魔法少女まどかマギカアニメ。 【 魔法少女まどか・マギカ 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 11 曲)まとめ・ランキング

魔法少女まどか☆マギカ [番組公式]

魔法少女まどかマギカアニメ

初回テレビ放送は2011年1月~4月からですが、2012年4月からはTOKYO MXで地上波初の再放送が行われるほどの人気で、いまだに根強いファンをもっています。 1ヶ月を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。 「初回1カ月間無料お試し」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。 FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 お試し期間中でも「8日・18日・28日」に各400Pが貰えるので、有効活用してください。 31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 30日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 Amazonプライムビデオで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 dアニメストアで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 話数:全12話 視聴時間:各話24分 【あらすじ】 鹿目まどかは、不思議な夢を見た。 巨大な怪物に破壊された市街地で傷つきながら戦う少女暁美ほむらを目撃し、白い動物のような生き物キュゥべえがまどかの目の前に現れ「僕と契約して、魔法少女になってよ」と告げられるという夢だ。 その夢見た次の日、いつものように学校に通い授業を受けるが、夢で見たほむらがまどかと同じクラスの転校生として現れた。 そしてほむらは突然まどかに「魔法少女になってはならない」と警告を受ける。 ある日、まどかと友人の美樹さやかが魔女の結界に迷い込んでしまい、そこで魔法少女である巴マミと出会う。 魔女からマミに救われたまどかとさやかは、キュゥべえから魔法少女になるよう勧誘を受ける そして、マミからは魔法少女の存在と魔女の脅威についての教わる。 2人はマミと接するうちに、マミの事を強く信頼していき、魔法少女になることに強い憧れを抱くのだが…… 【見どころ】 まどかとさやかが姉の様に慕い、一緒の時間を過ごしたマミさん。 マミさんは、何も分からない2人が魔法少女になることを決心したきっかけとなった人物でもあります。 そんなマミさんが、物語のけっこう序盤になくなってしまうのですが、 戦いの末に命を落としてしまうマミさんのシーンが、かなり衝撃的です。 その後魔法少女佐倉杏子が仲間に加わり、心の傷あり、友情あり、恋愛あり、家族の絆ありと、見ごたえのあるストーリーになっています。 また、マスコット的なかわいらしい外見をしているが地球外生命体であるキュゥべえですが、見た目に反しての非道な言動も要チェックです! 視聴時間:131分 【あらすじ】 鹿目まどかの通う中学へ、暁美ほむらが転校してきた。 まどかに保健室へ連れて行って欲しいと頼んだほむらは「家族や友人を大切にしてる?」と突然問いかける。 急な質問に戸惑うまどかだが、その問いに「大切だ」と答える。 ほむらは「なら、今の自分とは違う自分になろうと思わない方がいい」と意味深な言葉を残し、その場を立ち去った。 まどかと友人の美樹さやかは、魔女から助けてくれた巴マミと魔女との戦いを見学するうち、華麗に戦い続ける姿に惹かれていき、魔法少女になることへの強い憧れを抱く。 ある日魔女を倒そうと戦うマミだったが、逆に魔女に倒され、凄惨な最期を遂げてしまう。 それを見たまどかとさやかに、魔法少女になるようキュゥべぇが契約を迫るが、2人が魔法少女になる前にほむらが現れ、その魔女を倒す。 マミの凄惨な姿を見て過酷な現実を突き付けられた2人は、魔法少女になることに迷うようになる。 しかし、幼馴染の恭介に想いを寄せていたさやかは、怪我で二度と腕が動かないが為に、バイオリンを弾くことができないと絶望する恭介を救う為にキュゥべえと契約をする。 マミの遺志を引き継ぎ、魔女と倒していく決意を固めるさやかだったが、自分勝手で利己主義な魔法少女・佐倉杏子がさやかの前に現れる。 マミとは全く対照的な振る舞いにさやかは反発し、杏子と争いをしてしまう。 2人の争いを止めようとするも、己の無力さゆえに何も出来ないまどかに、今すぐ魔法少女になれば2人を止められると唆すキュゥべえ。 それを聞いたまどかは…… 一方、嫉妬や自己嫌悪にさいなまれ、心身ともに追い詰められたさやかのソウルジェムにも異変が起きていた。 