考えあぐねております。 「あぐねる」の使い方を教えてください。

今月のフレンドシップはお正月のしめ縄リース作りとお薄のお茶席

考えあぐねております

こんにちは。 編集長のちゅうぞうです。 新型コロナウィルスの影響がとんでもないことになってきました。 飲食店をはじめとした、板橋で活動している方々の苦悩は計り知れません…。 おはようございます 本日からコロナが無くなるまで 土日を臨時休業させて頂きます 終息が見えませんが全世界で起きてる事なので皆様も慎重に行動を! 月曜日から金曜日までを 営業しようと思ってますが 今後、潰れる事も有り得ると思い、 営業の時は全力で頑張ります! 文章力が無くすみません!— Soupmen スープメン Soupmen2 そして、明日明後日の営業ですが、 熟慮の結果 今週末 土日は 『休業』 とさせていただきます。 皆さんもご自宅で安全にお過ごし下さい。 当店スタッフも安全にお篭りさせて頂きます。 よってUberもお休みです。 キツいですが世界の一大事。 よろしくお願い申し上げます😢😷— 板橋大山マナカマナ manacurry ただ、今回の都内自粛要請につき、何がお店にとって正解なのか考えあぐねており、あぐねてもあぐねても難しく、あぐね損の気配濃厚なので、ここは思い切って、土日は短縮営業+本とテイクアウト 珈琲、珈琲豆、チーズケーキ のみの販売とさせていただこうかと思っております!— 本屋イトマイ honyaitomai こんな時期なので仕方ないのですが、GOENちゃんやはり苦戦しております。 なかなか、こちら来て下さいとも言いづらい状況ではありますが、春酒をたくさんご用意してお客様の御来店心よりお待ちしております。 ほんとうに残念です。 こんな世界をわたしたちは考えたこともなかった。 この世界をしっかり見る、耳を塞がず聞くことが、劇作家にできる唯一の抵抗です。 緩まず戦い続けます。 — 詩森ろば shimorix お店の方々が悩んで苦しんでる様子を見ると、胸が締めつけられる思いがします…。 大好きな飲食店をはじめとする、板橋で活動している方々を応援したい気持ちは人一倍あるつもりです。 でも、感染爆発(オーバーシュート)の重大局面と言われる状況で、自分には何ができるんだろう? また何をしない方がいいんだろう? いろいろ考えた上で、いたばしTIMESからは テイクアウト、もしくは デリバリー(宅配)に対応しているお店を紹介させていただこうと思います。 (ロックダウンが起こっている欧米でも、飲食店のテイクアウトとデリバリーは許可されています) 新たにテイクアウトや宅配を始めた店舗様、よかったらご連絡ください。 いたばしTIMESにできることも引き続き考えていきます。

