全米 オープン ゴルフ 選手権。 全米女子オープン

ゴルフ

全米 オープン ゴルフ 選手権

全米オープンゴルフ 全米オープン 概要 全米オープンは、英語名称では「U. 4以下」であり、敢えてプロ転向をしなかった勝負巧者のトップレベルのアマチュア選手が多く出場します。 もちろん、トッププロの選手達には、予選会無しでの出場資格が与えられています。 詳細は下記、出場資格を参照ください 大会開催コースは、開催年の5年前に決定され、選ばれるコースは基本的に「どれだけ堅実にパープレーでラウンド出来るか?」に重点が置かれ、ロースコアのスコアでの争いは余り見られません。 ちなみに2015年全米オープン開催地の「チェンバーズ・ベイGC」は、高い難易度のセッティングを目指したものの、初開催ということもあり、プレーに支障を来たす様な場面が散見され、大物OBやトッププロプレーヤー達から、不満の声が続出しました。 詳細は下記拙著記事) 1895年 明治28年 に始まった「全米オープン」は、毎年6月第3日曜日 父の日 を最終日にする日程が組まれ、2019年で119回目を数え、四大メジャーでは、1860年に始まった「全英オープン」に次ぐ歴史と伝統を誇る大会です。 2016年大会は、ダスティン・ジョンソンが嬉しい初メジャー制覇を遂げました! 117回の歴史の中で初開催となった「エリンヒルズ」 ウィスコンシン州 での2017年大会では、松山英樹が1980年、ジャック・ニクラス ニクラウス と伝説の「バルタスロールの死闘」を演じた青木功氏以来、日本勢37年ぶりの2位Tに入り、話題を呼びました! 賞金総額は1,200万ドル、優勝賞金は216万ドル、優勝者へのPGAツアーFedExカップポイントは600Ptが付与され、PGAツアー出場権の5年シード権も与えられます! 開催年 優勝者 出身国 開催コース 1895年 ホーレス・ローリンズ イングランド ニューポートカントリークラブ 1896年 ジェームス・ファウリウス スコットランド シネコックヒルズゴルフクラブ 1897年 ジョー・ロイド イングランド シカゴゴルフクラブ 1898年 フレッド・ハード スコットランド マイオピアハントクラブ 1899年 ウィリー・スミス スコットランド バルティモアカントリークラブ・ローランドパークコース 1900年 ハリー・バードン ジャージー島 シカゴゴルフクラブ 2 1901年 ウィリー・アンダーソン スコットランド マイオピアハントクラブ 2 1902年 ローリー・オークターローニー スコットランド ガーデンシティーゴルフクラブ 1903年 ウィリー・アンダーソン 2 スコットランド バルタスロールゴルフクラブ・オールドコース 1904年 ウィリー・アンダーソン 3 スコットランド グレンビュークラブ 1905年 ウィリー・アンダーソン 4 スコットランド マイオピアハントクラブ 3 1906年 アレックス・スミス スコットランド オンウェントシアクラブ 1907年 アレックス・ロス スコットランド フィラデルフィアクリケットクラブ・セントマーティンズコース 1908年 フレッド・マクレオド スコットランド マイオピアハントクラブ 4 1909年 ジョージ・サージェント イングランド イングルウッドゴルフクラブ 1910年 アレックス・スミス 2 スコットランド フィラデルフィアクリケットクラブ・セントマーティンズコース 2 1911年 ジョン・マクダーモット アメリカ シカゴゴルフクラブ 3 1912年 ジョン・マクダーモット 2 アメリカ カントリークラブオブバッファロー 1913年 フランシス・ウィメット アメリカ ザ・カントリークラブ・メインコース 1914年 ウォルター・ヘーゲン