ポメラニアン ホワイト。 大阪府のポメラニアン|男の子・2020/06/25生まれ・ホワイト(子犬ID:101924)|ブリーダーナビ

ポメラニアン専門ブリーダー仲間の子犬販売 ポメラニアン ホワイトポメラニアン

ポメラニアン ホワイト

カラーの種類• オレンジ• ホワイト• パーティカラー• ブラック• クリーム• オレンジセーブル• ウルフセーブル• チョコレート• ブラックタン• ビーバー• ブルー• ブラウン• レッド 意外と知られていませんが、ポメラニアンの被毛カラーは15種類あるといわれています。 この記事ではJKC(ジャパンケンネルクラブ)で公認されている13種類についてご紹介します。 オレンジ オレンジはもっとも一般的でペットショップでもよくみかける定番カラーといえます。 ホワイト ソフトバンクのCMで登場する「ギガちゃん」がホワイトのポメラニアンです。 台湾では一番人気のカラーです。 パーティカラー ホワイトの被毛カラーを基準に、1色もしくは2色のまだら模様があります。 「レッド&ホワイト」や「チョコ&ホワイト」とよばれます。 ブラック 交配が難しく珍しい被毛カラーです。 国内で登録される頭数も少ないカラーです。 クリーム クリームの被毛カラーは現在あまりみかけませんが、ポメラニアンがペットとして人気が出始めた頃、主流のカラーだったといいます。 オレンジセーブル ダブルコートの上毛がオレンジ、下毛がタンで毛先が黒い被毛カラーです。 ウルフセーブル シェパードに似た外見のカラーです。 珍しいカラーですが、昔から存在しています。 その他公認カラー 上記7カラー以外には「チョコレート」「ブラックタン」「ビーバー」「ブルー」「ブラウン」「レッド」があります。 それぞれ特徴的で、一目みてポメラニアンと判断がつかないカラーもありますよ。 ちなみにもっとも希少なカラーとされているのは「チョコレート」です。 繁殖が難しく国内で登録されている頭数も極端に少ない現状です。 気になる方はブリーダーさん経由で探してみてくださいね。 ポメラニアンは抜け毛が多い?.

