オロナイン チューブ。 万能!オロナインの恐るべき効果 ロングセラーには理由がある!

万能!オロナインの恐るべき効果 ロングセラーには理由がある!

オロナイン チューブ

オロナインとは? オロナインと言う名前を聞いたことがありますか?お父さんやお母さんが子供の頃、テレビを見ているとオロナインのCMが流れたことを覚えていることでしょう。 テレビ番組のメインスポンサーが、オロナインの大塚製薬ということも良くありました。 昭和生まれの人にとって、オロナインを知らない人はいないのでは?というくらい、知名度の高い軟膏です。 そう、オロナインは塗る薬、軟膏なのです。 今でも「オロナイン」の他に「ニベア」「カルピス」「オロナミンC」「ヴィックス」と、長年愛され続ける商品がたくさんあります。 この中でも、オロナインとオロナミンCの大塚製薬の製品となります。 どちらも、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 当時は薬を扱う薬局だけでなく、普通の雑貨店でもオロナインの看板が掲げられてたほどです。 しかし、名前は知っているけれど実際には使ったことがない、見たことはあるけれどどんなものか、よくわからないという人もいますね。 そこで、今回は、オロナインについてのご紹介です。 オロナインは、1952年 昭和28年 発売の大塚製薬の「オロナインH軟膏」と言います。 オロナインは、防腐剤も副腎皮質ホルモンも含まれない、子どもから高齢者まで安心して使用できる軟膏です。 有効成分は、ベンザルコニウム塩化物で、処方せんなしで購入することができる、OTC医薬品「第二類医薬品」になります。 OTCとは「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しに薬を販売することです。 いわゆる、昔ながらの軽い症状の時に利用する、市販薬のことになります。 オロナインの効能・効果 オロナインの恐るべき効果、ということですがオロナインは、ハンドクリームとして利用したり、傷薬として利用したり、火傷の薬として利用されています。 オロナインの箱を見ると、次のような症状に効果があると言われています。 「にきび、吹出物、はたけ、やけど かるいもの 、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫 じゅくじゅくしていないもの 、たむし、いんきん、しらくも」 ここで、手荒れによりひびやあかぎれ、傷で使ったことがある人はいるかもしれません。 しかし、にきびや吹出物、水虫にまで効果があるというのが、少し驚きです。 ここであまり聞かないのが、「いんきんたむし」や「しらくも」ですが、いんきんたむしというのは、デリケートゾーンの白癬菌が原因の皮膚病になります。 「しらくも」は白癬のことで、足裏は水虫の一種で、他にも頭部などにもできる皮膚病のことになります。 近年では使わない病名が入っているのも、オロナインならではということですね。 箱に明記されている効果・効能から推測されるのは、オロナインの効能や効果は、ひびや傷の改善や、痒みを伴うような白癬菌 カビ が原因の皮膚病ということが解ります。 昭和30年代、40年代の子どもたちは、今のようなハンドクリームや傷薬がなく、冬はあかぎれやしもやけで、ひび割れてしまうことも珍しくありませんでした。 一年中、外で駆け回るため、傷や火傷を負うことも珍しいことではありませんでした。 そのために、家庭にある常備薬としてオロナインが利用されていたようです。 市販されているオロナインの成分 オロナインは、11g入りのチューブタイプから、50g入りのチューブタイプと、30gのボトルタイプから250g入りのボトルタイプまであります。 家庭内の常備薬としては250gの大きなボトルタイプを購入することもできますが、キャンプや山歩きなどでは、小さなチューブタイプか、ボトルタイプを持ち歩くようです。 特に、山歩きでは虫刺されや植物の枝や葉で切り傷を作ってしまう人もいます。 