カー ポート 屋根 台風 対策。 カーポートの台風対策について

カーポートの屋根を台風から守るには? 強風対策の方法|Tips for Life

カー ポート 屋根 台風 対策

見たい場所へジャンプ• エクステリアの問屋で働く営業マンです いつもお世話になっております。 私は、エクステリアの問屋・商社で働く営業マンをしてます。 昨年度の一連の台風で耐風圧強度に対して強く関心をもつお客様が増えて、後から補強するお客様や、耐風圧強度の高い商品を選ぶ人が増えてきました。 今日は「 テラス・カーポートの屋根材を飛びにくくする方法はありますか?」という質問に対して、後から補強できるオプションについてご紹介します。 テラス・カーポートの屋根材を飛びにくくする方法はありますか? はい、あります。 テラス・カーポートの屋根材を飛びにくくする方法は、補強部材を追加することで対応が出来ます。 屋根材が飛ぶ理由については、下記ブログでも紹介させていただきました。 「台風などの強風を受けた時に、本体や外壁の破損被害を最小限にするためパネルが抜けて本体の破損を防ぐため」 です。 許容以上の風圧を受けると外れるようになっている屋根材のため、逆に飛びぬけ防止の補強することで本体が破損するリスクは若干上がります。 トレードオフになっていますので、周りの状況などを考慮しながら検討してみて下さい。 補強用のオプションが各社さん用意されています LIXIL社「屋根材ホルダー」 上からバー材のようなものでカバーをするオプションです。 YKKAP社「屋根ふき材補強部品」 YKKAPさんだけは、丸い釘のような形で押さえる形式を採用しています。 三協アルミ社「パネル抜け防止材」 こちらもLIXILさんと同じでパネルが抜けないようにバー材で押さえるオプションです。 台風に対して、風に対して対策する場合は、上記の方法が有効です。 そのほか、台風対策方法については下記のブログでも紹介していますので、ぜひご確認ください。 お引越し後や家を建てていている途中に検討することの多い外構工事・エクステリアについて一番の悩みは、• 納得の行くプランと最適な設置方法の提案• 高い工事品質と施工後の安全性• 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び ではないでしょうか? 外構やエクステリアの予算配分で悩んでいる方へ 「相見積もり」を活用することで大きく見積金額ダウンも期待できます。 プラン比較も相見積もりは非常に有利ですよ。 さらに、タウンライフリフォームに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。 しかも外構業者さんには内緒で もう一つ特筆したいポイントとして、は事前に紹介してもらう業者さんを指定できます。 今から業者探しをしている方は、 一石二鳥の無料サービスですので利用しない手はないですね。

次の

テラス・カーポートの屋根材を飛びにくくする方法はありますか?

カー ポート 屋根 台風 対策

本日はカーポートやテラス屋根について 「 強風で屋根が飛ばないか心配」というお声に回答致します。 よくお客様から質問される「 屋根飛ばない?」という質問ですが、 強風が吹いたら・・・ 飛びます。 が、それを上回る突風が瞬間的に吹く場合もあります。 その時は、カーポートもテラスも 屋根パネルが先に取れる(外れる)仕組みになっております。 なぜなら、屋根が強固に付いていると本体ごと持って行かれてしまうからです なので、先に屋根パネルが外れ、風を逃がす構造になってます ある意味パネルが外れないと余計に危ないということですね 自己防衛のために外すといった感じでしょうか。 よく台風や竜巻でカーポートなどの破損があると たいがい屋根が取れて骨だけになってます。 あれはカーポートやテラス屋根が最大限頑張った証です・・・ 褒めてあげてください・・・ また、「 屋根が飛ばないように補強してほしい」 とご依頼を受けることがありますが、 上記に述べました通り、屋根を飛ばなく補強することは出来ますが 本体に影響が出る場合がございますので、逆効果になるかもしれません よくご検討ください じゃぁ 柱が両脇にあるタイプなら強いんでしょ と両柱タイプをお選びになるお客様もいらっしゃいます ですが・・・ 耐風圧 38m/秒 積雪 20cm 耐風圧 38m/秒 積雪 20cm ・・・・ 耐風圧一緒なんです! 明らかに両支持のメジャーポートII SXの方が柱も多いし強そうですよね? なぜ強度が一緒なのか・・・ それは、屋根パネルの強度を示しているからです。 本体でいえば、確かに両支持のメジャーポートII SXの方が頑丈で 倒れることもありません。 フレーム強度は高いでしょう。 でも、 使っている屋根材はどちらも一緒です。 38m以上の強風が吹いた場合は飛ぶように作られてます。 なので耐風圧は同じなんです。 しかも積雪まで一緒ですね これも耐風圧と原理は同じです。 新雪20cm相当の重さを超えた場合、 屋根パネルが耐え切れないので同じ耐雪圧なんですね。 最近は強度を重視してご検討頂くお客様も多く、 色々見比べてみると耐風圧が一緒だったり、積雪が一緒だったりと よくわからない事があるかと思います。 原理は上記の通りだったんですね 本当に強さを求めるなら断然折半屋根のタイプです 車庫が暗くなるというのが玉に瑕ですが 耐風圧 45m/秒 耐雪 50cm 立地条件や優先事項、金額などによって最適なカーポートは様々です。 お悩みの際はぜひご相談ください お客様に合った商品を提案致します 現地調査・お見積りは無料です! 皆様からのご依頼をお待ちしております.

