歯茎 が 腫れ て 痛い。 歯茎が腫れて痛い!その原因と自宅で出来る応急処置はコレ!

歯茎が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

歯茎 が 腫れ て 痛い

奥歯の歯茎の痛みを軽減させる3つの対策法 痛みの原因が虫歯や歯周病であれば、応急処置で痛みを軽減することができます。 1-1. 歯茎を冷やす 歯痛の原因が虫歯であれば、その発生源となっている部分を冷やすことで、痛みを改善できます。 冷たい水を口に含んだり、保冷材を虫歯周辺に当てたりして、患部を冷やしましょう。 冷やしすぎは循環障害を起こしやすいため、水で絞ったタオル位で冷やすのが良いでしょう。 ただし、歯周病や知覚過敏が原因で痛む場合には、冷やすと逆効果になることがあります。 1-2. 歯茎を柔らかい歯ブラシで磨く 歯周病が原因で痛みがある場合には、柔らかめの歯ブラシで口内を清掃しましょう。 歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。 歯垢を除去することで、痛みが軽減できます。 1-3. 痛み止めの薬を飲む 痛みをすぐに鎮めたい場合、痛み止めの服用をおすすめします。 市販薬でも構いませんが、市販薬を使用する際には、薬剤師の指示に従い、用法用量を守って使用してください。 歯茎が炎症を起こしている場合は、歯医者さんで抗生物質を処方してもらえるかどうかを確認してみましょう。 痛み止めを飲むことで、虫歯や歯周病、歯肉炎など、幅広い原因に対して痛みの軽減が見込めます。 しかし、痛み止めは痛みの原因を根本から治療することはできないため、痛みが続く場合は歯医者さんを受診し、痛みの原因を治療してもらうことが大切です。 奥歯の歯茎が痛い原因 奥歯の歯茎が腫れて痛む場合、歯磨きするときに頻繁に出血するようなら、まずは歯周病を疑ってみてください。 特に、奥歯は噛む力が大きいので、歯周病の進行も速くなります。 歯周病の根本原因は歯垢ですが、食いしばりや歯ぎしり、ストレスでも悪化します。 歯茎の腫れは、疲れているときや、身体の抵抗力が弱っているときに、出やすい症状です。 2-1. 歯周病が原因による痛み 歯周病の原因は歯垢ですが、歯垢は放置しておくと歯石になります。 歯垢や歯石は歯周病菌の住処となるため、増えすぎた細菌が歯周病を引き起こします。 しかし、歯石は自分では取る事ができません。 そのままにしておくと、歯茎の内側に歯石が溜まってしまい、歯周病が進行した結果、最終的には歯を支える骨を溶かしてしまいます。 歯垢や歯石以外に歯周病を悪化させる要因は、以下のものが知られています。 ・歯に合っていないブリッジ、入れ歯 ・不規則な食生活 ・喫煙 ・食いしばりや歯ぎしり ・ストレス ・糖尿病やホルモン異常といった全身疾患 休日にストレス解消を行い、歯磨きの徹底、デンタルフロスや糸ようじを使用する習慣を作ることで、歯周病を予防することができます。 2-2. 歯周病以外の原因による痛み 奥歯の歯茎が痛くなるのは、歯茎が腫れて炎症を起こしているためです。 歯茎が腫れてしまうのは、歯周病以外の原因も考えられます。 親知らずが原因の場合 親知らずは歯ブラシの届きにくい場所に生えていることや、歯の一部だけ出る、斜めに生えるなどまっすぐに生えることが少ない場所であることから、汚れが溜まりやすい場所です。 そのため、体調が悪い時など痛みが出ることがあります。 また、20代など年齢的に若い方なら、親知らずが生えてくる際に、噛み合わせたとき反対側の歯肉に当たってしまい、歯で歯茎を噛ん傷つけてしまうことがあります。 歯の根の先に膿が溜まっている場合 歯の根の先に膿が溜まる病気「歯根嚢胞(しこんのうほう)」は、症状が全くないまま進行してしまうことが多くあります。 そのため、 痛みに気付く頃には、かなり膿の袋が大きくなっている恐れがあります。 痛みは、やがて顎全体に広がっていきます。 銀歯の下で虫歯が進行している場合 奥歯の被せ物に銀歯を使用した治療をおこなった人が、該当する痛みです。 銀歯の下に広がっている虫歯は見えないので、気がつかないうちに虫歯が進行してしまうケースも少なくありません。 銀歯は劣化しやすいため、歯と銀歯の隙間から虫歯になりやすい素材です。 虫歯が神経まで達するほど悪化すると、痛みが増します。 歯医者さんで行う治療法 奥歯に痛みが出ると、顎全体にも痛みが広がってしまうことがあります。 