ゴシップ ガール カーター。 ゴシップガール【シーズン1】第4話 ネタバレあらすじ感想バッド・ニュース

ゴシップガール【シーズン1】第10話 ネタバレあらすじ感想上流社会

ゴシップ ガール カーター

ゴシップガール Gossip Girl ジャンル 出演者 ナレーター オープニング メトの階段(Steps of The Met) 製作 プロデューサー ジョシュ・シュワルツ ステファニー・サヴェージ 放送 放送局 放送国・地域 放送期間 - - 放送時間 39 - 42分 (CMを含め60分) 回数 121エピソード シーズン1 放送期間 - 回数 18 シーズン2 放送期間 - 回数 25 シーズン3 放送期間 - 回数 22 シーズン4 放送期間 - 回数 22 シーズン5 放送期間 - 回数 24 シーズン6 放送期間 - 回数 10 『 ゴシップガール』( Gossip Girl)は、の、およびそれをとするの。 テレビドラマ版は、からまでにて全6シーズン(全121話)が放送された。 最終回のみ2時間枠で放送され 、そのうち前半の1時間はスタッフとキャストのインタビューをまじえた回顧特集であった。 では、に開局20周年記念番組として放送開始。 にはでも放送を開始した。 また、、、、など多数の定額動画配信サービスにて、全シーズンが日本語吹き替え付きで配信されている。 2012年3月、オールキャストによる中国版『ゴシップガール』の製作が報じられた。 アメリカ版のジョシュ・シュワルツ、ステファニー・サヴェージらが参加する正式なタイトルであり、2012年11月に放送開始。 、アメリカの「」にて版『ゴシップガール』が主演で配信される予定。 当初はに配信予定としていたが、の感染拡大による影響で制作並びに撮影開始が遅れているため、延期となった。 また、シーズン2で登場した演じる若き日のリリーを主人公としたの話もあった が、実現はしていない。 本項では、2007年放送開始のテレビドラマ版を中心に記述する。 概要 [ ] ・、の東側に位置する高級住宅街を舞台とし、名門私立学校に通う富裕層の高校生を中心に描いた恋愛群像劇。 原作本は全米でに発売され、シリーズ通算で400万部のとなった。 日本ではからより順次発売された。 全11巻。 エピソード・フォーマット [ ] テレビ版のすべてのエピソードは、シーズン1のエピソード1で登場したセリーナ・ヴァンダーウッドセンの目撃写真が掲載されたゴシップガールのサイトで始まり、後に前回までのあらすじ紹介があり、最後にはまた近日の出来事に関係する別の人物が掲載されたゴシップガールのサイトが表示される。 ゴシップガール役の声優であるクリスティン・ベルが、上記に合わせて下記のようにナレートする形式で進められる。 彼女今までどこにいたの?セリーナ 私の正体? それは絶対に秘密 みんな私のこと好きだよね ハグ&キス ゴシップガール Where has she been? "Serena" And who am I? That's one secret I'll never tell. You know you love me… XOXO, Gossip Girl. ストーリー [ ] シーズン1 ・の。 ハイソサエティなこの街の高校生は、酒に、、、そしてお金。 何でも無制限にアクセス可能。 自分の体面さえ保てばどんなにハメを外そうとお咎めなしなのだ。 そしてそんな彼らの間で人気を集めているのは、正体不明の「ゴシップガール」なる人物が管理する情報サイト。 街の人気者に関する目撃情報で成り立つこのサイトで、今もっとも注目されているのはセリーナ・ヴァンダーウッドセン。 1年前、何も言わずに街を去りの寄宿学校に転校してしまった彼女が、なんと突然舞い戻ってきたからだ。 長身にブロンドの完璧なセリーナは、女子なら誰もがなりたがり、男子なら誰もが手に入れたがる女の子。 そんなセリーナの突然の帰還は、ゴシップ好きの高校生たちの間で大きな波紋を巻き起こす。 シーズン2 夏が終わり、ついにハイスクールの最終学年を迎えたアッパー・イーストサイドの住人達。 セリーナはダンとの破局後、ひとりきりの夏を過ごし、ブレアはチャックが現れなかった旅先から恋人の大学生を連れてアッパーイーストサイドへ帰ってくるが、当然チャックはおもしろくなく2人はぶつかり合う。 一方ネイトはセリーナを隠れ蓑にで人妻と不倫。 学校がはじまり、セリーナとダンは久々の再会をするが、新学期早々転校生とデートの約束をするダンにセリーナの心中は複雑。 ブレアは取り巻きのオーディションをはじめるが、チャックはブレアをクイーンの座から降ろす策略を始める。 一方、ジェニーは引き続きブレアの取り巻きにいじめられる学校にうんざりし、ファッション業界へ希望を見いだす。 シーズン3 ついに高校を卒業。 セリーナは夏の間世界各地でハメを外し、たくさんのゴシップとたくさんのパパラッチと、何故かカーターを引き連れてアッパーイーストサイドへ帰ってくる。 アッパー・イースト・サイドの夏も終わろうとしているが、まだまだホットなブレアとチャック。 二人は刺激的な関係を保つために危険なゲームを始める。 高校ではジェニーが新しい女王として君臨。 ダンやヴァネッサとともに大学へ行くブレアだが寮のルームメートは、なんとジョージーナだった。 大学でも女王の座を狙うがアッパーイーストサイドとは流儀の違いにブレアは困惑する。 そして、大学にあるセレブガールが入学してくる。 シーズン4 ブレアとセリーナは夏休みをで過ごしていた。 傷心のブレアがある日大好きなマネの絵を見ていると、ルイと名乗る男性が声をかけてくる。 彼も同じ絵が好きだということで意気投合した二人は、ディナーの約束をするが、別れ際、ルイに話しかけてきた運転手が「グリマルディ」、「大使館」と話すのを耳にしたブレアは、ルイをの王子だと思い込む。 その頃チャックもパリに居たが、なぜか見知らぬ女性にヘンリーと呼ばれている。 一方、ニューヨークでは、ダンと連絡が取れず心配したルーファスに頼まれたヴァネッサが様子を見に行くとダンの元には予想外のことが起きていた。 ネイトが出会ったジュリエットはの学生。 一見普通の大学生のようだが、セリーナに対し策略をしている模様。 シーズン5 夏休みをで過ごすセリーナは、監督のデヴィッド・O・ラッセルにアシスタントとして採用されハリウッドで働いていた。 ハンプトンで休暇を過ごしていたダンは、ジェレマイア・ハリスと遭遇し、『ヴァニティ・フェア』に載る小説が「君の文体によく似ている」と言われる。 一方、ブレアは結婚式の準備で、母親ソフィーの言いなりになるルイに対し、不満を募らせていた。 シーズン6 夏からバートと一緒に自宅に戻ったリリーは、セリーナが行方不明であることに気づく。 急いでネイトに連絡するが、彼にも心当たりはなかった。 世界各地で夏を過ごしていたアッパー・イースト・サイドの面々たちにも行方不明の連絡が届き、ダンとジョージーナはから、ブレアはから、チャックはからニューヨークへ帰ってくる。 net」の管理人。 の人気者たちに関する情報や事件をいち早くスクープする。 嫌味と皮肉の利いた言い回しと毒舌が物語を盛り上げる。 その正体は誰にも知られていなかったが、シーズン6の最終話にてその正体が発覚する。 長身ににブルーの瞳を持つ、誰もが羨むパーフェクトな美人。 何をしていても格好よく誰に対してもフレンドリーで、いつも超然としている。 以前はアッパー・イースト・サイドの話題の中心に君臨するパーティーガールだった。 しかし一緒に薬物を摂取していた友人がにより瀕死になった際、自己の保身のために助けを呼ばずその場から逃げてしまう。 結果友人は死亡し、その捜査と人を殺してしまった現実から逃げるため、ひっそりとを離れのに転校。 その1年後、ニューヨークに舞い戻る。 当初は過去を反省して酒類も口にせず品行方正だったが、ダンとの三度目の別れを経験して以降は、以前の尻軽ぶりを発揮、昔の知人・友人・友人の彼氏・既婚者・ワンナイト・母校の教師に至るまで、男に見境がないようになった。 母親のリリーからは「昔のセリーナに戻った」と言われたり、親友のブレアとの喧嘩の際には、度々「誰とでも寝る女」と言われる始末。 に進学予定であったが、自分のやりたいことが分からず入学を1年延期する。 その後シーズン4から、へ。 有名ファッションデザイナーの令嬢。 、に憧れている。 高飛車で傲慢な性格であり、合格後には、自ら「完璧な人生」と豪語している。 負けず嫌い、嫉妬深く意地悪であるが、それは親友セリーナに対する劣等感や母からのプレッシャーが影響している。 また、悪知恵がまわり、策略にも長けているが、それゆえ自らがその策に溺れてしまうこともしばしばある。 学校では進んで委員会や企画の議長を務める優等生であり、を専攻している。 恋人のネイトと父親と同じイエール大学へ進学することが目標だったが挫折し、ダンたちと同じに通うこととなる。 その後シーズン4から、へ。 ネイトに振られたショックで、チャックと一夜の関係を持ってしまう。 以降、当初は毛嫌いしていたチャックと惹かれ合うようになり相思相愛の関係となるが、お互いのプライドなどが邪魔してしまい、なかなか関係が上手くいかない。 過去にを抱えていた。 「子供たちには高等な教育を受けさせたい」と考えた父の勧めで、ネイトやチャックと同じ学校に通っている。 文学オタクでアッパー・イースト・サイドのお金持ち高校生には馴染めないダンだったが、ひょんなことから片想いをしていたセリーナと急接近し、恋人となる。 第2シーズンで破局。 に進学する。 原作ではやを好む寡黙な青年として描かれているが、ドラマではそういった描写はなく、皮肉屋で緊張すると喋りすぎてしまうという設定。 どこをとっても魅力的なルックスの持ち主で、幼い頃から周囲の期待通りに何不自由なく育ってきた。 いつも自分の感情を押し殺す側に回ってきたが、最近ではそのことに窮屈さを感じている。 恋人のブレアとは幼稚園の頃からの付き合いだが、実は過去に一度関係を持ったセリーナのことを忘れられずいた。 少々世間知らずで優柔不断だが、紳士的で優しい性格。 に進学する。 コンスタンス・ビラード学園の人気グループ(特にブレア)に憧れる下級生。 ほかの同級生のように自由に洋服を買えない環境で育ったが、裁縫やカリグラフィが得意という手先の器用さで乗り切ってきた努力家。 しかし、そのためか、上昇志向も人並み外れて凄く、トラブルを起こすことしばしばある。 ダンがセリーナと仲良くなったことを素直に喜び、別居している両親には復縁してほしいと願っていた。 上級生の仲間入りをしようと周りに合わせるばかり、次第に自分を見失っていったことに気付き、ありのままの自分に戻る。 しかし後にブレアに認められ、次の学園の女王に指名される。 またその服飾の才能を開花させ、その道で生きていくことを決意する。 ルーファスとリリーの再婚後は、アッパー・イースト・サイドの人間、セレブになろうと必死にもがくが、やがてまた自分自身を見失っていき、セレブ相手のドラッグディーラーをしたりと非行に走り、周りの人間たちを裏切り傷つけてしまう。 その後、ルーファスの判断により、マンハッタンから離れるため、離婚した母がいるへ転校させられる。 シーズン4では本来はレギュラーであるにも関わらず数話しか登場せず、後にレギュラーから降板した。 億万長者のを父親に持つ御曹司。 幼馴染のネイトとは親友。 自己中心的で女好き、な一面が強い。 しかし、仲間のピンチなどには、その行動力、頭脳、財力を活かしたトラブルシューター的な役割を果たし、なにかと頼りになる存在でもある。 また、派手で強気な外見とは裏腹に、実は繊細な心の持ち主でもある。 遊びのつもりだったブレアと生まれて初めて本当の恋に落ちる。 