イタチ 忌避剤。 イタチ 駆除剤「強力 忌避一番 固形タイプ」イノシシ 対策 :8097:あっと解消 Yahoo!店

イタチ豆知識

イタチ 忌避剤

ゴキブリやイタチが屋根裏で運動会(動き回る)を始めてしまって困った…。 不運なことにイタチがお宅に住み着いてしまうと毎日のように夜も眠れないほどの騒音被害にあってしまいます。 ですが、相手は野生生物で、かつどこにどう潜んでいるかわかりません。 このような問題に直面した場合は駆除業者に頼むのが一番ですが、その前に自力で何とかしてみるのも一つの手です。 そこで今回オススメしたいのが「バルサン」。 バルサンでイタチは追い出すことが可能なんです。 今回の記事では、屋根裏や天井裏に住み着く『イタチの被害』にお悩みのあなたへ、イタチ駆除にバルサンのメリット・デメリット、使用方法~業者駆除の料金相場までのすべてを紹介します。 この記事を読んで実践して頂ければ、イタチを『住み着いた形跡ごと』屋根裏から追い出すことができるようになります。 ぜひ最後までお読みください。 2 イタチは『殺してはいけない』野生動物 バルサンの効果効能をお伝えする前に、知っておくべき法律があります。 『鳥獣類保護管理法』という法律です。 この法律により、イタチを勝手に捕まえたり、殺してはいけないんです。 鳥獣保護管理法 鳥獣保護管理法では、「鳥獣」を「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」と定義しています。 「鳥獣」の概念には、平成14年の法改正によりネズミ・モグラ類と海棲哺乳類が含まれることとなりました。 ただし、鳥獣保護管理法第80条の規定により、「環境衛生の維持に重大な支障を及ぼす鳥獣又は他の法令により捕獲等について適切な保護管理がなされている鳥獣」として、ニホンアシカ・アザラシ5種・ジュゴン以外の海棲哺乳類、いえねずみ類3種については、鳥獣保護管理法の対象外とされています。 環境省から引用: イタチを駆除する場合には、事前にイタチたちを『上手く追い出す』方法を把握し、段階を踏んで、屋根裏から着実に追い出しましょう。 2 イタチは『バルサン』で追い出すことができる イタチはバルサンから発せられる『大量の煙』を嫌う傾向にあるので、 『バルサン』のように煙を発する『燻煙剤(くんえんざい)』でも駆除することができます。 燻煙剤による駆除は、イタチ駆除の業者も用いる駆除手段ですので、バルサンを使えば、かなり多くのイタチを屋根裏から追い出せる可能性があります。 もちろんメリット・デメリットもあるのでそれぞれ紹介します。 バルサンを使う2つのメリット 屋根裏にいるイタチをバルサンで駆除すると、以下のようなメリットが得られます。 (1)即効性があり多くのイタチを追いやれる バルサンを使うメリットは、『煙』という『微粒子をふんだんに含有する空気』によって 『たくさんのイタチを野外へ追いやることができる』という点です。 固形忌避剤が『匂い』だけのアプローチであるのに対して、バルサンは『匂い』+『煙』のダブルアタックですから、固形忌避剤を単体で使用した場合よりも『即効性』が期待できます。 (2)ネズミも一緒に駆除できる 『ネズミ用』のバルサンを使えば、屋根裏に住み着いている『ねずみ』も一緒に駆除することができます。 ネズミ駆除のために、わざわざ殺鼠剤(さっそうざい)を買わなくても良くなるわけです。 ねずみはイタチの捕食の対象になる動物ですから、イタチを駆除する時に、ぜひとも一緒に追い出してしまいたいもの。 屋根裏にバルサンを使う時には『ネズミ用』の製品をチョイスされるとよいでしょう。 (1)お部屋が汚れる可能性がある 機密性の低い屋根裏でバルサンを使用した場合、階下にバルサンの煙や匂いが降りてきて、お部屋が汚れてしまう恐れがあります。 たとえば『6畳タイプ』のバルサンであれば、それより狭いお部屋(4畳半など)に使ってはいけません、と、バルサンの公式ページで紹介されているんです。 6畳より狭い部屋では使用しないでください。 できる限り部屋を開放して隣の部屋と合わせ、広さの合計に見合った用量の製品を使用してください。 引用: バルサンを購入する時は、『屋根裏の広さ』を正しく把握した上で製品を選びましょう。 (3)虫が室内に降りてくる危険性がある 屋根裏でバルサンを焚くと、バルサンの煙から逃れようとして、屋根裏に住み着いていた『ムカデ』や『ゴキブリ』などの虫が、室内に降りてきてしまう可能性も考えられます。 屋根裏から降りてきた虫に、室内で飼っている『猫』や『犬』が噛みついてしまうかもしれません。 イタチの体表には『病原菌や感染性ウィルスが付着している恐れがありますので、イタチの持つ病原菌やウィルスが、虫を通してペットに感染してしまう危険性があるんです。 ペットは『ペットケージ』で保護する バルサンを使う時は、ペットをゲージに入れて保護しておきましょう。 ゲージで保護しておくことで、ペットは自由に動き回ることができなくなりますので、屋根裏から降りてきた虫に噛みつくことはなくなります。 『イタチの病原菌』や『バルサンの薬剤』から、ペットを守ることができるんです。 3 バルサン以外で設置すると更に効果的な便利グッズ イタチはバルサンの他にも『嫌う匂い』があります。 屋根裏と階下との機密性が低く「虫が階下に下りてくるのが怖い」という皆さんは、以下のような『匂いの強い液体(もしくは薬液)』を、固形忌避剤と一緒に屋根裏に置いて、イタチ駆除を試みてください。 木酢液を設置する 木酢液(もくさくえき)とは、 木材を焼いて『炭』を作る際に生じる液体のこと。 厳密に言うと、炭を作る際に生じる『水蒸気』が冷却され、液体になった物質が、木酢液です。 木酢液には、『作物に住み着く害虫を駆除する』効果や、『作物の成長を促進する』効果が備わっているほか、『イタチ駆除の効果』も期待できます。 木酢液を水で薄め、小皿に少し注いで屋根裏に置いておくと、木酢液の『燻煙臭』と『酢酸臭』をイタチが忌避して、屋根裏を出ていくことがあるんです。 クレゾール石鹸液を設置する 『クレゾール石鹸液』とは、殺菌や消毒の際、水で希釈して使われる石鹸液です。 クレゾール石鹸液は、とても強い『薬品臭』がするため、イタチが忌避する傾向にある液体です。 クレゾール石鹸液を使用(希釈)する場合に必ず着用するもの• ゴム手袋• ゴーグルかメガネ LED電飾を付ける イタチは、キラキラと光る『ライト』が苦手です。 屋根裏に突然、たくさんの光が現れると、イタチは『自分たちが捕獲される』と危険を察知して、穴や隙間から出ていくんです。 イタチ駆除に、1つあると便利なのが『クリスマスツリーに巻きつけるLED電飾』です。 屋根裏の壁に『画鋲』や『テープ』を使ってLED電飾を貼り付けると、イタチは慌てて屋根裏から逃げていきますよ。 固形忌避剤を設置する イタチは、光の他に『強い匂い』を嫌います。 固形忌避剤は、100円ショップでも売られています。 最初から『価格の高い固形忌避剤』を購入するのではなく、100円ショップの『低価格な固形忌避剤』で、その効果を試してみるのもいいと思いますよ。 4 自分でできる『1番効果的な』イタチ駆除3つのステップ 屋根裏の騒音や糞尿被害をなくすために、あなたも実践できる『1番効果的なイタチ駆除方法』を紹介します。 屋根裏に住み着くイタチを、以下の手順に沿って完全に駆除しましょう。 手順に沿わなかった場合、イタチを完全に追い出すことができず、イタチ駆除に失敗してしまうかもしれませんので、必ず手順どおりに実践してくださいね。 ステップ1:屋根裏から1度追い出す まずは、屋根裏に住み着いたイタチを全て追い出しましょう。 『バルサン』を使用する場合の屋根裏• 屋根裏にある程度広いスペースがある。 断熱材と距離を置くことができる。 階下との機密性が高い。 こんな屋根裏には『バルサン』を使い、イタチを外へ、速やかに追い出します。 『LEDライト』を使用する場合の屋根裏• 屋根裏が狭い。 断熱材が敷き詰められている。 階下との機密性がそれほど高くない場合。 こんな屋根裏の場合には、クリスマスツリーに取り付けるLED電飾を屋根裏に設置し、ライトを点灯させて、イタチを『光』で威嚇して追い出します。 『固形忌避剤』や『木酢液』『クレゾール石鹸液』を、LED電飾といっしょに屋根裏にたくさん置けば、イタチの脱出を促すことができます。 ステップ2:侵入経路を塞ぐ 次に、侵入経路となる『穴』や『隙間』を『金網』や『板』でふせぎます。 屋根裏に通じる穴や隙間を完全に塞ぐことで、イタチは再び屋根裏に入り込むことができなくなります。 