次の

トラブルにならないために!カーポートの台風対策について考えよう|生活110番ニュース

カー ポート 屋根 台風 対策

カーポートの屋根はなぜ破損するの? そもそもカーポートの屋根は、どんな理由で破損するのでしょうか。 まずは破損の原因からみていきましょう。 台風の風により破損 今やカーポートの屋根材の主流となったポリカーボネート材は、比較的風にも強いのですが、設計強度を超えた強風が吹くと破損する場合があります。 また屋根を抑えていたアルミ枠が外れて吹き飛ばされることもあります。 さらには、カーポート本体の基礎工事がきちんと施工されていなければ、屋根が無事でも基礎ごと引き抜かれて転倒するケースもあるのです。 また近年では、雹 ひょう によるカーポートの屋根の被害も報告されています。 落下物により破損 台風の際には、樹木や看板など思わぬものが飛来して屋根を破損させることがあります。 また平時においても、二階のベランダから植木鉢を落としたり、母屋の屋根に積もった雪が落下してきたりして屋根材を貫通することがあります。 また野球の硬式ボールや悪意のある投石などでも破損することがあります。 花火により破損 少し意外なケースだと、ロケット花火の飛来によって屋根が破損することがあります。 ポリカーボネート材が燃えることはありませんが、花火の熱で溶けてしまい穴があいてしまうのです。 積雪により破損 一般タイプのカーポートは、積雪20㎝を想定しています。 しかし、2014年の豪雪では、例年には、ほとんど積雪のない関東地域に1mを超える雪が降り、カーポートが破損した事例が報告されています。 ポリカーボネートは、想定外の積雪で破損することがあります。 どんな補修をすればいいの? 落下物や花火の飛来による破損は、屋根の一部だけが破損しているために、その部分だけを張り替えればいいように思えますが、はたして実際はどうなのでしょうか。 屋根材を一枚だけ交換する ボールで穴が開いた箇所の屋根パネルを取り換えれば、補修は完了します。 機能的にはなんの問題もありません。 ところが、経年したポリカーボネート材は、新品のポリカーボネート材と比較して薄汚れた感じがします。 そもそも同じ色を購入したはずなのに、よく見ると微妙に色が違うように思えます。 ポリカーボネート材の色は、メーカーや製造年が異なれば、厳密な意味で別の色になるのです。 この色の違いが気になる人は、カーポートの屋根パネル全体を取り換えることでしか解決方法はありません。 すべてを交換するケースもある 台風の強風でポリカーボネート材が飛ばされたケースを見ると、実はポリカボート材は無傷だったということがあります。 これはポリカーボネート材を押さえているアルミ枠のビスとビートと呼ばれるゴム製品が緩んだために外れたものなのです。 この場合だと、再び自分で取り付ければいいと思われますが、屋根材を抑えているアルミ枠などの部品は、メーカーの部品保証期間が6年間であることから、既に製造を中止して、取り付けが不可能なこともあります。 そうなると、結局支柱ごと交換せざるを得ない状況にもなり得るのです。 【こちらの関連記事もご覧ください】• 外構工事をお得にする方法 「ガレージ施工は専門業者へ相見積りを取ろう」 外構工事は、お付き合いのある地元の業者やハウスメーカだけでなく、エクステリア専門の業者に複数の相見積を取ることがオススメです。 理由は ・ ハウスメーカによる中間マージンが発生しないので費用が抑えられる ・業者によって得意分野が異なる ・優れた業者、相性の良い業者が見つかる 希望する施工部位(駐車場、フェンス、カーポート等)を得意とする業者に依頼できればコストも安くなり、施工品質も高いです。 外構リフォームの専門店に複数見積もりして、お得な費用、そして相性のよい業者を探すことが大切です。 >> 火災保険で直せないのか 火災保険は火災に遭った場合の保障のみだと思われていますが、実は火災保険には自然災害による被での保障が付帯されていることがあります。 この場合、鉢植えの落下などの人災は対象になりませんが、 「風災」「雪災」「ヒョウ災」での被害は保障の対象になります。 