これは放散痛(ほうさんつう)といって、痛みの原因がある場所と離れたところに痛みが出るためです。 例えば、上の奥歯に大きな虫歯があるのに、健康な下の奥歯も痛いと感じる場合があります。 放散痛が起こっていると、どこに痛みの原因があるかわかりにくいので、歯医者さんでレントゲンを撮るときは歯全体を撮影します。 レントゲンを撮れば、どこに原因があり、どの奥歯を治療すればいいかがわかります。 3-1. 歯周病 歯周病は重症になると、外科的な処置をとったり、歯を抜いたりしなければならなくなります。 歯石が蓄積しないようにするために、できれば一年で3回は、歯医者さんでクリーニングを受けることをおすすめします。 歯石は歯磨きでは取ることができないため、歯医者さんで除去してもらいましょう。 3-2. 親知らず 親知らずが原因で痛みが出ているようなら、多くの場合、抜歯を検討することになります。 親知らずの抜歯というと、不安に思う方も少なくないかもしれませんが、近年では表面麻酔や部分麻酔をおこなうなど、痛みの少ない方法で抜歯できる歯医者さんが増えています。 親知らずの抜歯は、生え方によっては口腔外科のある歯医者さんにお願いするほうが良いことがあるので、かかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。 3-3. 銀歯の下の虫歯 銀歯を取り外し、発生している虫歯の治療をおこないます。 虫歯の進行度によっては、根の治療や抜歯の検討が必要になる場合もあります。 治療終了後、新しい詰め物や被せものの素材を歯医者さんと相談し決めましょう。 保険診療の範囲で治療するか、自由診療を検討するかによっても、選択肢が違ってくるのでよく考えて決めましょう。 歯の型どりをしたのち、装着して治療は終了します。 3-4. 歯医者さんで指導してもらえるトラブル予防方法 歯医者さんでは、歯ブラシやデンタルフロスの正しい使い方、正しい歯磨きの仕方を教えてもらうことができます。 正しいケア方法が身につけば、虫歯や歯周病が発生しにくい口内環境を作ることが可能です。 また、歯医者さんで定期健診をすることもおすすめします。 特に、歯周病は症状がないまま進行するので、自分ではなかなか気づくことができません。 虫歯も、初期段階であれば、ほとんど痛みを感じることなく治療をすることができます。 口内リスクの早期発見するためにも、歯医者さんに通う習慣をつけましょう。 奥歯の痛みが原因で全身に感じる症状 奥歯が痛むのと同時に、身体にも痛みが生じる場合もあります。 歯と身体は関係ないと思われがちですが、神経でつながっているため、互いに影響し合います。 4-1. 急に肩が凝るようになった 奥歯が痛むと、できるだけ痛みが起きないように、噛み合わせや噛み方を変えることがあります。 痛みを感じる側で噛まないようにしたり、しっかりと噛めなかったりすると、噛み合わせが変化しやすくなります。 奥歯の痛みのせいで噛み合わせが崩れると、肩こりにつながります。 顎や首、肩は筋肉でつながっています。 噛み合わせの変化が、不自然な筋肉の緊張として残るようになるためです。 4-2. 耳が痛い 軽い虫歯や、歯肉炎による歯茎の腫れで耳が痛むようなことはあまりありませんが、 抜歯が必要な程の虫歯があると、耳にも痛みが出てきます。 深刻な虫歯を放置すると、歯根の先端に膿瘍(膿が溜まること)を形成する恐れがあります。 奥歯の根に急速に膿が溜まることで、炎症が周囲に広がり、最終的に耳に痛みを感じると考えられています。 4-3. 風邪っぽい 風邪は全身に症状が出るウィルス疾患で、発症すると免疫力が低下します。 身体が弱ると血流が悪くなるため、虫歯でもないのに歯痛を引き起こすことがあります。 奥歯の痛みがひどくても、風邪が治れば、歯痛も自然に治ることがほとんどです。 風邪が原因で奥歯が痛む場合の多くは、上顎の奥歯に痛みを感じるようです。 しかし、 風邪が治っても奥歯の痛みがそのまま残る場合には、やはり虫歯やその他の原因を考える必要があります。 歯医者さんを受診し、適切な治療を受けてください。 まとめ 前歯とは異なり、奥歯は痛みの原因を見つけるのが難しい部分です。 痛みが続く場合は、必ず歯医者さんを受診するようにしてください。 痛みの原因を自己判断せず、歯医者さんに診断してもらうことで、適切な治療を受けることが大切です。 QAサイトで奥歯の痛みについて質問している方がいます。 歯科医師からの回答も参考にしてください。