ステップ3:『再来防止対策』を施す イタチの侵入経路を塞いだ後、さらに実践していただきたいのが 『再来防止対策も講じておく』ということです。 私たち人間が、目にみえる穴や隙間を塞いだつもりでいても、より小さな穴や隙間を見落としている可能性は十分に考えられます。 『固形忌避剤』や木酢液、クレゾール石鹸液など、イタチが嫌う『匂いの元』を、『侵入経路(塞いだ穴や隙間)』の近くや、『イタチが巣を作っていたスペース』に設置しなおしてください。 イタチを追い出し、侵入経路を塞いだ上で固形忌避剤などを配置しておけば、イタチの再来を『かなりの確率』で防ぐことができます。 また、我々が見つけることのできなかった『穴』や『隙間』から、イタチが屋根裏に再び侵入してくる可能性は、全くの『0(ゼロ)』ではありません。 イタチが戻ってきたら、それこそまさに『イタチごっこ』です。 あなたは今後も、イタチの駆除に多大な『労力』と『精神力』を費やさなくてはなりません。 『いたちごっこ』が怖い場合や、イタチ駆除に疲れた時は、イタチの駆除を専門に行っている『駆除業者』へ、イタチの『本格的な駆除』を依頼するのがオススメです。 ただし、イタチ駆除を業者に依頼した場合、駆除に多額の『費用』がかかります。 イタチ駆除の業者は『イタチの侵入経路』を全て塞いでくれるので、翌年以降も『駆除の効果』がしっかり持続されるんです。 ご依頼主の方は、多大な『費用効果』を実感できるはずですよ。 駆除業者に依頼した場合の料金相場 肝心な『イタチ駆除の費用』ですが、イタチ駆除を業者に依頼した場合、平均的に、15,000~25,000円程度の『基本料金』がかかります。 ただし、15,000~25,000円程度の基本料金は、イタチの『捕獲』にかかる費用であることがほとんどです。 イタチの捕獲以外に、駆除する頭数や、糞尿の清掃・消毒作業も一緒に依頼すれば、だいたい、10万円程度の駆除費用がかかります。 10万円という駆除費用は、決して『安い!』と感じる金額ではありません。 しかし、駆除業者は、私たち素人にはどうしても実施しにくい、屋根裏の『清掃』や『消毒処理』を隅々まで、丁寧に行ってくれますので、イタチに荒らされた屋根裏をクリーンな状態に戻すことが可能です。 イタチ駆除に慣れている作業スタッフは、まるで大工さんのように、屋根裏を軽々と移動し、着々と駆除作業を終わらせてくれますよ。 『低価格』に騙されないで! イタチ駆除を宣伝している業者の多くは、自社のWEBサイトで『費用は低価格』であることを謳(うた)っています。 しかし、お安い費用に惹かれて『企業の信用性』を重視しなかった結果『サービスの悪い駆除業者』を選んでしまうこともあるので、『費用の安さ』には注意した方がよいでしょう。 『全ての作業が15,000円で済みます!』というような駆除業者は、一見サービスが良いように見えて、『駆除作業のクオリティ』に疑問符が付きます。 どの作業に、どういった費用がかかるのかを、書面などで提示してくれる駆除業者に相談すれば、他の駆除業者が提示してきた費用と比較できますし、依頼主が納得した上で駆除を依頼することができますよ。 まとめ 今回の記事では、屋根裏にイタチが住み着いてしまった時の『効果的な駆除方法』を紹介しました。 バルサンは、イタチの駆除に効果的です。 ただし、屋根裏の『機密性』によっては、イタチのk病原菌やウィルスを保有する虫が階下に入り込んできて、ペットがその虫に噛みついてしまう恐れもありますので、屋根裏の状態に合わせて駆除を行ってください。 機密性の高い屋根裏には… 『バルサン』を使った後で、イタチの侵入経路をふさぎ、イタチの侵入経路付近や、巣があった場所に『固形忌避剤』や『木酢液』『クレゾール石鹸液』をおいて、イタチの再来を防ぐ。 機密性の低い屋根裏には… 『クリスマスツリー用のLED電飾』を設置してライトをつけ、『木酢液』『クレゾール石鹸液』でイタチを追い出し、イタチの侵入経路をふさいだ上で、『固形忌避剤』『木酢液』『クレゾール石鹸液』を、イタチの侵入経路付近や、巣があった場所に置きなおす。 もしもご自身でイタチ駆除に成功したなら、『多大な駆除費用』をイタチのために捻出しないで済みます。 ですので、まずは『自分で駆除作業に挑戦できるか』を、屋根裏の『広さ』や『環境』から推測してみてください。

