かみ さま に あいたい 読書 感想 文。 2019年課題図書、小学3年生、4年生の部! 選び方と感想文を書くヒント

【読書感想文の書き方】コンクール1位入賞作品に学ぶ! 賞がとれる書き方のコツ(小学生中学年の部3~4年生)

かみ さま に あいたい 読書 感想 文

読書嫌いな子を応援する!本の紹介シリーズ第4弾! 今回は、2019年度小学3年生、4年生の読書感想文課題図書になっている 「かみさまにあいたい」 のご紹介です! 「」 大好きだったおばあちゃんを亡くしてしまった、雄一。 ある日、同級生の竜也より、「神さま」と会ったことがあるという話をきく。 「神さま」って、本当にいるの? もし会えたら、ひみつの願いごとをかなえてくれる? 雄一は、竜也といっしょに、「神さま」との交信を試みるが…。 悲しみと向き合いながら、前に進もうとする少年たちの物語。 ( より) この本の主人公は小学3年生の男の子です。 出版社の内容紹介を読むと悲しい内容の本という印象を受けますが、実際にこの物語を読むと、もっとカラっとして展開が早い本です。 課題図書に指定されているまさにその学年の子が主人公のため、 お子さんが読み始めるとどんどん読み進めることでしょう!途中隠れ家を探検するくだりは、夢中になって読むと思います。 ただ、内容が面白い割に、 タイトルと表紙が今ひとつ、子どもの興味を引きづらいかな、と感じます。 読み始めれば内容にひきこまれるのですが、最初の「読む」までのハードルが少し高いかと。。。 本のあらすじはほとんど解説しておりません。 この動画を見たからといって本を読まなくて良いにはならないよう作っています。 それにしても今回の動画の作成は苦戦しました。 読み始めさえすれば読了する予測がつくだけに、いかに読み始めのハードルを下げるか。 たった3分弱の動画ではありますが、作成には2日間かかっております。 この動画を見ることで、この本を読んで見よう!と思うお子さんが一人でも増えることを願っています。 なお、今回は読み始めれば本の内容にひきこまれやすいと思いますので、 読書シートはご用意しておりません。 感情移入しやすい本ですので、読んでしまえば読み進みます。 読書シートは話の内容が分かっているかどうかの確認用ではなく、お子さんが読み進めるためのサポートなので、読めそうな本はそのまま読んでください。 読書がある生活はお子さんの人生を豊かにします。 本があまり好きではないお子さんも、今回の読書感想文の読書をきっかけに、少しでも本が好きになり、読書を楽しめるようになってくれることを切に願います。

次の

「かみさまにあいたい」を読んで簡単にあらすじ読書感想文を書いてみました

かみ さま に あいたい 読書 感想 文

シャーロックホームズ 小学生・中学生に読ませたい小説~読書感想文にも こんにちは、スロットパパさんです。 自分の家では長男が小学校の高学年になるのですが、毎年のように出される宿題の読書感想文の本を選ぶのに一緒に本屋に行ったりというのが恒例の行事となっています。 出来ることなら図書館に行ってちょうど良い本を選んでくれればお得なんですが、2週間じゃ読み終わって感想文をしっかり書けるかが微妙なので、次男、三男でも使えるかなってことで結局購入して毎年本が増えていっています。 低学年の間は本屋の推薦図書から子供が興味を持った本を選んでいました。 高学年ともなると読める本も増えてくるので、親が読ませたい本もそろそろ読んで欲しいなということでちょうど良い小説を見つけたので紹介させていただきます。 シャーロックホームズ 青い鳥文庫 講談社 シャーロックホームズと言えば世界で最も有名な探偵と言っても良いのではないでしょうか? 世界的にもシャーロックホームズの熱狂的ファンのことを示すシャーロキアンという言葉もあるように世界各国でたくさんの読者がいます。 そんな自分も小学校高学年でシャーロックホームズを図書館で借りて読んだところ、おもいっきりハマって連続して借りて一気に全巻読破した記憶があります。 小説には色々とジャンルがあるかと思いますが推理小説を読むならシャーロックホームズがまず一押しになりますね。 自分の子供も高学年になったのでswitchとかDS ばかりやってないで本当に面白い本を読んで欲しいなという思いもあり探して見たところ小学生にも読みやすい青い鳥文庫として「シャーロックホームズシリーズ」が講談社から出てるとの情報をゲットしました。 早速地元の本屋で調べてみると青い鳥文庫としては第一巻となっている「赤毛組合」が置いてあったので早速購入しました。 これはシャーロックホームズの小説の中でも一番印象に残っている話で、ドキドキしながら一冊を読み終えた記憶があります。 ホラーまではいかないですが、怖いけど先が読みたいという気持ちで読んで半日かけて一気に読み終えた作品です。 もし、読書感想文として読んでみようと思うならこのバスカビル家の犬等の長編の中から選びたいところてすね。 これらを読んでシャーロックホームズにはまったら是非その他の話も読んでみてください。 最初から読破するつもりであれば全巻セットを買ってみてもいいかもしれませんね。 完訳番 シャーロックホームズ 子供も取っつきやすいシリーズとして青い鳥文庫のシャーロックホームズをおすすめしましたが完訳版として出ているシリーズを揃えるというコースもあります。 中学生や長くコレクションとしてとっておきたいという場合はこちらもご検討ください。 ちなみに自分が読んだのはこちらの完訳版だったのでこちらも面白いこと間違いなしなのでおすすめです。 やはり、世界のシャーロック・ホームズということで、できることなら完訳版でその素晴らしさを感じて欲しいなと思います。