次の

どうしたらよいのか考えあぐねております。|心の悩み

考えあぐねております

自分の考えていることや感情について周りの人に伝えることのできる大人になるのは、重要なことと言えます。 なぜなら、自分の率直な意見について周りの人に伝えることができないのであれば、場合によっては、何も考えていない人とみなされてしまう可能性もあるからです。 そのような事態を避けるためにも「考えております」というフレーズを使えるようになる必要があるでしょう。 ただこのフレーズを使えるようになることが目標なのではなくて、正しい言葉遣いや敬語で「考えております」というフレーズを使いこなすことができなければなりません。 そのような目標を達成するためにも、この記事から「考えております」の意味や使い方、正しい敬語表現の作成の仕方について詳しく理解することができるでしょう。 今後の生活に役立つ情報を見つけることができるはずです。 「考えております」の辞書での意味 「考えております」を正しい仕方で使ったり、敬語表現で言い換えて他のフレーズを作成したいのであれば、まず最初に「考えております」の正しい意味について理解しておく必要があるでしょう。 意味を理解することのできていないフレーズを使いこなすことはできませんから、必要最低限の知識ということができるでしょう。 辞書などで調べてみると「そのことについて、心を知的に使って判断する」という意味が「考えております」に含まれていることがわかります。 簡単に言うのであれば、ある特定の内容についてよく考えながら判断している事を表現することのできるフレーズであることがわかります。 思考が伴うことのない感情も存在しますが「考えております」というフレーズを使うことによって、思考の伴う感情を表現することが可能になります。 なんだか「考えております」には、難しいイメージを持ってしまうのではないでしょうか。 敬語「考えております」の使い方 「考えております」の正確な意味について理解することができていたとしても、この言葉を会話の中で使うことは難しいとされています。 なぜなら、意味を理解しているだけでは、自分の会話の中で「考えております」を使うことができないからです。 「考えております」を会話で使用するためには、いろんな種類の「考えております」の敬語について精通する必要があるでしょう。 敬語の種類 ある人たちは敬語は1つしかないと考えています。 そのような人たちは、自分が学んだ数少ない敬語を会話の中で何度も使うことによって、自分の考えを適切に表現することができていると感じています。 自分が上手に周りの人に意見を伝えることができていると感じていたとしても、周りの人も同じように感じているとは限りません。 場合によっては、同じような敬語が何度も使われていることから、違和感を感じたり、自分の語彙の少なさに悪いイメージを持ってしまう可能性があります。 そのような事態を避けるためにも「考えております」の敬語表現について詳しく紹介します。 考えています 例えば「考えております」を「考えています」という敬語表現に言い換えることができるでしょう。 相手に伝えることができる意味は、ほとんど同じです。 そのため「考えております」という表現を使いたいと感じた時には「考えています」も使えることがわかります。 使い方 普段の会話の中で「考えております」を使うことは難しいです。 「考えております」の敬語が使われているフレーズに精通していたとしても、それなのフレーズを使うことのできる状況を理解していなければ、普段の会話に取り入れることはできないでしょう。 より実用的な知識を増し加えるためにも「考えております」の使い方を詳しく紹介します。 職場の同僚や目上の人と会話をしている時にも使うことのできる、実際的なフレーズを見つけることができるでしょう。 そのことについて 「考えております」をそのまま使ったとしても問題はありません。 正しい敬語なので、自分と会話をしているのが職場の上司であったとしても、不快に感じてしまうことはほとんどないでしょう。 それでも「考えております」をどのようなフレーズと組み合わせて使うことができるのか理解することは非常に重要です。 例えば「そのことについて」と組み合わせながら「考えております」を使用して、別の敬語表現を作成することができるでしょう。 実際的なフレーズ 簡単に言うのであれば「そのことについて、今も考えております」という敬語表現を作成することができます。 誰かとある特定の内容について話し合っているとします。 その人と話し合った内容について、忘れることができず、他の日も同じ内容について考え続けてしまっているとします。 そのような時に「そのことについて、今も考えております」という敬語表現を使うのであれば「この前話したことを今も考え続けています」という意味を会話をしている相手に対して伝えることが可能になります。 非常に便利なフレーズと言えるのではないでしょうか。 履歴書での使い方 履歴書の中で使うことのできる文章はたくさんあります。 それでも、履歴書の中で使われている敬語が誤りなのであれば、履歴書を読んでいる人は悪いイメージを持ってしまうに違いありません。 自分の希望する会社に就職することができるように努力することができますが、正しい敬語を使うことは必要最低限のスキルと言えるでしょう。 実際、履歴書の中で使われている敬語が原因になって、内定をもらうことができれば、もらうことのできない場合もあることでしょう。 自分の人生を左右しかねない履歴書をしっかり書くことができるためにも「考えております」の敬語表現を詳しく紹介します。 全身全霊を尽くしたいと考えております 場合によっては「全身全霊を尽くしたいと考えております」という敬語表現を履歴書の中で使用することができるでしょう。 