父が事故で他界した後はその後を継ぎ、経営に乗り出す。 父親とは自らを産むために命を落とした母親などのこともあり、確執があった。 だが、実は母親は生きており、のちに再会したその母から自らの出生の秘密を知らされる。 母親の愛に飢えていた彼は、自らを身勝手な理由で捨てた母親を許し受け入れ、ひとときの家族の幸せを味わった。 しかし、その後、再び彼女に裏切られ、母であることも否定されてしまい、絶望する。 ちなみにの連絡先をの短縮ダイヤルに登録している。 ファッションでは独自のこだわりを持ち、スカーフを巻いていることが多い。 また、顎を触るのが癖である。 一年前にに引っ越したが、バンドをしている姉とに戻ってきた。 家族同然に育ったダンとは、過去に相愛の仲だったこともある。 映画監督を目指している聡明な女の子で、勉強だけでなく文学やカルチャーの知識も豊富。 で、にあるカフェでアルバイトをしている。 に進学。 シーズン4でレギュラーを降板した。 物語を代表するで、己のためには平気で人を騙すなど手段を選ばない。 セリーナ同様友人の死の現場におり、捜査から逃げるためにアッパー・イースト・サイドを去っていたが、突如戻ってきた。 かつてのででもあるセリーナが改心しようと努めているのが気に食わず、秘密を武器に彼女を脅していたが、ブレアとチャックにより厳格な両親を呼び出され、薬物更生施設に送られる。 その後、さらにのキャンプに送られついに改心したかに見えたが、それさえも周りを騙すための芝居で、実際は以前の計算高いのままであった。 に戻った後もに進学し、自分を貶めたブレアや改心したと思い一時期付き合ったダンに執着し、裏で様々な策を講じていた。 その後、ロシアへ行くが、妊婦となって再びマンハッタンに戻ってくる。 そして、ダンに子供を押しつけ、再び姿を消してしまう。 ロックバンド「リンカーンホークス」のギターボーカル。 ブルックリンでアートギャラリーを経営している。 画家の妻アリソンとは別居後離婚する。 セリーナの母リリーとは20年程前に交際しており、現在でも心を惹かれ合っていた。 その後リリーと結ばれるが、昔リリーが二人の子供を出産し養子に出していたことを知り、困惑する。 資産家で。 音楽、リック・ローズの娘。 の寄宿学校を退学になりに引っ越す。 入学を機にウィリアム・ヴァンダーウッドセンと結婚する前まで、ルーファスのグルーピーであり恋人であった。 チャックの父であるバート・バスと再婚するが、バートが事故死するとルーファスと再婚。 ジェニーとは義姉兼親友。 のため、リハビリ施設であるオストロフ・センター(Ostroff Center)に入院していた。 アッシャーホーンスビーとの交際を騙ったジェニーと仲違いし一度絶縁したが、再度復縁し親友となる。 その後同級生のジョナサン・ホイットニーと付き合い始めるが破局。 その次にはウォルドーフ家と同じマンションに住むエリオット・ガーフィールドと交際を始める。 サブキャラクター [ ] ドロータ・キェシロフスキ(Dorota Kishlovsky) 演 - ズザンナ・シャコフスキー ウォルドーフ家のメイド。 ブレアのお気に入りで母親のように慕っている。 ブレアを甲斐甲斐しく世話するだけでなく、彼女の策略や復讐の手伝いもする。 以前は伯爵夫人というであったが、家族と夫と決別するために2004年に移住しウォルドーフ家で働いている。 その後、ヴァンダーウッドセン家のドアマンのロシア人、ヴァーニャと結婚し娘のアナスタシアを出産する。 エレノア・ウォルドーフ(Eleanor Waldorf) 演 - ブレアの母。 「Eleanor Waldorf Designs」のデザイナー兼オーナー。 数十年来の夫、ハロルド・ウォルドーフがフランス人の男性モデルと駆け落ちしたため離婚。 ハロルドのセクシュアリティには気付いていた。 その後離婚弁護士のサイラス・ローズと再婚。 夏休みに一度ジェニーをインターンとして雇う。 アン・アーチボルド(Anne Archibald) 演 - フランシー・スウィフト ネイトの母。 名門出身。 の婚約指輪をブレアにあげるとブレアの母に約束するが、以後両者は破局した。 夫のハワードが有罪判決を受けたことで資産が凍結されマンハッタンのも差し押さえられ、ネイトはハンフリー家に一時的に預けられた。 チャックの尽力で資産は取り戻せたが、夫の出所後まもなく離婚届を提出した。 ハワード・アーチボルド(Howard Archibald) 演 - サム・ロバーズ ネイトの父。 銀行家。 長年ネイトに恋心を抱いている。 最終学年の新学期から、他の取り巻きと共にジェニーへのを開始する。 に入学する。 イザベルの親友で、を専攻している。 春休みに両親とともにに帰国する。 ケイティの親友。 自分の欠陥品のをヴァネッサにプレゼントする。 母親のの特注ドレスをジェニーに盗まれる。 他のメンバーと異なり、比較的ジェニーに友好的であったが、アッシャーとの関係で嘘をつかれその後ジェニーを見捨てる。 から直々にヴァイオリンを贈られたり、・のソルボンヌのサマースクールに参加するなど、学校生活でブレアとライバルであり、イェール大学を目指している。 で2400点中、2360点を取得した。 両親が(TriBeCa)の半分を所有している。 エピソード [ ] 原題のタイトルは実在する映画のタイトルを拝借、又はもじったものである。 ゴシップガールの全シーズン シーズン エピソード 米国の放映日 平均視聴世帯 百万 シーズン初回 シーズン最終回 18 2007年9月19日 2007-09-19 2008年5月19日 2008-5-19 2. 6 25 2008年9月1日 2008-09-01 2009年5月18日 2009-5-18 2. 8 22 2009年9月14日 2009-09-14 2010年5月17日 2010-5-17 2. 0 22 2010年9月13日 2010-09-13 2011年5月16日 2011-5-16 1. 6 24 2011年9月26日 2011-09-26 2012年5月14日 2012-5-14 1. 2 10 2012年10月8日 2012-10-08 2012年12月17日 2012-12-17 0. 9 シーズン1 [ ] 初放映日• アメリカ:にて2007年9月19日 - 2008年5月19日• 日本:にて2009年4月16日 - 8月17日 No. タイトル 監督 タイトルの基となった映画 放映日 合衆国視聴世帯(百万) 1 1 "Sが帰ってきた! " "Pilot" - 2007年9月19日 2007-09-19 3. 50 2 2 "ワイルド・ブランチ" "The Wild Brunch" Mark Piznarski The Wild Bunch 2007年9月26日 2007-09-26 2. 48 3 3 "アイビー・ウィーク" "Poison Ivy" Poison Ivy 2007年10月3日 2007-10-03 2. 75 4 4 "バッド・ニュース" "Bad News Blair" The Bad News Bears 2007年10月10日 2007-10-10 2. 80 5 5 "デアデビル" "Dare Devil" Daredevil 2007年10月17日 2007-10-17 2. 41 6 6 "仮面舞踏会" "The Handmaiden's Tale" The Handmaid's Tale 2007年10月24日 2007-10-24 2. 52 8 8 "バースデー・ガール" "Seventeen Candles" すてきな片想い 2007年11月14日 2007-11-14 2. 95 9 9 "感謝祭" "Blair Waldorf Must Pie! " Mark Piznarski John Tucker Must Die 2007年11月28日 2007-11-28 2. 93 10 10 "上流社会" "Hi, Society" Patrick Norris High Society 2007年12月5日 2007-12-05 2. 44 11 11 "ロマンの休日" "Roman Holiday" Roman Holiday 2007年12月19日 2007-12-19 1. 81 12 12 "スクール・ライズ" "School Lies" Tony Wharmby School Ties 2008年1月2日 2008-01-02 2. 19 13 13 "バッドフェロー" "The Thin Line Between Chuck and Nate" Norman Buckley バッドフェロー A Thin Line Between Love and Hate 2008年1月9日 2008-01-09 2. 27 14 14 "ブレア・ビッチ・プロジェクト" "The Blair Bitch Project" J. Miller Tobin The Blair Witch Project 2008年4月21日 2008-04-21 2. 50 15 15 "セリーナを探して" "Desperately Seeking Serena" Michael Fields マドンナのスーザンを探して 2008年4月28日 2008-04-28 2. 53 16 16 "オール・アバウト・マイ・ブラザー" "All About My Brother" All About My Mother 2008年5月5日 2008-05-05 2. 12 17 17 "デスパレートな女たち" "Woman on the Verge" Tony Wharmby Women on the Verge of a Nervous Breakdown 2008年5月12日 2008-05-12 2. 71 18 18 "恋のから騒ぎ" "Much 'I Do' About Nothing" Norman Buckley Much Ado About Nothing 2008年5月19日 2008-05-19 3. 00 ゴシップガール - コンプリートボックス(シーズン1) 作品詳細 特典• 18話• ディスク5枚• 字幕: 英語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語、ポルトガル語、タイ語• 追加シーン• NGシーン(Blooper)• ミュージックビデオ• Downloadable audiobook of the original best-selling novel read by Christina Ricci• Featurettes• The Beginning, XOXO: Conception to Execution• Gossip Girl Couture• A Gossip Girl Wedding 発売日 2008年 2008年 2008年 2009年 シーズン2 [ ] 初放映日• アメリカ:にて2008年9月1日 - 2009年5月18日• 日本:にて2010年4月15日 - 2010年10月7日 No. # タイトル 監督 タイトルの基となった映画 放映日 合衆国視聴世帯(百万) 19 1 "恋しくて" "Summer, Kind of Wonderful" J・ミラー・トビン (Some Kind of Wonderful) 2008年9月1日 2008-09-01 3. 43 20 2 "キケンな情事" "Never Been Marcused" マイケル・フィールズ (Never Been Kissed) 2008年9月8日 2008-09-08 3. 