ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 73。 捨てられた皇妃【ピッコマ連載103話】あらすじ感想ネタバレ

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 翻訳

ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 73

捨てられた皇妃103話あらすじ感想 アリスティアとケイルアンの父娘デート 皇宮から帰る道すがら、アリスティアはパパと町にショッピングにやってきました。 やってきたのは礼服専門店。 最近流行のお店で、アリスティアが御用達にしている仕立て屋でした。 普段、隊の制服ばかり着ているケイルアンに、アリスティアが礼服や普段着を見繕うようです。 パパ、カッコいいけど、服装は無頓着なのですね。 ケイルアンが店の中を歩くと、店内にいる女性客たちから熱い眼差しが。 若くてカッコいいパパは、娘がいても人気者。 アリスティアも女性客たちの眼差しや囁く声に気づき、なぜ再婚しないのだろうと考えます。 アリスティアは母ジェレミアのことを覚えていないし、ふたりがどんな様子だったのか知らないから「再婚してほしくない」とか「パパにはママだけ」とか、それに似た感情とかは一切ないのかな。 パパの礼服を選んでいると、ケイルアンはアリスティアにも礼服を作るよう店主に声を掛けます。 さらに、その礼服にモニーク侯爵家の紋章を入れるようにと。 礼服に家の紋章が入るということは、後継者として正式に認めるという証。 これからは、必要であればケイルアンの代わりに一族の主人としての権限を行使することも認められたのでした。 アリスティアの目指す道にまた一歩近づいた日。 でも、ルブリスの想いとは、また一歩遠ざかった日。 紋章を付けた礼服姿のアリスティアを見て、ルブリスはショックを受けるのか、悲しい目をするのか。 近づきつつあるルブリスの王位継承 皇宮では、皇帝陛下が体調を崩して寝込んだようで、バタバタしていました。 ルブリスはやってきた家臣たちに、暑さで少し体調を崩しただけと言います。 そして、宰相のルースを呼び、内密に大神官テルティウスを探すことを指示します。 ルースの驚いた様子やルブリスの神妙な様子からすると、陛下の容体はかなり悪いのではないのかな。 アリスティアの転生前も、アリスティアが16歳の時にはすでに皇帝陛下は崩御していて、ルブリスが皇帝の座に就いていました。 それまでの時間は、あと1,2年。 皇帝陛下もこのまま・・・ということはないにしても、何かを行わないといけないから大神官を連れてこないといけないということなのでしょう。 もうその日は、刻一刻と近づいているようですね。 ジェレミアとの出会い アリスティアとケイルアンは、買い物を終えて歩いていると道を間違えてしまったよう。 その間違えた道の景色を見て、ケイルアンの様子が変わります。 何かを見つけたような、少し思い詰めるような。 人気のない路地で、何か見つめるような表情をしているケイルアン。 アリスティアが不安そうに見上げると、なんでもないとまた歩き出したふたりですが、アリスティアはそこでケイルアンに再婚はしないのか?と尋ねます。 しかし、ケイルアンはそこできっぱりと言いました。 彼女の代わりはいない。 彼女と生涯を共にする代償として、その身に流れる血をかけ皇家に忠誠を誓ったのだと。 ジェレミアを選んだことで、なぜ忠誠を誓うことになったのか。 以前ゼナ公爵が「汚れた血」と言っていた答えが、そこにあるのかもしれません。 早くそれがなんなのか知りたいのだけど、パパの回想でそこまで語られるのかな。 さっき、ケイルアンが気にかけていた路地は、ジェレミアと初めて会った場所。 通りかかったケイルアンが、暴漢に襲われているジェレミアに助けを求められた場所でした。 ここで次回へ。 やっとジェレミアのことがパパの口から語られますね。 次回の第104話はこちら.

