絆2 天井 恩恵。 【バジリスク絆2】テーブル5でスルー天井到達!7スルーの恩恵は複数ストックで期待枚数800枚超え!?

バジリスク絆2

絆2 天井 恩恵

前回の記事では、バジリスク絆2における導入前の事前スペックとして、設定1のBT期待値しか公表されていないバジリスク絆2における「設定毎のBT期待値」について考察してみました。 今回の記事では、前回算出した「設定毎のBT期待値」を基に、「 天井狙いの期待値」をシミュレーションで出してみたいと思います。 なお、既に公表されているスペック情報を基に、独自でシミュレーションをおこなった天井狙い期待値算出のため、あくまで参考程度に読んでもらえればと思います。 なお、打ち出しゲーム数は「0G」「100G」「200G」「300G」「400G」「500G」「600G」「700G」の8パターンで実行します。 シミュレーションを行う際に使用する主な数値は以下となります。 ・BC当せん確率 ・BT初当たり確率 ・通常BCからのBT当せん率 ・天井BCからのBT当せん率 ・1回あたりのBC獲得枚数期待値 ・1回あたりのBT獲得枚数期待値 ・天井ゲーム数 ・ベース 1Gあたりの使用枚数 ・BCスルー回数天井 シミュレーション結果 計16パターンを各1000セット分のシミュレーションを行った結果を以下に添付します。 シミュレーション結果の考察 上記項目で出したシミュレーション結果を独自考察してみます。 200Gから期待値はプラス 独自シミュレーションをおこなった結果を見てみると、設定不問で打ちだしG数「200G」から期待値はプラスになりそうです。 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井振り分け」が存在するそうで、今回の独自シミュレーションではこの振り分けを考慮していないため、毎回最大スルー回数天井 8回目 を選ぶようにしてしまっています。 ある意味、辛めのシミュレーションとも言えます。 なので、実際の期待値はもうちょい高くなりそうで、打ち出しG数も、もうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出し150Gくらいから期待値がプラスになりそう 奇数偶数設定で期待値が異なる BT性能が奇数偶数設定で多少異なるので、天井狙いの打ち出しゲーム数には、注意が必要となるでしょう。 奇数設定はBT性能高めで、偶数設定はBT性能弱めなので、なるべくなら奇数設定と思われる台を狙った方が期待値が高くなりそうです。 1回あたりの天井狙いの期待値は低い 天井狙いの期待値が一番高くなるのは、天井がより近いゲーム数である「打ち出し700G」ですが、その期待値は他の機種と比べてもかなり低いものとなっています。 バジリスク絆2自体がかなりのマイルドスペックなので、1回の天井狙いで大きく期待値を稼ぐというよりは、試行回数で期待値を稼ぐタイプとも言えそうです。 また、有利区間リセット後の700G~800Gで自力BCに当せんしてBT非当せんだった場合、有利区間がリセットされてしまうとの事なので、天井BCである同色BCの恩恵が受けれないケースも出てきます。 しっかりと天井BCの恩恵は受けれそうです。 とは言え、天井により近いG数での打ち出しは、少ない投資でBTに突入させれるチャンスなので、期待値が高いのは間違いないでしょう。 まとめ バジリスク絆2の天井狙いの期待値を独自シミュレーション 辛めのシミュレーション した結果、奇数偶数設定不問で期待値を得る為の打ち出しは以下となりました。 打ち出しゲーム数:200G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:400G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:600G~ 期待値1000円超えボーダー 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井の振り分け」が存在するとの事なので、それを考慮すると、打ち出しはもうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出しゲーム数:150G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:350G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:550G~ 期待値1000円超えボーダー 解説動画.

次の

【バジリスク絆2】天井狙い実践記 テーブル5にて7スルーからBT!最深部当選の恩恵は如何に!?|スロかっつ!