25 21 3 "ダークナイト" "The Dark Night" マイケル・フィールズ (The Dark Knight) 2008年9月15日 2008-09-15 3. 73 22 4 "EXファイル" "The Ex Files" ジム・マッケイ The X-Files 2008年9月22日 2008-09-22 3. 33 23 5 "セリーナはまた昇る" "The Serena Also Rises" パトリック・ノリス The Sun Also Rises 2008年9月29日 2008-09-29 3. 40 24 6 "イェールへの道" "New Haven Can Wait" ノーマン・バックリー Heaven Can Wait 2008年10月13日 2008-10-13 3. 31 25 7 "チャック・イン・リアルライフ" "Chuck in Real Life" ノーマン・バックリー ダン・イン・リアルライフ(Dan in Real Life) 2008年10月20日 2008-10-20 3. 03 26 8 "ジェニーのプレタポルテ" "Pret-a-Poor-J" ヴォンディ・カーティス=ホール (Pret-a-Porter) 2008年10月27日 2008-10-27 3. 05 27 9 "ゼア・マイト・ビー・ブラッド" "There Might Be Blood" マイケル・フィールズ There Will Be Blood 2008年11月3日 2008-11-03 3. 16 28 10 "虚栄のかがり火" "Bonfire of the Vanity" デヴィッド・フォン・アンケン The Bonfire of the Vanities 2008年11月10日 2008-11-10 2. 88 29 11 "偉大なるアーチボルド家の人々" "The Magnificent Archibalds" ジャン・ド・セゴンザック The Magnificent Ambersons 2008年11月17日 2008-11-17 2. 89 30 12 "素晴らしき嘘" "It's A Wonderful Lie" パトリック・ノリス (It's a Wonderful Life) 2008年12月1日 2008-12-01 3. 11 31 13 "オー・ブラザー" "O Brother, Where Bart Thou? " ジョー・ラザロフ (O Brother Where Art Thou) 2008年12月8日 2008-12-08 2. 99 32 14 "さまようチャック" "In the Realm of the Basses" トニー・ワームビー (In the Realm of the Senses) 2009年1月5日 2009-01-05 2. 96 33 15 "遺言と共に去りぬ" "Gone with the Will" トリシア・ブロック (Gone with the Wind) 2009年1月12日 2009-01-12 2. 85 34 16 "ユー・ガット・イェール" "You've Got Yale! " ジャニス・クック=レナード ユー・ガット・メール(You've Got Mail) 2009年1月19日 2009-01-19 2. 22 35 17 "愛の狩人" "Carnal Knowledge" リズ・アレン (Carnal Knowledge) 2009年2月2日 2009-02-02 2. 31 36 18 "エイジ・オブ・イノセンス" "The Age of Dissonance" Norman Buckley エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(The Age of Innocence) 2009年3月16日 2009-03-16 2. 33 37 19 "グランドファーザー" "The Grandfather" J・ミラー・トビン (Godfather) 2009年3月23日 2009-03-23 2. 25 38 20 "Jの名残り" "Remains of the J" アリソン・リッディ・ブラウン (The Remains of the Day) 2009年3月30日 2009-03-30 2. 45 39 21 "過越祭" "Seder Anything" ジョン・スティーヴンス (Say Anything) 2009年4月20日 2009-04-20 2. 37 40 22 "南部紳士は金髪がお好き" "Southern Gentlemen Prefer Blondes" パトリック・ノリス (Gentlemen Prefer Blonds) 2009年4月27日 2009-04-27 1. 97 41 23 "Gの復活" "The Wrath of Con" ジャニス・クック=レナード スター・トレック2/カーンの逆襲(Star Trek II: The Wrath of Khan) 2009年5月4日 2009-05-04 2. 22 42 24 "ヴァレー・ガールズ" "Valley Girls" マーク・ピズナルスキー 未定 2009年5月11日 2009-05-11 2. 30 43 25 "グッバイ・ゴシップガール" "The Goodbye Gossip Girl" ノーマン・バックリー (The Goodbye Girl) 2009年5月18日 2009-05-18 2. 23 シーズン3 [ ] 初放映日• アメリカ:にて2009年9月14日 - 2010年5月17日• 日本:にて2011年4月21日 - 2011年9月15日 No. # タイトル 監督 タイトルの基となった映画 放映日 合衆国視聴世帯(百万) 44 1 "" 2009年9月14日 2009-09-14 2. 55 45 2 "" Amanda Lasher 2009年9月21日 2009-09-21 1. 97 46 3 "" 2009年9月28日 2009-09-28 2. 36 47 4 "Dan de Fleurette" 2009年10月5日 2009-10-05 2. 08 48 5 "Rufus Getting Married" 2009年10月12日 2009-10-12 2. 36 49 6 "" John Stephens Jake Coburn 2009年10月19日 2009-10-19 1. 98 50 7 "How to Succeed in Bassness" Sara Goodman 2009年10月26日 2009-10-26 2. 31 51 8 "The Grandfather: Part II" Mark Piznarski Lenn K. Rosenfeld 2009年11月2日 2009-11-02 1. 98 52 9 "" Amanda Lasher 2009年11月9日 2009-11-09 2. 37 53 10 "" Leila Gerstein 2009年11月16日 2009-11-16 2. 23 55 12 "" 2009年12月7日 2009-12-07 2. 21 56 13 "" Tony Wharmby Sara Goodman 2010 年3月8日 2010 -03-08 1. 73 58 15 "The Sixteen Year Old Virgin" Leila Gerstein 2010年3月22日 2010-03-22 1. 90 59 16 "The Empire Strikes Jack" Joe Lazarov Jake Coburn 2010年3月29日 2010-03-29 1. 69 60 17 "Inglourious Bassterds" Jean de Segonzac Lenn K. Rosenfeld 2010年4月5日 2010-04-05 1. 74 61 18 "The Unblairable Lightness of Being" Jeanne Leitenberg 2010年4月12日 2010-04-12 1. 86 62 19 "Dr. Estrangeloved" Robert Hull 2010年4月26日 2010-04-26 2. 74 64 21 "Ex-Husbands and Wives" Norman Buckley Sara Goodman 2010年5月10日 2010-05-10 1. 79 65 22 "" J. 96 No. タイトル 原題の基となった映画タイトル 備考 1 運命の逆転 Reversals of Fortune Reversal of Fortune 2 ドンの条件 The Freshman The Freshman 3 ロストボーイ The Lost Boy The Lost Boys 4 愛と宿命のダン Dan de Fleurette 5 ルーファスの結婚 Rufus Getting Married Rachel Getting Married 6 イヴの誤算 Enough About Eve All About Eve 7 バス式出世する方法 How to Succeed in Bassness How To Succeed in Bussiness Without Really Trying 8 グランドファーザー PARTII The Grandfather: Part II The Godfather: Part II 9 ひとりぼっちのハンフリー They Shoot Humphreys, Don't They? 10 ラスト・デイズ・オブ・ディスコスティック The Last Days of Disco Stick ラスト・デイズ・オブ・ディスコ 11 黄金のセリーナ The Treasure of Serena Madre 黄金 12 バート再び The Debarted The Departed 13 ハート・ロケット The Hurt Locket The Hurt Locker 14 レディ・バニッシュ The Lady Vanished The Lady Vanishes 15 16歳のヴァージン少女 The Sixteen Year Old Virgin The 40 Year Old Virgin 16 バス帝国の逆襲 The Empire Strikes Jack The Empire Strikes Back 17 イングロリアス・バスターズ Inglourious Bassterds Inglourious Basterds 18 存在のブレない軽さ The Unblairable Lightness of Being The Unbearable Lightness of Being 19 ヴァンダーウッドセンの異常な愛情 Dr. Estrangeloved Dr. Strangelove: Or How I Learned To Stop Worrying and Love The Bomb 20 おかしなおかしなおかしなパパ It's a Dad, Dad, Dad, Dad World It's A Mad Mad Mad Mad World 21 元夫たち、妻たち Ex-Husbands and Wives Husbands and Wives 22 ラスト・タンゴそしてパリ Last Tango, Then Paris Last Tango in Paris シーズン4 [ ] 初放映日• アメリカ:にて2010年9月13日 - 2011年5月16日• 日本:にて2012年4月19日 - 2012年9月13日 No. in series No. in season Title Directed by Written by Original air date U. 84 68 3 "" Amanda Lasher 2010年9月27日 2010-09-27 1. 