アメリカ ミッドロシアンカントリークラブ 1915年 ジェローム・トラバース アメリカ バルタスロールゴルフクラブ・オールドコース 2 1916年 チャールズ・エバンズ・ジュニア アメリカ ザ・ミニカーダクラブ 1917-18年 - - 第一次世界大戦のためトーナメント中止 1919年 ウォルター・ヘーゲン 2 アメリカ ブラエバーンカントリークラブ・メインコース 1920年 テッド・レイ ジャージー島 インヴァネスクラブ 1921年 ジム・バーンズ イングランド コロンビアカントリークラブ 1922年 ジーン・サラゼン アメリカ スコッキーカントリークラブ 1923年 ボビー・ジョーンズ アメリカ インウッドカントリークラブ 1924年 シリル・ウォーカー イングランド オークランドヒルズカントリークラブ・サウスコース 1925年 ウィリー・マクファーレン スコットランド ウォーセスターカントリークラブ 1926年 ボビー・ジョーンズ 2 アメリカ サイオトカントリークラブ 1927年 トミー・アーマー アメリカ オークモントカントリークラブ 1928年 ジョニー・ファレル アメリカ オリンピアフィールズカントリークラブ 1929年 ボビー・ジョーンズ 3 アメリカ ウイングドフットゴルフクラブ・ウエストコース 1930年 ボビー・ジョーンズ 4 アメリカ インターラッセンカントリークラブ 1931年 ビリー・バーク アメリカ インヴァネスクラブ 2 1932年 ジーン・サラゼン 2 アメリカ フレッシュメドウカントリークラブ 1933年 ジョニー・グッドマン アメリカ ノースショアゴルフクラブ 1934年 オリン・デュトラ アメリカ メリオンクリケットクラブ・イーストコース 1935年 サム・パークス アメリカ オークモントカントリークラブ 2 1936年 トニー・マネロ アメリカ バルタスロールゴルフクラブ・アッパーコース 3 1937年 ラルフ・ガルダール アメリカ オークランドヒルズカントリークラブ・サウスコース 2 1938年 ラルフ・ガルダール 2 アメリカ チェリーヒルズカントリークラブ 1939年 バイロン・ネルソン アメリカ フィラデルフィアカントリークラブ 1940年 ローソン・リトル アメリカ カンタベリーゴルフクラブ 1941年 クレイグ・ウッド アメリカ コロニアルカントリークラブ 1942-45年 - - 第二次世界大戦のためトーナメント中止 1946年 ロイド・マングラム アメリカ カンタベリーゴルフクラブ 2 1947年 ルー・ウォーシャム アメリカ セントルイスカントリークラブ 1948年 ベン・ホーガン アメリカ リビエラカントリークラブ 1949年 ケリー・ミドルコフ アメリカ メダイナカントリークラブ・コースNO. 3 1950年 ベン・ホーガン 2 アメリカ メリオンゴルフクラブ・イーストコース 2 1951年 ベン・ホーガン 3 アメリカ オークランドヒルズカントリークラブ・サウスコース 3 1952年 ジュリアス・ボロス アメリカ ノースウッドクラブ 1953年 ベン・ホーガン 4 アメリカ オークモントカントリークラブ 3 1954年 エド・ファーゴル アメリカ バルタスロールゴルフクラブ・ローワーコース 4 1955年 ジャック・フレック アメリカ オリンピッククラブ・レイクコース 1956年 ケリー・ミドルコフ 2 アメリカ オークヒルカントリークラブ・イーストコース 1957年 ディック・メイヤー アメリカ インヴァネスクラブ 3 1958年 トミー・ボルト アメリカ サザンヒルズカントリークラブ 1959年 ビリー・キャスパー アメリカ ウイングドフットゴルフクラブ・ウエストコース 