結婚 式 二次会 ウェディング ドレス。 【結婚式の二次会】新婦のドレス・服はどうする?

白?カラー?パーティードレス?結婚式二次会、花嫁は何を着る? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚 式 二次会 ウェディング ドレス

もくじ• 小規模な会場での二次会には動きやすさ重視のドレス 二次会の会場では、レストランなどカジュアルな会場を利用することが一般的です。 そして、挙式の会場より狭くなると、スカート部分にボリュームがあって裾が長いウェディングドレスでは、場所を取って動きづらくなります。 二次会には 、動きやすさを重視したドレスを選ぶのがおすすめ。 ドレスのタイプ別ご紹介していきます。 丈が短く動きやすい「ミニドレス」「ミモレ丈ドレス」 動きやすいドレスを選ぶなら、二次会で定番の 「ミニドレス」がおすすめです。 丈の短いミニドレスであれば狭い会場でも歩き回りやすく、裾が床について汚れてしまう心配がありません。 ただ、あまりにも短い丈を選んでしまうと下品に見えてしまいます。 また、「脚はあまり露出したくない」場合もあるでしょう。 そんなときは、裾が膝下にくる 「ミモレ丈」のドレスを選ぶと、印象を変えつつも品よくお洒落に見せることができます。 しかし、中には 短い丈のドレスに抵抗がある新郎や親御さんもいることは頭に入れておきましょう。 せっかく自分で決めたドレスが反対されてしまった…なんてことのないよう、事前に相談しておくのがベストです。 脚を露出させず動きやすさを叶える「エンパイアライン」 「挙式で着たドレスとは雰囲気を変えたいけど、ミニやミモレ丈は抵抗がある…」 そんな方には、 「エンパイアライン」や 「ストレートライン」をおすすめします。 こちらはスカート部分に大きな膨らみのない、すっきりとしたデザインのロングドレスです。 とくにエンパイアラインのドレスは、胸下から足元に流れるラインによって脚を長く見せられる上品なドレスなので、ウェディングドレスはもちろん二次会ドレスとしても人気のあるスタイルです。 また、ウエストの締めつけがないので 妊娠中の方にも適していますね。 色はホワイトで花嫁らしさを演出するのがおすすめ 挙式は白いウェディングドレスならば、二次会にカラードレスを選ぶのもよいでしょう。 しかし、二次会の会場が広い、参加人数が多いという場合は、着飾ったゲストたちの中に肝心の花嫁が埋もれてしまわぬよう、ホワイトカラーのドレスを選ぶこともおすすめです。 少人数のカジュアルな二次会ならワンピースなどもOK たとえば、身近な人たちと少人数で行う食事会・飲み会のようなカジュアルな二次会であれば、ドレスではなく ワンピースやスーツを着て参加するのもアリ。 ドレスだと浮いてしまう会場もあるでしょうから、そんな場合は 会場の雰囲気に合わせることを重視してもよいのではないでしょうか。 ただ、ワンピースは フォーマルなデザインのものを、また花嫁らしさを出すために カラーはホワイトを選ぶことがおすすめです。 さらにアクセサリーを使って華やかなコーディネートにすれば、主役らしさを演出できるでしょう。 二次会から参加するゲストが多いならウェディングドレス 挙式を海外・地方で行う理由から、遠方のため結婚式に呼べなかったゲストを招いて二次会を行う場合や、二次会から参加するゲストが多い場合があるかと思います。 そんなケースでは、式に参列できなかったゲストのために、 ウェディングドレスを二次会で着用する方もいます。 中には「ゲストのためにウェディングドレスは着たいけど、自分は気分を変えたい」という方もいると思いますが、そんな場合は、 挙式で着用したドレスにボレロやオーバースカートなどを付けてアレンジする手もありますよ。 ただ、同じドレスを二次会でも着る場合、レンタルしたドレスの持ち出しができなかったり、追加料金が必要な場合もありますので、ウェディングドレスを選ぶときは事前に確認しておきましょう。 レンタルか購入かは希望に合わせて決める 二次会で着たい衣装のイメージが膨らんでくると、衣装をレンタルするか購入するかで迷う方もいるかと思います。 これらは、どちらにもメリット・デメリットがありますので、自身の希望に合わせて選ぶとよいでしょう。 レンタルの魅力は、 高品質なドレスやブランドもののドレスでも費用を抑えられることです。 仮に購入すると結構な費用がかかってしまうドレスを着たい場合は、レンタルがおすすめです。 ただし、レンタルの場合は、 衣装の返却日・ドレスショップの営業時間を確認しておくことが大切です。 営業時間内に返却ができないと延長料金がかかりますし、次にそのドレスを着る人の迷惑になります。 場合によっては、 購入したほうが安く済むこともあり、お手頃価格のドレスショップやアウトレット品専門店などで探せば、1万円を切るようなドレスも見つけられます。 保管方法を考える必要はありますが、 着用したものを手元に残しておきたい方は購入がおすすめです。 新郎の二次会スタイルは花嫁とバランスをとる 花嫁だけでなく、新郎の二次会衣装についても気になるところですよね。 新郎の場合は、挙式・披露宴の際に着たタキシードを着ることもあります。 ただし、新郎の場合も衣装選びはケース・バイ・ケース。 花嫁または新郎だけが浮いてしまわないよう、 新郎の装いは花嫁とバランスのとれたものにすれば悪目立ちすることはありません。 たとえば、カジュアルな二次会の場合、花嫁がワンピースならタキシードではなくスーツで行くという具合です。 スーツの場合は、新郎らしさを演出するために、ブートニア(新郎のコサージュ)を胸に飾るなどしてゲストと区別をつけるとよいでしょう。 花嫁の衣装とまとめてレンタルまたは購入するとお得になることもあるので、新郎も衣装を変える場合は、カップルで相談してみてはいかがでしょうか。 まとめ• 小規模な会場では 丈短めかボリュームのない動きやすさ重視のドレス• 衣装の色は ホワイトで花嫁らしさを演出するのがおすすめ• カジュアルな二次会には フォーマルなワンピースなどもOK• 二次会から参加するゲストが多い場合は ウェディングドレスがおすすめ• レンタルか購入かはブランドや予算など希望に合わせて選ぶ• 新郎の二次会スタイルは 花嫁と釣りあいをとることがポイント 以上、場違いにならない二次会の衣装選びについて解説しました。 二次会の衣装はシンプルな装いにすることも可能ですが、できる限り華やかな装いにし、難しい場合はアイテムを工夫して主役らしさを演出してはいかがでしょうか。

