水沢 ダウン 2019。 【水沢ダウン 直営店で比較】ストリームラインが特徴的なストームを購入

水沢ダウンを、いい着こなしで。

水沢 ダウン 2019

株式会社ほぼ日 東京都港区北青山・代表取締役社長 糸井重里 が2012年から販売し、毎年ご好評をいただいている「ほぼ日の水沢ダウン」。 DESCENTがつくる、かるく、保温力が高く、すぐれた防水性を持つ「水沢ダウン」の魅力にくわえ、ほぼ日ならではの特長として、ニットデザイナー三國万里子さんによる編み柄の裏地がプラスされています。 2019年モデルは大小のハニカム柄だけで構成されたアラン模様がデザインされています。 通常ではWEB販売のみとなりますが、リニューアルオープンする渋谷PARCO限定カラーを数量限定で11月22日 金 より販売します。 本商品について詳細は にてご覧いただけます。 WEBサイトで販売されるのは表地がブラックとネイビーのアイテムですが、渋谷PARCO限定カラーとして、やや赤みのはいったダークブラウン「ココア」を用意しました。 ダウンでは珍しい色味ですが、秋から冬にかけての季節らしさを感じさせながら、どんな服にも合わせて着やすそうなカラーに仕上がりました。 「ほぼ日カルチャん」は「まいにち、東京特集。 舞台、映画、ライブ、展覧会など連日さまざまなイベントが行われている東京の催しをほぼ日の視点でセレクトし、紹介します。 また特別展示や限定の販売も企画しています。 その第一弾として、今回の「ほぼ日の水沢ダウン〈ココア〉」を2019年11月22日 金 より数量限定にて販売します。 在庫がなくなり次第、販売終了となります。