【見どころ】 ぶつかってばかりのさやかと杏子が、互いを仲間と認めていくまでの過程に注目です。 さやかがずっと内に秘めていた恋心。 恋する相手を救うために魔法少女になる決心をしたさやかの心の叫びが切ないです。 一方の杏子は一見自己中心的に見えますが、その生い立ちと自分の今を守るために戦う背景にもなかなかの重圧があります。 また、自分に自信がなくなかなか魔法少女になることを決断できないまどかと、そんなまどかから距離を置きながらも魔法少女になることを阻止し続けるほむらとの関係も、ぜひ注意深く見守ってください。 視聴時間:110分 【あらすじ】 キュゥべえの正体はインキュベーターと呼ばれる地球外生命体の端末だった。 そして魔法少女が魔女になってしまうのは彼らによって仕組まれたことだった。 キュゥべえへの不信を露わにしたまどかは、もっとも大事なことを知らせないまま少女たちと契約し、魔法少女にしてきた事を非難する。 感情を理解できないキュゥべえは、まどかへ自己犠牲を期待する言葉だけを残して去るのだった。 「人魚の魔女」となってしまったさやかを助ける為に、杏子は親友であるまどかが呼びかけ続ければ元に戻せるのではないかと考え、まどかに協力を要請し、二人で「人魚の魔女」に立ち向かう。 しかし杏子は「人魚の魔女」と相討ちになり、その命に終わりを迎えることになった。 一方、見滝原には大災害をもたらす最強の魔女「ワルプルギスの夜」が迫っていおり、キュゥべえは『今までにない高い素質を持つまどかが、魔法少女になれば見滝原を救うことができる』と予見する。 そして戦いの中で明らかになるほむらの本当の姿。 実は彼女は、とある理由により異なる時間軸からやってきた時間遡行者だったのだ。 【見どころ】 魔女が生まれる理由が明らかになり、まどかが怒りと絶望に打ちひしがれる様子は胸が痛みます。 しかし、全て分かった上でまどかが契約を結び、魔法少女へと姿を変え、『円環の理』となって世界中の人々を救います。 テレビアニメでもなかなか決心ができなかったり、ほむらによって阻止されたりして契約をしなかったまどかが、 真の強さと願いに目覚め、魔法を放っていく様子は感動的です。 命を落としていった3人の魔法少女マミ、さやか、杏子の半生や人柄からも目が離せません。 そして、誰よりも長い間まどかのために戦い続けたほむらとまどかの別れのシーンは、涙なくしては見られないでしょう。 youtube. ある日、同じ魔法少女である暁美ほむらも転入し、彼女らとナイトメアと戦っていくことになる。 ほむらの転入から一カ月ほど経ったある日、魔法の使者であるキュゥべえやマミの友達であるベベ、仲間の魔法少女と一緒に戦っていく内に、ほむらはある違和感を覚え始める。 その違和感を杏子に打ち明け、二人は調査を行っていくことになるが、調べていく内に見滝原から出ることができない上に、自分たちの記憶が改竄されていることに気づいてしまう。 そしてほむらは、この見滝原が「魔女」によって構築された結界の内部であると確信し、この偽りの見滝原は自身の願いによってソウルジェムの中に創られた世界であるという結論に達する。 一方、マミもまた記憶に違和感を覚え始め、ベベは自らが「百江なぎさ」という者であることをマミに明かし、話を聞いてほしいと告げていた。 現実世界では、ほむらは魔女化に至る寸前の状態にあり、インキュベーターはそんな彼女にある提案をする。 まどかに「円環の理」としての記憶を取り戻すことができれば、望むものを手に入れ、ほむら自身も救済を受けることができる。 全てを語ったインキュベーターは、まどかに救済を求めるよう促した。 【見どころ】 テレビアニメではマミさんを食い殺した「お菓子の魔女ベベ」 それが今回の映画では、マミさんの友達として描かれています。 マミさん好みのフォルム、そして百江なぎさとなってからも幼い少女の姿で、その出で立ちに心癒されるでしょう。 隙をついてベベを殺そうとするほむらと、それを阻止しようと応戦するマミさんとの銃撃戦の激しさは、最早アクションアニメと言ってもいいかもしれません。 地上波アニメでは 悲しい死で引き裂かれたさやかと杏子の友情シーンからも目が離せません。 そして、まどかの幸せを願い、救いの道を自ら閉ざしたほむらの姿は、多くの方に衝撃を与えたと思います。 youtube. アニメ化決定にあわせて、環いろは(マギアレコードの主人公)と鹿目まどかが描かれたティザービジュアルも公開され、詳しい情報については公式サイトで発表されていますので、そちらをご覧ください。 いかがでしたか? 映像、音楽、キャラ……全ての面で高い評価を出しているまどマギシリーズは間違いなくお勧め作品ですので、是非この機会に見ていただきたいと思います。 また、今年放映される外伝は、今までまどマギシリーズを見ていたファンにとっては待ちに待った作品です。 こちらも公開間近なので、予習として過去作品をご覧になってみてください。