次の

ポメラニアン ホワイト&クリーム 男の子 子犬販売・詳細 ペットショップ ワンラブ

ポメラニアン ホワイト

トイプードル 216• タイニープードル 98• ティーカッププードル 60• トイプードル トイ 58• チワワ 201• チワワ ロング 161• チワワ スムース 40• ミックス・その他の犬種 90• ポメラニアン 73• 柴犬 65• 柴犬 標準サイズ 34• 豆柴 31• ミニチュアダックスフンド 55• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• フレンチブルドッグ 47• シーズー 44• コーギー 34• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ミニチュアシュナウザー 31• ヨークシャーテリア 31• パグ 28• パピヨン 27• ボルゾイ 23• ペキニーズ 20• 狆 チン 19• カニンヘンダックスフンド 17• カニンヘンダックスフンド ロング 16• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• カニンヘンダックスフンド スムース 0• ブルドッグ 16• ボストンテリア 14• マルチーズ 13• スタンダードプードル 13• アメリカンコッカースパニエル 8• ゴールデンレトリバー 8• ミニチュアピンシャー 7• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• 秋田犬 5• グレートデン 5• シベリアンハスキー 5• 日本スピッツ 5• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• サルーキ 4• スタンダードダックスフンド 4• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• グレートピレニーズ 3• シェットランドシープドッグ 3• ケアーンテリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• ドーベルマン 2• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュポインター 2• ノーフォークテリア 2• シェパード 2• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ビアデッドコリー 1• ボーダーコリー 1• ブリタニースパニエル 1• チャウチャウ 1• 北海道犬 1• 日本テリア 1• ラブラドールレトリバー 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 5• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 8• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 0• アメリカンブリー 0• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 0• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 0• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 0• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 0• カニンヘンダックスフンド スムース 0• カニンヘンダックスフンド ロング 16• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 0• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 5• グレートピレニーズ 3• ケアーンテリア 2• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 8• サモエド 0• サルーキ 4• シーズー 44• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 3• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 34• シベリアンハスキー 5• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 0• スキッパーキ 0• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 13• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 98• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 40• チワワ ロング 161• 狆 チン 19• ティーカッププードル 60• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 58• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 2• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 5• 日本テリア 1• ニューファンドランド 0• ノーフォークテリア 2• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 0• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 28• パピヨン 27• ビーグル 0• ビアデッドコリー 1• ビションフリーゼ 0• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 0• フレンチブルドッグ 47• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 1• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 16• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 20• 北海道犬 1• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 1• ボクサー 0• ボストンテリア 14• ボルゾイ 23• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 73• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 31• マルチーズ 13• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 0• ミニチュアシュナウザー 31• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 7• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 31• ラサアプソ 0• ラフコリー 0• ラブラドールレトリバー 1• レークランドテリア 0• レオンベルガー 0• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 0• ミックス・その他の犬種 90 ふわふわの小さな身体につぶらな瞳。 ぬいぐるみのようなかわいらしい姿で日本でも不動の人気を誇るポメラニアン。 性格はフレンドリーで明るく、忠誠心も高い理想の家庭犬です。 また、学習能力が高いのでしつけもしやすいでしょう。 ポメラニアンの特徴 ポメラニアンは、超小型犬。 