リー チンチン。 美人女優リー・ビンビンが初ヌード!日本軍に「身体検査」の屈辱シーン―中国 (2009年9月19日)

李冰冰

リー チンチン

キエッリーニとボヌッチ両方揃えて、最強CBを形成させよう! キエッリーニとボヌッチといえば、イタリア代表の最強戦士です。 お互い一昨シーズン(2017まで)ユベントスでコンビを組んでおり、数々のタイトルを獲得してきました。 2017-18シーズンから ボヌッチがACミランに移籍しましたが、また2018-19シーズンからはユベントスに戻ってきます。 ユベントスでもイタリア代表でもコンビを組んでいた最強コンビなので黒玉選手ですが、できれば両方ゲットしましょう! この2人ならスカウト産で十分働いてくれます。 それではキエッリーニとボヌッチの基本データを見ていきましょう。 ディフェンスセンス 91• ボール奪取 94 これだけの高バランスのディフェンス能力はウイイレアプリでも4人しかいません。 そして、そこに スピード83、瞬発力72が加わっているのはキエッリーニだけです。 大抵、ディフェンス能力が高いとスピードが遅くなりますし、スピードが速いとディフェンス能力がイマイチになります。 最高のバランスの良さをもっているのがキエッリーニです。 唯一の弱点といえば、 ヘディングが85ということくらいでしょうか。 といっても、空中戦は187cmもありますし、 ジャンプも89あるので、特に弱点とまではいきません。 ボディバランスも93あるので競合い負けもありません。 ヘッダーのスキルをもっていないので、空中戦最強とまではいかないくらいですね。 アクロバティッククリアーのスキルなどももってるのでクリアーは申し分ありません。 スタミナも85あるので後半終了まで問題なくプレーできます。 ディフェンスセンス 93• ボール奪取 90 さらに高さも190cmで、• ジャンプ 88• ヘディング 85• ヘッダーのスキルもち これだけのバランスの良さなので空中戦に弱点はありません。 ボヌッチの弱点はやっぱりスピードですね。 スピード74、瞬発力67なのでスピード90以上のラインブレイカー相手にはちょっと苦戦しますね。 とはいえ、マンマークもちでしっかりとついていけば簡単に破られることはありません。 ディフェンスセンスも93と高いことでそう簡単には破らせません。 そして、ボヌッチの最大の魅力は、足元のスキルとパスセンスです。 ボールコントロール 78• ドリブル 77• グラウンダーパス 81• フライパス 86 これだけの能力をもっているCBはなかなかいませんし、さらに• バックスピンロブ• 低弾道ロブ• 無回転シュート とスキルも豊富です。 そのため、 ボールを奪取した後のパスミスはありませんし、すぐに 低弾道ロブでカウンターにすることもできます。 特に相手のDFのクリアーをそのまま 無回転シュートでゴールにぶち込むことも可能です。 キック力も85なので、かなり強烈な無回転シュートを撃てます。 そのためなかなか確定にもっていけず、「CB」のスカウトを使って、あとはキエッリーニなら、 「左足」と「ボディバランス」の2種類です。 ボヌッチはもっと厳しく、 「フライパス」の1種類です。 ここで問題なのは、ボヌッチの移籍が反映されると、2人がCBでかぶりますし、なかなか確定も難しくなるでしょうし、の移籍によって 「PMブラックホワイト」の人気もさらに高くなるので、今のうちにゲットしておくことをオススメします。 キエッリーニとボヌッチの使い方:2人合わせて獲得したい! キエッリーニはCBの真ん中で相手をボコボコにしてくれる! キエッリーニは4バックなら当然、中央のどちらか、3バックでも真ん中をオススメします。 スピードが速いので、ラインブレイクも潰します。 さらにキエッリーニは相手のCFからボールを奪う際にも肘打ちのような感じでガチっとぶつかってボールを力強く奪ってくれますよ。 マリーシアのスキルをもってるので、ファウルも取られず素知らぬ顔です。 さらにキエッリーニは貴重な左利きのCBなんで、4バックの際の中央の左側のCBに非常に向いていますし、もちろん3バックの左のCBもOKです。 ボヌッチは3バックなら右がオススメ !どんどん前線にフィードしていこう! ボヌッチはスピードに難があるので4バックなら真ん中でもいいですが、3バックなら右側のCBにして、ボールを奪ったらすぐにボヌッチに預けて、前線にフィードしていきましょう。 また、CBの適性しかありませんが、DMFにおいてもその能力からボールも奪いますし、前線にパスを展開していけます。 DMFをやれて、ここまで ディフェンスセンス(93)とボール奪取(90)が高い選手はくらいしかいません。 つまり、ほぼ最強ということになりますね。 適性がないため、若干チームパワーは落ちますが、そこまで問題はありません。 一番理想なのは、3バックで真ん中キエッリーニで、右にボヌッチですね。 もしくは、4バックの中央を二人でやって、• 裏抜けはキエッリーニ• パス展開をボヌッチ という感じで役割分担でどうでしょうかね。 空中戦は二人粉砕すればよし! まとめ いやー、しかし、マジでクリロナ、ユベントス(PMブラックホワイト)に移籍しちゃいましたね。 これでユベントスファンは、お好きな選手をなかなか取りにくくなりますね。 もちろん黒玉選手限定ですけど。 ですから、今のうちにキエッリーニとボヌッチは獲得しておきましょう。 ガチャで当たった人も、どんどん確定スカウトでゲットして、凸らせていきましょう!.