78 69 4 "" 2010年10月4日 2010-10-04 2. 00 70 5 "Goodbye, Columbia" 2010年10月11日 2010-10-11 1. 78 71 6 "" Jake Coburn 2010年10月25日 2010-10-25 1. 88 72 7 "War at the Roses" Jessica Queller 2010年11月1日 2010-11-01 1. 82 73 8 "Juliet Doesn't Live Here Anymore" Jeanne Leitenberg 2010年11月8日 2010-11-08 1. 78 74 9 "The Witches of Bushwick" Sara Goodman 2010年11月15日 2010-11-15 1. 06 77 12 "The Kids Are Not All Right" KJ Steinberg 2011年1月24日 2011-01-24 1. 58 78 13 "Damien Darko" Jeremiah Chechik Leila Gerstein 2011年1月31日 2011-01-31 1. 51 79 14 "Panic Roommate" Andrew McCarthy Jake Coburn 2011年2月7日 2011-02-07 1. 62 80 15 "It-Girl Happened One Night" Alex McNally 2011年2月14日 2011-02-14 1. 32 81 16 "While You Weren't Sleeping" Norman Buckley Sara Goodman 2011年2月21日 2011-02-21 1. 57 82 17 "Empire of the Son" Robert Hull 2011年2月28日 2011-02-28 1. 39 83 18 "The Kids Stay in the Picture" Jessica Queller 2011年4月18日 2011-04-18 1. 43 84 19 "" Amanda Lasher 2011年4月25日 2011-04-25 1. 55 85 20 "" Andrew McCarthy Leila Gerstein 2011年5月2日 2011-05-02 1. 27 86 21 "Shattered Bass" Sara Goodman 2011年5月9日 2011-05-09 1. 20 87 22 "" Patrick Norris Joshua Safran 2011年5月16日 2011-05-16 1. 36 No. タイトル 原題の基となった映画タイトル 備考 1 昼顔たち Belles de Jour Belle de Jour フランス・イタリア合作映画 2 パリの告白 Double Identity Double Indemnity 3 大学生 The Undergraduates The Graduate 4 黒い罠 Touch of Eva Touch of Evil 5 さよならコロンビア Goodbye, Columbia さよならコロンバス 6 小悪魔Jはなぜモテる?! Easy J Easy A 7 ローズ邸の戦争 War at the Roses The War of the Roses 8 ジュリエットの恋 Juliet Doesn't Live Here Anymore Alice Doesn't Live Here Anymore 9 ブッシュウィックの魔女たち The Witches of Bushwick The Witches of Eastwick 10 ガス燈 Gaslit Gaslight 11 ザ・タウニー The Townie The Town 12 キッズ・ノット・オールライト The Kids Are Not Alright The Kids Are All Right 13 ダミアン・ダーコ Damien Darko Donnie Darko 14 パニック・ルームメイト Panic Roommate Panic Room 15 或る夜のイット・ガール It-Girl Happened One Night It Happened One Night 16 あなたが寝てない間に While You Weren't Sleeping While You Were Sleeping 17 息子の帝国 Empire Of The Son Empire of the Sun 18 くたばれ! アッパーイーストサイド The Kids Stay in the Picture くたばれ! ハリウッド ドキュメンタリー映画 19 ペティ・イン・ピンク Petty in Pink Pretty in Pink 20 プリンセスたちと魔法のキス The Princesses and the Frog The Princess and the Frog 21 策略の天才 Shattered Bass Shattered Glass 22 ロング・グッドバイ The Wrong Goodbye The Long Goodbye シーズン5 [ ] 初放映日• アメリカ:にて2011年9月26日 - 2012年5月14日• 日本:にて2013年4月18日 - 2013年9月26日 No. in series No. in season Title Directed by Written by Original air date U. viewers in millions 88 1 "" 2011年9月26日 2011-09-26 1. 37 89 2 "Beauty and the Feast" Mark Piznarski Sara Goodman 2011年10月3日 2011-10-03 1. 34 90 3 "The Jewel of Denial" Amanda Lasher 2011年10月10日 2011-10-10 1. 27 91 4 "Memoirs of an Invisible Dan" 2011年10月17日 2011-10-17 1. 16 92 5 "The Fasting and the Furious" Peter Elkoff 2011年10月24日 2011-10-24 1. 36 93 6 "I Am Number Nine" Jake Coburn 2011年11月7日 2011-11-07 1. 26 94 7 "The Big Sleep No More" Dan Steele 2011年11月14日 2011-11-14 1. 24 95 8 "" Austin Winsberg 2011年11月21日 2011-11-21 1. 35 96 9 "" Natalie Krinsky 2011年11月28日 2011-11-28 1. 32 97 10 "" Vince Misiano Amanda Lasher 2011年12月5日 2011-12-05 1. 28 98 11 "" Sara Goodman 2012年1月16日 2012-01-16 1. 29 99 12 "" Peter Elkoff 2012年1月23日 2012-01-23 1. 11 100 13 "" Mark Piznarski Joshua Safran 2012年1月30日 2012-01-30 1. 39 101 14 "The Backup Dan" Matt Whitney 2012年2月6日 2012-02-06 1. 25 102 15 "Crazy, Cupid, Love" Austin Winsberg 2012年2月13日 2012-02-13 1. 13 103 16 "Cross Rhodes" Amy B. Harris 2012年2月20日 2012-02-20 1. 00 104 17 "The Princess Dowry" Andrew McCarthy Jake Coburn 2012年2月27日 2012-02-27 1. 11 105 18 "Con Heir" Joe Lazarov Annemarie Navar-Gill 2012年4月2日 2012-04-02 0. 97 106 19 "It Girl, Interrupted" Amanda Lasher 2012年4月9日 2012-04-09 0. 98 107 20 "Salon of the Dead" Natalie Krinsky 2012年4月16日 2012-04-16 1. 06 108 21 "Despicable B" David Warren Austin Winsberg 2012年4月23日 2012-04-23 0. 99 109 22 "Raiders of the Lost Art" Jake Coburn 2012年4月30日 2012-04-30 1. 02 110 23 "The Fugitives" Andy Wolk Matt Whitney 2012年5月7日 2012-05-07 0. 83 111 24 "The Return of the Ring" Sara Goodman 2012年5月14日 2012-05-14 1. 14 No. タイトル 原題の基となった映画タイトル 備考 1 イエス・ゼン・ゼロ Yes, then Zero レス・ザン・ゼロ 2 美女と饗宴 Beauty and the Feast Beauty and the Beast 3 否定の輝き The Jewel of Denial The Jewel of the Nille 4 透明人間ダン Memoirs of an Invisible Dan Memoirs of an Invisible Man 5 ワイルド・セレブ The Fasting and the Furious The Fast and the Furious 6 アイ・アム・ナンバー9 I Am Number Nine I am Number Four 7 ビッグ・スリープ・ノー・モア The Big Sleep No More The Big Sleep 8 すべての美しいネタ All The Pretty Sources All The Pretty Horses 9 ローズ・トゥ・パーディション Rhodes to Perdition Road To Perdition 10 サンキュー、ボーイズ Riding In Town Cars With Boys サンキュー、ボーイズ 11 ことの終わり? The End of The Affair? The End of the Affair イギリス・アメリカ合作映画 12 花嫁と神父 Father and the Bride Father of the Bride 13 GG G. アメリカ:にて2012年10月8日 - 2012年12月17日• 日本:にて2014年5月22日 - 2014年7月24日 No. in series No. in season Title Directed by Written by Original air date U. 78 113 2 "High Infidelity" Annemarie Navar-Gill 2012年10月15日 2012-10-15 0. 