きくらげ 冷凍。 きくらげの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!乾燥が長持ち

きくらげは食べ過ぎ注意!胃痛や下痢になる?適切な摂取量は?|食べ物info

きくらげ 冷凍

【生きくらげの下処理】石づきを取って湯通し(加熱処理)が鉄則! プルプルとした食感と淡白な味わいが特徴の生きくらげは、刺身や酢の物、炒めものまで幅広く楽しめます。 必ず加熱処理・加熱調理してから食べましょう。 1 包丁で石づきを取り除く 石づきが付いている場合は包丁で切り落とす。 炒めものや煮物に使う場合は、次の下ゆでの工程は不要で、そのまま加熱調理する。 POINT 触ってみてかたい部分が石づき。 きくらげは石づきを取ってパック詰めされている場合が多いので、かたい部分がなければそのまま下ゆで・調理していい。 2 沸騰した湯で30秒ゆで、ザルにあげる ザルにあげたらそのまま冷ます。 加熱調理する場合は、下ゆでの工程は不要。 【乾燥きくらげの下処理】水に浸けて冷蔵室で6時間。 湯通しする 乾燥きくらげは水で戻したときのコリコリ食感が特徴。 大量に戻してすると使い勝手が抜群です。 水でじっくりと戻す方法がおすすめですが、急ぐ場合はぬるま湯を使って時短も可能です。 1 たっぷりの水に浸して冷蔵室に6時間おく ボウルや保存容器に乾燥きくらげと水を入れ、ふた(またはラップ)をして冷蔵室に6時間おく。 水の量は乾燥きくらげ5gに対して300ml程度が目安。 水で戻すと、栄養が失われにくく食感もよくなる。 加熱調理する場合は次の2の工程は不要。 6時間経ったあとの状態。 乾燥きくらげは水を吸って大きく膨らむので、容器は余裕のある大きさのものを選ぶこと。 ぬるま湯で戻すと時短になるが、栄養や風味が逃げやすく独特の弾力がなくなるので、できるだけ水で戻すのがおすすめ。 2 沸騰した湯で30秒ゆで、ザルにあげる ザルにあげたらそのまま冷ます。 加熱調理する場合は、下ゆでの工程は不要。 【きくらげの保存】冷蔵なら1週間、冷凍なら1ヵ月保存可能 保存方法は生きくらげ・水で戻した乾燥きくらげともに共通です。 【冷蔵保存】ラップで包み野菜室へ(保存期間約1週間) 生きくらげはラップに包んで保存。 水で戻した乾燥きくらげは水けをしっかりと拭き取り、ラップで包んで野菜室で保存する。 1週間程度保存可能。 POINT 臭い、ぬめりが出てきた場合は、悪くなっているので食べないように。 生きくらげは水に浸けるとプリプリ感アップ しなしなとしてしまった生きくらげは、保存容器などに水を張り1晩浸けておく(冷蔵室で保存する)とプリプリとした食感が蘇る。 【冷凍保存】水けを取り冷凍用保存袋に入れて冷凍室へ(保存期間約1ヵ月) 生きくらげ・戻した乾燥きくらげともに後、ペーパータオルでしっかりと水けを拭き取る。 小分けにして冷凍用保存袋に入れ、金属製のバットにのせて冷凍室で急速冷凍。 冷凍で1ヵ月程度保存可能。 【解凍方法】 凍ったまま包丁でカットし、そのまま調理する。 サラダや和え物など加熱せずに使用する場合は約3時間程度(20gの場合)冷蔵室で解凍して使う。 【おすすめレシピ】きくらげのごま炒め きくらげが主役のおすすめレシピを根本先生に教えてもらいました。 大量に作れば常備菜にぴったり。 お湯を注いで塩と長ねぎのみじん切りを足すと即席のスープにもなる万能おかずです! 材料(2人前)• 生姜すりおろし(チューブ可)…小さじ1• ごま油…大さじ1• きくらげを細切りにする。 いりごま(白)を和えて器に盛り付ける。

次の

きくらげはスーパーでどこの売り場にある?きくらげの値段の相場も紹介します!