次の

結婚式二次会《会場別》服装マナーとおすすめの服装《男女別》

結婚 式 二次会 ウェディング ドレス

<ゲストの服装マナー> 結婚式の二次会において、服装のマナーに悩んだら、まず招待された会場のタイプをチェックしてみましょう。 二次会は主に「ホテル」「レストラン」「居酒屋」「パーティースペース」で行われることが多いですよね。 招待状に記載された会場をネットで検索し、どこに分類されるお店なのか調べるとよいですよ。 またレストランでも2タイプあり、高級店の場合やカジュアルなお店の場合もあるのでご注意を。 会場別の服装マナー 結婚式同様、二次会も服装には気をつけなければいけません。 会場ごとに気をつけたい服装マナーをチェックしておきましょう。 女性は、きれいめで上品、露出を抑えた膝下丈ワンピースなどを選ぶのが最も適切。 淡い色や光沢のある素材といった華やかなデザインを選ぶのが良いでしょう。 なかでもオススメは、刺繍や総レースのドレス。 上品でありながら華やかなスタイルはフォーマルな場にぴったりです。 ノースリーブの場合はジャケットやショールを羽織るなどして、肩の露出を避けましょう。 男性は、スーツが基本です。 カラーワイシャツやノーネクタイでも良いとされていますが、格式ある会場であれば、ネクタイは付けたほうが無難です。 白やシルバー以外にも、今はシャンパンゴールドなど光沢のあるカラーや華やかなパステルカラーが主流です。 ただし、あくまでもドレスコードはフォーマルですので、カジュアル過ぎないように気をつけましょう。 その時のゲストの服装はインフォーマルです。 女性はワンピースが一般的ですが、バイカラーや多色柄やプリント柄のデザイン、オールインワンなども着用可能なので、ちょっとした変化をつけておしゃれを楽しんでみてください。 着丈に厳格な決まりはありませんが、露出が高いものは避けましょう。 ノースリーブなら羽織りものは忘れずに。 男性は、基本的に紺やグレーなどの落ち着いたカラーのジャケットを着用し、ズボンはスラックスなどでも構いません。 ネクタイはなくても良く、アスコットタイやポケットチーフなどを使っておしゃれを楽しんでみましょう! しかし、あまりカジュアルすぎる格好、新郎より目立ってしまうほどの派手な格好は不適切ですので気をつけてください。 ワンピースにカーディガン、ブラウスとスカートのような、きれいめな服装であれば問題ありません。 カジュアルな会場での二次会に参加する場合は、自由度高くおしゃれを楽しむことができますが、あくまでもお祝いの席ですので、ラフに着こなし過ぎないように注意しましょう。 男性は、羽織るジャケットをコットンジャケットなどの異素材を使ったものでも着用可能です。 ジーンズは避けたほうがいいものの、キレイめのものであれば、ジャケットと合わせて着用することができます。 ネクタイはしなくても良く、する場合も綿素材などのものも選ぶことが可能です。 女性ゲストの服装マナー 避けたい服装 【NGドレス・服装】 ・白色の服(写真左上) 二次会とはいえ、花嫁が二次会に白いドレスで登場する可能性もありますので、結婚式同様に 白色の服装は避けましょう。 また、ボレロやカーディガンなどの羽織り物が白く、着席した際に白っぽい服と間違われるということもないように注意してください。 ・露出の多い服 (写真右上) 極端に露出度の高いドレスや、身体の線がはっきりと出てしまうドレスは、 新婦よりも目立ってしまいますのでふさわしくありません。 肌の露出が心配な場合は、羽織物を持っていくことをおすすめします。 ・ファー (写真右下) 毛皮を使ったものは避けましょう。 その理由としては、結婚式という神聖な日に「殺生」を連想させてしまうという意味合いがあるからです。 また、二次会は食事をする場所でもあり、リアルでもフェイクでも毛皮の毛やほこりが飛び散って料理の中に落ち、口の中に入ってしまうことが不衛生だから、という理由もあります。 ・動物柄(写真左下) 動物の柄も避けましょう。 ファーと同じく「殺生」を連想させてしまうためです。 ・全身黒 女性の全身黒服というのは、男性よりも不祝儀の礼服の意味合いが強いとされています。 せっかくのお祝いの場、新郎新婦の門出を盛り上げるためにも、不祝儀を連想させるものは避けましょう。 例えば、ワンピースが黒なら、靴や鞄は明るい色を取り入れましょう。 また、黒いストッキングはお通夜やお葬式を連想させるためNGです。 ストッキングは、肌の色がわかるベージュ系や素材を選ぶのが無難です。 また、派手すぎる柄入りのストッキングや網タイツなど、上品さに欠けるものは避けましょう。 避けたいアクセサリー 花嫁より目立ってしまうほどの過度な光り物がついたアクセサリーも不適切ですのでやめましょう。 また、ブラックパールのアクセサリーは不祝儀を想像させるため避けましょう。 避けたいバッグ おめでたい席に、ファーやヘビ・ワニ革、アニマル柄のような「殺生」をイメージさせるものは避けましょう。 また、ビニールや綿素材のバッグはカジュアルな印象をもたせてしまうため、マナー違反とされます。 また、パーティ用の小ぶりなバッグでは荷物が入りきらない時、ブランドの紙袋などをサブバッグとして使うのも避けましょう。 たとえ高級ブランドの紙袋だとしても、マナー違反にあたります。 避けたい靴 【NG:靴】 ・ブーツ(写真左上) ブーツはカジュアルアイテムのため避けたほうが無難です。 ・オープントゥー(写真右上) つま先の開いた靴は清潔感がないといわれ、素足を見せるのはよくないとされています。 ・スニーカー(写真左下) スニーカーはカジュアルアイテムで、会場によってはドレスコードでNGなことも。 ・アニマル柄(写真右下) 動物柄や革製品は殺生をイメージするため避けましょう。 女性ゲストおすすめの服装 【OK:おすすめドレス】 【OK:カジュアルな結婚式向けドレス・ワンピース】 フォーマルなワンピースが最も適切であり、色も紺や黒だけではなく、淡いピンクやブルーなどカラフルなものを選んでも問題ありません。 ですが、常に 「花嫁より目立たない」ということを念頭に置いて選びましょう。 【OK:アクセサリー(パール)】 アクセサリーは、キラキラ光らないパールや半貴石の素材、または、あまり主張しすぎないビジューがおすすめです。 【OK:靴(ハイヒール)】 靴は、ヒールがあるパンプスを選びましょう。 ヒールは3cmほどあると、ふくらはぎの位置が上がって脚のラインが美しく見えます。 ダウンスタイルは、自分でも簡単にアレンジできるのでおすすめです。 派手過ぎる柄物のスーツも目立ちすぎるため避けましょう。 シャツは、派手な色のものは避け、なるべく淡いカラーの物を選び、また、柄に関しても派手過ぎるものは避けて、控えめなものを選ぶように注意してください。 ネクタイは、黒を貴重としたものは不祝儀を連想させるため、お祝いの場にはふさわしくありません。 その他アイテムに、動物の毛を使用した殺傷のイメージを連想させるファーを使うのも避けましょう。 避けたい靴 靴は、ブーツ、スニーカー、サンダルはカジュアル過ぎるため避けましょう。 男性ゲストおすすめの服装 おしゃれなレストランや居酒屋が二次会会場の場合でも、「お祝いの場」であることは変わりないため、スーツ、あるいはジャケットを着ることが無難。 スーツと同系色のものを選べば、足長効果も狙えます。 そして、靴はよく磨いておきましょう! ネクタイは、多少の柄物で派手なものでなければ良しとされています。 せっかくのお祝いの場なので、明るめの色を選んでいきましょう! 具体的な色としては薄いパープルやピンク、そしてホワイトがおすすめです。 また、ネクタイは着用しなくても良いです。 《男性ゲスト服装 関連記事》.