次の

魔法少女まどか☆マギカ (まほうしょうじょまどかまぎか)とは【ピクシブ百科事典】

魔法少女まどかマギカアニメ

通称は「 まどマギ」、あるいは単に「 」、「 まどかマギカ」がよく使われる。 その他の称としては「」「ままま」「魔まマ」などがある。 放映発表当初こそ「よくある」としてさほど注されてなかったが、の(後述)を見た一部の人々は、この作品を「 」と称した。 原案が可らしい達のほの「」で有名なであったのに対し、脚本が表現と硝煙の匂いにという異色の取り合わせであったためである。 このため、本作は当初どちらかといえばイロモノ扱いであり、また業界にあまり詳しくない人からも併せて前評判は芳しくなかった。 放送開始直後も見かけ上はのものであり同様の傾向が続いたが、で衝撃的展開を迎え、その後もそれが単なる驚かしではない事を示すかのように内容を取り扱い、最終的に「」というそのものを揺るがす作品となった。 それら内容と、可らしいの絵柄とのギャップに評判が広がり、結果的にの中でも突出した性を持つ作品となった。 近年は売り上げの不安定さから物のが敬遠される傾向があり、一方で付作品のや補の作品の枯渇、悪によるなどが問題になっていた。 そんな中、「先が読めない面さ」というの長所をめて作り手やに認識させたこの作品の意義は大きい。 より、・・で放映されたほか、などでから1週遅れで最新話が配信された。 しかし、のを受け、大規模なが登場する10&11話の内容もあり、放送および配信を。 その後の放送が危ぶまれたが、翌のにそれまで放送できなかったまでの3話分のが決定した。 この手の作品では異例の事態であり、視聴率はで2. 3(占有率. 6)を記録した。 では本放映版とほぼ同じ内容である「版」を、 まで有料で配信している。 には日台同時一挙が行われ、数約10万、来場者数約万、総数約1万と新記録を立した。 そして、には の決定が告知された。 版を再編集した2本はに、全最新作1本はの開された。 詳細は「 」「 」をそれぞれ参照。 にはでの放送が決まり、以外では初の局が登場した。 には3回の一挙が行われ、来場者数約万、総数万を記録した。 そして、時は流れ。 にて配信がまで全話開放された。 立に通う、の二年生・も、そんなの中で暮らす一人。 ある日、に不思議な出会いが訪れる。 この出会いは偶然なのか、必然なのか、はまだ知らない。 主要人物 ( - ) - : 本作の。 ごくの二年生だったが、やとの出会いをきっかけにのに足を踏み入れる。 ( - ) - : が夢の中で出った、を秘めた。 ( - ) - : より一つ年上の、面倒見の良いの。 ( みき - ) - : とはで仲の良い、元気で活発なする。 ( ) - : の住む町にとある事情でやってきた、好戦的で旺盛な。 - : につきものな。 「」と称し、一つだけ願いをえる代わりにをにする役割を持つ。 サブキャラクター ( ) - : とので三人組の一。 ( かみじょう きょうすけ) - : のので、の想い人。 ( こ) - : の。 第一線で戦うキャウーマンであり、の計を一手に引き受ける。 ( ともひさ) - : の。 妻・詢子に代わってのことを引き受ける専業夫。 ( - ) - : と11歳離れた。 まだまだやんちゃ盛りの3歳の現役児。 ( さおとめ かずこ) - : たちのの担任の。 担当科は。 モブキャラクター (なかざわ) - : たちの。 及びに登場。 ホスト二人組() - :、 8話に登場。 が乗り合わせたの乗客。 の図鑑に、それぞれのやの解説が掲載されている。 の名前の表記に使用されている特殊なのについてはににてされている。 これらの解読方法についてはには言及されていない。 に登場する「」のみ、名の表記が「」であることがいくつかのにおいて明かされていた…のだが、を除きは「」に修正されている。 また、において「」のでの表記が、「」であることも判明した。 また、号~号まで、『』『 』(作:、画:志)が連載された。 全5巻。 番組終了後、描き下ろしのとして、『 』(江)も刊行した(全2巻)。 (作:、:)は上下巻で刊行中。 (注:ただしこの版は書籍ではなく扱いな為、一般書店では購入できない。 のちに一般流通版がより発売された。 さらに訂正を加えられた文庫版が文庫として出版された。 ) からにかけてによる『 』が発売された。 全3巻。 そのほかが存在している。 また、の増刊号として、に本作の作品を取り扱った『 』も季刊誌として創刊されており、まれにである『』のなども掲載されている。 に用「 」が発売。 として用の「のドキドキ 」が配布された。 から「 」がプレ開始し、に正式へと移行している。 第1話のの他、第6話のでも版が使用された。 放送第1話、第2話、第9話、第11話はがい。 第1話、第2話、第10話においては挿入歌として使用された。 " I, , " はそれぞれまたはの第2・4・6巻(生産限定版)に付属。 曲名はほとんどがになっている。 第7話で一映った建物は庁舎、第8話の舎のはの、第11話でがで特攻する場面ではと思われる建造物が見られる。 それ以外にも、第9話でが食べていたおのような食べ物はを代表する郷土食のひとつ「」に似た形をしている。 他にもに登場する物のとして、ド、(や)、、、(チバ)など各の有名建造物がとして挙げられている。 これらについてはが詳しい。 なかでも達の通うはそのとしてのが挙げられている。 第15化庁祭部門大賞• 第16回賞作品賞・部門• ア 作品賞・賞 ・賞 ・演賞 ・助演賞 ・賞 ・劇伴賞 ・賞 ・賞 ・賞 , ・撮賞・美術賞 ・設定賞・賞• 1 「として、になってよ! 2・第11回ア 部門優秀作品賞・個人部門賞 ・個人部門脚本賞• 第1回日刊プリ 賞 ・ワースト賞 ・賞・楽曲賞 ・P賞• 第6回 演賞 ・助演賞• 第回・フェア第19回&大賞最優秀ポワール賞• Lng of the Ye 2 in 選定委員特別賞• 第43回 部門• 第11回 of G賞 賞• (まとめ)•