次の

大阪府/イタチでお困りの方へ

イタチ 忌避剤

ねずみの嗅覚はすごい ねずみは小さな生き物ですが、聴覚・嗅覚・触覚などが敏感であり、なかでも嗅覚は、イヌ並みとされています。 主に夜間に活動し狭いところを好む習性から、視覚はあまりよくなく、その分、鼻や耳、ヒゲを使って周囲を認識します。 ねずみの嗅覚細胞にある嗅覚受容体は1000種類を超えるとされています。 嗅覚受容体の種類が多ければ多いほど、感知する匂いの種類は増え、また匂いの成分がごく微量であっても匂いを嗅ぎ分けることができます。 ちなみに人間の嗅覚受容体は396種です。 単純に比較しても、ねずみの嗅覚は、人間の3倍近い能力を持っていることになります。 ねずみは匂いでエサを探し、また、他の個体やネコなどの天敵となる動物の存在を認識します。 ほんの小さな隙間から漏れ出てくるエサの匂いに誘われて家の中に入り込み、繁殖期には仲間を見つけて交尾を行います。 ねずみの大好物はチーズといわれますが、チーズは独特の強い匂いを持つため、ねずみにとって探しやすい食品のひとつでもあるのです。 また、ネコを飼う家にねずみがいないのは、ねずみがネコの匂いをさけて寄りつかないからともいわれます。 嗅覚の鋭さと学習能力が高いことを利用して、火薬や薬物探査を行わせる実験や研究なども行われているほどです。 ねずみが嫌いな匂いとは? ねずみは、ネコやイタチなどねずみの天敵の匂いのほか、わさびやカプサイシン 唐辛子の成分 、ユリの花、そしてハッカやミントなどのハーブの匂いを嫌います。 匂いに敏感なねずみにとっては、人間が平気な匂いでも耐えられないのでしょう。 また、嗅覚は繊細な感覚です。 あまり強い匂いに晒されると一時的に感覚が鈍くなり、エサの匂いや仲間の匂い、天敵の匂いなど、重要な匂いの嗅ぎ分けができなくなってしまいます。 このため、本能的に嫌いな匂いが強く香る場所には寄りつかないのです。 このような性質を利用して、ねずみを寄せ付けない対策法があります。 それが、「ハッカ」による対策です。 ハッカ以外にもねずみが嫌いな匂いは様々なものがありますが、手に入りやすく人間も気にならないハッカを利用することで、簡単にねずみを寄せ付けない対策が出来ます。 ハッカ油入りのねずみ忌避剤は、薬局などで材料を購入して自分で作ることができます。 ハッカ油とエタノール、精製水 コンタクト洗浄用などで売られているもの 、そしてスプレー容器です。 ハッカ油の量は5mlあれば充分です。 市販のハッカ油には「飲用できるもの」と「飲用できないもの」の2種類があります。 小さなお子さんがいる場合や安全性が気になる方は、「飲用できるもの」を選ぶといいでしょう。 とはいえ、ハッカ油そのものも強い刺激物であるため、作った忌避剤やハッカ油は、子供の手には届かないようなところにきちんと保管してください。 また、ハッカに含まれるリモネンには、「スチレン」という化学物質を溶かす性質があります。 そのため、忌避剤を入れるスプレー容器には、「ポリプロピレン(PP)」、「ポリエチレン(PE)」と書いてあるもの、またはガラス製を選びましょう。 「ポリスチレン(PS)」を選んではいけません。 作り方はとても簡単です。 まずハッカ油と、エタノール80mlを容器に入れて混ぜ合わせ、さらに精製水(コンタクトの洗浄用などで市販されているもの)10mlを混ぜれば完成です。 水分と油分が分離しやすいので、使用する直前に容器をよく振りましょう。 なお、作ったハッカ油入り忌避剤は、冷暗所に保管すれば10日間は有効です。 ハッカ油入りのねずみ忌避剤は市販のものもあります。 スプレータイプのものも多く、ノズル付きのものは、手が届きにくい狭い隙間の奥まで噴霧が可能です。 市販品の場合でも、使用しているハッカ油が天然由来のものかなどの違いがあり、また、ガスを混入することで噴射力を高めているものもあります。 自家製のものより強めの匂いがするものが多いようです。 また、液体ではなく固形のものもあります。 成分や持続時間に違いもありますので、購入の際には、成分一覧を確認するとよいでしょう。 次に、ハッカ入りの忌避剤を自宅で作ろうと思った場合、ハッカ油はどこで手に入れることが出来るのでしょうか。 そもそも、ハッカ油はねずみの対策用に作られたものではありません。 ハッカ油の使い方は様々で、掃除や虫よけスプレー、ヘアケア、ヘルスケア、納涼用など、さまざまな利用法があります。 