きくらげ 冷凍

戻した乾燥きくらげの冷凍保存方法 キノコを冷凍保存したことってありますか? 某健康テレビ番組で冷凍えのきが何かに良いってやってたような記憶もありますが、私も大量に安かったしめじをほぐして冷凍保存してみたことがあります。 で、いざ加熱調理して使ってみると、しめじ全体が水っぽくふにゃふにゃした食感に。 )調べているときくらげは冷凍しても食感が落ちないし元々無味無臭だから冷凍してもデメリットはない、というのを見かけました。 確かにきくらげはしめじやエリンギとかのきのこと違った素材(って言うのでしょうか?繊維?)の食感ですよね。 スポンジ的な組織感がない?と言うのか?きくらげはこりこりで味が染みにくい。 なので冷凍しても水っぽくなる心配はなさそうな気はします!まぁもし水っぽくなっても食べられない訳ではないのでその時はその時で! ということで早速準備。 を参考に、水気を切った戻し乾燥きくらげをジッパー付き保存袋に入れて空気を抜いたら冷凍庫に保存。 以上! 水気が残っていると雑菌の問題とか凍った時に霜がついてしまうとかあるので水気はしっかり拭き取った方が良いですね。 ちなみに私はサッと茹でていた(保存せずそのまま調理に使う予定だったので)のもあって、ザルに上げて5分くらい置いていたら勝手に全体が乾いてくれてました。 1週間ほど経ってどうなったかと言うと、このような。 結構乾いたと思ってたけど霜はついてしまってますね。 取り出そうとすると、… カラカラと音が鳴る!? ぷりぷり感がなくなった代わりに薄~く乾いてきくらげ同士がぶつかるとカラカラ音がするようになっていました。 まさか楽器のようになるとは思ってもなかったのでなんだかおもしろいw 冷凍した戻しきくらげを加熱しないで調理すると ではこの凍った戻し乾燥きくらげを使って、今回は きくらげとキュウリの中華風あえ物を作ってみます。 材料はきゅうりときくらげ、味付けは酢、醤油、みりん、ごま油、いりごまを適量混ぜ合わせるだけのテキトウスタイルです。 冷凍保存したこの乾燥きくらげは水で戻して加熱せずにすぐ使えるタイプであることと、そういうきくらげだけど更に一度さっと湯通ししていたので臭みも問題ないと踏んで、解凍せず凍ったそのままで調理してみたいと思います! 細切りにしようと切ってみるとパキパキ鳴ります。 硬いから細切りは難しいかな?と思ったんですが 薄いからか凍っていても問題なく切れました。 また逆に、薄氷が割れるみたいにパキパキバラバラになってしまう?とも心配に思ったのですが 割れてしまうということもありませんでした。 きゅうりも切りましたらボウルにタレを和えまして、 具材を投入! よく混ぜ合わせて完成! 5分もあれば出来てしまう簡単レシピ故に完成した時は まだきくらげが凍っている状態。 そして自然解凍された戻し乾燥きくらげを食べてみての食味ですが。 パサパサになったとか舌触りが悪くなったとかの 食感が劣った感じは全然なし。 こりこりした食感は健在。 加熱してないけど磯臭いような生臭いような 嫌なニオイも全くありませんでした。 そんな感じで、乾燥きくらげって良いですね!笑 因みに冷凍保存はやろうと思えば1年でも保存可能ですが、しかし時間の経過と共に風味は落ちていくので 目安1か月で食べるのがおいしい食べ方だと思います。 きくらげは無味無臭と言えるくらい他の食材の邪魔をしない食材だと思うので、ちょっとボリュームが欲しいなという時にも便利かと。

次の

「生きくらげ」のレシピを12選!保存方法もしっかり覚えよう

きくらげ 冷凍

きくらげは冷凍保存するのがおすすめ! 生のきくらげは冷蔵庫での保存だと、1~2週間が保存期間の限度ですが、 冷凍だとより長持ちさせることができます。 もともと味が特徴的な食材ではないですし、匂いもしない食品なので、冷凍をするデメリットがあまりないのです。 まず、買ってきた生のきくらげのパックを開けて、もし表面に水分が付着していたらキッチンペーパー等でふき取ります。 ラップで包み、ジップロックの中に入れる等して空気になるべく触れないようにしてあげてから冷凍庫へ入れます。 この方法で、最大3か月は傷むリスクが減り、風味も食感も落ちません。 冷凍するときはまるごと冷凍してもいいですし、使いやすい大きさに切ってから冷凍しても良いです。 おすすめは、切ってから冷凍するほうです。 使う量だけ解凍することができるからです。 使う時は、料理をする数十分前に冷凍庫から出して自然解凍をさせる他、凍ったまま直接調理しても大丈夫です。 凍ったまま炒めてもすぐに溶けるので問題ありません。 ラーメンに入れる場合も、沸騰したお湯に入れればすぐにもとのきくらげに戻ります。 きくらげは冷凍保存すると3か月ほど保存することができますが、解凍したものをもう一度冷凍することはできませんので、使う分だけ解凍しましょう。 また、乾燥きくらげを戻したものを冷凍保存することもできます。 その時、戻すときに使用したぬるま湯が表面についていますので、キッチンペーパー等でよく拭きとってから冷凍保存するようにしましょう。 しかし、冷凍きくらげよりも、乾燥きくらげのほうが長期保存に向いておりますので、乾燥きくらげを戻して使う場合も、料理に使う量だけ戻すようにしましょう。 スポンサードリンク まとめ きくらげは冷凍保存が良いというのがわかりましたね。 使うときも、凍ったまま使えるようなのでとても便利です。 切ってから冷凍すると、調理するときも使いやすいのでぜひ試してみてください。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の