78 114 3 "Dirty Rotten Scandals" Natalie Krinsky 2012年10月22日 2012-10-22 0. 95 115 4 "Portrait of a Lady Alexander" Matt Whitney 2012年11月5日 2012-11-05 0. 66 116 5 "Monstrous Ball" Sara Goodman 2012年11月12日 2012-11-12 0. 73 117 6 "Where the Vile Things Are" Dan Steele 2012年11月19日 2012-11-19 0. 72 118 7 "Save the Last Chance" Jessica Queller 2012年11月26日 2012-11-26 0. 84 119 8 "It's Really Complicated" Jake Coburn 2012年12月3日 2012-12-03 0. 06 121 10 "" Mark Piznarski Stephanie Savage 2012年12月17日 2012-12-17 1. 55 No. 共演は、、、、ら。 前作で「ゴシップガールの声」としてナレーションを担当していたも続投予定。 当初はに配信予定としていたが、による影響で配信開始が延期となり、に10話構成で配信する予定にしている。 関連商品 [ ] 書籍 [ ] 『ゴシップガール』の原作(全11巻)がより発売されている。 タイトル 原題 日本発行日 ISBN ゴシップガール1 Gossip Girl ゴシップガール2 恋するセレブ篇 You Know You Love Me ゴシップガール3 セレブなバカンス篇 All I Want Is Everything ゴシップガール4 バレンタインにそわそわ篇 Because I'm Worth It ゴシップガール5 いつも誰かに恋してる篇 I Like It Like That ゴシップガール6 もうすぐ春がやってくる篇 You're the One That I Want ゴシップガール7 卒業だなんて信じられない篇 Nobody Does It Better ゴシップガール8 今夜もパーティは終わらない篇 Nothing Can Keep Us Together ゴシップガール9 はじめてのお仕事にパニック篇 Only in Your Dreams ゴシップガール10 愛してるって言いたくて!篇 Would I Lie to You? ゴシップガール11私のこと、好きだよね!篇 Don't You Forget About Me また、ジェニー・ハンフリーを主人公にした小説『』も出版されている。 ソーシャルゲーム [ ] によってアイテム課金制で化されており、よりとに対応したにて『 ゴシップガール〜NYで恋の予感〜』が提供されている。 よりスマートフォン用のネイティブアプリとして、よりスマートフォン用ので、よりスマートフォン用のゲームで、よりスマートフォン用ので、12月18日よりフィーチャーフォンとスマートフォンに対応したGREEで(それに伴い『ゴシップガール〜NYで恋の予感〜』は終了)、『 ゴシップガール〜セレブな彼の誘惑〜』が配信された。 ジャンルは共に。 テレビドラマの世界観を元に制作され、原作の登場人物はもちろんゲームオリジナルの新たなキャラクターも登場し、恋愛ストーリーやアバターを楽しむことができる。 プレイヤーは転校生で物語の主人公となる全編オリジナルストーリー。 ゲーム中のイラスト担当は。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 出典 [ ]• TheFutonCritic. com• The Hollywood Reporter 2012年7月8日付• TheFutonCritic. com. 2012年10月31日付. Zap2it. 2012年12月17日付. 最終回のネタバレあり。 ハリウッドチャンネル 2012年3月7日. 2012年3月7日閲覧。 com. 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 VOGUE JAPAN 2020年5月27日. 2020年5月29日閲覧。 Medianet 2008年5月28日. 2010年4月13日時点のよりアーカイブ。 2009年7月3日閲覧。 Medianet 2009年5月19日. 2009年6月23日時点のよりアーカイブ。 2009年7月3日閲覧。 Deadline. com. 2010年5月27日. Gorman, Bill 2011年6月13日. TV by the Numbers. 2011年10月16日閲覧。 TV Series Finale 2012年5月15日. 2012年5月17日閲覧。 Your Entertainment Now. 2007年9月27日. Medianet 2007年10月2日. 2011年5月1日時点のよりアーカイブ。 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年10月9日. 2015年2月18日時点のよりアーカイブ。 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年10月16日. 2011年5月1日時点のよりアーカイブ。 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年10月23日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年10月30日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年11月13日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年11月20日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年12月4日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2007年12月11日. 2009年7月5日閲覧。 Bill Gorman 2008年1月2日. TVByTheNumbers. com. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2008年1月8日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2008年1月15日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2008年4月29日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2008年5月6日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2008年5月13日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2008年5月20日. 2009年7月5日閲覧。 Medianet 2008年5月28日. 2009年7月5日閲覧。 2009年7月5日閲覧。 TVShowsOnDVD. 2009年7月5日閲覧。 2009年7月5日閲覧。 2009年7月2日閲覧。 jbhifionline. com. 2009年7月5日閲覧。 [ ]. TV by the Numbers. September 10, 2008. Retrieved September 8, 2010. TV by the Numbers. September 17, 2008. Retrieved September 8, 2010. 2008-12-02 at the.. TV by the Numbers. September 23, 2008. Retrieved September 8, 2010. Tv by the Numbers. September 30, 2008. Retrieved September 8, 2010. Tv by the Numbers. October 7, 2008. Retrieved September 15, 2010. TV by the Numbers. October 21, 2008. Retrieved July 6, 2010. TV by the Numbers. October 29, 2008. Retrieved July 6, 2010. Tv by the Numbers. November 4, 2008. Retrieved September 15, 2010. Tv by the Numbers. November 11, 2008. Retrieved September 15, 2010. Tv by the Numbers. November 18, 2008. Retrieved September 15, 2010. TV by the Numbers. November 25, 2008. Retrieved November 4, 2010. TV by the Numbers. December 9, 2008. Retrieved July 6, 2010. Tv by the Numbers. December 16, 2008. Retrieved September 15, 2010. TV by the Numbers. January 13, 2009. Retrieved July 6, 2010. TV by the Numbers. January 21, 2009. Retrieved July 6, 2010. TV by the Numbers. January 27, 2009. Retrieved July 6, 2010. TV by the Numbers. February 10, 2009. Retrieved July 6, 2010. TV by the Numbers. March 24, 2009. Retrieved July 6, 2010. TV by the Numbers. March 31, 2009. Retrieved July 5, 2010. TV by the Numbers. April 7, 2009. Retrieved July 6, 2010. TV by the Numbers. April 28, 2009. Retrieved July 6, 2010. Tv by the Numbers. May 6, 2009. Retrieved September 15, 2010. TV by the Numbers. May 12, 2009. Retrieved February 2, 2012. 2009-10-05 at the.. Tv by the Numbers. May 19, 2009. Retrieved September 15, 2010. Tv by the Numbers. May 27, 2009. Retrieved September 15, 2010. Calabria, Rosario 2009年9月22日. Your Entertainment Now. 2010年11月24日閲覧。 