2 1960年 アーノルド・パーマー アメリカ チェリーヒルズカントリークラブ 2 1961年 ジーン・リトラー アメリカ オークランドヒルズゴルフクラブ・サウスコース 4 1962年 ジャック・ニクラス アメリカ オークモントカントリークラブ 4 1963年 ジュリアス・ボロス 2 アメリカ ザ・カントリークラブ・コンポジットコース 2 1964年 ケン・ベンチュリー アメリカ コングレッショナルカントリークラブ・ブルーコース 1965年 ゲーリー・プレーヤー 南アフリカ ベルリーブカントリークラブ 1966年 ビリー・キャスパー 2 アメリカ オリンピッククラブ・レイクコース 2 1967年 ジャック・ニクラス 2 アメリカ バルタスロールゴルフクラブ・ローワーコース 5 1968年 リー・トレビノ アメリカ オークヒルカントリークラブ・イーストコース 2 1969年 オービル・ムーディー アメリカ チャンピオンズゴルフクラブ・サイプレスクリークコース 1970年 トニー・ジャクリン イングランド ヘーゼルタインナショナルゴルフクラブ 1971年 リー・トレビノ 2 アメリカ メリオンゴルフクラブ・イーストコース 3 1972年 ジャック・ニクラス 3 アメリカ ペブルビーチゴルフリンクス 1973年 ジョニー・ミラー アメリカ オークモントカントリークラブ 5 1974年 ヘール・アーウィン アメリカ ウイングドフットゴルフクラブ・ウエストコース 3 1975年 ルー・グラハム アメリカ メダイナカントリークラブ・コースNO. 3 2 1976年 ジェリー・ペイト アメリカ アトランタアスレティッククラブ・ハイランズコース 1977年 ヒューバート・グリーン アメリカ サザンヒルズカントリークラブ 2 1978年 アンディ・ノース アメリカ チェリーヒルズカントリークラブ 3 1979年 ヘール・アーウィン 2 アメリカ インヴァネスクラブ 4 1980年 ジャック・ニクラス 4 アメリカ バルタスロールゴルフクラブ・ローワーコース 6 1981年 デビット・グラハム オーストラリア メリオンゴルフクラブ・イーストコース 4 1982年 トム・ワトソン アメリカ ペブルビーチゴルフリンクス 2 1983年 ラリー・ネルソン アメリカ オークモントカントリークラブ 6 1984年 ファジー・ゼラー アメリカ ウイングドフットゴルフクラブ・ウエストコース 4 1985年 アンディ・ノース 2 アメリカ オークランドヒルズカントリークラブ・サウスコース 5 1986年 レイモンド・フロイド アメリカ シネコックヒルズゴルフクラブ 2 1987年 スコット・シンプソン アメリカ オリンピッククラブ・レイクコース 3 1988年 カーティス・ストレンジ アメリカ ザ・カントリークラブ・コンポジットコース 3 1989年 カーティス・ストレンジ 2 アメリカ オークヒルカントリークラブ・イーストコース 3 1990年 ヘール・アーウィン 3 アメリカ メダイナカントリークラブ・コースNO. 3 3 1991年 ペイン・スチュワート アメリカ ヘーゼルタインナショナルゴルフクラブ 2 1992年 トム・カイト アメリカ ペブルビーチゴルフリンクス 3 1993年 リー・ジャンセン アメリカ バルタスロールゴルフクラブ・ローワーコース 7 1994年 アーニー・エルス 南アフリカ オークモントカントリークラブ 7 1995年 コーリー・ペイビン アメリカ シネコックヒルズゴルフクラブ 3 1996年 スティーブ・ジョーンズ アメリカ オークランドヒルズカントリークラブ・サウスコース 6 1997年 アーニー・エルス 2 南アフリカ コングレッショナルカントリークラブ・ブルーコース 2 1998年 リー・ジャンセン 2 アメリカ オリンピッククラブ・レイクコース 4 1999年 ペイン・スチュワート 2 アメリカ パインハーストリゾート・コースNO. 