準ずる 意味。 「準じる」とは?意味や使い方を解説!

「準ずる」とは?意味や使い方を「準じる」との違いを含めてご紹介

準ずる 意味

準じると準ずるの違い 準じると準ずるの違いを分かりやすく言うと、 辞書に載っている現代風の読み方か、古い読み方かの違いです。 「準じる」と「準ずる」は、どちらも同じ意味を持つ言葉で、現代では「準じる」の方を一般的な読み方として使用しています。 「準じる」「準ずる」とは、基準となるものを定め、それと同じような扱いをすることを意味しています。 また、あるものを基準として、それに見合った扱いをするというような意味も含みます。 それではなぜ、準「じる」と準「ずる」という二種類の語尾が存在するのでしょうか。 これは、 日本語の口語文法と文語文法の決まりによる違いがあるからです。 口語文法とは、しゃべり言葉のことで、文語文法とは、文章で書く際の言葉という意味です。 これらの日本語文法には「活用法」という考え方があります。 活用法とは、文章の流れによって単語の語尾を違和感のないように変えることを意味します。 まさしく「準じる」「準ずる」のように、最初の言葉は同じであっても語尾が違う言葉が存在するのは、活用法によって文脈に合うかたちで語尾が変えられているからです。 準じる、準ずるという言葉は「サ行変格活用」という活用法によって、語尾を変えています。 サ行変格活用では、文章の流れによって語尾をサ行の言葉である「さしすせそ」を元にして変えていきます。 「準じる」「準ずる」という言葉の場合、「準」という先頭の言葉はそのままに、語尾を「未然形:じ」「連用形:じ」「終止形:じる・ずる」「連体形:じる・ずる」「仮定形:じれ・ずれ」「命令形:じろ・じよ・ぜよ」という風に変化させます。 語尾の変化の形である未然形、連用形、などの名称は、その言葉がどのような文脈で使われているかの形のことを指しています。 例えば「未然形」というのは「まだそうなってはいない」という意味を持ち、否定形と一緒に使われます。 つまり、準じるの未然形の表現は「準じない」となります。 変化しない先頭の「準」に未然形の「じ」をつけて、最後に否定形の「ない」を付けた形です。 このように、日本語には、様々な文法上の決まりがあります。 「準じる」「準ずる」というのは、両方ともこの文法で言うところの「終止形」です。 終止形というのは、言い切りの形という意味があります。 文章ではなく、ひとつの単語として使う際には終止形を使います。 「準」の終止形には「じる」と「ずる」の二種類があります。 これが「準じる」と「準ずる」の違いです。 二種類の語尾がある場合、どちらを使っても間違いではありませんが、どちらか一方が、一般的に使われているものであることがほとんどです。 「準」の場合、辞書に記載されているのは「準じる」という言葉です。 こちらが、現代では一般的に使用されている言葉であり、「準ずる」というのは古い言い方になります。 しかし、意味に違いはありませんし、どちらも文法的には使えるものですので、個々人の好みや文章の前後の文脈などを考えて、自由に使い分けが出来るものであると言えます。 準じるの意味 準じるとは、 何かを基準にして、それに応じた扱いをすることを意味しています。 準じるとは、なにかの基準を設けて、それと同じような、または見合った扱いをするという意味を持つ言葉です。 基準となる事柄が具体的であるのが一般的で、準じるの「準」というのは「基準」の「準」でもあります。 前例となる何かの出来事があり、それを基準にしてその後も同じ対応をする、という場合などに使われることの多い言葉です。 または、先例ではなく、その人自身の持つ能力などを基準とする場合もあります。 スキルやキャリアに応じて対処することを「能力に準じて」などと表現したりもします。 例えば「中途採用の方の給料については、その方のスキルに準じて決定したいと思います」というような形で使用されます。 これは、給料は先例とは関係なく、その人の能力が高ければ、それに見合った額を出しますよ、という意味です。 準じるの「準」という字が含まれる単語としては、物事の基礎となるよりどころを意味する「基準」、平均的であり行動の目安となるものを意味する「標準」、思考や行為などのよりどころを意味する「規準」などがあります。 準ずるの意味 準ずるとは、 準じるという言葉の少し古い言い方を意味しています。 準ずるというのは「準ず」という言葉のサ行変格活用の終止形です。 意味としては、準じると全く同じものであり、文章の前後の文脈などによって使い分けることが出来るものです。 辞書には「準じる」は載っていても、「準ずる」という言葉は載っていないことが多く、準ずるは現代語よりも少し古い表現です。 しかし、意味は同じであるので、「準じる」「準ずる」のどちらを使っても間違いではありません。 古風な雰囲気を出したい時などには、あえて「準ずる」という言葉を使うのも良いでしょう。 他にも、例えば「準ず」という言葉の命令形を考えてみると、現代風の言い方であれば「準じろ」となりますが、古風な言い回しになると「準じよ」または「準ぜよ」となります。 この「準じよ」「準ぜよ」と同じ雰囲気を持つのが「準ずる」であると考えると、わかりやすいでしょう。 準じるの例文と使い方.