TV by the Numbers. September 22, 2009. Retrieved July 5, 2010. Your Entertainment Now. October 5, 2009. Retrieved November 2, 2010. TV by the Numbers. October 6, 2009. Retrieved July 5, 2010. Your Entertainment Now. October 19, 2009. Retrieved November 2, 2010. TV by the Numbers. October 20, 2009. Retrieved July 5, 2010. TV by the Numbers. October 27, 2009. Retrieved July 5, 2010. TV by the Numbers. November 3, 2009. Retrieved July 5, 2010. TV by the Numbers. November 10, 2009. Retrieved July 5, 2010. Your Entertainment Now. November 23, 2009. Retrieved November 2, 2010. Your Entertainment Now. December 7, 2009. Retrieved November 2, 2010. TV by the Numbers. December 8, 2009. Retrieved July 5, 2010. TV by the Numbers. March 9, 2010. Retrieved November 2, 2010. TeenDramaWhore. March 30, 2010. Retrieved November 4, 2010. 2010-03-27 at the.. TV by the Numbers. March 23, 2010. Retrieved July 5, 2010. TV by the Numbers. April 6, 2010. Retrieved July 5, 2010. TV by the Numbers. April 13, 2010. Retrieved July 5, 2010. 2010-04-29 at the.. TV by the Numbers. April 27, 2010. Retrieved July 5, 2010. 2010-05-07 at the.. TV by the Numbers. May 4, 2010. Retrieved July 5, 2010. Your Entertainment Now. May 17, 2010. Retrieved November 2, 2010. Your Entertainment Now. May 17, 2011. Retrieved April 24, 2012. Calabria, Rosario T. 2010年9月21日. Your Entertainment Now. 2010年11月2日閲覧。 Calabria, Rosario T. 2010年9月28日. Your Entertainment Now. 2010年11月2日閲覧。 Gorman, Bill 2010年9月28日. TV by the Numbers. 2010年10月1日時点のよりアーカイブ。 2010年9月28日閲覧。 Seidman, Robert 2010年10月5日. TV by the Numbers. 2010年10月7日時点のよりアーカイブ。 2010年10月5日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月12日. TV by the Numbers. 2010年10月14日時点のよりアーカイブ。 2010年10月12日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月26日. TV by the Numbers. 2010年10月29日時点のよりアーカイブ。 2010年10月26日閲覧。 Seidman, Robert 2010年11月2日. TV by the Numbers. 2010年11月6日時点のよりアーカイブ。 2010年11月2日閲覧。 Gorman, Bill 2010年11月9日. TV by the Numbers. 2010年11月9日閲覧。 [ ]• Seidman, Robert 2010年11月16日. TV by the Numbers. 2010年11月17日閲覧。 Gorman, Bill 2010年12月1日. TV by the Numbers. 2010年12月1日閲覧。 Gorman, Bill 2010年12月7日. TV by the Numbers. 2010年12月7日閲覧。 Seidman, Robert 2011年1月25日. TV by the Numbers. 2011年1月25日閲覧。 Gorman, Bill 2011年2月1日. TV by the Numbers. 2011年2月1日閲覧。 Seidman, Robert 2011年2月8日. TV by the Numbers. 2011年2月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年2月15日. TV by the Numbers. 2011年2月15日閲覧。 Seidman, Robert 2011年2月23日. TV by the Numbers. 2011年2月23日閲覧。 Gorman, Bill 2011年3月1日. TV by the Numbers. 2011年3月1日閲覧。 Seidman, Robert 2011年4月19日. TV by the Numbers. 2011年4月19日閲覧。 Gorman, Bill 2011年4月26日. TV by the Numbers. 2011年4月27日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月3日. TV by the Numbers. 2011年5月3日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月18日. TV by the Numbers. 2011年5月18日閲覧。 Gorman, Bill 2011年9月27日. 2011年9月27日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月4日. 2011年10月5日閲覧。 Gorman, Bill 2011年10月11日. 2011年10月11日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月18日. 2011年10月18日閲覧。 Gorman, Bill 2011年10月25日. 2011年10月25日閲覧。 Seidman, Robert 2011年11月8日. 2011年11月9日閲覧。 Gorman, Bill 2011年11月15日. 2011年11月15日閲覧。 Gorman, Bill 2011年11月22日. 2011年11月23日閲覧。 Seidman, Robert 2011年11月30日. 2011年11月30日閲覧。 Gorman, Bill 2011年12月6日. 2011年12月7日閲覧。 Gorman, Bill 2012年1月18日. 2012年1月18日閲覧。 Seidman, Robert 2012年1月24日. 2012年1月24日閲覧。 Gorman, Bill 2012年1月31日. 2012年1月31日閲覧。 2012年2月9日時点のよりアーカイブ。 2012年2月7日閲覧。 Biel, Sara 2012年2月22日. 2012年2月25日時点のよりアーカイブ。 2012年2月22日閲覧。 Amanda Kondolojy 2012年2月28日. TV by the Numbers. 2012年2月28日閲覧。 Bibel, Sara 2012年4月3日. TV by the Numbers. 2012年4月18日閲覧。 Bibel, Sara 2012年4月10日. TV by the Numbers. 2012年4月18日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月17日. TV by the Numbers. 2012年4月17日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月24日. TV by the Numbers. 2012年4月24日閲覧。 Bibel, Sara 2012年5月1日. TV by the Numbers. 2012年5月1日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月8日. TV by the Numbers. 2012年5月8日閲覧。 Bibel, Sara 2012年5月15日. TV by the Numbers. 2012年5月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年10月9日. 2012年10月11日時点のよりアーカイブ。 2012年10月10日閲覧。 Bibel, Sara 2012年10月16日. TV by the Numbers. 2012年10月18日時点のよりアーカイブ。 2012年10月17日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年10月23日. TV by the Numbers. 2012年10月26日時点のよりアーカイブ。 2012年10月24日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年11月6日. TV by the Numbers. 2012年11月6日閲覧。 Bibel, Sara. TV by the Numbers. 2012年11月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年11月20日. TV by the Numbers. 2012年11月20日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年12月4日. TV by the Numbers. 2012年12月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年12月18日. TV by the Numbers. 2012年12月18日閲覧。 クランクイン!. 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• (日本語)• (英語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• - (英語) 木曜25:08枠 前番組 番組名 次番組.

