のだめ 同人。 最後の恋をした

のだめ21巻: ミラゲな人

のだめ 同人

宝塚、刀剣乱舞、刀ミュ、刀ステ、2. 5D、若手俳優、V系ロック耽美派、アート、BL・書道・英話・演劇・歌舞伎・株式・投資などなどいろいろ趣味あります。 基本的に趣味が近い方の読者様を募集しています。 もう何十年??宝塚はほぼ毎月どの組も見ています。 柚香光FC 永久輝せあ 月城かなと 朝美絢 水美舞斗 礼真琴 望海風斗 綾凰華 紫門ゆりや 他 花組に好きな人が多いかな OG 蘭寿とむ昔FC 凰稀かなめ昔FC 柚希礼音 紫苑ゆう 早霧せいな 美弥るりか 明日海りお 紅ゆずる を特に応援しています。 ひとこさんのお茶会に誘ってくださる方を 探しております。 お茶会はいろいろ出ています。 柚香光お茶会募集中です。 同行者募集中。 東宝ミュージカル 刀剣乱舞やテニミュや2. 5D俳優出演作品、特撮関係 スタジオライフなどテニミュ出身若手俳優さんの舞台や映画もよく観ます。 相葉裕樹 弘樹改め 加藤和樹 細貝圭 城田優 ココア男。 久保田悠来 斎藤工 鈴木拡樹 黒羽麻璃央 荒牧慶彦 三浦宏規 丘山晴己 寿里 小栗旬 藤原竜也 植原卓也 アミューズ 関係の舞台を中心に見ています。 BL映画から洋画まで幅広いです。 昔は90年代最盛のバンドをいろいろ聴いてました。 特に神だったのがMALICE MIZERとLAREINEです。 それから耽美系が好きになりました。 JPOPだと 西川貴教T. 演劇の音響・作曲の活動も時々してました。。 ゴシックロリータ系の アクセサリー製作・販売やってました。 株は長期運用のみ。 外国株や外国債については勉強中です。 現在は證券アナリストの勉強中。 基本は三次元腐女子です。 時々執事喫茶スワロウテイルに帰宅。 コンセルバトワールの授業について行けないのだめ。 向こうでは曲や作曲家の分析位前以てできて当たり前の世界で、初見でさらさら弾けないと通用しないんですね。 十歳の学生がいたり……日本の学生と違ってレベルが高い勉強をしているなぁと思います。 本来ならプロでデビューする人は16で世界のコンクールの上位になり、向こうの高校に行きすでに活動している人が多く、日本の大学に行く人は既に出遅れていると思います。 だから音楽業界を知っている人はのだめや千秋が二十歳過ぎて留学でデビューというのは遅すぎるし、甘すぎると言っています。 漫画なのでその辺はアバウトなんでしょうが留学を早くした人の方が伸びるし、いくら才能があっても人脈や運もあるなぁと思います。 幼稚園の教師を目指していたのだめが知識面でコンセルバトワールで壁にぶちあたるのは当たり前だし、サラブレッドの千秋とは違うし、世界は広いと思いますね。 のだめのモーツァルトの衣装可愛かったですね。 モーツァルトはある意味変態な部分があるので、のだめも理解できる部分があるのかなと思います。 シュトレーゼマンの好色はモーツァルトレベルかなと思ったりしますね。

次の

最後の恋をした

のだめ 同人

同作の登場人物、の。 本項目で説明。 人物 『』のにして。 作中で公式認定されている。 本名、。 版は、幼少時代は。 片付けられない、でダメージを与えられる、奇声を上げるなど、大凡ヒロインにあるまじき人物である。 これ以外にも作中での奇行が多くもう一人の主人公に「変態」認定されている珍しいヒロイン。 の才能が非凡でありその技術は他のキャラクターより抜きん出ている。 しかし、表現力も独創的で有る上に性格にムラが有り、感情に極端に左右されやすいためでとんでもない演奏をしでかしたりすることも屡々である。 どこまでもそそっかしくチャランポランに見えるが、その実それなりに悩みを抱えながら生きており、根は割と普通の女の子だったりする。 なお当初の将来の希望はで、『おならのうた』なるお遊戯用の曲の作詞作曲・振り付けを考察していた。 とあることがきっかけで俺様主人公に入れあげている。 当初は一方的であったが…… 音楽に対する考え 基本的に音楽そのものは大好きであり、好きにピアノを弾いているときは心から楽しんでいる。 しかし幼少期に、非凡な才能を伸ばそうと両親が雇ったピアノの家庭教師のかつ型にはまったシゴキから、 普通にピアノを弾くことに強い抵抗感を示してしまう。 そのため、千秋に対する強い憧れとともに歩きたいという願望と同時に、伝統と格式を重んじるクラシック音楽に対するジレンマでを抱えていくことになる。 才能は非凡だが、それを最初に学ぶ環境が最悪だったという、千秋とはほぼ真逆の環境下で育った弊害とも言える。 なお問題の才能だが、驚異的な記憶力と絶対音感を持っているため、 一度曲を聴けば完コピ可能という常人離れした鬼才を秘めている。 ただし曲の記憶中に別の曲が割り込んでくると、それさえも取り込んでしまい、曲がミックスされて台無しになってしまう。 モデル モデルになった人物は、作者のファンであった一読者、野田恵。 「リアルのだめ」と呼ばれているが、もちろんこのような変態ではない。 現在は郷里でピアノ教室を開いているという。 関連タグ カップリング 関連記事 親記事.

次の

最後の恋をした

のだめ 同人

本記事では、野田恵を以後のだめと表記する。 大学時代 二人の出会いはゴミ溜めののだめの部屋だった。 恋人に振られて道端で酔いつぶれた千秋を、のだめが自室に連れ込んだのが始まりである。 指揮者を目指して邁進する千秋をのだめが追いかけるという構図。 (しかし千秋もまんざらではないのは一目瞭然である) しかし千秋のトラウマ(飛行機恐怖症)をのだめが催眠療法で治療して彼の留学を後押しするなど、のだめがけして恋に盲目なわけではないことがわかる。 「神様が呼んでるから、行かなきゃ」 大川ハグ 最も注目すべきはこのシーン。 コンクールに失敗して実家に逃亡したのだめを追いかけてきた千秋が、土手を歩いていたのだめを後ろからハグする。 付き合ってもいないのに。 留学はのだめが決断したこととはいえ、二度も勧誘したのは千秋である。 つまり結果的に見ると、千秋がのだめをパリに連れ出したように見える。 それについて彼は作中でこう述懐している。 (「自由に楽しくピアノを弾いて、何が悪いんですか」と激昂したのだめに対する千秋の返答がこちら)「良いも悪いも、それじゃ俺が聴けなくなるじゃねーか」 完全に私情で連れて行こうとしたわけである。 付き合ってもいないのに。 しかしこの時点で、千秋はのだめへの想いを認めていない。 パリ編 留学した千秋とのだめ。 千秋の親族が所有するパリの音楽学生アパルトマンに二人で住み込む。 またもやお隣同士で。 繰り返すが、留学当初は付き合っていない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の