次の

林志玲

リー チンチン

キエッリーニとボヌッチ両方揃えて、最強CBを形成させよう! キエッリーニとボヌッチといえば、イタリア代表の最強戦士です。 お互い一昨シーズン(2017まで)ユベントスでコンビを組んでおり、数々のタイトルを獲得してきました。 2017-18シーズンから ボヌッチがACミランに移籍しましたが、また2018-19シーズンからはユベントスに戻ってきます。 ユベントスでもイタリア代表でもコンビを組んでいた最強コンビなので黒玉選手ですが、できれば両方ゲットしましょう! この2人ならスカウト産で十分働いてくれます。 それではキエッリーニとボヌッチの基本データを見ていきましょう。 ディフェンスセンス 91• ボール奪取 94 これだけの高バランスのディフェンス能力はウイイレアプリでも4人しかいません。 そして、そこに スピード83、瞬発力72が加わっているのはキエッリーニだけです。 大抵、ディフェンス能力が高いとスピードが遅くなりますし、スピードが速いとディフェンス能力がイマイチになります。 最高のバランスの良さをもっているのがキエッリーニです。 唯一の弱点といえば、 ヘディングが85ということくらいでしょうか。 といっても、空中戦は187cmもありますし、 ジャンプも89あるので、特に弱点とまではいきません。 ボディバランスも93あるので競合い負けもありません。 ヘッダーのスキルをもっていないので、空中戦最強とまではいかないくらいですね。 アクロバティッククリアーのスキルなどももってるのでクリアーは申し分ありません。 スタミナも85あるので後半終了まで問題なくプレーできます。 ディフェンスセンス 93• ボール奪取 90 さらに高さも190cmで、• ジャンプ 88• ヘディング 85• ヘッダーのスキルもち これだけのバランスの良さなので空中戦に弱点はありません。 ボヌッチの弱点はやっぱりスピードですね。 スピード74、瞬発力67なのでスピード90以上のラインブレイカー相手にはちょっと苦戦しますね。 とはいえ、マンマークもちでしっかりとついていけば簡単に破られることはありません。 ディフェンスセンスも93と高いことでそう簡単には破らせません。 そして、ボヌッチの最大の魅力は、足元のスキルとパスセンスです。 ボールコントロール 78• ドリブル 77• グラウンダーパス 81• フライパス 86 これだけの能力をもっているCBはなかなかいませんし、さらに• バックスピンロブ• 低弾道ロブ• 無回転シュート とスキルも豊富です。 そのため、 ボールを奪取した後のパスミスはありませんし、すぐに 低弾道ロブでカウンターにすることもできます。 特に相手のDFのクリアーをそのまま 無回転シュートでゴールにぶち込むことも可能です。 キック力も85なので、かなり強烈な無回転シュートを撃てます。 そのためなかなか確定にもっていけず、「CB」のスカウトを使って、あとはキエッリーニなら、 「左足」と「ボディバランス」の2種類です。 ボヌッチはもっと厳しく、 「フライパス」の1種類です。 ここで問題なのは、ボヌッチの移籍が反映されると、2人がCBでかぶりますし、なかなか確定も難しくなるでしょうし、の移籍によって 「PMブラックホワイト」の人気もさらに高くなるので、今のうちにゲットしておくことをオススメします。 