次の

ゴシップガール

ゴシップ ガール カーター

ブレアはNYU(ニューヨーク市立大学)へ入学し、ここでも大学の女王を目指し敢えて学生寮に移り住みます。 しかし寮のルームメートは、宿敵のジョージーナでした。 更にブレアの上流階級丸出しの行動は、周りから浮いてしまいます。 セリーナはやりたいことが見つからないと悩み、ブラウン大学への入学を躊躇します。 【3話予告】 NYUへ入学したダンは、ジョージーナと付き合い始めます。 一方、セリーナは自分の父親探しに協力してくれたカーターと付き合いことにしました。 順調に交際を重ねていたスコットとヴァネッサ・エイブラムズ(ジェシカ・ゾア)でしたが、スコットはNYUの学生でないことが判明します。 【4話予告】 NYUに映画スターのオリビア・バークが入学するという噂が流れます。 ダンはオリビアのことを良く知りません。 ある朝、ダンはコーヒーを買おうとしましたが、財布を忘れたことに気が付きます。 コーヒーを諦めようとしていたダンに、かわいい学生がお金を貸してくれます。 それをきっかけに、2人はデートを重ねます。 【5話予告】 リリーとルーファス・ハンフリー(マシュー・セトル)の関係がギクシャクし始めます。 お互いが大切な存在であることに再度気付いた2人は、結婚式を挙げようとします。 ダンがオリビアと付き合いだしたことを知ったジョージーナは、それを不快に思い、結婚式にリリーとルーファスの実の子供であるスコットを連れて現れます。 【6話予告】 NYUでは保護者も参加するディナーが行われ、選ばれた新入生が乾杯役と共にスピーチを行います。 この乾杯役を行う最終候補者にオリビアとヴァネッサが残ります。 オリビアはディナーへ参加しないためヴァネッサが乾杯役になる予定でしたが、ブレアが策略を行い、乾杯役を奪おうとします。 一方、バックリー家に捕まったカーターは、バックリー家が保有する油田で強制労働されそうになりますが、セリーナが助け出そうとします。 【7話予告】 チャックは自分が計画していたクラブの開店準備をしていました。 クラブオープンイベントを開催し、セリーナにその広報を依頼しました。 これを面白く思わないブレアは、チャックの意に反し、なかなか取得出来なアルコール販売許可をチャックが敵対するジャックに取得出来るように協力を要請します。 セリーナは上司KCに言われ、このイベントでオリビアと元恋人のパトリックを復縁させる計画を立てますが、イベント当日、アルコール販売許可書が偽物であることが判明し、警察がクラブへ乗り込んできます。 【8話予告】 ネイトの従妹トリップが選挙に出馬します。 その開票日にトリップ陣営で行われるパーティーに、セリーナはパトリックを連れて行くようにKCから依頼されます。 しかしながら、ネイトとはカーターの一件以来、仲違いしていたセリーナはトリップのパーティーに招待されていませんでした。 トリップは選挙で劣勢に立たされますが、川で溺れた人を救助したことがメディアに報じられて票を伸ばします。 【9話予告】 上流階級の子女が社交界へデビューする舞踏会が開催されます。 ジェニー・ハンフリー(テイラー・モムセン)は舞踏会へ参加をするにあたり、最高のエスコート役を探していました。 女子の中で一番人気のグラハムからエスコート役を受諾する旨の連絡がジェニーに入ります。 ちょっとしたことでジェニーはブレアと仲違いしてしまします。 グラハムのことを良く思っていないエリックと協力して、舞踏会直前にグラハムはジェニーのエスコート役を降り、ジェニーはエスコート役無しとなってしまいます。 【10話予告】 ダン、オリビア、ヴァネッサは3Pの夜以降、お互いを意識してしまい関係がギクシャクします。 オリビアは、ヴァネッサを見るダンの視線が普通でないと思い、ダンを問い詰めます。 一方、議員に当選したトリップの事務所で働き始めたセリーナは、お互いが惹かれあっていくことに困惑します。 ネイトにそのことを相談しますが、不倫は良くないので自分から距離を置くように諭されます。 【10話予告】 離婚を決意したと語るトリップにセリーナは急接近します。 感謝祭の週末になり、ルーファスは自宅で盛大なパーティーを企画します。 そこには、不仲のはずのトリップ夫妻、親子喧嘩が絶えないヴァネッサ親子、パリから帰国し娘ブレアをパリに連れ帰ろうと考えるブレア親子、舞踏会の一件から兄弟仲が悪くなったジェニーとエリックが参加します。 そのパーティーで様々な騒動が起きます。 【12話予告】 皆から非難されてもトリップと一緒にいることを選んだセリーナは、トリップの別荘で過ごします。 モーリーンはトリップが不在の時にセリーナに会いに行き、トリップの愛人になっても良いが、トリップとは離婚しないと宣言する。 そして、リリーがルーファスに嘘をついて、セリーナの父ウィリアムと会っていたことをルーファスにバラす、と脅します。 別荘に戻ってきたトリップとマンハッタンに帰る最中、車の事故を起こしてしまいます。 【13話予告】 リリーがウィリアムと会っていたことをルーファスは知ります。 真相をなかなか聞き出す勇気が無いルーファスでしたが、リリーは母シシーの病気を診てもらうためにウィリアムと会っただけだと言います。 納得できないルーファスはリリーの家を出て行く決心をします。 一方、ジェニー・ハンフリー(テイラー・モムセン)は大使の息子ダミアンとドラッグの販売に勤しみます。 フランス大使館でのパーティーを利用して、大使の娘にドラッグを売ろうとします。 【14話予告】 チャックは、父親の愛人だと言っていたエリザベスを疑います。 エリザベスが宿泊しているホテルに忍び込み、自分が赤ちゃんであった時の写真を発見します。 エリザベスが実の母親だと知ったチャックでしたが、手切れ金を渡し、2度と自分の前に現れるなと言います。 ジェニーを訪ねてきたダミアンでしたが、ドラッグを持っているところをルーファスとリリーに見つかってしまいます。 【15話予告】 チャックは自分のホテル従業員からセクハラで訴えられます。 身に覚えのない訴えでしたが、マスコミが騒ぎだし、ホテルは宿泊キャンセルが相次ぎ、経営が悪化します。 そこへ伯父ジャックが登場し、ホテルを救うために経営から退くことをチャックに薦めます。 ジェニーはドラッグを一緒に密売するダミアンと一線を越える決心をしました。 【16話予告】 チャックは母親エリザベスにホテルの経営権を預ける決心をします。 しかし、エリザベスは伯父ジャックとグルでした。 それに加えてホテル顧問弁護士も加担していて、結局ホテルはジャックに乗っ取られてしまいます。 一方、ジェニーはブレアの母親エレノアのファッションブランドを手伝うことになります。 そこには以前仲たがいしたアグネスがいました。 【17話予告】 ホテルを乗っ取られたチャックは、何とかしてホテルを取り戻そうとしますが、ジャックは了承しません。 投げやりになって行くチャックを見かねたブレアは、何としてもチャックの役に立ちたいと考えます。 そこへジャックから自分と一晩を共にすれば、ホテルを返しても良いと提案がブレアになされます。 【18話予告】 カーターがニューヨークに戻ってきました。 セリーナはネイトに内緒でカーターと会っていました。 直ぐにその密会は、ネイトの知るところとなります。 ネイトはセリーナを問い詰めますが、セリーナははっきりと理由を言いません。 一方、ブレアを使ってホテルを取り戻しましたチャックでしたが、2人の仲はなかなか元に戻りません。 【19話予告】 セリーナがカーターと一緒に出掛けたことを知ったネイトは、やりどころの無い怒りを感じます。 それを見たジェニーは、チャンスとばかりにネイトへ接近します。 チャックの助言を受けたジェニーは、ネイトとセリーナの仲を引き裂く策略を行います。 