一般的には薬局やホームセンターなどで手に入れることができ、全国的に有名なドラッグストアなどで購入することが出来ます。 医薬品ではないため、処方箋なども必要なく、お店に行ってそのまま購入することが出来ます。 大きなサイズや小さなサイズなど、販売されているハッカ油のサイズは様々ですが、小さめのサイズで十分間に合うでしょう。 ここからは、ねずみをハッカ油入り忌避剤で対策をする方法について見ていきましょう。 どこに噴射すればよい? ハッカ油入りのねずみ忌避剤の使い方ですが、ねずみの通り道や進入口などに、全般的に噴霧します。 ねずみは警戒心が強く、安全な場所を好んで移動します。 そのため、ねずみがよく通るところは、ねずみの足跡や体毛に付いた脂によって黒ずんだ汚れが残っていたり、フンが落ちていたりします。 持続的に忌避剤の効果を長持ちさせるためには、散布する場所をよく掃除して糞尿などのゴミを取り除き、しっかりと忌避剤が残るよう、丁寧に噴射していきます。 屋根裏や床下、部屋の四隅なども確認しておきましょう。 いつまで効果がある? 匂いの成分は空気中に拡散し、やがて薄れていきます。 匂いの持続時間は概ね6~12時間とされていますので、一日2~3回、ねずみがいなくなるまで毎日続けて噴霧しましょう。 また、ねずみの侵入を防ぐには、ねずみが入ってきそうな通気口などに定期的に散布しておくこともおすすめです。 なお、ハッカ油入りの忌避剤は、布や革製品や塗料などに吹き付けると変色してしまうこともあります。 家具や壁・床などに染みを作りたくないときは、予め、目立たないところで試してみるといいでしょう。 ねずみの被害では、電気や通信関係のケーブルをねずみが噛んでしまい、断線したり、ときにはショートして火災を引き起こしたりするケースが報告されています。 また、配管に巻かれている断熱材は、ねずみが巣材として好むウレタンなどが使われているため、ねずみの被害を受けやすい場所です。 これを防ぐには、屋内や天井などに伝わっている配線や配管に、ハッカ油入りの忌避剤をしっかり吹き付けておくことがおすすめです。 次に、ハッカ油入り忌避剤を利用するときに注意したい点を見ていきましょう。 使い過ぎに注意! ハッカ油による忌避剤が作れたからと言って、あまりにも使いすぎてあらゆるところに噴射しすぎると、人間の方がその匂いに参ってしまう可能性がありますので、やりすぎには注意が必要です。 また、ハッカ油の比率を多くして、ハッカの成分を多くすることもおすすめできません。 ハッカの匂いが嫌いじゃない方でも、あまりにも多くのハッカを利用することは、ストレスの原因にもつながる可能性がありますので、ほどほどに使用しましょう。 ペット(猫)を飼っている方は注意! ハッカ油に含まれる成分のうち、精油(エッセンシャルオイル)は、ネコの肝臓に深刻なダメージを与えます。 その他のペットにも悪影響を与えることがありますので、製品の注意事項をよく確認し、獣医師にも相談しましょう。 アレルギーがある方も注意が必要 また、皮膚が弱い人やアレルギーがある人、匂いに敏感な人にはなんらかの影響を与えることもあります。 自分にはアレルギーが無いと思っていて、ハッカ油を使うことで、思わぬトラブルになる可能性もあります。 ハッカ油を入れた忌避剤を利用して、異常を感じたら直ちに使用を中止して、他のねずみ駆除法を試してみましょう。 ねずみの駆除を本格的に行い、根本から解決したいという場合には、ハッカやその他の匂いだけの対処ではなく、専門業者による対策が必要となります。 ねずみによる被害は様々なものがあり、悪臭や糞、建物を傷つけるなど、人に影響を与えるものばかりです。 個人宅であればまだしも、飲食店を経営している方などであれば、特にその影響は計り知れません。 ねずみが飲食店に出たという場合、糞などから病原菌が広まり、食中毒を引き起こしてしまうなど、お店の存続にかかわるような重大な問題になりかねません。 そのような場合、ハッカなどの匂いで対応するという悠長なことは言っていられませんので、ねずみの駆除を専門とする専門業者に依頼して、本格的な駆除を行うべきでしょう。 特に、ねずみの生態を知り尽くした専門業者でなければ、ねずみを壊滅させたり、再発を防いだりすることは難しいため、ねずみが出た時点で、すぐに専門家に相談するべきでしょう。