次の

魔法少女まどか☆マギカ [番組公式]

魔法少女まどかマギカアニメ

ストーリー 大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。 見滝原中学校に通う中学二年生・も、そんな日常の中で暮らす一人。 ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。 この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。 それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い—— それは、新たなる魔法少女物語の始まり—— 公式サイトより 概要 からまで 放送中断期間あり 、 MBS ・・中部日本放送 CBC でテレビ放映。 および、・アニメワン・Showtimeでネット配信された。 全12話。 アニメーション制作は。 原作はMagica Quartet 、、、シャフトの共有筆名。 による印象的な演出、『』の氏のキャラクター原案による可愛いらしいキャラクター、『』などの制作に参加した によるな映像 カットアウトアニメーション 、そして氏の描くハードなストーリー展開が特徴。 放送以前の評判は、『可愛らしい氏の描くキャラクター』と『暗く、重いシナリオに定評のある虚淵玄』の組み合わせは異色なものだと捉えられ、『登場キャラが誰か死ぬんじゃないか』といったような予想が立てられるほどには、アニメファンの中で話題を呼んだ。 放送が始まった当初は、『可愛らしいアニメ』であることを示すようなオープニングアニメーションや、ヒロイックなストーリーで、『正統派なものアニメ』であるかのような雰囲気を醸し出していた。 しかし、第3話『』でそれを大きく覆す衝撃的な展開が起こり、それ以降は先ほどの予想通りと言える悲劇的かつダークなストーリーが展開される。 詳しい事柄については特徴の項目にて。 ファンの間での通称は『』『』『』など。 登場人物 主要登場人物• CV:• CV:• CV:• CV:• CV: 呼称表 が\に まどか ほむら マミ さやか 杏子 まどか わたし ほむらちゃん マミさん さやかちゃん 杏子ちゃん ほむら (鹿目)まどか 私 巴マミ 美樹さやか (佐倉)杏子 マミ 鹿目さん 暁美さん 私 美樹さん 佐倉さん さやか まどか 転校生、ほむら マミさん あたし 杏子 杏子 まどか ほむら マミ さやか あたし ほむら(眼鏡) 鹿目さん、まどか(叛逆) 私 巴さん 美樹さん 佐倉さん その他の登場人物• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV: モブ• CV:• CV:なし• CV:• CV:• 杏子母 CV:不明• CV:設楽麻美• ホストA CV:• ホストB CV:• CV:不明• CV:不明• CV: モバゲー版の登場魔法少女• 劇場版の登場人物• CV:• CV: が倒すべき対象で、いわゆる敵キャラクター。 世界中のあちこちで人々にをまき散らしている存在で、呪われた人間には「」と呼ばれる印が浮かび、理由不明のやを行うように仕向けられるらしい。 普段は結界の中に閉じこもり、身を潜めている。 その姿はというよりも 化物の類いに近い。 どの魔女も説明文と姿形のみを見ればコミカルな印象を受けるが、魔法少女に対しては殺害ないし捕食しようと迫ってくる。 何故生まれるのか、何故魔法少女と戦うのか。 特徴 完全オリジナル作品であったが、アニメーションスタジオと・・の三者がタッグを組んだ作品ということで放映前から一定の注目を浴びていた。 「可愛い魔法少女アニメ」というカモフラージュを纏ってスタートするため、本作のが虚淵玄であるという情報は隠しておく予定だったが、それは放映前にリークされてしまった。 虚淵氏はブランド・でシナリオライターとして多くの作品を手がけており、特にハードな展開に定評があったことから、本作でも「何かやらかすかもしれない」というまことしやかな噂がささやかれていた。 そして第3話『』において、の無惨な戦死という形で、それは現実になった。 虚淵氏は放送前に公式サイトで「 テレビの前の皆様が暖かく幸せな気持ちで一杯になってもらえるよう、精一杯頑張ります! 」とコメントしているが、後にこのコメントはカムフラージュの体裁を守るためのものであったことを明かした。 対策としてアニメ雑誌への情報を異例とも言えるほど厳しく制限していたことも話題を呼んだ。 以後、を題材としながらも、ストーリーを追うごとに少女たちの心をえぐるような、重くハードな物語が展開されることとなる。 これは、同じくシャフトと蒼樹うめ の関わった『』と大きくかけ離れた作風で、同系統のアニメを予想していた視聴者たちにはショックを与えることとなった。 情け容赦のない虚淵氏のシナリオ展開に加え、が歌うハードな曲調のエンディングテーマ「」や、が手がける不気味極まりない異空間のアニメーションもそれを演出した。 こういった作風のため、ファンによるでは、登場人物たちが幸せになった未来を描き、それに対しファン同士で「」といったやり取りをしているのが見受けられる。 による放送延期があったものの、全12話すべての放送を完了。 