ケークサレ お好み焼き粉。 お好み焼き粉で、お好み焼き以外の料理を作ってみる

たっぷり野菜のケーク・サレ

ケークサレ お好み焼き粉

1 知人の展示会でこの食べ物を知ってから、朝ごはん用に作っていたものの、当時はネットにもレシピがほとんどなくて、結局、勝手気侭な分量で作っていた。 はて、これで合ってるのやら?ケークサレ。 というわけで、東京唯一のケークサレ専門店に見本を買いにいってきたのだ。 山手通りをまっすぐ歩いて、サクッと住宅街の細道に入ってからは1分くらい。 他にお店は見当たらない住宅街にやや唐突にドカンと立ってる。 小さいお店じゃないとこが、また意外。 おじさんに聞いたとこによると、ケークサレがフランスで発売されたの自体2000年と、ここ最近のこと。 伝統的な料理じゃなかったんでした。 発売と同時に大人気となったケークサレは、2005年に日本にやってきた。 ほんとに極々最近の食べ物。 「正解が分からないから買いにきた」と話すと「まあ、日本で言えばお好み焼きみたいなものだからね」と。 そうなのよー、おじさん。 というか、やっぱり粉ものはそういうものか。 こりゃ、自分の塩梅に辿り着くまで長そうだなーと思いつつ「日本人向けにすこししっとり」させたというケークサレを2本購入。 1つはパプリカと生ハム、もう1つはグリュエールチーズとベーコンだったかな。 たしかにしっとり。 欧米人は日本人に比べて唾液の量が多いらしいので、本場はもっとパサパサしてるんだそう。 何を入れてもいいけど、美味しさの秘訣は工夫に尽きるという課題を得ました、ケークサレ。 さて、まずは湯せんで焼いてみるかいな。 -----.

次の

もっちりが美味しい!米粉でつくるグルテンフリーのケークサレ

ケークサレ お好み焼き粉

パウンドケーキ型1台分 (材料) A 豆乳:100ml 卵:2個 粉チーズ:大さじ4 オリーブオイル:大さじ3 B 米粉: 100g ベーキングパウダー:小さじ1 C ホウレンソウ:2分の1束 タマネギ:2分の1個 マッシュルーム:2枚 ベーコン:4枚 塩・コショウ:適宜 (作り方) 1. ボウルにAを入れよく混ぜ合わせておく。 フライパンを熱し、食べやすい大きさに切ったCの野菜とベーコンをオリーブオイル(分量外)でさっと炒めておく。 塩コショウで味を整える。 1のボウルに粗熱がとれた2、Bを入れてさっくり混ぜ合わせる。 型にいれ、180度に予熱したオーブンで30〜40分焼いたら完成。 千葉県出身。 父の糖尿病をきっかけに食の大切さと野菜と果物の素晴らしさに目覚める。 野菜と果物がカラダに果たす役割の大きさと、食べることを楽しむココロの大切さを様々な世代へ伝えたいと思い現在に至る。 企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・レシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。 著書に子どもの野菜嫌い直すアプローチ法をつづった「ママとキッズの楽しいベジ活」(アップフロントブックス発行 ワニブックス発売)、「ライスミルクダイエット(食育コラム寄稿)」(主婦と友社)がある。 フィリップスヌードルメーカーへのCM出演、サントリー極の青汁に野菜の専門家として出演などWEBや雑誌などメディアへの実績も多数。 「やさい美人」「ベジ活」主宰。

次の

お好み焼き粉を使った人気アレンジレシピ!もんじゃ・ねぎ焼き・チヂミ他

ケークサレ お好み焼き粉

作り方• 菜の花は塩少々(分量外)を入れた湯で30秒ほどゆでて冷水にとり、ざるに上げて水気をきる。 プチトマトはへたを取る。 薄力粉にベーキングパウダーを混ぜ、ふるっておく。 生地を作る。 ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加えて泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。 オリーブ油を少しずつ加え、その都度よく混ぜる。 牛乳、塩、こしょうも加えてよく混ぜる。 もったりとしてきたら1の粉を加え、さっくりと混ぜ合わせる。 あまり混ぜすぎないようにして。 パウンド型にオーブン用シートを敷く。 粉チーズを全体にふり、180度に予熱したオーブンで40分ほど焼く。 焼けたら取り出し、型から外してケーキクーラーにのせ、粗熱がとれたら食べやすく切る。

次の