絆2 天井 恩恵

Contents• フリーズ確率 バジリスクシリーズの中ではトップクラスで出現率が低いです。 まずは小役ごとのPBC出現率。 8 どの小役でもかなり低い確率です。 因みにフリーズは、有利区間移行時にも抽選されます。 有利区間が移行するのは、以下のタイミング。 ・通常時800G消化の同色BCスルー時 ・BT終了時の次ゲーム BT終了後はこの画面で復活がなかった次ゲームがフリーズチャンス。 とはいえ、仮に1日10回有利区間を移行させたとしても、 6464日かかります笑 約18年近くかかる計算です… あんまり現実的ではないので、引けたらラッキーレベル。 有利区間移行時にチャンス目を引けたら…ちょっと叩きどころです。 実は今作のPBC確率は過去のバジリスクシリーズの中で最も出現率が低くなっています。 表にまとめてみました。 それでも、個人的に恩恵はトップクラスの性能だと思います。 フリーズの恩恵 フリーズの恩恵は以下の通り。 以下の小役成立時にストック抽選を行います。 小役 ストック当選率 リプレイB 10. BT中のシナリオは10種類用意されており、継続率だけで見れば2番目の性能を誇ります。 1番強いのはシナリオ9の 夢幻。 フリーズなのに、なんで夢幻じゃないんだと思われるかもしれませんが、激闘シナリオには裏があります。 継続に漏れたら40Gのエンディングに突入。 なので、最も有利区間を完走しやすいシナリオになってます。 因みに、BT開始画面が天善であれば、激闘 or 夢幻のシナリオになるので激熱です。 絆モードは、BC非当選まで継続するため引き次第ではエンディングや有利区間完走確定のチャンス。 が、 PBC30G+初回継続+2戦目継続落ちだと、約120Gくらいしか消化できないため、最低保証は350枚くらい。 6号機の特性上、 有利区間完走レベルの恩恵が確定するフラグはどうしても重くなります。 フリーズ自体が強すぎる&確率が高い場合だと、検定に通らない可能性が高いので仕方ないところですね… ただ、引ければ出玉面には期待できるので引けた時は期待して良し。 私自身も実際に引いてきたので、フリーズの威力がどんなもんか参考になれば幸いです。 通常時のリプレイBから朧カットイン! この日は旅打ちで山梨県にいました。 山梨県は私の住んでる地域と違って、意外とバジリスク絆2のハイエナが捗りました。 サブ液晶が通常時ですね。 正直知識が全然なかったので、BC確定くらいの認識でした。 マジで目押しミスりました。 見事PBC当選。 因みに、 リプレイBからはストック上乗せ特化ゾーンの月下殲滅の方が当たりやすいです。 PBCでは、1つBTをストックして激闘シナリオでスタート。 絆モードスタートなので、ここが1番大事なところ。 その後は、絆高確やBC中のストックを頑張る展開。 気付けば 13戦目も突破し、エンディング確定状態になりました。 あっさり13戦目を突破できたので、やはり80%ループは強い。 絆高確自体も、しっかり出てきてくれるのでここを活かせれば意外と簡単に行けるイメージです。 後は残有利区間との戦い。 有利区間の残りが40G近くになると、画面にもう終わりが近い有無が出てきます。 第3ボタン停止時に来世邂逅となり強制的にエンディングに移行します。 エンディングの条件は以下の通り。 ここにタイトル ・BT13戦目以降で非継続 ・獲得枚数が2240枚到達 ・有利区間の残りが40G 今回の場合は、 有利区間の残りが40Gなのでエンディング発生の流れです。 2000枚すら出ないのは、有利区間という落とし穴が… エンディングに関する小ネタ エンディングにいついては2つの小ネタがあります。 ・天井手前でのフリーズは2000枚取れない ・どんなに頑張っても2400枚は取れない 天井手前でのフリーズは2000枚取れない 今回、有利区間を完走した訳ですが、獲得枚数は2000枚以下です。 なので、通常時800Gに近ければ近いほどATを消化できる区間が短いです。 バジリスク絆2の有利区間は、 ・通常時のゲーム数 ・通常時に引いたBC消化ゲーム数 この2つを 1500Gから引いた値がATで消化できる区間になります。 BCは16G固定です。 最悪のパターンだと、 モード5でスルー回数7回の状態で天井到達の場合。 通常時の800G+前兆と、スルー回数7回分のBCと天井BCを消化した時になります。 となると、有利区間自体は 約930G消化されてるので 残りの有利区間は570Gとかなり少ない。 9枚なので、頑張っても1653枚。 引いて完走できただけありがたいんですけどね。 どんなに頑張っても2400枚は取れない バジリスク絆2は、 獲得枚数が2240枚に到達すると強制的にエンディングに移行します。 何故2400枚ではなく、2240枚なのか。 バジリスクシリーズは、基本的にART、ATが終了する時にはエンディングに入ります。 エンディングは40Gで、ベルは7枚役。 仮に、ベルを40連続引くと163枚の獲得です。 2240枚に163枚を足すと2403枚。 基本的にベル40連続は不可能に近いのですが、万が一達成されてもいいように2240枚に設定されています。 なので、現実的に一撃2400枚は不可能な仕様。 エンディングが無ければ行けたと思いますが、それやるとバジリスクじゃなくなりますね笑 なので、北斗、リゼロ、青鬼のように枚数調整は無意味になります。 ホールにはまだまだ狙い目の台は落ちてますし、増産予定でもある機種なので打つ頻度は多くなるかと思います。 フリーズの演出が微妙に前作と違うため、一見の価値あり。 個人的には、狙えのバー揃いからフリーズというのがバジリスク2を踏襲していて好きです。 読者様の元にもフリーズが降臨することを切に願っております。

次の

バジリスク絆2|天井恩恵 期待値 ハイエナ狙い目

絆2 天井 恩恵

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の