準 中型 免許。 準中型免許とは?乗れる車と普通免許との違い

準中型免許とは。普通免許ありの5t限定解除|チューリッヒ

準 中型 免許

免許区分一覧表 準中型運転免許が新設されたことにより、他の中型運転免許や大型運転免許取得者への影響はありませんが、普通免許で運転できる車種が変更されています。 どのように変更がなされたのか免許区分一覧表で確認してみましょう。 旧運転免許区分(平成19年制度改正前まで) 平成19年の制度改正では中型免許が新しく導入されました。 それまでは以下の表に示すような旧運転免許区分でした。 現在の免許区分と見比べるとだいぶ区分が大まかです。 普通免許と大型免許のみだったため、普通免許を取得するだけでかなり幅広い車種に乗ることができていました。 どちらが良かったのかと言われると人それぞれでしょう。 免許区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員 普通免許 8トン未満 5トン未満 10人以下 大型免許 8トン以上 5トン以上 11人以上 平成29年改正時の免許区分 準中型免許が新設される前までは以下の表に示したような免許区分がされていました。 中型免許が導入されたことで、普通免許で運転可能な車種が縮小しています。 また、大型免許取得で運転できる車種の基準が大きくなりました。 今まで普通免許の取得で乗れていた車種の一部が乗れないのは少し残念なことです。 免許区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員 普通免許 5トン未満 3トン未満 10人以下 中型免許 11トン未満 6. 5トン未満 29人以下 大型免許 11トン以上 6. 5トン以上 30人以上 現在の運転免許区分 平成29年の改定後の免許区分では以下の表に示したように変更がされています。 準中型運転免許が導入されたことで、普通免許で運転できる車種の規模が小さくなっています。 これから運転免許を取る方は注意してください。 一方で、この改正において大型免許、中型免許に関しては何も変更はされていませんので、普通免許取得者の方以外は特に免許区分の変更を気にすることはありません。 免許区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員 普通免許 3. 5トン未満 2トン未満 10人以下 準中型免許 7. 5トン未満 4. 5トン未満 10人以下 中型免許 11トン未満 6. 5トン未満 29人以下 大型免許 11トン以上 6. 5トン以上 30人以上 現行の新制度運転免許区分ができる前に免許を取得した人の条件は? 新制度の実施前に運転免許を取得した人はどのように区分されるのでしょうか。 取得時期によって扱いが異なりますので注意しましょう。 平成19年6月1日までに取得した人 平成19年6月1日までに普通免許を取得した方は、「8トン限定中型免許」の保有者です。 準中型の新設の影響は受けず、これまでどおり車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の車を運転できます。 大型免許の取り扱いも変更はありません。 平成29年3月11日までに取得した人 平成29年3月11日までに普通免許を取得した人は、改正後は「5トン限定準中型免許」の保有者とみなされます。 免許区分こそ変更されましたが、運転できる範囲に変更はありません。 大型免許、中型免許についても改正前と同じ条件で運転できます。

次の

準中型免許で乗れる車種、トラックは?取得方法や費用と合わせてご紹介

準 中型 免許

nokkeushi. html 2017年3月から新しく準中型免許が設立されました。 この免許では、車両総重量7500kg未満、最大積載量4500kg未満、乗車定員10人以下の車が運転できます。 また、普通免許で運転できる車が、車両総重量3500kg未満、最大積載量2000kg未満、乗車定員10人以下に変更となり、以前より範囲が狭くなりました。 これまでは普通免許でも5tもあるトラックを運転できたので、トラック事故が多発していました。 新たに準中型を設けることにより、事故を減らすというのが目的です。 また、準中型は中型とは違い18歳以上から運転できるので、最近の運送業者の人手不足対策として設立されたという経緯もあります。 18歳でもコンビニのトラックや引っ越しトラックを運転できるというのはすごいですよね。 高校生アルバイトがトラックを運転する時代になるかもしれません。 免許証をよく見るとあなたも準中型になっているかも どうですか?準中型になっていましたか?ちょっとびっくりしますよね。 でも安心してください。 2007年から2017年に普通免許を取得した人が免許を更新すると準中型免許と書かれます。 さらに、「準中型で運転できる準中型車は準中型車(5t)に限る」と書かれているのではないでしょうか。 気づきましたか?先ほどの図を確認すると、制度改正以前の普通免許で運転できるのは5tまでですので、以前と何も変わらないのです。 ただ、2017年以降に普通免許を取得した人は3. 5tまでしか運転できないので、その人達と区別するための準中型と但し書きということです。 ちなみにですが、2007年までに普通免許を取得した人は8tまで運転できます。 免許制度ってどんどん変わっていきますね。 区分によって運転できる具体的な車種の違い 次々と制度改正によって変わっていく免許区分ですが、現在の免許制度ではどの免許でどの車が運転できるのでしょうか。 区分が変わりすぎてもう何が何だかという感じですよね。 車両重量や積載量から、具体的な車種で各区分を比較していきたいと思います。 普通免許はアメ車のハマーなどは運転できないかも 2017年以降の普通免許は車両総重量3500kg未満までしか運転できません。 と言っても、普通免許ですので日本の自家用車はほとんど運転できます。 ミニバンやSUVも余裕で運転できます。 しかし、バンには注意が必要で、14人乗りのハイエースなどは運転できません。 さらに外車であれば大きなフルサイズSUVやピックアップトラックなどは運転できないものがあります。 あの大きな車体が特徴のハマーはシリーズによって運転できません。 H1は車両重量だけで3. 5tを超えてしまっています。 フォードFシリーズなども難しいでしょう。 準中型5t限定免許は2tトラックや2tバンが運転可能.