キエッリーニとボヌッチの使い方:2人合わせて獲得したい! キエッリーニはCBの真ん中で相手をボコボコにしてくれる! キエッリーニは4バックなら当然、中央のどちらか、3バックでも真ん中をオススメします。 スピードが速いので、ラインブレイクも潰します。 さらにキエッリーニは相手のCFからボールを奪う際にも肘打ちのような感じでガチっとぶつかってボールを力強く奪ってくれますよ。 マリーシアのスキルをもってるので、ファウルも取られず素知らぬ顔です。 さらにキエッリーニは貴重な左利きのCBなんで、4バックの際の中央の左側のCBに非常に向いていますし、もちろん3バックの左のCBもOKです。 ボヌッチは3バックなら右がオススメ !どんどん前線にフィードしていこう! ボヌッチはスピードに難があるので4バックなら真ん中でもいいですが、3バックなら右側のCBにして、ボールを奪ったらすぐにボヌッチに預けて、前線にフィードしていきましょう。 また、CBの適性しかありませんが、DMFにおいてもその能力からボールも奪いますし、前線にパスを展開していけます。 DMFをやれて、ここまで ディフェンスセンス(93)とボール奪取(90)が高い選手はくらいしかいません。 つまり、ほぼ最強ということになりますね。 適性がないため、若干チームパワーは落ちますが、そこまで問題はありません。 一番理想なのは、3バックで真ん中キエッリーニで、右にボヌッチですね。 もしくは、4バックの中央を二人でやって、• 裏抜けはキエッリーニ• パス展開をボヌッチ という感じで役割分担でどうでしょうかね。 空中戦は二人粉砕すればよし! まとめ いやー、しかし、マジでクリロナ、ユベントス(PMブラックホワイト)に移籍しちゃいましたね。 これでユベントスファンは、お好きな選手をなかなか取りにくくなりますね。 もちろん黒玉選手限定ですけど。 ですから、今のうちにキエッリーニとボヌッチは獲得しておきましょう。 ガチャで当たった人も、どんどん確定スカウトでゲットして、凸らせていきましょう!.

次の

リー・チンチンの映画作品

リー チンチン

レミ子さん初登場時は意味深な発言をしていたけど あれは大森お得意の(?)インパクト重視の作劇。 その後の扱いは蓋ショボと言うのも恥ずかしい軽さだった。 でも、やはり、それで済ませる気はなかったのね。 咲太郎はそれを予言? ま、なつはそんなことは一切関係なく …あ、関係大有りか。 脇が貶められるる=なつの美貌が称えられる と言って良いものね。 それに、富子さんへの態度は咲太郎に似ていたし。 と、ともかくも 再々試験に合格して、遂にアニメーターに。 初登場時はカッコ良かった泰樹さんが、すっかり骨抜きにされて アホなじーさんになり下がっちゃったしな(酷) 牧場を継いだ照男も、自分の道を行った夕見子も これじゃ何だか可哀想… インパクト重視なところは『てっぱん』を思い出す。 そういえば、ヒロインの扱い方もちょっと似ていたかも? オヤジが萌える可愛く健気な女の子…ってイメージを据えていて 脇の人々は皆、彼女の盛り立て役。 blog90. fc2.

次の