そんな時に、持ち歩いているとすぐに応急処置ができる、ということでオロナインが重宝されています。 オロナインは、ベンザルコニウム塩化物を主成分としていますが、他にも次のような成分が含まれています。 引用元: オリブ油は、オリーブオイルのことになります。 ワセリンは保湿のために他のハンドクリームの中にも、使われていることがあります。 添加物は、商品を使いやすくするためのものや保存のため、主成分のベンザルコニウム塩化物が、オロナインの効能の元になると言えます。 ベンザルコニウム塩化物とは? なぜ、オロナインはそんなにも色々な効能があるのでしょうか。 オロナインの成分、ベンザルコニウム塩化物とは、一体どんなものなのでしょうか。 オロナインの効果の成分となる、ベンザルコニウム塩化物についてご紹介しましょう。 ベンザルコニウム塩化物の一番の効能は「殺菌・消毒」になります。 消毒薬として利用度が高い薬品です。 ベンザルコニウム塩化物は、陽イオン界面活性剤になります。 陽イオン界面活性剤は、細菌の細胞膜組織のタンパク質を変化させることで、細胞の形そのものを維持できなくさせます。 それにより、細菌が滅せられるということです。 身近な消毒薬として、コンタクトレンズ用の防腐液に、ベンザルコニウム塩化物が含まれています。 特にどんな菌やウイルスに効果があるかというと「真菌」「エンベロープ」というヘルペスや白癬菌による皮膚病に一部有効であるようです。 そのため、白癬菌が原因の水虫や、いんきんたむし、しらくもという皮膚病に効果があるということになります。 口元にできるヘルペスは真菌が原因となる皮膚病です。 このほかにも、ニキビの原因と言われるアクネ菌も真菌になるため、オロナインはにきびや吹出物にも効能がある、ということです。 そして、オロナインは、ベンザルコニウム塩化物の殺菌・消毒効果で傷を殺菌消毒し、添加されたワセリンで傷口をふさぐ、という働きをしています。 昭和の時代よりも、様々な衛生環境が良く、空調設備も整った場所で育つ現代っ子では「あかぎれ」の経験がある子どもは少ないことでしょう。 しかし、主婦湿疹や冬になると、指先がぱっくり割れてしまうということは、現代でも良くあります。 こういった手荒れによる傷にも、ベンザルコニウム塩化物は効果的ということです。 火傷も皮膚の表面にできる傷になるため、殺菌効果があるオロナインを塗ることで、傷を化膿させて悪化させないという働きをします。 虫刺されも同じで、オロナインを塗っても痒みが止まるということではなく、虫に刺された患部を殺菌することが、一番の効能になります。 オロナインの副作用と効果がない場合 オロナインは第二類医薬品になるため、重度のケガや傷、やけど、皮膚の病気には効果がありません。 重度になると、菌そのものを強い力で滅することが必要となり、症状によっては抗生物質を使うことになります。 オロナインは、あくまでも軽度の傷ややけど、皮膚症状の緩和として使います。 また、使用の用法を守らず、過信してしまうと副作用を起こすこともあります。 特に、患部がすでに化膿してしまっている場合は、抗生物質が含まれた軟膏や、医師の診療が必要です。 また、オロナインの副作用としては「湿疹、かぶれ、腫れ」といったことが考えられています。 体質的に合わない、添加物の中にアレルギーを起こす成分が含まれている、ということもありますので、使ったことでいつもと違う症状が出た場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談をしましょう。 まとめ オロナインは、1952年から60年以上続くロングセラー商品です。 オロナインをはじめとするロングセラー商品は、時代や世代、年代を超えて愛されているものばかりです。 流行に乗ってヒットしてもすぐに消えない、という商品にはそれだけの理由があります。 今まで、ドラッグストアで新商品を手にとっては、すぐに違うものに変えていたあなた、ぜひ、一家に1つオロナインH軟膏を用意してみてはいかがでしょうか。