次の

二次会ドレス選び! 結婚式の二次会で花嫁はなにを着る? [婚礼衣装] All About

結婚 式 二次会 ウェディング ドレス

<ゲストの服装マナー> 結婚式の二次会において、服装のマナーに悩んだら、まず招待された会場のタイプをチェックしてみましょう。 二次会は主に「ホテル」「レストラン」「居酒屋」「パーティースペース」で行われることが多いですよね。 招待状に記載された会場をネットで検索し、どこに分類されるお店なのか調べるとよいですよ。 またレストランでも2タイプあり、高級店の場合やカジュアルなお店の場合もあるのでご注意を。 会場別の服装マナー 結婚式同様、二次会も服装には気をつけなければいけません。 会場ごとに気をつけたい服装マナーをチェックしておきましょう。 女性は、きれいめで上品、露出を抑えた膝下丈ワンピースなどを選ぶのが最も適切。 淡い色や光沢のある素材といった華やかなデザインを選ぶのが良いでしょう。 なかでもオススメは、刺繍や総レースのドレス。 上品でありながら華やかなスタイルはフォーマルな場にぴったりです。 ノースリーブの場合はジャケットやショールを羽織るなどして、肩の露出を避けましょう。 男性は、スーツが基本です。 カラーワイシャツやノーネクタイでも良いとされていますが、格式ある会場であれば、ネクタイは付けたほうが無難です。 白やシルバー以外にも、今はシャンパンゴールドなど光沢のあるカラーや華やかなパステルカラーが主流です。 ただし、あくまでもドレスコードはフォーマルですので、カジュアル過ぎないように気をつけましょう。 その時のゲストの服装はインフォーマルです。 女性はワンピースが一般的ですが、バイカラーや多色柄やプリント柄のデザイン、オールインワンなども着用可能なので、ちょっとした変化をつけておしゃれを楽しんでみてください。 着丈に厳格な決まりはありませんが、露出が高いものは避けましょう。 ノースリーブなら羽織りものは忘れずに。 男性は、基本的に紺やグレーなどの落ち着いたカラーのジャケットを着用し、ズボンはスラックスなどでも構いません。 ネクタイはなくても良く、アスコットタイやポケットチーフなどを使っておしゃれを楽しんでみましょう! しかし、あまりカジュアルすぎる格好、新郎より目立ってしまうほどの派手な格好は不適切ですので気をつけてください。 ワンピースにカーディガン、ブラウスとスカートのような、きれいめな服装であれば問題ありません。 カジュアルな会場での二次会に参加する場合は、自由度高くおしゃれを楽しむことができますが、あくまでもお祝いの席ですので、ラフに着こなし過ぎないように注意しましょう。 男性は、羽織るジャケットをコットンジャケットなどの異素材を使ったものでも着用可能です。 ジーンズは避けたほうがいいものの、キレイめのものであれば、ジャケットと合わせて着用することができます。 ネクタイはしなくても良く、する場合も綿素材などのものも選ぶことが可能です。 女性ゲストの服装マナー 避けたい服装 【NGドレス・服装】 ・白色の服(写真左上) 二次会とはいえ、花嫁が二次会に白いドレスで登場する可能性もありますので、結婚式同様に 白色の服装は避けましょう。 また、ボレロやカーディガンなどの羽織り物が白く、着席した際に白っぽい服と間違われるということもないように注意してください。 ・露出の多い服 (写真右上) 極端に露出度の高いドレスや、身体の線がはっきりと出てしまうドレスは、 新婦よりも目立ってしまいますのでふさわしくありません。 肌の露出が心配な場合は、羽織物を持っていくことをおすすめします。 ・ファー (写真右下) 毛皮を使ったものは避けましょう。 その理由としては、結婚式という神聖な日に「殺生」を連想させてしまうという意味合いがあるからです。 また、二次会は食事をする場所でもあり、リアルでもフェイクでも毛皮の毛やほこりが飛び散って料理の中に落ち、口の中に入ってしまうことが不衛生だから、という理由もあります。 ・動物柄(写真左下) 動物の柄も避けましょう。 ファーと同じく「殺生」を連想させてしまうためです。 ・全身黒 女性の全身黒服というのは、男性よりも不祝儀の礼服の意味合いが強いとされています。 せっかくのお祝いの場、新郎新婦の門出を盛り上げるためにも、不祝儀を連想させるものは避けましょう。 例えば、ワンピースが黒なら、靴や鞄は明るい色を取り入れましょう。 また、黒いストッキングはお通夜やお葬式を連想させるためNGです。 ストッキングは、肌の色がわかるベージュ系や素材を選ぶのが無難です。 また、派手すぎる柄入りのストッキングや網タイツなど、上品さに欠けるものは避けましょう。 避けたいアクセサリー 花嫁より目立ってしまうほどの過度な光り物がついたアクセサリーも不適切ですのでやめましょう。 また、ブラックパールのアクセサリーは不祝儀を想像させるため避けましょう。 避けたいバッグ おめでたい席に、ファーやヘビ・ワニ革、アニマル柄のような「殺生」をイメージさせるものは避けましょう。 また、ビニールや綿素材のバッグはカジュアルな印象をもたせてしまうため、マナー違反とされます。 また、パーティ用の小ぶりなバッグでは荷物が入りきらない時、ブランドの紙袋などをサブバッグとして使うのも避けましょう。 たとえ高級ブランドの紙袋だとしても、マナー違反にあたります。 避けたい靴 【NG:靴】 ・ブーツ(写真左上) ブーツはカジュアルアイテムのため避けたほうが無難です。 ・オープントゥー(写真右上) つま先の開いた靴は清潔感がないといわれ、素足を見せるのはよくないとされています。 ・スニーカー(写真左下) スニーカーはカジュアルアイテムで、会場によってはドレスコードでNGなことも。 ・アニマル柄(写真右下) 動物柄や革製品は殺生をイメージするため避けましょう。 女性ゲストおすすめの服装 【OK:おすすめドレス】 【OK:カジュアルな結婚式向けドレス・ワンピース】 フォーマルなワンピースが最も適切であり、色も紺や黒だけではなく、淡いピンクやブルーなどカラフルなものを選んでも問題ありません。 ですが、常に 「花嫁より目立たない」ということを念頭に置いて選びましょう。 【OK:アクセサリー(パール)】 アクセサリーは、キラキラ光らないパールや半貴石の素材、または、あまり主張しすぎないビジューがおすすめです。 【OK:靴(ハイヒール)】 靴は、ヒールがあるパンプスを選びましょう。 ヒールは3cmほどあると、ふくらはぎの位置が上がって脚のラインが美しく見えます。 ダウンスタイルは、自分でも簡単にアレンジできるのでおすすめです。 派手過ぎる柄物のスーツも目立ちすぎるため避けましょう。 シャツは、派手な色のものは避け、なるべく淡いカラーの物を選び、また、柄に関しても派手過ぎるものは避けて、控えめなものを選ぶように注意してください。 ネクタイは、黒を貴重としたものは不祝儀を連想させるため、お祝いの場にはふさわしくありません。 その他アイテムに、動物の毛を使用した殺傷のイメージを連想させるファーを使うのも避けましょう。 避けたい靴 靴は、ブーツ、スニーカー、サンダルはカジュアル過ぎるため避けましょう。 男性ゲストおすすめの服装 おしゃれなレストランや居酒屋が二次会会場の場合でも、「お祝いの場」であることは変わりないため、スーツ、あるいはジャケットを着ることが無難。 スーツと同系色のものを選べば、足長効果も狙えます。 そして、靴はよく磨いておきましょう! ネクタイは、多少の柄物で派手なものでなければ良しとされています。 せっかくのお祝いの場なので、明るめの色を選んでいきましょう! 具体的な色としては薄いパープルやピンク、そしてホワイトがおすすめです。 また、ネクタイは着用しなくても良いです。 《男性ゲスト服装 関連記事》.

次の