ジャグラー 六 号機。 【北電子】6号機ジャグラーが遂にリリースされる件

ジャグラー最新作と6号機を同時発表〜北電子

ジャグラー 六 号機

Contents• 6号機のメリットとデメリットは? 5号機との違いという観点からお話ししていきます。 メリット 高設定・低設定共にスランプグラフに顕著に出やすい。 リゼロ 全6 猪木 全6 確定演出が出やすい 故に設定狙い初心者でもツモりやすい デメリット 高設定が空きにくい いかがでしょうか? いずれも 「有利区間による出玉規制」の産物ですね。 5号機撤去後の世界は…? 前述した通り、6号機は素直に出玉に現れやすく、確定演出も出やすいが故に 空き台になることはほぼないですね。 ホール側からの視点 高設定ばかりが回されて低設定が回されなくなる。 そこで当ブログから朗報 「ハイエナが美味すぎる」 6号機大ハイエナ時代到来!? なぁお前ら…ハイエナやらないか? 6号機設定狙いは正直コスパ悪いです。 機械割は低いわ後ヅモできないわつまらないわ ココ重要 で、まるで良いところがありません 個人的な所感ですが そこで当ブログがゴリゴリに押していきたいのが、やっぱり ハイエナです。 6号機は、リセット狙いや天井・ゾーン狙いできる数が5. 9号機に比べて 格段に増えました。 リセット判別も有利区間ランプを見るだけなので一瞬だしコストもかからない それだけで効率良く期待値つめてしまうんです。 さらにそれだけではなく、6号機になってから、どんどん強コンテンツの新台が登場します。 新台は、天井・ゾーン狙いの情報が養分に浸透するまでの間はめちゃくちゃ拾えます。 事実、北斗はめちゃくちゃ拾えます。 次回の記事にするかも? リゼロも出たばかりの頃は死ぬほど拾えました。 新台が出たらまずは天井狙いゾーン狙いの情報をいち早く収集しましょう。 つまるところ… 別にわざわざ設定狙いする必要がどこにもないんですよ。 設定狙いは実力がモロに収支に出るし、必要な知識もかなり多いです。 の割にリターンもバックも少ない。 現状設定狙いで十分に稼げていない人は、これからより厳しくなっていきます。 楽しかったり、機械割が高かったらまだ話は違いますが、現実はそうじゃないですよねw 設定狙いよりハイエナの方が期待値積めるなら、積極的にやっていくべきでしょう。 いかがでしたでしょうか? 設定狙いは一歩間違えれば遊び打ちです。

次の

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】

ジャグラー 六 号機

2018年2月スロットの規制内容について 過去にもパチンコ・パチスロの規制変更はありましたが、 今回の規制はかなり出玉が少なくなる規制です。 ジャグラーシリーズは、Aタイプなのでスペック的に規制対象にならなのではと思っていましたが、今回の規制はかなり厳しいでジャグラーと言えど影響があると思います。 パチスロ6号機の主な規制内容は• 大当たり時におけるメダルの総払い出し枚数が480枚から300枚に低下• かなり出玉が出にくい変更となっています 大当たりの出玉低下 現行のジャグラーの機種は ビッグボーナスで純増310枚程の払い出しカウント336枚を超えるまで払い出しが行われます。 しかし6号機規制に沿ったジャグラーを開発するとなると、 ビッグ1回での純増枚数が260枚程になります。 一枚掛けや2枚掛けかによっても純増枚数は変わりますが、ジャグラーで純増枚数が減るのはきついです。 純増枚数が減るからと言ってボーナス確率が甘くなるとは考えにくく、その分通常ベースのアップによりコイン持ちを良くして調整されると思われます。 6号機新ジャグラーは、現行のジャグラーよりも更にギャンブル性が無くなる感じになるのではと思います。 出玉率の低下 スロットの設定は出玉を左右する大切なポイントです。 設定には、各ボーナス確率等の差が出るがゆえに出る台と出ない台を作り出していました。 出玉率によって出る台がどれだけ出る可能性を秘めているのかの指標ともなっていました。 しかし6号機規制によって、最高出玉率が大きく低下となります。 スロットの出玉率が105パーセントの場合、1日8000ゲーム回したとするとIN枚数は24000枚になります。 IN枚数に対するパーセンテージなので、24000枚に対する5パーセントが終日回した場合の純差枚数になります。 つまり 1日8000ゲーム回して1200枚の出玉という事です。 日当3万円弱が最高設定での期待値となります。 あくまでも確率なので上下する事はありますが、残念に感じてしまう数字です。 2018年の2月にパチンコに新規制が施行され、スロットは遂に6号機となります。 6号機は「勝てる気がしない・・・」「スロット終了でしょ・・・」「スロット辞め時だ・・・」などと声が上がっています。 6号機の新ジャグラーについて ビックボーナスの獲得枚数は? 6号機の規制は 払い出し枚数が300枚に低下となります。 現行のジャグラーのビックボーナスの払い出し枚数は336枚を超える払い出しまで行っています。 なので、当然6号機の規制ではビックボーナスの枚数が減ります。 恐らく 260枚程になるのではないかと思います。 スロットをする人は出玉の楽しみやゲーム性を楽しむ人が多いと思いますが、 ジャグラーでさえ新規制では出玉での面白みがかなり減ってしまいます。 なかには時間潰しの為にスロットをしている人もいると思いますが、これでは 携帯アプリなんかで流行っているスロットをやった方が良いかも知れません。 もかなり人気なので、実際のスロットより費用も抑えられますし、時間潰しにもなるので案外オススメかも知れません。 休みの日や仕事帰りなんかにパチンコ屋に行き楽しんでいる人は多いと思います。 休みの日であれば朝から閉店まで遊ぶ事は可能ですが、仕事帰りとなると閉店するまでそれほど時間がありません。 確率大当たりが続い... ゲーム性能はどうなる? 6号機の規制では、出玉の低下と機械割も低下になります。 現状稼働しているジャグラーの機械割は機種によって違いはありますが、 設定6でおおよそ110%前後あります。 6号機の規制は機械割は105%以下とうい事なので、現状よりも更に低くなります。 獲得出玉が少なくなるので、ボーナス確率が甘くなるか通常ベースを高くし、コイン持ちを良くするかのどちらかだと考えられます。 レギュラーボーナス確率も大幅にアップする事も考えられます。