次の

【楽天市場】オロナインH軟膏 10gチューブ(ケンコーコム)(未購入を含む)

オロナイン チューブ

にきび肌ケアのポイント ニキビ用石けんを用いて、ぬるま湯で1日2回洗顔を行います。 特に皮脂の多いおでこ、鼻の周囲などは2度洗いをしてください。 洗顔後は全体に化粧水でうるおいを与え、カサつくところには乳液を使用してください。 頭髪・衣類 顔面、とくにひたいやあごに頭髪がかかると、毛先の刺激がにきびを悪化させるため、ひたいやあごを覆うようなヘアスタイルは避けましょう。 また、衣類についても、下あごに触れるような衣服の着用は控えましょう。 化粧 にきびのためにはできれば化粧,特に油性ファンデーションは避けましょう。 ファンデーションを使用する場合でも、薄く塗り、長時間メークで過ごさないように注意しましょう。 にきびを隠す目的の厚化粧、また、ダブルファンデーションは避けるべきです。 食事 糖分の多いチョコレートや菓子類、コーヒー、アルコールなどの摂りすぎは要注意です。 また、繊維の多い野菜などを食べ、便秘にならないように気をつけましょう。 その他 寝不足を避け、睡眠を十分にとって規則正しい生活習慣を身につけましょう。 にきびを気にして手や指で触ったり、つぶしたりしないようにしましょう。 やけどとは? やけどは、その深さによって1度から3度の3段階に分けられます。 1度は赤くなるだけで水ぶくれはない状態。 家庭で直せる程度です。 2度以上は専門医に診てもらうまで、冷たい水や氷で冷やすなど応急処置を行ってください。 たかがやけどとバカにする人もいますが、2度以上の場合は適切な治療をしないと治療期間は長く、深い傷跡が残ります。 最近は電気毛布や使い捨てカイロといった、それほど熱くないものに長時間触れて生じる低温やけどが増えています。 これによって生じるやけどは3度のことが多く、気づいたときには痛みがなく白いだけで、放置する場合が少なくありません。 3度のやけどでは、皮膚の再生は望めず、体の違う部位から皮膚移植手術を行う場合もあります。 使用上の注意 【してはいけないこと】 (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる) (1)次の人は使用しないでください。 本剤又は本剤の成分、クロルヘキシジンによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)次の部位には使用しないでください。 湿疹(ただれ、かぶれ)• 化粧下• 虫さされ 【相談すること】 (1)次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 医師の治療を受けている人• 薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人• 患部が広範囲の人• 湿潤やただれのひどい人• 深い傷やひどいやけどの人 (2)使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品に同梱されている添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ、乾燥、ひびわれ まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 症状の名称 症状 ショック (アナフィラキシー) 使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 (3)5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品に同梱されている添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

次の

オロナインH軟膏 チューブ

オロナイン チューブ

商品詳細 家族の皮膚トラブルに 殺菌効果に優れたクロルヘキシジングルコン酸塩です。 にきび、吹出物には少量をかるくすりこんでください。 べとつく場合は、タオル、ガーゼ等で拭きとってください。 きず(きりきず、すりきず、つききず)には患部を清潔にして塗ってください。 オロナインH軟膏はきず口を消毒し、化膿を防ぎます。 軽度のやけどの場合は、患部に塗ってガーゼを当ててください。 化膿を防ぎます。 ナイフ、カミソリなどによるきりキズにご使用ください。 オロナインH軟膏の殺菌作用により化膿を防ぎます。 水虫にはお風呂上りにすりこむのが効果的ですが、毎日忘れぬよう根気よくお続けください。 なお、じゅくじゅくした湿潤性の水虫には適当ではありません。 いんきん、たむし、しらくも、はたけにもオロナインH軟膏をご使用ください。 山や海で思わぬきず等に慌てた経験がおありでしょう。 オロナインH軟膏はご家庭ばかりでなく、外出や旅行のときの携帯薬としても使用できます。 冬のひび、しもやけ、あかぎれには水仕事のあとやお風呂上り、お寝み前によくすりこんでください。 成分・分量 【成分】 有効成分 1g中 ・クロルヘキシジングルコン酸塩液 20% :10mg 添加物・ラウロマクロゴール・ポリソルベート80 ・硫酸Al/K・マクロゴール ・グリセリン ・オリブ油 ・ステアリルアルコール ・サラシミツロウ・ワセリン ・自己乳化型ステアリン酸グリセリル ・香料 ・精製水 用法及び用量 【用法・用量】 患部の状態に応じて適宜ガーゼ・脱脂綿等に塗布して使用するか又は清潔な手指にて直接患部に応用します。 1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 2.目に入らないように注意してください。 万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 3.本剤は外用にのみ使用してください。 4.部やその周囲の汚れを落としてから使用してください。 剤型・形状 軟膏チューブタイプ 使用上の注意点 【使用上の注意】 (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります) 次の部位には使用しないでください。 1.湿疹(ただれ、かぶれ) 2.化粧下 3。 虫さされ 使用上の相談点 【使用上の相談点】 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状 例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等 を起こしたことがある人 (3)患部が広範囲の人 (4)湿潤やただれのひどい人 (5)深い傷やひどいやけどの人 ・使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、 製品と同梱されている添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 保管および取扱上の注意点 1.直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。 2.小児の手の届かない所に保管してください。 3.他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わります。 ) 4.外箱及び容器に表示の使用期限をすぎた製品は使用しないでください。 5.瓶容器はガラス製ですので、強い衝撃はさけてください。 容器が破損し、けがをするおそれがあります。

次の