2 2000年 タイガー・ウッズ アメリカ ペブルビーチゴルフリンクス 4 2001年 レティーフ・グーセン 南アフリカ サザンヒルズカントリークラブ 3 2002年 タイガー・ウッズ 2 アメリカ ベスページステートパーク・ブラックコース 2003年 ジム・フューリク アメリカ オリンピアフィールズカントリークラブ 2 2004年 レティーフ・グーセン 2 南アフリカ シネコックヒルズゴルフクラブ 4 2005年 マイケル・キャンベル ニュージーランド パインハーストリゾート・コースNO. 2 2 2006年 ジェフ・オギルビー オーストラリア ウイングドフットゴルフクラブ・ウエストコース 5 2007年 アンヘル・カブレラ アルゼンチン オークモントゴルフクラブ 8 2008年 タイガー・ウッズ 3 アメリカ トーリーパインズゴルフコース・サウスコース 2009年 ルーカス・グローバー アメリカ ベスページステートパーク・ブラックコース 2 2010年 グレーム・マクドウェル 北アイルランド ペブルビーチゴルフリンクス 5 2011年 ローリー・マキロイ 北アイルランド コングレッショナルゴルフクラブ・ブルーコース 3 2012年 ウェブ・シンプソン アメリカ オリンピッククラブ・レイクコース 5 2013年 ジャスティン・ローズ イングランド メリオンゴルフクラブ・イーストコース 5 2014年 マーティン・カイマー ドイツ パインハーストリゾート・コースNO. 最多優勝回数:4回、ウィリー・アンダーソン(1901年、1903年、1904年、1905年)、ボビー・ジョーンズ(1923年、1926年、1929年、1930年)、ベン・ホーガン(1948年、1950年、1951年、1953年)、ジャック・ニクラス(1962年、1967年、1972年、1980年)• 最多連続優勝:3回、ウィリー・アンダーソン(1903年、1904年、1905年)• 最多連続出場記録:1957年~2000年の44回 ジャック・ニクラス• 2位との最大打差:15打差、タイガー・ウッズ(2000年)メジャー大会では歴代最大• 最年少優勝者:ジョン・マクダーモット(19歳10ヶ月14日)1911年• 最年長優勝者:ヘール・アーウィン(45歳15日)1990年• 最年長予選通過者:サム・スニード(61歳)1973年、最終順位は29位タイ。 36ホールの最高スコア:130、マーティン・カイマー(65-65)2014年初日-2日目• 54ホールの最高スコア:199、ロリー・マキロイ(65-66-68)2011年初日-3日目• 72ホールの最高スコア:268、ロリー・マキロイ(65-66-68-69)2011年• 全ラウンドアンダーパー記録(斜体は優勝ならず):1968年リー・トレビノ(69—68—69—69, par 70)、1970年トニー・ジャックリン(71-70-70-70, par 72)、1993年リー・ジャンセン(67-67-69-69, par 70)、1994年カーティス・ストレンジ(70-70-70-70, par 71)、2011年ローリー・マキロイ(65-66-68-69, par 71)、同ロバート・ギャリガス(70-70-68-70)• 全ラウンドアンダーパー:70、68年トレビノ、93年ジャンセン、11年マキロイ• ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。 h-idayu.