次の

ネズミ イタチ 駆除 忌避剤 猫 忌避剤 小動物忌避剤 ネズミ忌避剤 4kg :1078886:Pocket Company

イタチ 忌避剤

商品情報 強力忌避一番は「ヘビ マムシ 、ムカデ、猪 イノシシ 、鹿 シカ 、野良犬 ノライヌ 、野良猫 ノラネコ 、イタチ、キツネ、コウモリなど」の害獣を臭いで遠ざける強力忌避剤です。 天然素材100%主に木タールなどの天然素材を使用しており、人や土壌にも安全です。 開封後は、蓋をしっかり閉めて保存してください。 ・生産国:日本 ・備考: 非農耕地用。 花木の傍で使用しても問題はありませんが、 色やニオイがつく場合がございます。 犬・ヘビ・ハクビシン・イノシシなど 小動物・害獣を臭いで遠ざける! 【 強力忌避一番 固形タイプ】 いや〜なニオイで害獣を遠ざける! イノシシ、アライグマ、シカ、イタチ、ハクビシン、キツネ、タヌキ、モグラ、ネズミ、ネコ、イヌ、コウモリ、ムカデ、ヘビなどを嫌な臭いで寄せつけません。 天然素材100%。 主に木タールなどの天然素材を使用しており、人や土壌にも安全です。 効果は約2ヶ月持続します! 動物が煙のニオイを嫌うのは本能的に危険な場所(山火事など)と認識して遠ざかるためです。 昔から伝わる先人の知恵を応用した忌避剤です。 人工的に山火事の初期のニオイを発生させるため、本能的に危険な場所と認識されます。 1個を置いた時の有効範囲は約2mです。 ネコ等は必ずフン・尿を取り除いてください。 近くにエサがあると効果が半減する事があります。 【追い出す】 入れたくない場所に既に対象物がいる場合、本製品を置いて一旦追い出さなければなりません。 追い出した後は、場所を囲うように本製品で臭いのバリアを張ってください。 防獣対策用品と併用して利用することが効果的です。 効果が少ない場合は量を増してください。 トレーから外してご使用ください。 土面に直接置く場合 2m間隔で設置。 イノシシやシカは、進入路(けもの道)に直接置いてください。 煙の臭いを警戒して進入方向を変える場合があります。 壁や木にかける場合 網状の袋(みかんネット等)を使用。 屋内やコンクリート上で使う場合 アルミホイル等でお皿を作り、設置してください。 ニオイや色が移りますので施工時は手袋を着用下さい。 お支払い方法> お急ぎの方は代金引換、またはカード決済をおすすめいたします。 (一部商品を除く) 配送・送料 本州・四国 770円 北海道・沖縄 1,540円 「送料無料」表示の場合 770円減算 クール便の場合(全国一律) 220円加算 一部の大型商品など 別途送料加算 1配送先ごとに送料をいただきます。 送料は通常料金となります。 ご了承ください。 【受取拒否】をされた場合、【往復送料・その他手数料】をご請求させていただきます。 送料無料の場合も同様です 【ギフト包装について】当店ではラッピングは行っておりません。 お届け日時指定 未指定の場合は最短でのお届けとなります。 返品・交換> 未開封・未使用商品のみを対象とさせていただきます。 商品到着から7日以内に、メールまたはお電話にてご連絡ください。 ご了承ください。 会社概要 株式会社ケイ・ウェーブ・ネット 〒737-0046 広島県呉市中通3-5-12 TEL:0120-988-008/FAX:0120-988-026 mail:koa kwn. jp 営業時間:9:00-18:00(日曜・祝日を除く) 納品書・領収書・見積書 ご注文履歴より領収書の発行(お客様にて印刷)が可能です。 見積書をご希望のお客様はくださいませ。 このホームページに記載の文章、写真、画像など、すべてのコンテンツの無断複写、転載等を一切禁じます。 Copyright 2017 C KWN All Rights Reserved.

次の