次の

【少女・TL漫画好き歓迎】女性向け漫画のあらすじ(ネタバレ)と感想記事の作成をお願いします!【800文字でOK】のお仕事

ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 73

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、母が見たいと呟いたアタナシアを、不憫に思ったリリーとフィリックス。 フィリックスは、クロードに無理を言ってでも、記憶の魔法を使って、ダイアナをアタナシアに見せることはできないか頼もうとしていた。 だがそれは危険だと思ったアタナシアは、クロードに嫌われるからやめてと、とっさに止めに入る。 余計アタナシアは不憫に思われてしまうのだった。 クロードに呼び出され謁見室へ向かう途中、男主人公イゼキエルの父で、食わせ者のロジャー・アルフィアス公爵と遭遇する。 アタナシアをジェニットと見比べる視線にムカついたアタナシアは、ワンコのシロおじさんと呼び、牽制するのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」15話のネタバレ 謁見室に入ると、玉座に座ったクロードが待っていた。 部屋の前でアルフィアス公爵に会ったと説明するフィリックス。 アタナシアは、ワンコのシロに似てるシロおじさんだと言うと、クロードは、ところ構わず吠えるアイツにぴったりだと、ほんのり笑う。 アタナシアをおぶったフィリックスを見て、すっかり保母のようだとクロードは笑う。 何故か照れるフィリックス。 アタナシアはペロペロキャンディをフィリックスに渡すと、クロードに駆け寄った。 フィリックスは、アルフィアス公爵にはアタナシアと同じ位の男の子がいるので、話し相手にどうかと提案する。 アタナシアは金の玉座に見とれていたが、クロードの視線を感じ、アーティに友達ができるのかな、と会話に混ざる。 クロードは、子供二人遊びまわるようになってうるさくなるのは頂けない、まして公爵似の少年はお断りだと答える。 ジェニットより2、3歳上らしい男主人公イゼキエルには興味はあったのにと、アタナシアが考えていると、いつの間にかクロードに抱えあげられていた。 何故突然とパニックの彼女。 クロードは玉座の裏の壁にある、円形のカーテンを開く。 そこはなんと仮眠がとれるよう、ベッドとクッションが敷かれていたのだ。 そこにアタナシアをちょこんと置くクロード。 うるさい声を聞いたから疲れたという彼も一緒にそこに入る。 そして、相変わらずだらしなく上半身をローブからはだけさせたまま、すぐ横になる彼。 あの時歌った子守り歌を、また歌えとアタナシアに言う。 もう1ヶ月以上前のことだし、愛想をここで振り撒きたくないと思ったアタナシアは、忘れたと言って誤魔化す。 しかしクロードは諦めず、この謁見室で自分を殺そうとした者どもを返り討ちにし、首謀者を割り出そうと、記憶を強制的に呼び起こす魔法を使ったことがあると語る。 そのような魔法は数百種類は知っているが、それをお前に使うわけにはいかないな、先程は歌を知っているようだったのに今は忘れたと言うから、どうすれば記憶がもどるのか考えてみようと言い始めたので、すかさず思い出したというアタナシア。 こうして、アタナシアはクロードが満足するまで子守り歌を歌ったのだった。 