧品の綾花プレステージシリーズを愛用中 ちふれ化粧品綾花プレステージシリーズ わたしが今使っている基礎化粧品は、です。 もう長い間基礎化粧品ジプシーをしていましたが、今のところこれで落ち着いています。 わたしはあまり肌に自信がなく、毛穴が目立つしニキビもできやすいタイプなためあまり肌が綺麗ではありません。 ニキビは特にこめかみ辺りと顎にできやすいですが、これを使い始めてからはすごく肌の調子がいいんです。 現在、使い始めて40日を過ぎたところです。 肌のターンオーバーは約40日サイクルなので、使い始めてから1ヶ月ちょっと過ぎた頃の変化がその化粧品の見せ場です。 肌がモチモチで白さも増してきました。 気になっていた毛穴も前ほど目立たなくなった気がします。 正直なところ、わたしは結構ズボラで家に帰宅してから顔も洗わずシャワーも浴びずに寝てしまうことが多いのですが、朝だけのケアでも調子がいいんです。 これほんとすごい! 肌があまり綺麗ではないので基礎化粧品には気を使って、過去にはいろいろなものを試してきました。 今までの基礎化粧品ジプシー履歴 だんだんとフェードアウトしたクリニーク 高校生のころはを使っていました。 勧められた拭きとり化粧水はアルコールの刺激が強くて肌がピリピリとするし、価格は高いしデパートに行かないと手に入らないのであんまりお手軽感がなくって、だんだんと使わなくなっていきました。 肌のターンオーバーを活発にさせる美容液だけは使い心地が良かったです。 肌がぷるぷるになりました。 名前は忘れたけどピンク色のクリームみたいな見た目のやつです。 合わなかった肌断食 普段はノーメークで過ごすため、これを使いはじめるまでは毎日肌断食をしていました。 「顔の脂に勝る市販のクリームはない!」なんて言葉を信じて断食していましたが、やっぱりニキビはできるし、鼻の毛穴から脂がにじみ出ているし、頬はカサカサだしで綺麗な状態ではありませんでした。 わたしには肌断食は合わなかったみたいです。 母はほとんどケアをしない人だし(たまにオールインワンジェルを塗る程度?)、お友達にも石鹸で顔を洗ってそのままで全然平気って人も多いんです。 肌断食は合う人だと基礎化粧品代が浮くのでとってもいい節約になるんですけどね。 残念無念。 合わなかったニベア青缶がってん塗り その次には、 のがってん塗りを試していました。 ニベアの青缶は海外の高級クリームとほとんど成分が同じなんだそうで。 これも肌にあえば、ドラッグストアで安く売っているニベア青缶だけでいいっていうので基礎化粧品代が浮くんですけどね。 わたしには合わなかったみたいです。 ニキビに変化がなかったので使い続けるのはやめました。 残念無念。 話は戻ってちふれ化粧品のプレステージシリーズ 安価な化粧品で有名なちふれ。 このプレステージシリーズはちふれの中でも高級ラインです。 化粧水、美容液、クリーム、どれも3000円は超えています。 しかし、性能が高いのにこの価格はとってもお手頃!これが他の化粧品メーカーだったら、1万円は超えているはずです。 実際、プレステージの美容液とクリニークの美容液は使った感じがよく似ていたと思います。 ちふれの方がお手頃価格で、なおかつ成分がきっちりと書かれている点が安心できます。 結局のところ、プレステージもデパートでしか売っていないので、クリニークと同じで入手の手間があるのが残念なところ。 わたしはこのプレステージシリーズに加えて、最初に を使います。 ノーメイクの時はお湯だけで顔を洗っていて、石鹸やクレンジングは使いません。 メイクをした日はクレンジングをしています。 基礎化粧品の順番• 基礎化粧品は上記の順で使っています。 ちふれの拭きとり化粧水はクリニークのものと違ってアルコールがきつくなく低刺激で使いやすいです。 拭きとり効果もバッチリ。 プレステージシリーズはどれもバラのいい香りがするので、使っている間とても癒されます。 それも香料ではなく、バラエキスからの自然な香りだそう。 成分にもたっぷりバラエキスが含まれているので、女性らしい優雅な気分になれます。 こんなに肌の調子がいいことが珍しいので、この基礎化粧品にハマりそうです。 というかハマりました!周りの女性に薦めたいですね。 とってもいいです。 追記:綾花プレステージは販売終了 デパート販売限定だった綾花プレステージシリーズは、2018 年 8 月末をもって店頭販売を終了しました。 では 2019 年 5 月末まではプレステージシリーズも購入可能。 綾花プレステージにかわって、ちふれの次期デパコスとして「HIKARIMIRAI」が 2018 年 9 月から発売されました。 HIKARIMIRAI はリンゴに含まれるリンゴポリフェノールに「光老化」を抑える効果があることを利用した製品なので、バラのエキスを利用した綾花プレステージとは中身が全く違いそう。 綾花プレステージは使っているときにフレッシュなバラの香りがして大好きだったなぁ。 HIKARIMIRAI はりんごの香りがするのかな? 価格帯は HIKARIMIRAI のほうが高いように感じます。 化粧水が 6000 円弱。 (綾香プレステージは 3000 円台でしたね) 使ってみたいけどちょっと高級だなぁ。 年齢層も 40 代前後を狙っているそうなのでもう少し先でいいかな。

次の