次の

歯茎が痛いときの歯磨きの方法は?腫れや痛みの原因と対処法も紹介

歯茎 が 腫れ て 痛い

突然やってくる!?歯茎が腫れる3つの原因 歯茎が腫れる原因は大きく分けて以下の3つが考えられます。 歯肉炎や歯周病、虫歯等の歯の病気• ストレスや身体の疲労• 親知らずや差し歯、銀歯を付けている歯の炎症 歯肉炎や歯周病、虫歯等の歯の病気 歯茎が腫れる原因として多いのは、歯の病気ですが、病気の種類によって、歯茎全体が腫れるのか、歯1~2本分の歯茎が腫れるのかが分かれます。 まず、歯茎全体が腫れる場合は、歯肉炎や歯周病が考えられます。 歯肉炎は、子ども等がきちんと歯を磨かずにそのままにしていると、食べカス等が溜まって歯周ポケットができ、歯茎が炎症を起こして腫れてしまいます。 歯周病は、歯肉炎が悪化して起こりますので、歯肉炎と同様に腫れます。 また、歯茎全体ではなく、歯1本、2本等、歯茎が部分的に腫れる場合は、虫歯が原因と考えられます。 虫歯により、歯の根っこから細菌が入ることで、歯と歯茎の間に膿が溜まって、炎症を起こす場合があります。 ストレスや身体の疲労 ストレスで歯茎が腫れた!という経験がある方や、そのような話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? これは、睡眠不足や身体が疲れて抵抗性が低くなったときに、歯がグラつくような「歯が浮く」といった感覚になる場合があり、このときに歯茎が腫れることもあります。 また、風邪ををひいたときにも、奥歯や親知らずのあたりが腫れる場合があります。 親知らずや差し歯、銀歯を付けている歯の炎症 親知らずについても、まだ歯茎の中から出てきていない歯が炎症を起こし、歯茎が腫れたりします。 差し歯や銀歯をつけている歯でも、残っている歯の根っこの炎症が原因で歯茎が腫れる場合があります。 原因別の腫れた歯茎の治療方法 歯茎が腫れる原因については説明しましたが、実際に歯茎が腫れたときはどのように治せば良いのでしょうか? その歯茎の治療方法について、原因別に説明させて頂きます。 歯の病気が原因の場合の治療方法 まず歯茎全体が腫れる歯肉炎や歯周病についてですが、歯肉炎は、歯石や歯垢を歯医者で取り、ケアを行っていけば治ります。 また、歯周病も歯医者でクリーニングすることで治ります。 虫歯の場合は、当たり前のことですが、虫歯を治療することで歯茎の腫れは治まります。 ただ、虫歯を放置していて、歯そのものがボロボロになっている場合は、虫歯を抜くしかありません。 また、細菌等が原因で、歯茎の中に膿が溜まっている場合は、歯茎を切開して膿を出す方が早く治ります。 ただし、歯茎を切ることになりますので、痛みも伴います。 ストレスや身体の疲労が原因の場合の治療方法 ストレスや身体の疲労が原因の場合は、十分な睡眠を取る等して、身体の疲れを取ることや、ストレスを解消することで治る場合もあります。 風邪等によって腫れた歯茎も、風邪の治療をしっかりと行っておけば、1週間くらいで治ることが多いです。 歯茎の中の歯が炎症が原因の場合の治療方法 親知らずや差し歯、銀歯等の歯茎の中の歯が炎症して歯茎が腫れている場合は、原因となっている歯を抜くことで治ります。 その他、どうしても早く治したい場合は、歯医者さんで抗生剤などをもらうと良いと思います。 抗生物質、抗炎症剤を3~4日程飲むことで、歯茎の腫れがひいていきます。 歯茎を腫らさないための予防と対策 歯茎を腫らさないようにするためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか? 基本的なことですが、歯周病や虫歯の場合は治療を行い、歯医者で定期的なクリーニングと歯磨きなどの毎日のケアを丁寧に行うことが最も有効的な予防方法です。 歯茎の腫れは、自分で鏡を見ていても、意外と気付きにくいため、突然腫れたと感じるものです。 ご自身の歯茎が腫れているかどうかチェックするには、実際に歯茎を触ってみると良いです。 歯茎を触ってみてブヨブヨしていると、その部分は腫れています。 また、出血しやすさ等でも歯茎が腫れているかが分かります。 歯磨きしたときに多少、出血する場合もありますが、あまりにもひどいときは、歯医者で診察を受けた方が良いと思います。 このように、歯茎の腫れによる痛みはあまりでないが、歯肉炎などにより、出血しやすくなったり、腫れている部分に 物が詰まりやすくなって、さらに炎症を起こしやすくなるといった悪循環に陥ってしまいますので、歯茎の腫れを放置していても良いことは何もありません。 歯肉炎を放置していると、歯周病になって、最終的に歯が抜けてしまいますので、毎日の歯磨きやクリーニングで清潔にしておく必要があります。 歯茎が腫れていることで来院される患者さんは多いですが、虫歯が原因による傷みで来院されたり、悪化してから来られる人が多いです。 なかなか気付きにくい歯茎の腫れですが、急に腫れることもありますので、今は大丈夫と思っていても油断せず、毎日のケアを十分に行いましょう! はスマイリー歯科へ.