しばらくして、陛下は眠られましたかと、フィリックスが声をかける。 クロードはすっかり熟睡したのか、アタナシアに髪を引っ張られても起きない。 アタナシアが返事をすると、無防備な姿を他人に見せる方ではないのに珍しい、姫様の歌がバッチリ効いたようだと、彼は話す。 フィリックスにまで歌を聴かれてたと知って恥ずかしいアタナシア。 すると、フィリックスは、この前はアタナシアの許可なく勝手に動こうとして申し訳なかったと謝る。 姫様が喜ばれるだろうと思ってしたことなのだと言われ、彼の思いやりに良心が痛むアタナシア。 彼女からも、叩いてごめんねと謝る。 フィリックスは、実は自分も幼い頃に母を失くしているのだと語り始めた。 彼の母は、陛下の乳母でもあったので、二人は乳兄弟なのだそうだ。 クロードがフィリックスに甘い理由はそれのようだ。 小さい頃は、自分より陛下ばかり構う母が少し憎く、母が死んだ直後は悲しくもなかったし、会いたいと思うこともなかったのだという。 しかし、ある日ふと、いつも持ち歩いていたハンカチにある、母が刺繍してくれた自分の名前を改めて見たときに、涙がこぼれたのだと話す。 生前も死後も、接点のない自分からは遠い存在だった母だが、たった一人の母だということには変わらず、恋しく思っていたのだと。 アタナシアは彼の話を聞いて、こんな話聞いていいのかな、自分は孤児だったからピンとこないなと思う。 だが、自分が本当にアタナシアだったのなら、母親の顔も知らずに育ちメイドに虐げられ、念願の父にようやく会えたアタナシアなら、どう思うだろうか。 彼女は本当のアタナシアならこう答えるだろうと考えて、ママに会いたくないと言ったのはウソだが、もう会わなくていいのというのは本当、だってパパがいるからと答えた。 ジェニットだけ偏愛してアタナシアを殺すクズ親父だけど、5歳ならこう言うだろう。 フィリックスは、姫様の願い事はなんですかと聞いてきたので、18歳でクロードに処刑されないことと答えたいところだが、パパがアーティをもっともっと好きになってくれることだと返事する。 アーティがパパを好きなようにこれくらいたくさんだと、私を殺したくなりませんようにの願いを込めて、説明する。 うとうとし、寝始めたアタナシア、その横で眠っているクロード。 アタナシアの話を聞いたフィリックスは笑い、優しい眼差しになり、その願い必ず叶いますよと呟くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」15話の感想 いつもだるそうなクロード用に、玉座の裏に仮眠室がありましたね。 護衛騎士が乳兄弟のフィリックスしかいないので、自分の身は自分で守れるだけの、魔法等で相当強い能力があるのでしょうが、そのせいで疲れやすいのでしょうか。 そんなクロード相手に、アタナシアも相当豪胆になってきて、子守唄忘れたなど誤魔化し始めたり、髪をひっぱったり、なかなかのキャラクターになってきましたね。 そんな彼女の願いは、18歳で殺されないこと。 そのために、クロードに愛される必要があります。 クロードの愛を求めるのは、娘だからではなく、生存をかけてですが、そんなことは知らないフィリックスは、二人の関係をとても素敵に感じるようですね。 いつかアタナシアの中にも、本当にクロードを愛する心が芽生えるのでしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