「考えております」という言葉が使われることによって、将来どのようなことをしたいと願っているのかを伝えることができます。 すでに就職しているにもかかわらず「考えております」という敬語表現を使うのであれば、今、努力をしていないというイメージを与えてしまいかねません。 しかし、就職する前の段階である履歴書の中で「考えております」を使うのであれば、相手に違和感を与えることはほとんどありません。 現時点での自分の希望を表現しているに過ぎないからです。 むしろ「考えております」という敬語表現が使われていることに、好印象を抱いてくれる人がほとんどと言えるでしょう。 ビジネスでの使い方 友達との会話と同じようにビジネスの場面で使用することはできません。 もし、ビジネスの場面で正しい敬語を使うことができなければ、自分だけではなくて、自分の会社のイメージを下げてしまうことになります。 そのような失敗を犯さないためにも「考えております」の敬語表現を、どのようにしてビジネスの分野で使うことができるのか詳しく紹介します。 普段会社に勤めていて、取引先の人と会話をすることの多い人にとって有益な情報を見つけることができるでしょう。 考えておりますが 例えば「考えておりますが」という敬語表現を使用することができるでしょう。 「考えております」とほとんど同じ意味を伝えていることになりますが、使われ方が違うということができるでしょう。 どういうことかと言いますと「考えております」は文章の最後に使われるのに対し「考えておりますが」は文章の前半に使用することができる敬語です。 例文としては「来月行いたいと考えておりますが、いかがでしょうか」という敬語使われている質問を作成できます。 「考えておりますが」で文章を終わらせていないので、他の質問や、考えを1つの文章で表現することが可能になります。 時間がないときなどに、まとめて自分の考えを表現しなければならないことになりますが、そのような時に非常に便利な敬語表現ということができるでしょう。 メールでの使い方 普段の会話で正しい言葉遣いをすることのできる人であったとしても、メールの中で誤った敬語表現を使ってしまう人もたくさんいます。 理由は単純で、会話と同じフレーズをメールの中で使ってしまっているからです。 非常に難しいメールの中の文章であったとしても「考えております」の敬語表現をどのようにして使用することができるのでしょうか。 「検討します」で代用することも 場合によっては「検討します」という敬語を使用することができるでしょう。 「考えております」という言葉では伝えることのできない、真剣な思いや考えを含んでいるフレーズと言えるでしょう。 何かの深刻な問題について、考えるように依頼されたとします。 そのような時に「検討します」という敬語表現を使うのであれば、その問題について、自分自身も深刻に受け止めている事を表現することが可能になります。 敬語「考えております」の例文 「考えております」の敬語表現が使われている例文をたくさん記憶することができれば、結果として、自分の言葉のバリエーションを増やすことができるでしょう。 そのような、語彙の豊富な大人になることができるように「考えております」の別の敬語表現の例を紹介します。 考えています 例えば「考えております」を「考えています」と言い換えることが可能になります。 「しっかり考えています」と言うのであれば、思考の伴った判断を下している事を表現することができるでしょう。 主語の部分に、自分や友達の名前をつけることによって、第三者がしっかりと考えている事を表現することもできるでしょう。 丁寧語 丁寧語について理解することは基本中の基本です。 敬語の中でも、比較的リーズナブルに使われている文法になるからです。 結論から言うのであれば「考えております」はすでに丁寧語になりますので、正しい敬語であることがわかります。 「考えております」と「思っております」の敬語の違いとは? 「考えております」と「思っております」には、違いがあります。 「考えております」には、思考が伴っているので、知的な考えを表現することが可能になります。 では「思っております」には思考が伴ってないことになるのでしょうか。 「思っております」という敬語が使われている場面で、必ずしも思考が伴っていないことにはなりませんが、場合によっては思考のない感情が表現されていることになります。 「非常に残念に思っております」という敬語によって、残念に感じている事を表現することができていますが、よく考えていることは表現できていません。 思考について重きを置いて表現したいのであれば「非常に残念だと考えております」という敬語表現を使用することができるでしょう。 この2つの表現を使い分けたいのであれば、自分の表現したい考えが知的なものか感情的なものかを分析する必要があります。 「考えております」の敬語で思考力をアピールする 自分がいろんなことを頭を使いながら考えていたとしても、そのことについて上手に周りの人に伝えることができなければ意味がなくなってしまいます。 もちろん、思考力を働かせた恩恵を自分自身が受けることができますが、周りの人からは、何も理解をしていない人とみなされてしまう可能性があるでしょう。 そのような悲しい状況を避けるためにも「考えております」の敬語表現を使うことは非常に重要と言えます。 実際のところ「思っている」という言葉をいつも使っているのであれば、感情で会話をしていると捉えられてしまう可能性もあります。 悪い方向に勘違いされないためにも「考えております」の敬語表現を積極的に自分の会話の中で使うようにしていきましょう。 そのようにすることによって、自分の思考力を周りの人に対してアピールすることができるようになるはずです。