次の

6号機『アイムジャグラーEX』、BB252枚仕様で今春登場!

ジャグラー 六 号機

6号機での新たな出玉規制とは? 回転数別の出玉規制 5号機と比較してみると以下の通りです。 詳しい規制内容はコチラを参照下さい。 通常時コイン持ち:50枚で35Gくらい• というよりも「 何度も検定に落ちている」という限界突破しているスペックとなります。 5号機初期のノーマルA機と言えば• 通常時コイン持ち:50枚で45Gくらい のいわゆる「エヴァスペック」が主流でした。 5号機規定でまともに検定を通そうとすると• 受かるまで何度も検定を受ける しかしジャグラーは 「落ちないように台を開発する」 ではなく 「受かるまで何度でも検定を受ける」 という道を選びました。 その後は他メーカーも「ジャグラーの荒波仕様」を後追いする形になったわけです。 「まったり打つ台」という印象のジャグラーですがそもそもは「荒波」でヒットした訳です。 ボーナス確率・機械割を同じにするなら 例えばマイジャグラー2と同等の「ボーナス確率」「機械割」の台を出すとします。 そうするとボーナスの獲得枚数は• ビッグ:227枚• レギュラー:75枚 となります。 一撃枚数はコレでOKですがそうすると「機械割」が低すぎます。 その分「通常時のコイン持ち」をアップさせて• 通常時コイン持ち:50枚で48G といった感じの仕様になるかと思います。 何十回と検定に落ちてようやく通るのがこのスペックです。 厳しすぎる規制ですね。 6号機ジャグラーの機械割は余り変わらない? ノーマルA機に関しては「6,000G」「17,500G」の規制強化は余り関係無いかと思います。 6号機アイムジャグラーのスペックが判明! 北電子より6号機アイムジャグラーのスペックが発表されました。 ボーナス確率• 0(設定6)• 0(設定6) ボーナス枚数• ビッグ:252枚• レギュラー:96枚 コイン持ち• 50枚で40G程度 機械割• ボーナス確率はほぼそのまま• ボーナス獲得枚数は減少• コイン持ちはアップ• 機械割はほぼそのまま となりました。 変更点は私が事前に私が予想した通りとなりましたね。 しかし「ボーナス獲得枚数減少」「コイン持ちアップ」については 予想よりも緩やかでした。 「リノタイプ」のジャグラーは可能か 2018年4月1日より「6. 0号機」となり規制緩和が決定しました。 AT機・リノタイプの復活が決定するも「ノーマルA機は規制緩和無し」という悲しい内容でした。 しかし「リノタイプのジャグラー」の登場は有りえるかも知れません。 リアルボーナスの程良い連荘 「リノタイプだと荒すぎる」と思うかもしれません。 しかしリノは「増えないボーナス」をリプレイ・小役で揃わないようにして「通常時」としているだけです。 「連荘を穏やかにする」事も可能です。 リノタイプの「南国物語スペシャル」の設定6は「当りやすいけど連荘しにくい」という仕様を実現しています。 「程良い連荘」のバランスが良ければイケルのでは無いでしょうか。 ボーナス獲得枚数の問題は? リノタイプボーナス獲得枚数は• ビッグ:約200枚• レギュラー:約80枚 となっています。 6号機規定でも特に問題有りません。 連荘モード移行・JACハズシ等技術的な問題は? リノタイプの問題点としては• 連荘モード移行が出目で一発で分かる• JACハズシに技術介入が必要 という点ですかね。 「連荘モード移行」に付いては「GOGOランプ等で完全告知」すれば良いかと思います。 問題は「JACハズシに技術介入」ですかね。 「誰でも簡単に打てる」からこそジャグラーは皆に愛されている訳ですからね。 これは「時が過ぎるのを待つ」しか無いのかなぁ。 そもそも4号機ジャグラーは「技術介入が有る」台でした。 ボーナス中の「リプレイハズシ」は「停止形毎に打ち分ける」必要が有り高難易度でした。 まとめ• リノタイプのジャグラーが6号機の主流となるかも といった感じですね。 純粋な「ノーマルA機」には6号機規制は絶望的ですかね。 「リノタイプジャグラーの登場を期待するしか無い」という感じですかねぇ。

次の