転生したら王女様になりました|無料漫画(まんが)ならピッコマ|マゼンタブラック/キム・レクナ(作画) 作家 ビチュ(原作)/DCC(製作社)

ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 73

そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争に絡んでいくことになります。 そんな中で育まれる、アデルとエリアスの恋愛を描いたファンタジー作品です。 毎週火曜日に最新話が更新されます 前回のあらすじは、大司教の証言によって、さらに追い詰められたマティアス。 ルトビッヒに問い詰められたアンドレア侯爵は、一族を守るためにマティアスを見限る。 マティアスは絞首刑に。 ルトビッヒが皇帝になった際の、一番の障害がこれで排除できた。 エリアスは会議が終わるや否や、アデルに気持ちを伝えるために走って屋敷へと向かう。 一方ルイは、約束通り体内の毒を除去してもらったが、毒のせいで老化が早まると言われていた。 これで贅沢な生活も、若さも美貌も全て失ってしまった。 移動中に皇宮の湖を見て、懐かしみ近寄る。 だが、またこの湖で運命を変えることができるのではないかと思いつき、湖の中へと進むのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「アデライド」73話のネタバレ 大きな花束と贈り物を抱えて屋敷に戻ったエリアス。 だがノエルから、昨日の朝、アデルは荷物を全てまとめ領地に戻ったと聞かされる。 出発前にマリにあったはずです、話を聞いてみますかと提案するノエル。 何故アデルは自分に黙って出て行ってしまったのだろうかと思うエリアス。 ひとまずマリに会うことにする。 アデルの出発直前、ノエルはアデルに、本当によろしいのかと尋ねていた。 アデルは、私が何故このようなことをしているのか本当はわかっているのでしょうと聞き返す。 このままであれば、私たちは何事もなく結婚するだろう、でも私はそうしたいと思わないと話した。 お互いの気持ちを確認できていない現状は、関係がもろいままだ、また同じことが起きてしまったら、簡単に亀裂が入ってしまうかもしれないと。 説明するのは難しいけど、この帰省はそうならないためのものだと理解してもらえないかと言う。 そのように悩まれていたのかと理解したノエルは、あとはお任せくださいと彼女に言うのだった。 そして現在。 エリアスはマリに会う。 アデルから何か聞いていないかと言うエリアスに、約束したカフェを下調べすること、ルイ様の件が解決次第自分にもくるように、旅費を置いていったことをマリは説明する。 他に話したことはないのかと、マリに詰め寄るエリアス。 すると、アデルがしっかり結婚について考えるために実家に戻ったと聞かされる。 彼女はとても悲しんでいたようだと聞き、エリアスはどうしてかと焦る。 マリは気まずそうに、令嬢がルイのことで仕方なく結婚したのではないかと聞いたら、閣下が答えてくれなかったので、自分を愛してはいないと思い、自分を愛してくれる人を捜しにいくのだと話していたと説明する。 エリアスはたじろぎ、ノエルは呆れる。 エリアスは、いかに自分が愚かだったかを悔やむ。 マリは、令嬢は自分から婚約の話を進めたのが失敗だったと言っていました、次は本当に愛してくれる人から誰もが羨むようなプロポーズをされることを望んでいますと話す。 さらに、実家に戻り次第、婚約破棄通知を送ると言っていましたという。 動揺したエリアスは、急ぎボルボン領に向かう、殿下にしばらく休暇をとることを明日伝えてくれと、ノエルに指示する。 休暇理由はどうするのかと聞かれ、聞いたことそのまま話して良いというエリアス。 殿下の余計な一言で婚約破棄されそうだと。 一方その頃、ルトビッヒのところに、聖女が湖に入り行方不明だという報告が入った。 騎士が止めるのも聞かず、湖の中に飛び込んだのだと。 現在、湖を捜索しているが見つからず、時間が経ったので生存は難しいだろうとのこと。 最終的に自殺したのか、敢えてその湖に入るとはと思うルトビッヒ。 あれほど贅沢な暮らしに執着していた女だから、全てを失うことに耐えられなかったのだろう。 でもそれは全て自分で選択したことだ。 ルーカスは、公爵にすぐ連絡するかと聞くが、ルトビッヒは、エリアスはしばらく休ませてやろうと言う。 それより、遺体が見つかったら神殿に送って欲しい、本来神殿所属の身分だったのだからと指示を出す。 ルトビッヒ的には、ようやくひと段落して恋愛に打ち込めるようになったのに、ここで邪魔したら、一生エリアスに恨まれる気がすると考えていたのだ。 その頃のエリアスは、アデルに追いつくために魔法陣を利用しようと、施設に駆け込んだのだった。 漫画「アデライド」73話の感想 エリアスがようやくアデルがいなくなったことを知りましたね。 しかもマリが原因を詳しく教えてくれました。 あまりのことにノエルですら呆れています。 態度がはっきりしないエリアスが悪かったですね。 アデルに尻を叩かれるような形で、エリアスはやっと気持ちを伝えようと決心しました。 女性不信がそうさせたのか、なかなか自分の感情を正確に理解するのに時間がかかりましたね。 アデルの望みは、愛してくれる人から誰もが羨むプロポーズをしてもらうこと。 エリアスはその条件を無事クリアできるでしょうか。 また、前回のルイ入水事件ですが、なんとまだ見つかっていませんでした。 もしかして本当に別の次元に転生したのでしょうか。 これでまた地球に戻ったら面白いんですけどね。 ルイは重要なキャラクターなので、これでハイサヨナラとはならないのかなと思います。 さて、アデルが婚約破棄通知を出すつもりだと聞いて、大慌てのエリアス。 魔法を使い急ぎ彼女のもとまで行くつもりのようですが、果たして間に合うでしょうか。 肝心のアデルは意外にまだショッピング中だったりして。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の