次の

全米プロゴルフ選手権2019結果速報と各日上位選手の順位変動

全米 オープン ゴルフ 選手権

回 開催年 優勝者 開催コース SCORE TOTAL 101 2019 ベスページブラック 63-65-70-74-272 -8 100 2018 ベルリーブCC 69-63-66-66-264 -16 99 2017 クエイルホロークラブ 73-66-69-68-276 -8 98 2016 バルタスロールGC 65-66-68-67-266 -14 97 2015 ウィスリングストレイツ 68-67-66-67-268 -20 96 2014 バルハラGC 66-67-67-68-268 -16 95 2013 オークヒルCC 68-63-71-68-270 -10 94 2012 キアワアイランドリゾート 67-75-67-66-275 -13 93 2011 アトランタ アスレチッククラブ 71-64-69-68-272 -11 92 2010 ウィスリングストレイツ 72-68-67-70-277 -11 91 2009 ヘーゼルティン・ナショナルGC 73-70-67-70-280 -8 90 2008 オークランドヒルズCC 71-74-66-66-277 -3 89 2007 サザンヒルズCC 71-63-69-69-272 -8 88 2006 メダイナCC 69-68-65-68-270 -18 87 2005 バルタスロール 67-65-72-72-276 -4 86 2004 ウィスリングストレイツ 67-68-69-76-280 -8 85 2003 オークヒルCC 69-68-69-70-276 -4 84 2002 ヘーゼルティン・ナショナルGC 72-66-72-68-278 -10 83 2001 アトランタAC 66-65-65-69-265 -15 82 2000 バルハラGC 66-67-70-67-270 -18 81 1999 メダイナCC 70-67-68-72-277 -11 80 1998 サハリーGC 70-66-67-68-271 -9 79 1997 ウィングドフット 66-71-66-66-269 -11 78 1996 バルハラGC 68-70-69-70-277 -11 77 1995 S. エルキントン リビエラCC 68-67-68-64-267 -17 76 1994 サザンヒルズCC 67-65-70-67-269 -11 75 1993 インバーネスC 69-66-69-68-272 -12 74 1992 ベルリーブCC 70-70-68-70-278 -6 73 1991 クルックドスティックCC 69-67-69-71-276 -12 72 1990 W. グラディ ショールクリークCC 72-67-72-71-282 -6 71 1989 P. スチュアート ケンパーレイクスGC 74-66-69-67-276 -12 70 1988 オークツリーGC 69-70-68-65-272 -12 69 1987 PGAナショナル 70-72-73-72-287 -1 68 1986 インバーネスC 72-70-64-70-276 -8 67 1985 チェリーヒルズCC 67-69-70-72-278 -10 66 1984 ショールクリークCC 69-68-67-69-273 -15 65 1983 H. サットン リビエラCC 65-66-72-71-274 -10 64 1982 サザンヒルズCC 63-69-68-72-272 -8 63 1981 アトランタAC 70-66-66-71-273 -7 62 1980 オークヒルCC 70-69-66-69-274 -6 61 1979 D. グラハム オークランドヒルズGC 69-68-70-65-272 -8 60 1978 J. マハフィー オークモントCC 75-67-68-66-276 -8 59 1977 L. ワドキンス ペブルビーチGL 69-71-72-70-282 -3 58 1976 D. ストックトン コングレッショナルCC 70-72-69-70-281 1 57 1975 ファイヤーストーンCC 70-68-67-71-276 -4 56 1974 タングルウッドGC 73-66-68-69-276 -4 55 1973 カンタベリーGC 72-68-68-69-277 -7 54 1972 オークランドヒルズCC 71-71-67-72-281 1 53 1971 PGAナショナルGC 69-69-70-73-281 -7 52 1970 D. ストックトン サザンヒルズCC 70-70-66-73-279 -1 51 1969 エヌシーアールCC 69-66-67-74-276 -8 50 1968 J. ボロス ピーカンバレーCC 71-71-70-69-281 1 49 1967 D. ジャヌアリー コロンバインCC 71-72-70-68-281 -7 48 1966 A. ガイバーガー ファイヤーストーンCC 68-72-68-72-280 E 47 1965 D. マー ローレルバレーCC 70-69-70-71-280 -4 46 1964 B. ニコルス コロンバスCC 64-71-69-67-271 -9 45 1963 ダラスAC 69-73-69-68-279 -5 44 1962 アロニミンクGC 72-67-69-70-278 -2 43 1961 J. バーバー オリンピアフィールズCC 69-67-71-70-277 -3 42 1960 J. ヘバート ファイヤーストーンCC 72-67-72-70-281 1 41 1959 B. ロスバーグ ミネアポリスGC 71-72-68-66-277 -3 40 1958 D. フィンスターウォルド スランエルクCC 67-72-70-67-276 -14 39 1957 L. ターネサ ビックスプリングCC - 1-up 33 1951 S. ゲッツィ チェリーヒルズCC - 38 ho. 23 1940 B. ネルソン ハーシーCC - 1-up 22 1939 H. ピカード ポモノックCC - 37 ho. 21 1938 P. シュート ピッツバーグF. C - 37 ho. 19 1936 D. ラニアン パークCC - 38 ho. 16 1933 G. アーマー フレッシュメドウズCC - 1-up 12 1929 L. ヘーゲン シダークレストCC - 1-up 9 1926 W. ヘーゲン フレンチリックスプリングス - 2-up 6 1923 G. サラゼン ペルハムCC - 38 ho. 5 1922 G. ハッチソン フロスムーアCC - 1-up 2 1919 J. バーンズ シワノイCC - 1-up•