一方、セリーナは父親ウィリアムと再会しますが、リリーが一緒に居たのは、彼女はがんに掛かっていて、その治療を医師であるウィリアムから受けていたからでした。 【20話予告】 ウィリアムはリリーとの復縁を願って、一家と同じマンションへ引っ越しを計画します。 ウィリアムの行動が度を越していると考えたルーファスはマンションの管理人にウィリアムの入居を拒否すると伝えます。 これを知ったセリーナは今まで以上にルーファスと敵対します。 一方、ブレアはNYUでの生活にうんざりし、コロンビア大学への転入を考えますが、なかなか踏み切れないでいました。 【21話予告】 同じマンションに住む精神科医ホランドが、ルーファスと浮気をしたとリリー一家の前で告白します。 身に覚えの無いルーファスは必死に否定しますが、リリーは半信半疑です。 ウィリアムとリリーの復縁を望むセリーナはこの一件で、更にルーファスをリリーから 遠ざけようとします。 ウィリアムがリリーに処方する薬について、ジェニーが疑問を持ち、チャックにそのことを相談します。 【22話最終回】 父ウィリアムの一件で精神的に弱ったセリーナは、ダンのベッドで寝てしまいます。 その写真をジェニーがゴシップガールに投稿します。 これを見たネイトは深く失望しますが、セリーナとやり直そうと決意します。 一方で、ブレアと何とか復縁したいと考えるチャックでしたが、もう少しのところで大きな失態がバレてしまいます。 自暴自棄になったチャックは危険な地区にフラフラしているところを、チンピラに襲われます。 この街にある名門高校・コンスタンス・ビラード学園に通う上流階級の子女達はパーティー三昧の日々を送ります。 この学園で一番注目されているのがセリーナ・ヴァンダーウッドセン(ブレイク・ライブリー)ですが、彼女は、過去友人とドラッグをやり過ぎて、その友人が亡くなったのを機にコンスタンス・ビラード学園から姿を消しました。 セリーナ不在中に学園の女王に君臨したのが彼女の親友ブレア・ウオルドーフ(レイトン・ミースター)でしたが、1年後、セリーナは学園に戻ってきました。 皆の注目がセリーナに再度向かい、ブレアは激しく嫉妬します。 それに加えて幼稚園からの付き合いの恋人ネイト・アーチボルト(チェイス・クロフォード)がセリーナと関係を持ったことを知り、ブレアは更に屈折します。 一方で、セリーナはこの街では珍しいブルックリン出身の庶民ダン・ハンフリー(ベン・バッジリー)と付き合います。 セリーナ、ブレア両方のカップルとも第1・2シーズインで破局を迎えます。 シーズン3では、学園を卒業した面々がそれぞれの道に進みます。 ブレア、ダン、そしてダンの幼馴染であるヴァネッサ・エイブラムズ(ジェシカ・ゾア)はNYU(ニューヨーク市立大学)へ進学し、ブレアはNYUでも女王の座を目指しますが、上流階級の子女しかいないコンスタンス・ビラード学園とは違う環境で、周りから浮いてしまいます。 一方、ネイトはコロンビア大学に入学し、新たな恋人を得ます。 しかしその恋人は一族の最大の敵バックリー家の娘であることが判明します。 同級生達と時期を同じくして学園を卒業したセリーナは、ヨーロッパへ卒業旅行に出かけ、そこでもパパラッチにゴシップネタを提供していました。 帰国したセリーナは予定していたブラウン大学進学に意味を見いだせずにいました。 大学へは足が向かわず、ネイトの親友チャック・バス(エド・ウェストウイック)の家へ向います。 結局、セリーナは大学入学を遅らせることを決断します。

次の

「ゴシップガール」セリーナやブレア全キャストの現在と復活の可能性は?

ゴシップ ガール カーター

ブレアの辛いNYUの日々も、そこからの脱出も支えたのはやっぱりチャックでしたね。 さすがキング。 かっこよすぎ! それだけに、後半の展開は辛かった~! 波乱のないゴシップガールなんて確かにありえないけどさ、でもさすがにラストのジェニーとの件は、それだけは絶対にダメだよ…っていう絶望感が…。 誰が悪いというわけでなく、すべてのタイミングが悪かったとは思うけど、ため息しか出ない…っていうタイミングでのラストシーン! 撃たれて倒れるチャックからのシーズンエンドに衝撃!! ギャー!チャック!! 波乱すぎるジェニー シーズン2では丸く収まった風に思えたジェニー・ハンフリーはシーズン3で尖りまくってましたね…(笑) 今回のジェニーはちょっとやり過ぎたかな。 ドラッグディーラーとの危険な恋も数々の嫌がらせも。 結局全部自分に跳ね返って、本人が一番傷つく結果になってしまいましたね…。 最後はアッパーウエストサイドを出て行くはめになったけど、もうそのまま静かに引っ込んでたほうがいいよと思わずにはいられない。 無理だろうな~。 シーズン4ではもうちょっと落ち着いた素直に笑うかわいいジェニーが見たいけど、どうなることやら。 落ち着いたネイト シーズン2であっちにフラフラこっちにフラフラと揺れまくって、いい加減落ち着きなよって感じだったネイト君は、見事復活してたくましい男になりましたねー!! 完全にナイトです。 背筋を伸ばし、まっすぐした視線で一途にセリーナを見て、ジェニーの誘いもかわしていく姿に惚れ惚れしましたね~! ネイト君は大人になったよ。 落ち着けセリーナ 逆に、シーズン2のネイトばりにふらふらしまくってたのがセリーナでしたね。 少なくとも、カーター・ベイゼンはない。 何だよそのチョイス。 いくらパパのことがあってお世話になったからってその選択は無いよ~。 くわえて、トリップも無い。 あり得ない! というか、前シーズンからそうですが、セリーナのダン以降のチョイスってほぼ全部「それはないよ~」って感じばっかりな気がするんですけど…(笑) シーズン2のアーロンも微妙だったし、ガブリエルも魅力がわからない。 セリーナって基本的に、自分にちょっと気がありそうな素振りがあれば、すぐついていっちゃうんですよね。 そういうのはいい加減やめたほうがいいよ、セリーナ! そんな中、ようやくシーズン後半でネイトと付き合って落ち着いたかな…と思ったのに、結局ラストのラストでいつものフラフラがでて「距離を置きたいの…」ですからね~。 やっぱりセリーナはセリーナだ。 一番大学生っぽかったダン ダンはよくも悪くもこれぞ大学生って感じでしたね(笑) 彼女と親友(バネッサ)と3Pしちゃって泥沼化したり、親友ネイトに相談したり、勉強や進学で悩んだり。 一番普通の青春って感じがしました。 でも、そんなダンも策略を張り巡らせようとしてみたりするあたりは、アッパーイーストサイドにかなり馴染んでるんだなとも思いますが。 バネッサとの関係はセリーナよりお似合いだし、ようやくって感じがありますけど普通過ぎてちょっと物足りない気持ちになるのは、意地悪なファン心理かしら…(笑) 黒く染まるバネッサ むしろ、一番アッパーイーストサイドに染まったのはバネッサじゃないでしょうか? だって最初の頃は、賢くてしっかりして正々堂々としたブルックリン娘だったのが、どんどん一線を越えて悪知恵を働かせたりしちゃって、以前のバネッサでは考えられないような行動が散見されましたよね~。 アッパーイーストサイドの悪いところだけに染まってしまった完全に嫌な女になってしまった。 本人は気づいてないようだけど、ダンを非難できないと思うなぁ。 全体まとめ シーズン3もノリノリで楽しめたのはさすがゴシップガール!といった感じではあったのですが、バッドエンドなシーズンになったのはやっぱりショックですね…。 だってチャック・バスだし! ネイトとセリーナも、あとついでにややこしい感じに絡んできたダンも含めた関係もどうなることやら。 どうなっていくのか楽しみです。 個人的にはネイト推しですけど(笑) あと気になるのはトラブルメーカー、ジョージーナの影。 またややこしい空気を運んできたぞ…大丈夫か…?ってわけで、気になるシーズン4を見てきます!! では!.

次の