次の

シャーロックホームズ 小中学生に読ませたい小説~読書感想文にも

かみ さま に あいたい 読書 感想 文

おばあちゃんとのやくそくをはたすため、「神さま」に会いたいと、ひそかに願う雄一。 同級生の竜也といっしょに、ある行動をおこすが・・・。 悲しみと向き合い、成長していく少年たちの物語。 「かみさまにあいたい」より 主人公の雄一は、学校帰りに給食のデザートをお供えにおばあちゃんのお墓参りに行くくらいのおばあちゃん子。 でも、亡くなる前のおばあちゃんにうそをついてしまったことをずっと後悔しています。 同じクラスで看護師のおかあさんと2人暮らしの竜也と仲良くなり、「神さま」にメッセージを伝えることにした二人。 神さまに会うという目的のもと協力し始めた二人の友情や、亡くなった人への想いの整理のしかたなどを丁寧に描いた作品です。 本の絵やデザインがかわいらしいので、女の子はこの本を好む子が多いでしょう。 身近な人が亡くなった経験のある子 主人公の雄一は大好きだったおばあちゃんを亡くしています。 同じように、身近な人を亡くしてさみしい思いをしている子は雄一に共感できます。 痴呆・のお年寄りが身近にいる子 雄一のおばあちゃんは、亡くなる前いろいろなことが分からなくなってしまいます。 身近な人がいろいろなことを忘れていくのを近くで見ているのは切ないもの。 おじいさん・おばあさんが似た状態にある子などは、お年寄りとどんな関わり方をすればよいのか考えるきっかけになるでしょう。 冒険が好きな子 雄一と竜也は、秘密基地に入ったり、遠くまで出かけて誰も住んでいない家に忍び込んだりと、さまざまな冒険をしていきます。 冒険がすきな子は、この本を読んで主人公たちと一緒にワクワクできるでしょう。 さみしい思いをしている子 主人公の雄一は、おばあちゃんを亡くしてしまいました。 同じクラスの竜也は、看護師のお母さんの仕事が忙しく、一人で過ごす時間が長い男の子。 さみしい気持ちに共感し合える二人の男の子の話に、同じようにさみしさを抱えているお子さんは救われるのではないでしょうか。 読書感想文『かみさまにあいたい』を読むときのポイント 本を読んで感想文を書くには、• 本の内容をしっかりと読み取ること• ポイントをしぼって理由や気持ちを考えること が大切です。 を読むときに気を付けたいことと、ぜひ考えてみてほしいポイントを紹介します。 ぼく(雄一)と竜也の性格の違いを読み取る 雄一と竜也の性格はまったく違います。 本を読み進めながら、2人の性格の違いをきちんとつかめるようにしましょう。 こんなに性格の違う二人がとっても仲良くなるのはなぜなのかも考えてみるといいですね。 竜也の行動の理由や気持ちを考える クラスの中の悪い子として描かれている竜也。 行動だけ見ていると、どうしてそんなことをするんだろうと思ってしまうことばかり。 しかし、竜也の行動にはちゃんと理由があって、考えて行動しています。 竜也の行動の理由や気持ちを追いながら読んでみると理解が深まります。 天国の神さまにお願いしたいことはどんなこと? 本の中で2人は神さまにそれぞれのお願い事を伝えます。 おこさんだったら、どんなことを神さまに伝えるでしょう。 それはなぜですか。 考えてみましょう。 目に見えないけれど信じているものはある? 登場人物の男の子2人は、物語後半で目に見えないものを信じるという感覚が理解できるようになります。 お子さんはこの感覚に共感できるでしょうか。 また、目には見えないけれどあると信じているものってあるでしょうか。 理由と合わせて考えてみましょう。 雄一のおばあちゃんは、雄一に何て伝えたいと思う? 雄一は、ウソをついておばあちゃんに柔道の練習をみせなかったことや、おばあちゃんが応援してくれていた柔道をやめてしまったことを後ろめたく思っています。 そんな雄一に対して、天国のおばあちゃんが話しかけられるとしたらどんな言葉をかけるでしょうか。 考えてみましょう。 竜也の会った神さまって、誰だったの? 竜也はずっと神さまに会いたがっていますが、竜也の神さまって結局誰だったんでしょう。 どうして神さまはカステラをプレゼントしてくれたんでしょう。 夏休みは、課題図書『かみさまにあいたい』を読んで読書感想文を書こう 『かみさまにあいたい』の魅力は伝わったでしょうか。 読む人によってさまざまな立場で考えることができる本、ぜひ夏休みの読書に入れてほしい一冊です。 ぜひいろんな視点をもって読んでみてくださいね。 感想文を書くにあたって困ったことや知りたい事があれば、コメント欄や問い合わせフォームからお気軽にご連絡くださいね。 以上、『かみさまにあいたい』のあらすじとポイントでした。

次の