次の

【準じる】と【準ずる】の意味の違いと使い方の例文

準ずる 意味

特定の教科書をよりどころにしているため、教科書の取り扱っている指導内容の順番が一致しており、授業理解の助けになります。 また学校で実施するテスト対策などにも有効になります。 つまり教科書内容の理解が進みやすいということになります。 一方で、塾などでは必ずしも学校の教科書に準じた内容で授業が行われない場合もあります。 これは、教科書の内容を補足するのではなく、教科書で指定されている学習能力を別の方法や内容で付けようとするためです。 教科書の内容に完全に寄り添うのか、そのレベル感をよりどころにするかで、教科書準拠かそうではないかにわかれることになります。 「依拠」の「依」には「よる」という意味があります。 「身体を寄せてつかまる」といった意味から「たよる」「従う」「あるものごとを似ている物事と比較して、仮にそれとみなす」「あるものを基準としてそれと同じようにする」といった意味につながります。 こちらの意味から「依拠」はあるものに基づくこと、よりどころとすること」といった「準拠」と同じ意味を持つ用語となります。 しかし若干「準拠」と「依拠」では雰囲気が異なります。 それは、規格などに「準拠」するとした場合、完全に一致するか規格を標準としてそこから大きく外れないという幅を持たせていることに対し、「依拠」の場合は、ほとんど一致する、といったイメージがあるからです。 適用 「適用」は法律や規則など、ある人、ある事項、ある事件などに効力をそのままあてはめるような場合に用います。 一方「準拠」は規格等の標準に完全に一致しているか、そこから大きく外れていないという幅を持たせています。 また、法律「を」適用することに対し、規格「に」準拠しているといった使われる助詞が異なることから、「適用」はあてはめる具体的な法律や規則にフォーカスがあたることに対し、「準拠」は「準拠」した成果物にフォーカスがあたるといった方向の違いが存在します。 「四辺形の互いに対応する角」 2 ある物事が、他の範疇 はんちゅう に属する物事と、対立・相当する関係にあること。 「文章の書き出しと結びを対応させる」 4 周囲の状況などに合わせて事をすること。 「現実に対応した処置」「対応策」 5 二つの集合A、Bがあって、Aのどの要素にも、Bの要素が少なくとも一つ定まる規則があること。 ふつう、AからBへの対応という。 類語:対処 たいしょ 収拾 しゅうしゅう 関連語:善処 ぜんしょ 後始末 あとしまつ 尻拭い しりぬぐい.