次の

全米プロゴルフ選手権2019結果速報と各日上位選手の順位変動

全米 オープン ゴルフ 選手権

全米オープンゴルフ2018は、6月14日から17日の4日間にわたって、ニューヨークにあるシネコックヒルズゴルフクラブで開催されます。 全米オープンゴルフは、156名のフルフィールドのうち、約半数が設定された条件を満たした優先出場権をもつ選手に割り当てられます。 残りの半数は、ローカルクオリファイング、セクショナルクオリファイグと呼ばれる予選会に割り当てられ、最終予選で上位に入ることにより出場権を獲得することもできます。 その全米オープンゴルフ2018の出場資格、有資格者、最終予選の情報をまとめています。 全米オープンゴルフ2018の出場資格と有資格者の一覧 全米オープンゴルフ2018の優先出場資格は以下のとおりとなっています。 条件別の一覧です。 なお、出場資格を有していますが、出場が決定していることを意味しませんので、ご注意ください。 上記の出場資格を満たさない選手は全米オープン・セクショナル・クオリファイング 予選会 に出場して、上位に入ることで出場権を手にすることができます。 過去10年間の全米オープンの優勝者• 2017:ブルックス・ケプカ• 2016:ダスティン・ジョンソン• 2015:ジョーダン・スピース• 2014:マルティン・カイマー• 2013:ジャスティン・ローズ• 2012:ウェブ・シンプソン• 2011:ロリー・マキロイ• 2010:グレアム・マクダウェル• 2009:ルーカス・グローバー• 2008:タイガー・ウッズ 2. 前年の全米アマチュアの優勝者と2位、全米ジュニアアマチュア、全米ミッドアマチュアの優勝者• 全米アマチュア:ドック・レッドマン、ダグ・ギム• 全米ジュニアアマチュア:ノア・グッドウィン• 全米ミッド・アマチュア:マット・パージャル 3. 前年の全英アマチュアゴルフ選手権の優勝者• ハリー・エリス 4. 前年のマーク・H・マコーマックメダル受賞者 世界アマチュアNo. 過去5年間のマスターズトーナメントの優勝者• 2018:パトリック・リード• 2017:セルヒオ・ガルシア• 2016:ダニー・ウィレット• 2015:ジョーダン・スピース• 2014:バッバ・ワトソン 6. 過去5年間の全英オープンの優勝者• 2017:ジョーダン・スピース• 2016:ヘンリック・ステンソン• 2015:ザック・ジョンソン• 2014:ローリー・マキロイ• 2013:フィル・ミケルソン 7. 過去5年間の全米プロゴルフ選手権の優勝者• 2017:ジャスティン・トーマス• 2016:ジミー・ウォーカー• 2015:ジェイソン・デイ• 2014:ローリー・マキロイ• 2013:ジェイソン・ダフナー 8. 過去3年間のザ・プレーヤーズ選手権の優勝者• 2018:ウェブ・シンプソン• 2017:キム・シウ• 2016:ジェイソン・デイ 9. 欧州ツアーのBMW PGA選手権の優勝者• 5月27日に決定 10. 前年の全米シニアオープンの優勝者• ケニー・ペリー 11. 前年の全米オープンの10位タイ以内の選手• ブルックス・ケプカ(1位)• 松山英樹(2位T)• ブライアン・ハーマン(2位T)• トミー・フリートウッド(4位)• ザンダー・ショウフレ(5位T)• ビル・ハース(5位T)• リッキー・ファウラー(5位T)• チャーリー・ホフマン(8位)• トレイ・ムリナックス(9位T)• ブラント・スネデカー(9位T)• ジャスティン・トーマス(9位T) 12. 前シーズンのPGAツアー最終戦であるツアーチャンピオンシップに進出した選手 ツアーチャンピオンシップには、シーズンのフェデックスカップランキングの上位30名に出場資格が与えられます。 ジャスティン・トーマス• ジョーダン・スピース• ザンダー・シャウフェレ• ダスティン・ジョンソン• ジョン・ラーム• マーク・リーシュマン• リッキー・ファウラー• 松山 英樹• ジャスティン・ローズ• ブルックス・ケプカ• ポール・ケーシー• ケビン・キスナー• ラッセル・ヘンリー• マット・クーチャー• パット・ペレス• ダニエル・バーガー• ウェブ・シンプソン• ジェイソン・デイ• トニー・フィナウ• チャーリー・ホフマン• セルヒオ・ガルシア• パトリック・リード• ジョナサン・ベガス• カイル・スタンリー• ブライアン・ハーマン• アダム・ハドウィン• ケビン・チャッペル• ゲーリー・ウッドランド• パトリック・カントレー• ジェイソン・ダフナー 13. 全米オープン開幕4週前のゴルフ世界ランクトップ60 出場資格を有していない選手で、全米オープン開幕4週前に発表されるゴルフ世界ランクでトップ60位の選手に出場資格が与えられます。 2018年5月21日時点で確定 14. 全米オープン開幕直前の世界ランクトップ60位タイ 出場資格を有していない選手で、全米オープン開幕直前の世界ランクでトップ60の選手に出場資格が与えられます。 2018年6月11日時点で確定 15. 全米ゴルフ協会の推薦 推薦で優先出場権を与える権利を全米ゴルフ協会 USGA がリザーブしています。 アーニー・エルス、ジム・フューリック セクショナルクオリファイング 予選会 全米オープンのセクショナルクオリファイングはインターナショナル2ヶ所 日本・イングランド と全米10ヵ所で開催されます。 日程は日本が5月21日、イングランドとアメリカが6月4日に開催される予定となっています。 セクショナルクオリファイングの最新情報は以下のページで更新しています。

次の