クレアの秘宝伝。 秘宝伝シリーズ 初代4号機から最新台まで歴代全機種一覧まとめ

クレアの秘宝伝3【スロット新台】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

クレアの秘宝伝

「選べるBB」「選べるRT」に加え、「選べる通常時」も搭載した仕様にパワーアップ。 基本仕様はノーマルタイプだが、BIG BONUS終了後は30ゲームのRTへ突入する。 通常時は、「実機カスタム」で全7種類の演出カスタムが可能。 チャンス目の一部で突入する「高確率」はボーナスのチャンスとなる。 ボーナスは3種類。 獲得枚数は、BIG BONUS 同色 なら最大302枚、BIG BONUS 異色 なら最大203枚、REGULAR BONUSなら最大105枚。 ボーナス中は、技術介入成功で最大枚数を獲得できるだけではなく、カスタムや楽曲獲得を抽選。 また、BIG BONUS中は全42種類の「セレクトBB」から選択可能、REGULAR BONUS中は、キャラクターカードの色で設定示唆を行っている。 その他、「実機カスタム」「楽曲」「ストーリー」を記録できる「ダイトモ collection」を搭載。 【通常時】「実機カスタム」で全7種類の演出カスタムが可能。 【通常時】チャンス目の一部で突入する「高確率」はボーナスのチャンス。 【ボーナス】獲得枚数は、BIG BONUS 同色 なら最大302枚、BIG BONUS 異色 なら最大203枚、REGULAR BONUSなら最大105枚。 【ボーナス】BIG BONUSは全42種類の「セレクトBB」を搭載。 【ボーナス】REGULAR BONUS中は、キャラクターカードの色で設定を示唆。 【ボーナス】技術介入成功で最大枚数を獲得できるだけではなく、カスタムや楽曲獲得を抽選。 【その他】「実機カスタム」「楽曲」「ストーリー」を記録できる「ダイトモ collection」を搭載。

次の

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 設定判別・天井

クレアの秘宝伝

【技術介入要素】 通常時に、スイカとチェリーを取りこぼさないようにする。 BIG中は、一度だけ14枚役を獲得する。 【ペナルティ】 ペナルティは存在しない。 【天井】 天井は存在しない。 筺体・リール配列 - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] 筺体 リール配列 C DAITO GIKEN, INC. 左リールにスイカが出現した場合は、中・右リールにもスイカを狙う。 中・右リールともに、青いピラミッド絵柄を狙えばスイカをフォローできる。 ピラミッドが揃えば強チャンス目。 その他の場合は、中・右リールともに適当打ちでOK。 払い出し枚数が344枚を超えると終了、純増枚数は約311枚。 ・REG 「黄7・黄7・BAR」揃い、「赤7・赤7・BAR」揃い。 払い出し枚数が105枚を超えると終了、純増枚数は約104枚。 成功すれば14枚役獲得となる。 一度14枚役を獲得したら、あとはすべて順押し適当打ちで消化。 [REG中] 順押し適当打ちでOK。 高確率演出について - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] クレアの秘宝伝の通常時には、ボーナス告知の演出として「高確率」が用意されている。 あくまで演出であるため、実際に高確率でボーナスが抽選されているわけではない。 高確率演出へは、通常時のレア小役成立後に移行する可能性がある。 高確率演出は、「通常高確率」・「超高確率」・「極高確率」の3つ。 極高確率ならば、もはやボーナスは貰ったも同然! 小役とボーナスとの重複当選 - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] クレアの秘宝伝には、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。 各小役での重複当選率は以下の通り。 8 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [クレアの秘宝伝~はじまりの扉と太陽の石~] ART機だった前作から、ノーマルタイプとして生まれ変わって登場した本機。 ノーマル機ということで、設定判別のメインはボーナス出現率。 若干REGの方が設定差が大きい。 6 立ち回りの基本となるのは、この数値。 単純に、ボーナス出現率の高い台を狙っていこう。 また、通常時の小役確率にも設定差が設けられている。 特に注目なのはベル確率。 5 ごらんの通りそこそこの設定差があるため、カウントは必須となる。 こちらも、高設定ほど出現率が高くなる。 そして、特定ボーナスについて。 重複ボーナスのうち、スイカ+ボーナスに注目。 設定1と6とでは倍以上の設定差がある。 2 早い段階でスイカ+ボーナスが複数回引けたならば、粘る価値アリ。 最後に、高設定確定要素について。 REG消化中は、合計で4枚のカードが選択されるのだが、このカード選択にて 一度でも「オヤジカード」が選択されれば設定4以上が確定する。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

【クレアの秘宝伝~眠りの塔とめざめの石~】実戦記!REG先行で飲まれては追加投資を繰り返した結果とは!?(後半)│さむらい流スロプロ道

クレアの秘宝伝

初当りビッグ後のRTでボーナスを引かなかった場合は、上表の割合で終了画面が選択される。 「ビッグ後のRT中に1回だけボーナスを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通りで、基本パターンは奇数設定の可能性が、偶数設定示唆画面は偶数設定の可能性が大幅にアップ。 また、設定2以上確定画面の選択率も飛躍的にアップする。 「ビッグ後のRT中にビッグを引き、その後のRT中に再度ビッグorREGを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通り。 REG中のカード REG入賞後はまずモード抽選が行われ、設定5or6であれば全て銀カード以上が出現するハイモードが選択される可能性あり。 ただし、通常モードでもヒキ次第では5枚全てが銀カード以上になることもあるうえ、仮にハイモードが選択されていても「ハイモードが選ばれました」という告知は発生しないため、完全に見抜くことは不可能。 ……とは言え、ハイモードでは金カード以上の選択率が飛躍的にアップするため、「1回のREGで銀カード2枚・金カード3枚」のようなことが起こればハイモード濃厚となる。 また、金カードの選択率に関しては通常モードでも設定1と6で4倍の差が設けられているため要注目。 各モードごとの銅・銀・金・赤カード選択率詳細は下表の通りだ(画像タップorクリックで拡大)。 設定5or6のみ選択される可能性があるハイモード中は、金カードと赤カードの選択率が飛躍的にアップ。

次の