次の

中学から自由学園、という選択肢(ID:123550)2ページ

考えあぐねております

新年早々に恐れ入りますが、考えあぐねておりますので、どうぞ皆様の御意見をお聞かせください。 私は50代半ばの離婚3年目の独身女性です。 前夫との間には子供はありません。 前夫は医師として大学病院に勤務し、3年前に退きました。 前夫は人柄も優れた立派な医者で、2人は仲のよい夫婦でしたが、彼は若いときから退職後は医療に恵まれない地方の人々を支えたいと言う夢を持っており、それを実行に移すことになりました。 私は都会の生活を離れられないと言う理由で別々の道を歩むことになり、離婚しました。 しかしながら、私は密かに大分前から好きな人がいて、その方とは離れられないことが本当の理由でした。 前夫はそのことに気がついていたと思いますが、口には出しませんでした。 前夫は、彼の親からの遺産の住まいも含め、私に過分とも思える程の資産を分与しました。 それも前夫らしいものでした。 その後、私は好きな方と同棲しておりますが、先日、前夫の親友とお会いする機会があり、 夫のことについて話があり、前夫は全国の過疎地域を休日もなく人々を診て回っていて、その活動に賛同する元看護婦さんや一般の主婦の方などがボランテイアーとして、交代で常時2人ほど同行しているそうです。 彼らは農家に寝泊まりして頑張っていて、人々から神様のように尊敬されているようです。 最近、報道で紹介された同種の活動の1つです。 この親友は医療企業のトップで前夫たちの無償の行為にいろいろと支援しているようです。 そうして、彼がこの支援団体のメンバーと前夫の集合写真を見せたくれましたが、そこにまるで哲学者か高僧とも言える前夫が美しく品格のあるサポーターの女性の方々と一緒に写っていました。 前夫は自分の資産を全てその活動に投じており、その活動の途上で命が終わっても本望だと親友に話しているそうです。 その時、私はめまいがするほどの前夫に対する敬愛と、今までに自分してきていることへの底知れない嫌悪と羞恥に襲われました。 前夫に対する裏切りへの余りにも申し訳なさに一晩眠れず、先ほど、今の愛人に別れを告げました。 私は、できれば前夫に詫びて、前夫の手伝いを一生することで少しでも償いをしたいのですが、それはおかしいでしょうか。 また、前夫はそれを受け入れるでしょうか。 どうすれば可能性があるでしょうか。 よろしくお願い申し上げます。 40代既婚男性です。 何か、似た話ってあるものですね~ ・ご主人は、過分な資産を分け与える。 ・元妻は、財産を失ったり、不倫相手の底が見えたりして、元夫を懐かしく思う。 ・元夫は一段と高みにのぼった様子で、素敵な女性が傍にいる。 ・元夫に未練たっぷり。 というところと、文体が共通しているのが面白いところです。 元夫の前に出たい、詫びたい(不倫?他に好きな人がいるのに隠して、別な理由で離婚を迫ったことを告白するのですか?)ということは、未練でしかないと考えます。 自分の過去の所業を悔いているのなら、そういった同種の行いこそ慎むべきですよ。 そう思いませんか? あなたができる償いは、匿名で、元のご主人の活動に寄付することですよ。 勿論自分で汗水流して稼いだお金を寄付するのでなければ、意味がありません。 そして、そういったあなたの行いが天に通じれば、元のご主人と相まみえることもあるでしょうが、本来はそんなことを期待すべきではありません。 それが贖罪というものでしょう?本気で詫びて償いたいということであれば、直接言いたい、認められたいという『我』こそ慎むべきです。 それがわからないようでは、まだまだって感じですね。 初めまして 二児の母です。 ひで~女だな と言うのが 最初に感じた印象です。 