次の

【水沢ダウン 直営店で比較】ストリームラインが特徴的なストームを購入

水沢 ダウン 2019

SCHEMATECH-M って? DESCENTE ALLTERRAIN 5周年を記念したマウンテニアの限定モデルなのですが、製品紹介を引用すると以下のような感じです。 DESCENTE ALLTERRAIN5周年を記念した水沢ダウンジャケット限定モデル。 表地にユニークな2層素材SCHEMATECH STRETCH DOBYを採用。 ジャケット両サイドにはBoaクロージャーシステムを装備。 ジャケットと身体の空間を調整することで冷気の進入を抑制し、効率よく保温性を高めることが可能。 さらにフード部には雨などの悪天候下での着用も考慮しフードに水たまりを防ぐ「パラフード」システムを搭載。 また袖口には雨に濡れてもホールド力を保ち、フィット性に優れるブロックフィットアジャスターを新採用。 ISPO2017アウトドアセグメント・ダウンレイヤーカテゴリー・金賞受賞モデル。 通常モデルとの大きな違いは、生地と Boaクロージャーシステム、袖口のブロックフィットアジャスターを装備している点だと思います。 機能的な部分は置いといて、生地の違いが印象としては大きく違うかなと。 よりマットな質感の生地で、テカリが少なくダウン感がないところがとても気に入っています。 この辺りは好みが分かれるところだと思うのですが、あまり「ダウンジャケット!」って感じのノリが好きではないので、テカリが少ないデザインに惹かれました。 あと、SCHEMATECH-M には通常モデルにある脇の下のベンチレーション用のジッパーがありません。 これは、おそらく素材的に透湿性が通常モデルよりも高いので、フロントジッパー部分のデュアルジップベンチレーション以外を搭載する必要がなかったのではないかと思いますが、これのおかげで着心地はかなり向上していると思います。 とい言うのも、通常モデルを試着した際に個人的に脇の下のジッパーの感覚が少し気になったからです。 慣れもあると思いますが、下に着る服によっては着心地的にきになるようなこともあるのかなと。 感じます。 ベンチレーション用のジッパーがない代わりに、Boaクロージャーシステムで気密性をコントロールするのですが、これがかなり使えます。 — 2019年 1月月14日午前4時32分PST 寒いなと感じたらしぼることで気密性を高める事ができ、暑いと感じたら緩める事で通気性を高める事ができます。 思ってたよりも快適なんですよね、これ。 マウンテニアは文句なしにかっこいい さて、ここまでは SCHEMATECH-M について書いてきましたが、ここから通常のマウンテニアも含めてのポイントを書いていこうかなと。 水沢ダウンには複数のモデルがあります。 その中で、セレクトショップとかで扱われていて、一般的に有名なのはマウンテニア(MOUNTAINEER)とアンカー(ANCHOR)と言うモデルじゃないかなと思います。 どちらも素晴らしいダウンジャケットですが、アンカーの方がラインがゆったりとしていて昔ながらのダウンジャケットに近いシルエットかなと。 よりカジュアルな印象です。 対して、マウンテニアはより機能的でスポーティな印象で、少し若めなスタイルに合うかなと。 完全に好みの問題だと思いますが、私はマウンテニアのデザインに一目惚れしてしまったので、最初からマウンテニア一択で考えていました。 私はマウンテニアのデザインが凄く好きです。 非常にシンプルでスッキリしているんです。 フードがあるにも関わらず「パラフード」システムの恩恵で、フードが目立たない。 これって、結構冬のモコモコした服装では活きてくると思います。 首周りがすっきりしているので、リュックやバッグを肩にかけたときにフードが絡んでおさまりが悪い感じが無くなります。 が、フード自体は存在しているので首周りに適度なボリュームがあって全体のバランスがとても良いですよね。 水沢ダウンを買うならお早めに! そんな感じで、何年か前からマウンテニアが欲しいなぁっと思っていました。 が、毎年買い逃して買えず… 早い時期に売り切れるんですよね。 かと言って、春とか夏の予約会とかで買うのってなかなか勇気が必要ですし… という感じで様子を見ていたら 2017年も買う時期を逃してしまい、ショップ別注モデルとかサイズ的に合わないものしか残ってない状態になってました。 ショップ別注も良いんですけどね。 私は普通にシンプルな黒いダウンが欲しかったので、また今年も見送りかなーっという感じで見てました。 そんな時に、DESCENTE ALLTERRAIN5周年記念モデルでマウンテニアをベースにした が発売されました。 展開がかなり限定されていたのですが、たまたま近所の JOURNAL STANDARD で扱っていたので試着… 普通のマウンテニアと比べてもすごく好みのデザインだったので、こちらを購入しました。 実際に探してみると感じると思いますが、かなり早い時期に通常モデルの人気色は売り切れてると思います。 なので、狙ってる方は早めに探し出すと良いかなと。 まとめ — 水沢ダウンはお薦め! まだ 2年目なのですが、今のところ全く劣化してきてません。 一応、シーズンオフにクリーニングには出しているのですが、外側に関しては傷んできたりとかは殆どないです。 ダウンジャケットやコートって結構いいお値段するので出来れば長く着たいなと思いますけど、実は寿命が結構短いと言うのも各所で指摘されていたりしますよね。 この辺りは実際に使って見ないと分からない部分だと思うのですが、今のところは全く問題無さそうです。 とにかく蒸れない。 凄く暖かいのに蒸れない。 これだけでお勧めできます。 難点は、口元までおおわれるのでFace IDが反応しないことがあるくらいでしょうかw とにかく薦めです。 買ってよかった。

次の

【水沢ダウン】マウンテニアを2018年冬も着るので1年経った変化まとめ

水沢 ダウン 2019

本日、高円寺阿波踊り初日。 かなり盛り上がっております!! 熱接着ノンキルト加工により極限までステッチを省略、必要な部分にはシームテープ加工を施し、ダウンの弱点とされてきた、水分含浸を防ぎ、高い耐水性を実現。 表地には4WAYストレッチ素材であるDERMIZAX MICRO STRETCH ダーミザックスマイクロストレッチ を採用し、どんな動きにも対応する快適さを提案。 さらに裏地には光を熱へと変換し積極的な保温性能を発揮するHEAT NAVI ヒートナビ を採用、保温性も十分に確保した。 フード部の後ろにはダイヤルで絞りを調整できるBOAシステム、快適で軽量、単純にノブを回すだけで好みのしめつけを得ることができるデサント独自のシステムである。 フロントは2段階で調整可能なジッパーになっており、内側のジッパーをしめた時にはメッシュがベンチレーションの機能も果たし、脇下のジップと共に内部の温度、湿度の調整に活躍してくれる。 デサントが持つ最新鋭のテクノロジーと、日本の職人ならではの丁寧な仕事から生まれる、まさに最高峰のダウンジャケットです。 ついにシャトルも入荷いたしました。 是非皆様のご来店お待ちしております。 フェブオリジナル通販サイト 【and Pheb Stor E — アンドフェブストア】 AURALEE DESCENTE ALLTERRAIN.

次の