次の

歯茎が腫れて痛い!どうやって痛みを抑える?原因と治療法

歯茎 が 腫れ て 痛い

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた政府の発表を受け、一部の医院において臨時休診または診療時間の変更が生じております。 政府から発表される情報等により、急な変更も予測されますため、受診の際には事前に医院にご連絡いただくなど、ご確認をお願いいたします。 歯茎が腫れているときの原因や治療法について解説します。 ひとくちに歯茎が腫れたといっても「歯茎が痛い」「歯茎から膿が出ている」「歯茎が赤くなった」など症状はさまざまです。 歯茎が腫れている原因を確かめて、治療法をチェックしてください。 【監修】 歯科医師 菊地由利佳 【所属】 健康検定協会 【記事読者へのメッセージ】 歯は健康に欠くことのできないものです。 美味しいものを食べる、会話をする、美しい表情を保つ、これらは健康な歯があってからこそできること。 記事をご一読いただき、ぜひ歯の正しい知識を知って、より健康な毎日をお過ごしください。 歯茎が赤く腫れている 歯茎を押すと膿が出る ものを噛むと痛い 歯茎に白い腫れがある 歯茎から血が出る 触ると歯茎がぶよぶよする 2. 歯茎が腫れる原因はなに? 2-1. 白い腫れはストレスや疲れが原因 歯茎に白っぽい丸い腫れや傷のようなものがあるときは「アフタ性口内炎」の可能性があります。 原因ははっきりしないのですが、疲労やストレスなどによって起こるとされています。 10日ほどで自然と改善します。 歯茎だけでなく、唇の裏側、ほおの内側にできることもあります。 何度も繰り返し発症する場合は「再発性アフタ性口内炎」やほかの病気が疑われるので、歯医者さんに相談してください。 原因 疲労やストレス、感染症などよって起こる。 治療法 10日ほどで自然と改善する。 2-2. 噛むと歯茎が痛むときは、衝撃と虫歯が原因 噛みしめたときに歯が痛む場合は「根尖性歯周炎」を起こしている可能性があります。 根尖性歯周炎は、歯の根っこ(根尖)で炎症が起こっている状態です。 歯に強い衝撃がかかったり、虫歯が進んで歯の根にまで細菌が達していたりすると発症します。 根尖性歯周炎を治療せずに放置すると、歯の根っこに嚢胞(のうほう)という膿がたまった袋状のものができます。 この状態を歯根嚢胞といい、歯の根っこ部分の歯茎が腫れます。 症状によっては、抜歯が必要になることもあります。 原因 歯に強い衝撃がかかる。 または虫歯の細菌が歯の根っこ部分に感染する。 治療法 根尖の膿を取り除き、抗菌薬などで細菌の繁殖や炎症を抑える根管治療を行う。 原因 根尖性歯周炎が慢性化して、膿のたまった嚢胞が歯の根っこにできる。 治療法 根管治療、または歯茎を切開して嚢胞を取り除く。 場合によっては抜歯をする。 歯根嚢胞では膿がたまっている。 ) 2-3. 血や膿が出る原因の多くは歯周病 歯茎が赤く腫れた状態を歯肉炎といいます。 歯茎が腫れているので、歯と歯の間の歯茎がやや丸みを帯びた状態になります。 歯肉炎の状態で歯をみがくと、歯茎から血が出ます。 歯みがきで、すみずみまでみがけていないと、歯に歯垢が残り、やがて歯石になります。 この残った歯垢や歯石の細菌によって歯茎が炎症を起こし、歯肉炎となります。 歯肉炎を放置すると、やがて歯周炎を発症します。 歯周炎とは、歯肉炎を起こしていた細菌が、歯茎の奥にまで入り込んで炎症を起こしている状態です。 歯茎に触るとぶよぶよして、押すと白い膿が出るようになります。 また、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が溶けて、歯がぐらぐらとします。 歯肉炎と歯周炎は、ひとまとめにして歯周病といいます。 症状がひどくなるにつれて、口臭がひどくなっていきます。 