次の

【準じる】と【準ずる】の意味の違いと使い方の例文

準ずる 意味

「準ずる」という言葉は、例えば就業規則などで目にすることが多い言葉ですので多くの方がなんとなくの意味を理解しているでしょう。 しかし、日常会話などで聞いたりする身近な言葉ではないというのも事実です。 本記事では、「準ずる」という言葉を実際に自分が使う際に、自信を持って使えるように具体的な意味や使い方をご紹介していきます。 意味1:ある規準に従う 「準ずる」の意味として、一つめは「ある規準に従う」というものがあります。 これはそもそも基本になるものがあり、それを規準にしならうという意味になります。 例えば「前例に準ずる」と使った場合、規準になるのは「前例」ということですので、「前例にならう、前例と同じようにする」と言い換えることができます。 意味2:あるものを規準に見合った扱いをする 二つめの意味として「あるものを規準に見合った扱いをする」があります。 一つめ意味では「同じようにする」といった表現になりますが、それとは違い、「規準に見合った〇〇をする」といったニュアンスになります。 つまり、意味1では「規準Aと同じようにする」という行動になりますが、この意味2では「規準Aに見合ったBをする」という行動になります。 意味3:あるものと同様の扱いをする 三つめは「あるものと同様の扱いをする」です。 言い換えると「あるもの同様の資格で扱う」となります。 これはあくまで「同様の資格で扱う」ことになりますので、本物・正式ではないということを注意する必要があります。 これは例えば「準優勝」という言葉も同じ意味で、「優勝と同様に扱う=しかし優勝ではない=2」ということになります。 「準ずる」の使い方5つ 次に「準ずる」の使い方を5つ、以下の例文を使ってご紹介していきます。 例文1 正社員に準ずる 例文2 当社規定に準ずる 例文3 優秀賞に準ずる 例文4 経験年数に準ずる 例文5 会則に準じて扱う これらの表現はどれも目にしたことのあるものですが、先に記述した三つの意味、どれにあてはまるのでしょうか。 詳しく見ていきます。 例文1:正社員に準ずる 「正社員に準ずる」という使い方の場合、「正社員と同様に扱う」という意味になります。 これは意味3に該当しますので、あくまで「正社員ではない」ということになります。 つまり「準社員である」と言い換えることも可能です。 これは契約社員を指すことも多いですが、派遣社員やパートタイマー、アルバイトなどを含める場合もあります。 例文2:当社規定に準ずる 「当社規定に準ずる」とあった場合、これは規準が「当社規定」であり、それに従うという意味になります。 よく求人情報ページなどに「給料:当社規定に準じる」と掲載されていたりしますので、目にすることの多い使い方です。 これは意味1の使い方になりますので、「当社規定に従う、当社規定にならう」と言い換えられます。 例文3:優秀賞に準ずる 「優秀賞に準ずる」という使い方ですが、これは意味3の使い方になります。 つまり「優秀賞と同様の扱い=だけど優秀賞ではない」ということです。 「優秀賞又は優秀賞に準ずる成績を上げた場合~」といった使い方になりますが、「必ずしも優秀賞でなくてもよい」というニュアンスの表現になります。 少しわかりにくいですが日本語らしい表現とも言えます。 例文4:経験年数に準ずる 「経験年数に準ずる」の意味ですが、これは意味2の使い方で、「経験年数に見合った」という意味になります。 「有給休暇付与日数は経験年数に準ずる」と書かれていた場合、「経験年数に見合った日数の有給休暇を付与する」と書き換えられます。 例文5:会則に準じて扱う 「準ずる」と「準じる」では、日本語として、動詞の文法上の分類が異なります。 「する」がサ行変格活用の動詞であり、「準ずる」は国語分類上、サ行変格活用の動詞に分類されます。 「準じる」は、上一段活用の動詞に分類されます。 「準ずる」はフォーマルな使い方 「準ずる」はサ行変格活用の動詞になりますが、サ行変格活用は年代の古い文章でよく見られる・使われる表現です。 したがって法律や公文書、会社規則などで目にすることが多く、そのことからもフォーマルな場面で使用することが適していると言えます。 「準じる」は新しい使い方 一方の「準じる」は上一段活用の動詞ですが、こちらの方が現代では使われることが多いです。 ですので 比較的新しい文章などで目にする機会が多くなります。 「準ずる」と「準じる」は文法上の違いはあるものの、意味としては同じですので特別注意する必要はありません。 ですが重要な書類などを作成する際には「準ずる」を使用した方が無難と言えるでしょう。 実用日本語表現辞典に「順じる」は記載されていますが、一般的な辞書では、正しい表現ではないため記載していません。 意味としては「先生の教えや宗教上の教理などを守り、従うこと。 」となります。 これは「順」という漢字が持つ「従う」という意味に由来しますので、「教えに従う」という意味になります。 「順じる」の「順」の字は誤用 間違った使い方として、「順じる」という漢字から「順番」を連想し、「下になる」という認識を持つ方もいらっしゃいます。 例えば「契約社員の待遇は正社員に順ずる」と記載されていた場合、正社員より契約社員の方が待遇が悪いと認識するでしょう。 余計なトラブルに発展してしまう可能性もありますので、「順ずる」という誤用はしないように気をつけましょう。 「準ずる」を使いこなそう 「準ずる」は、ビジネスシーンでも使うことが多いでしょう。 しかしパソコン利用時の変換間違いには注意が必要です。 例えば「準ずる」と「順ずる」では、伝えたい意味が異なってしまいます。 それぞれの漢字を使った意味をきちんと理解し、正しい形で「準ずる」を使ってみてください。 契約書などでは「準ずる」を使おう.

次の