元旦那様の 夢である事を 今一生懸命貫こうとしているのに 貴方はなぜ邪魔をするのでしょうか? もぅ不倫相手には飽きたから?? 元旦那様の資産全てを活動に投じているのが気に入らない? 品格有る美しい女性への嫉妬? 元旦那様に詫びを入れて一生償う事は 貴方には無理だと思います。 なぜなら、、、友人から写真を見せられ、報道に情報を得て、、、、気持ちが揺らいでいる。 嘘をつき離婚したのですよね? その事さえ言えない 自分の得しか考えて無いのですから そんな人が 資産を投じ一生人の役に立てるとは思えないので。。。。 慎ましく 貴方が働き なるべく元旦那様から受けた資産を使う事無く過せたのなら、、、それは本物だと思いますが。。。。 元旦那様が受け入れるかどうかは 本人じゃないと分りませんが、、、受け入れたとしても 受け入れたく無い気持ちもあり 迷うでしょうね。 迷う時間も 元旦那様には 辛い思いをさせてしまいますよね? 今の状態は 《貴方が辛い》のでしょうけど、それは その時その時で貴方が善かれと思って決断したのですよね? これ以上 周囲を傷つけるのは、、、避けた方が良いかと思います。 別れを告げた、償い なんて書いてありますが、、、男のプライドで 元旦那様は 過分な財産分与をする事で 貴方との縁をきった訳ですから。。。 貴方は貴方の一人で歩く人生を選択した方が良いかと思います。 受け入れて貰いたいのなら、、、過分に貰った財産分与は返上。 貴方も医療関係の勉強をしてから 切り出す方が良いかと思います。 難しい問題なので、ご参考までに。 あなたは、前夫との結婚生活に終止符をうち、自分の思いを 成し遂げるかたちで新たな方と結ばれたんですよね。 これは、なかなか決断力のいることです。 また、ご主人は患者さまのために献身的に医療を行っている方。 そんな方と長年ご夫婦だったあなたもまた、そんなご主人の人徳 にひかれ、またその人徳にみあった良心の持ち主と拝察します。 ですが、立派な職業人、人柄、人徳と恋愛的満足、は完全に一致しませんよね。 また、短期間恋愛的に満足しても、それは消えてゆきます。 その責任は片方ではなく、両者にあると思うのです。 ですから、あなたがもう一人の方への愛情が深くなり、ご主人と別れたのも、あなただけの責任とは思えません。 割合はわかりかねますが、0対10では決してないはずです。 また、ご主人が忙しい勤務に謀殺される中、あなたは、パートナーとして彼のささえだったはず。 ご主人の立派な仕事の原動力にはあなたの力があったはずです。 そして今も、離婚から立ち直ることが彼の原動力の一端になって前向きに動いている可能性だってあります。 ご相談で気になったのは、元のご主人への敬愛があなたを混乱させているように見えるところです。 それは、異性への愛情ですか?もと家族への尊敬ですか?医師は特にその傾向がありますが、よき職業人=よき家庭人もしくはパートナーではありません。 もとご主人がいくら今素晴らしいことをされていても、一男性として女性と向き合う時に、同じくらい素晴らしいとは限らないのです。 ですから、もし、あなたが「素晴らしい人が夫だったのに、なんともったいない別れをしたのだろう。 」と 悔やんでいるのは見当違いかもしれません。 そして、離婚したパートナーに対する悔みのような気持ちは40代半ば以上でおこる離婚者の多くが数年後に感じるようです。 50代で恋人との新しい関係をつくりあげることのできた貴方は女性としての魅力あふれる方とお察しします。 ぜひその魅力を保つような、ご自分が本当にいきいきできることを見直し、それ以外の思考内容や行動パターンを思い切って排除し、前向きに生きてください。

次の