希望に満ち溢れているものの、切なさも感じられる結末や意味深なラストシーンの演出などから、放送終了後もさまざまな考察がなされており、評論や読解を試みた関連書籍も刊行されている。 そして、劇場版新編が公開されてから、ファン同士の考察がさらに盛んになった。 現在はその叛逆の物語が最終作品となっているが、続編の制作を願うファンは決して少なくない。 お馴染み新房昭之総監督が絵コンテを描き、劇場版の宮本幸裕監督が演出、更に谷口淳一郎総作画監督や劇団イヌカレーも参加。 作曲は新規BGMを制作。 そして悠木碧をはじめとするメインキャスト達による新規ボイスも収録された。 ちなみに、発表のとき新房総監督は、現在で連載中の も アニメ化したいとも発言していたとのこと。 過去に漫画で発売された外伝作品と違い、脚本の虚淵氏を除いた原作アニメスタッフがほぼ関わっている。 そして・・・ に開催された『』リリース一周年記念イベント「Magia Day 2018」内で 『マギアレコード』のテレビアニメ化が発表された。 総監督・シリーズ構成は、劇団イヌカレーの一人、泥犬。 同年10月6日に開催された「MBSアニメフェスタ2018」で、にMBSで放送される予定であることが発表された。 そして2020年1月4日よりが放映開始された。 MBSは2019年7月6日から『まどマギ』の再放送を『アニメシャワー』枠内で実施 第2話はTBS制作『音楽の日』のため7月14日深夜に放送。 13日からはTOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11でも放送。 また、『マギアレコード』のCMとして、広報漫画である『』の雰囲気を再現した「マギレポ劇場」が流された。 本編にあわせて、全12話の予定である。 影響 先輩作品である『』よりも更にシリアス・ハード・生々しさ・善悪超越の点で踏み込んだ当作は、後の魔法少女モノというジャンルに大きな影響を及ぼす事になった。 特に「願いの代償」は、魔法少女モノのキーポイントとなった。 『手塚治虫作品』『ガンダム』『エヴァ』『ハルヒ』と共に、漫画・アニメのエポックメイキング作品として列挙する者も少なくない。 各話リスト 話数 サブタイトル 発言者 第1話 鹿目まどか 第2話 鹿目まどか 第3話 巴マミ 第4話 美樹さやか 第5話 美樹さやか 第6話 鹿目まどか 第7話 志筑仁美 第8話 美樹さやか 第9話 佐倉杏子 第10話 暁美ほむら 第11話 暁美ほむら 最終話 鹿目まどか 3月に発生したの影響で10話 または11話 以降の放送が一時休止した。 その後4月中の放送再開が決定し、未放送分が地上波やネットの各局で一挙放送された。 メディアミックス展開 漫画 芳文社から、による が2011年2月から描き下ろしで刊行されている。 また外伝の漫画として、『 』が『』にて2011年号より連載 2013年1月連載終了 、『 』が2011年5月から描き下ろしで刊行(その後も外伝、新編が連載中)、『 』が『まんがタイムきららフォワード』で連載(2014年11月連載終了)、また現在は、『 』がで連載中と外伝作品の盛り上がっている。 上下巻、全2冊。 脚本担当のが監修している。 この小説の詳細はを参照。 ゲーム 、との共同開発による用ゲームソフト『』が発売された。 、用ゲームソフト『』が発売。 、スマートフォンゲーム『』がリリース。 東京では2011年12月27日〜31日までサンシャインシティにて、大阪では2012年2月10日〜12日までアジア太平洋トレードセンター ATC にて、名古屋では2012年3月20日〜25日まで名古屋市中小企業振興会館吹上ホールにてそれぞれ開催された。 劇場版 に発売された2011年号でを飾り、プロジェクトが始動することが発表された。 全部で3作が製作されており、うちテレビシリーズの再編集版を前後編で2作、残りの1作は完全新作となっている。 シリーズとしては一年以上稼働という異例のロングヒットとなった。 続編も出ている。 2019年9月より、第4弾として「叛逆の物語」編が稼働予定。 アニメ、劇場版と全く異なる時間軸が採用され、各人物のスーパーリーチ系列では2人で魔女と共闘する場面があり、バトルモードでは5人全員が集結して魔女を探索する。 はある意味最凶にして最悪のと言える。 ・乗れば必ず死ぬのパイロットにされてしまった少年少女の葛藤を描いた名作で、はに勝るとも劣らない下衆野郎 ・から9年後に作られた息子的作品。 地球を救う為にのパイロットとして作られた子供達を犠牲にせざるを得ない里親達と子供達の葛藤を描いた傑作 ・のヒットに危機感を持ち生まれたアンチ作品。 もこれに由来する。 ただし、ラテン語の文法上、「魔法少女」は"Puella Mag a"が。 ラテン語には男性名詞、女性名詞、中性名詞の区別があり、少女を意味する"Puella"に続くのは、魔法 使い の女性形・単数形である"Maga"である必要がある。 "Magi"は男性形の上に複数形なので、二重に間違いということになる。 日本では、「」の表記が他の創作でも有名なので、敢えて文法上の整合性は二の次にしたのかも知れない。 なお、魔法 使い の男性形・単数形は"Magus"だが、。 外部リンク - 関連記事 親記事.

次の