次の

準中型免許を取るなら「2年待って中型免許」を取ったほうが良い3つの理由

準 中型 免許

新しく増えた準中型免許の内容 今回の改正で追加されるのは「準中型免許」です。 これによって、従来から存在した、普通、中型、大型の3種と合わせて4種類の免許という体制となります。 準中型免許で運転できるの車両は次の全ての条件におさまる場合のみです。 準中型免許で運転できる車両• 車両総重量:7. 5t未満• 最大積載量:4. 5t未満• また、準中型免許制度の開始に伴い、2017年3月12日以降に取得する普通免許では次の通り変更となります。 2017年3月12日以降に取得する運転免許で運転できる車両• 5t未満• 乗車定員 :10名以下から変更なし 運転できる車の範囲は変わらない 新しい免許制度で、普通免許の運転条件が厳しくなるのなら、今まで乗っていた車に乗れなくなるのではないか、と心配される方もいるかもしれません。 しかし、その点については心配ありません。 2017年3月11日以前に普通免許を取得していた方は、従来通り運転できる車に変化はありません。 これは、今まで運転できたはずの車が運転できなくなると困るためです。 また、次回の免許更新(3月12日以降の更新)では、「準中型(5t限定)」という免許証に変更されます。 これは、2007年(平成19年)6月2日に中型免許が導入された時と全く同じやり方です。 2007年6月1日以前に普通免許を取得していた人は、現在免許証には「中型(8t限定)」と記載されています。 今回の改正と同様、今まで運転できた車が急に運転できなくなると困るため導入された措置でした。 なぜ準中型免許が創設されたのか 運転免許に初めて車両重量や積載量による区分が設けられたのは1956年(昭和8月1日のことで、その後50年以上普通免許と大型免許の2種類しかありませんでした。 これに対して、準中型免許は中型免許創設からわずか10年での出来事でした。 これには、10年前と今回では制度の改正趣旨が大きく異なるという理由があります。 中型免許の創設の趣旨は、 普通免許で運転可能な大型車両による事故が問題視されたためでした。 そして、従来普通免許で運転できた車両を運転するには中型免許が必要となったのです。 交通安全を確保するというのが2007年の制度改正の趣旨でした。 運送業界からの強い反発 2007年の制度改正に対して、改正直後から強い反対運動を起こしたのは運送業界です。 運送業界は賃金の割に労働時間や内容がきついことで有名で、申告な人員不足に悩まされていました。 中型免許制度はそれに拍車をかけるものだったのです。 運送業用のトラックには、業務で使うための様々な架装が施されています。 架装が増えれば当選車両総重量も増加します。 そのため、積載量が2トンのトラックでもほとんどの場合車両総重量が5トンを超えてしまいます。 そうなると、2007年6月2日以降の 普通免許では運転できません。 従来、運送会社が若い人を雇う場合は、まず普通免許の人を雇って、2トン車や3トン車等の比較的小型の車両を運転してもらい、21歳以上になったら大型を取ってもらうというやり方がよく使われていました。 しかし、法改正によってほとんどすべての業務用トラックが普通免許で運転できなくなってしまったのです。 その上中型免許を取得できる年齢が20歳以上となってしまったため、 高卒の新卒採用が事実上不可能となってしまいました。 これが運送業界が反発していた理由です。 準中型免許の制度趣旨 運送業界は以上の理由から、中型免許制度を撤廃するよう国と繰り返し交渉してきました。 しかし国としては、交通事故の減少という目的を掲げて中型免許を創設したのですから、全面的に応じるわけには行かず、議論が重ねられました。 そしてようやく折り合ったのが、今回創設された準中型免許制度だったのです。 準中型免許は18歳から取得できますから、運送会社は新卒採用者をすぐに免許を取りに行かせることができます。 運転できる車両も2007年以前の普通免許(現在の中型8t限定)とにかなり近い条件ですから、今回の改正は運送業界の要望と国の制度趣旨がうまく両立したものということができます。

次の