保険証書に「物置、車庫その他の付属含む」とあれば、保険の対象になる可能性があります。 もし被害に遭った場合は、補修前に保険会社に問い合わせてみてください。 車まで破損していたらどうなるのか ポリカーボネート材が破損している場合、車まで破損していることもあります。 同一の理由であれば、車も火災保険の対象になるのでしょうか。 残念ながら、車は火災保険の対象にはなりません。 火災保険は建物や家財に対しての被害を保証するものであることから、付属建物のカーポートが対象になることがありますが、車両は明らかに対象外なのです。 ただし、車両保険に入っていれば、そちらの方で保障してもらえる可能性があります。 さらに同様の理由で、スマホが壊れた場合はどうなるでしょうか。 個人用総合火災保険には、意外なことに携行品損害特約というものがあるのです。 これは文字どおり携行品が破壊された場合の補償をしてくれるものです。 しかし残念ながら、これには「被保険者の居住の用に供される建物 物置、車庫その他の付属建物を含みます)外において、被保険者が携行している被保険者所有の身の回り品について、偶然な事故により損害が生じた場合に補償します」と明記されており、カーポート内で起こった事故については保障されないのです。 カーポートの屋根は自分で直せるのか カーポートの屋根パネルの交換は、屋根の上で作業できる足場と電動ドライバーがあれば自分でも可能です。 作業は次の順で進めます。 破損したポリカーボネート材の寸法を測定します。 同寸法のポリカーボネート材をホームセンターもしくは通信販売で購入します。 色の違いがあると目立つので注意が必要です。 屋根パネルを押さえているアルミ材のビスとゴム製のビートを外します。 屋根パネルを外します。 購入した屋根材の養生シートを接触面だけはがします。 屋根パネルを設置し、アルミ材で押さえて、ビスとビートで止めます。 これで完成です。 高所での作業なので、注意しながらの作業になります。 できれば複数で作業した方がいいでしょう。 ポリカーボネート材は人の荷重には耐えられません。 絶対に上には乗らないようにしましょう。 屋根材の交換を専門会社に依頼したときの費用相場は? それでは、カーポートの屋根パネルをリフォーム会社に依頼したときの相場はどれくらいなのでしょうか。 屋根パネルを1枚だけ交換したときの相場 屋根材交換の工事費は、25000円~30000円です。 作業時間は2時間で終了します。 屋根材を全部交換したときの相場 屋根材を全部交換したときの工事費は、屋根パネル1枚につき約20,000円です。 1台用のカーポートだと、7~8枚使用していますので、全体の費用は、140,000円~160,000円になります。 もし屋根パネルを押さえているアルミ枠が破損している場合だと、これに50000円が追加で必要になります。 いずれの場合でも工事時間は1日で完了します。 駐車場に土間コンクリートを打設したい場合 ついでの機会なので、この際に駐車部分に土間コンクリートの施工を依頼した場合、費用は30万円になります。 どこまでが補修で対応できるのかは次のような場合です。 屋根パネルに穴が開いた、または割れた• 屋根パネルが強風で飛ばされた• 屋根から雨漏りがする• 屋根パネルを押さえるアルミ枠が破損した 次のようなケースは修理では対応できません。 カーポートをすぐに撤去して、新たに設置する必要があります。 柱が折れた• 梁が折れた• 柱と梁の接合部が乖離している• カーポートが明らかに傾いている まとめ ここまでカーポートの屋根の修理方法と費用について説明をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 ポリカーボネート材は非常に強い材料ですが、それでも自然災害の猛威で破損することもあります。 もし破損した場合は、相場を参考に自分で直すか専門の会社にお任せするかの検討をしてください。 カーポートは、柱や梁の構造体がしっかりとしている限りは、補修やメンテナンスにより、いくらでも延命ができます。 車同様に大事に使いこなしましょう。 【こちらの関連記事もご覧ください】•

次の