歯茎の腫れの多くは、歯周病が原因です。 歯みがきなどをすると出血する。 原因 歯垢や歯石の細菌によって歯茎が炎症を起こす。 治療法 歯垢や歯石を除去する。 ぶよぶよする。 血や膿が出る。 歯がぐらぐらする。 口臭がある。 原因 歯肉炎が進行して、歯を支える歯槽骨や歯の根にある歯根膜などで炎症が起こる。 治療法 歯茎を切開するなどして、歯と歯茎の間にたまった歯石などを取り除く。 歯茎が腫れたときの対処法 3. 症状が軽い歯肉炎なら歯垢と歯石を取るだけ 歯茎が赤く腫れているだけの歯肉炎であれば、 ほとんどのひとは歯医者さんで歯垢と歯石を取ってもらうことで症状を改善できます。 歯茎の腫れは、この段階で抑えましょう。 歯垢や歯石を放置していると、歯周病が悪化する原因になります。 歯石は、唾液の成分が歯垢と結びついて石灰化したものです。 歯石は、歯みがきで落とすことができません。 歯医者さんが、スケーラーという器具を使って、歯と歯茎の間にできた歯石を削り取ります。 症状がもう少し重い場合は、歯茎の奥にある歯石の残りや、有害な物質の除去と歯の根っこの表面をつるつるにする措置を行います(SRPといいます)。 3-2. 歯周病が悪化すると手術が必要になることも 歯周病が悪化した場合は、外科的治療(手術)を行います。 症状の重さなどの条件によって、行う治療は異なります。 ・組織付着療法 歯茎を切開したり、歯からはがしたりして、歯と歯茎の間にたまった有害な物質を取り除きます。 有害な物質を取り除いたら、歯茎が歯に再び付着する措置を行います。 治療を終えたあと、歯茎がもとの状態より後退することがあります。 歯垢や歯石がたまると歯周ポケットが深くなり、歯茎の奥まで細菌が入り込む原因になります。 ) そのほかにも、歯周病で失われた組織を再生する治療なども行われています。 ただ、歯を支える歯槽骨がほとんど破壊されてしまっているような、ひどく悪化した歯周病の場合は、抜歯することになります。 3-3. 歯周病は再発しやすいので定期検診が必要 歯周病は治療を終えても、再発することがよくあります。 再び歯石がたまって歯茎の腫れが起こらないように、定期的に歯医者さんに通って、クリーニングを受けましょう。 もし歯周病が再発していたとしても、症状が軽いうちに見つけられるので、外科的な治療を受けずにすみます。 歯医者さんによっては、歯みがきの方法も指導してくれます。 定期検診は、1年に3~4回くらいが目安です。 歯茎が腫れたときに歯医者さんを選ぶポイント 4-1. 歯医者さんの通いやすさは重要なポイント 歯茎の腫れを治療することは大事ですが、もっとも大事なのは治療してからです。 治療を終えてからも、定期検診で歯医者さんへ通院することを考えると、 通いやすい場所にあることが重要です。 仕事帰りに通うのであれば「通勤経路」にあって「夜間診療に対応」している歯医者さんがいいでしょう。 休日に受診したい場合は「土曜日・日曜日診療」はもちろん「自宅から近い」のも大切です。 4-2. 相談しやすいかかりつけの歯医者さんをつくる ちょっとしたお口の異変も気軽に相談できる、かかりつけの歯医者さんを見つけましょう。 相談しやすい雰囲気、説明のわかりやすさ、自分との相性など、これからも付き合っていけると感じた歯医者さんに定期検診をお願いして、こまめにお口をチェックしてもらいましょう。 歯医者さんの口コミなども参考になります。 まとめ 歯茎が腫れる原因には、さまざまなものがあります。 深刻な病気が歯茎の腫れる原因になっていることがあるので、面倒だからと放置するのは危険です。 手術が必要になることもあるので、早めに歯医者さんへ相談しましょう。 歯茎が腫れる原因の多くは、歯周病です。 歯周病を防ぐには、ていねいな歯みがきが大切です。 面倒でもしっかりと歯をみがいて、歯垢がたまらないようにしてください。

次の