体高は18~22cm、体重は2kg前後が理想体型とされています。 うるうるした瞳とクマのぬいぐるみような容姿でがかわいくて思わず甘やかしたくなってしまいますが、実は意外性の魅力にあふれたワンちゃんです。 ポメラニアンの毛色は10種類以上! 犬のなかでも毛色の種類が豊富なポメラニアン。 ジャパンケネルクラブ(JKC)でスタンダードとして認められている毛色は10種以上です。 主流は、オレンジ、ホワイト、レッド、クリーム、ブラックですが、レアカラーとしてはチョコレート、ブルー、イザベラなどがあります。 単色のほか、2色以上の毛色も実にさまざま。 ベースカラーに黒色の毛が混ざるセーブルをはじめ、ホワイトベースに1~2色の斑が見られるパーティカラー、黒柴のようなブラック&タンなど個性豊かな色が揃っています。 数年前、白いポメラニアンの赤ちゃん犬がCMに起用され、あまりのかわいさに一躍話題になりましたが、その人気も手伝ってかホワイトやクリームの人気が上昇。 価格相場もやや高めになっているようです。 ポメラニアンの「たぬき顔」と「きつね顔」 かわいいポメラニアンの画像や動画はインターネット上でも大人気ですが、愛好家のなかには顔立ちにこだわる人もいるようです。 大きく分けると「たぬき顔」と「きつね顔」の2種類になりますが、それぞれの特徴を紹介しましょう。 サモエドの血を引いているので、元来はマズルも長めのきつね顔です。 愛玩犬として人気が出るようになると、幼い顔立ちのたぬき顔が多く生まれるようになりました。 見分け方の最大のポイントはマズルの長さですが、たぬき顔だと思っていたのに成長したらきつね顔だった、ということもあるようです。 顔立ちにこだわりたい方は、ブリーダーから迎える方法がおすすめです。 両親の顔を尋ねてみましょう。 両親の情報を得ることで、成長後の姿をある程度予想することができます。 ブリーダーによっては顔を見せてくれるところもあります。 たぬき顔にしてもきつね顔にしても、総じて愛らしい顔立ちのポメラニアン。 ポメラニアンのミックス犬も人気ですが、その顔立ちを受け継いでいることも理由のひとつかもしれません。 ポメラニアンの性格 ポメラニアンは小さいながら、とってもパワフルな犬種です。 好奇心旺盛で、人間と遊ぶことが大好き。 なでられたり抱っこされたりすることを好む様子は、まるで本当のぬいぐるみのようです。 自分より大きい相手にも果敢に立ち向かう小さな体のポメラニアンですが、先祖は、シベリアの番犬や猟犬として知られる白い大型犬・サモエドと言われています。 その血をひくポメラニアンは、活発で飼い主に従順な性格。 警戒心も強く、自分より大きな相手にもひるむことなく果敢に立ち向かっていきます。 猪突猛進タイプにも見えますが、聡明なのでしつけをきちんと行えば飼い主を困らすような心配もありません。 友好的で社交性も抜群。 自立心も合わせ持つ「優等生」な性格です。 まいにちポジティブ! チャレンジ精神も旺盛他の犬種より、はるかにポジティブな性格を持つポメラニアン。 叱られたり、嫌なことがあっても、切り替えが早いのでへこたれるようなことはありません。 周囲を明るくするムードメーカー的存在になってくれるでしょう。 ポメラニアンの飼い方・しつけのポイント ポメラニアンは、しつけやお手入れさえきちんとすれば、問題行動も少なく非常に飼いやすい犬です。 しつけのポイントは、子犬のうちに始めること。 理想は、生後5カ月頃までを目安に終わらせること。 スタートは早いほど良いでしょう。 「無駄吠え」の対策はしっかりと。 ポメラニアンは、警戒心の強さから見知らぬ人やものに対して吠えることがあります。 放っておくと「無駄吠え」がクセになったり、トラブルのもととなる可能性も。 元来は賢い犬なので、適切なしつけを行えば「無駄吠え」を防ぐことができます。 くれぐれも叱ることなく、褒めてしつけましょう。 吠えるのを止めたタイミングでたっぷり褒めることがポイントです。 「止めれば飼い主に喜んでもらえる」と学習できれば、褒められたときと同じ振る舞いをするようになります。 「噛み癖」を直す方法子犬は遊ぶ時に相手の体を甘噛みしてじゃれあうものですが、人間を噛む癖がつかないようにしつけましょう。 放っておくと成犬になったときに凶暴化してしまい、手が付けられなくなった……なんてことも。 もし子犬に噛まれたら、ひとこと「痛い!」と伝え、その場を立ち去りましょう。 犬は遊んでいるつもりなので、飼い主が騒ぐと「楽しい」と勘違いして余計に噛んできます。 あくまでも毅然とした態度で「相手にしない」スタンスをとりましょう。 ポメラニアンがおとなしくなったら、声をかけて、おもちゃやご褒美を与えてみてください。 「噛まずにおとなしくしていたほうが良いことがある」と覚えさせることが大切です。 このしつけを粘り強く繰り返して、噛まない子に育てていきましょう。 毎日散歩に出かけましょうあまりスタミナはないものの、ポメラニアンは活発なので毎日の散歩が理想です。 無駄吠えや噛み癖はストレスが原因のこともあります。 散歩に出かけることで、ポメラニアンのストレス解消やリフレッシュにもなりますよ。 ポメラニアンのグルーミング・カット ポメラニアンの人気の理由はなんといっても、ふわふわの被毛ではないでしょうか。 ふわふわ感を保つためには日頃のブラッシングやシャンプーが必須です。 子犬の頃から慣れさせるといいですね。 ブラッシングは1週間に3回程度、シャンプーは月に1~2回が目安です。 ポメラニアンのカットについて知っておきたいことそのままでも十分かわいいポメラニアンですが、近年は柴犬風に切り揃えた「柴犬カット」やチャウチャウ風、たぬき風など様々なカットスタイルを楽しむ飼い主さんが増えています。 ただし、極端に短くしたり、カットを頻繁に繰り返すと毛質が変わって伸びにくくなることがあるので、失敗しないように注意してください。 ポメラニアンの被毛は非常に繊細なのです。 ポメラニアンはトップコートとアンダーコートの二重構造。 これは気温変化から身体を守るためです。 夏は紫外線、冬は乾燥など、外的刺激から守る役割も果たしているので、過剰なカットは肌トラブルを引き起こす原因になります。 カットしたいときは、信頼できるトリミングサロンに相談してポメラニアンに負担をかけないスタイルに仕上げてもらいましょう。 ポメラニアンの寿命 ポメラニアンの平均寿命は13. 超小型犬の平均は13. 人間の年齢に換算すると70歳くらいにあたります。 しかし、健康をキープできれば15歳以上生きる子もいるようです。 長生きしてもらうためには、異変があった際の早期発見、早期治療がポイントになります。 異変は日頃のコミュニケーションによって発見しやすいと言われています。 食事量や排泄物の状態は常に確認しておく、スキンシップを通して体の状態をチェックするなど、健康状態に常に気を配るようにしましょう。 脱臼の程度はさまざまですが、足をひきずったり痛みをかばったりなど歩き方が不自然なときは、それは病気のサインかもしれません。 治療には早期発見が大切ですので、歩き方がおかしいと感じたら早めに受診するようにしましょう。 また、ポメラニアンは「気管虚脱」にもかかりやすいです。 これは、喉から肺へ空気を送るための気管が押しつぶされ、呼吸困難が起こる病気です。 初期は目立った症状が表れないことも多いですが、病気が進行すると「ガーガー」といった呼吸をするようになり、最終的には呼吸困難に陥ってしまうことも。 肥満や激しい運動により病気が悪化してしまうこともあるので、適度な食事と運動を心がけることが大切です。 ほかには、 脳の室内に脳脊髄液が溜まることで、さまざまな脳障害が起こる「水頭症」や、僧帽弁の障害による「僧帽弁閉鎖不全」などの心臓病にもかかりやすいとされています。 予防が難しい病気もありますが、早期に治療を進めることで症状をやわらげられるものも少なくありません。 愛犬のためにもコミュニケーションを通じて、日頃からしっかりと健康管理を行ってあげてくださいね。

次の

意外と珍しい? 白い毛色のポメラニアンの特徴について

ポメラニアン ホワイト

トイプードル 216• タイニープードル 98• ティーカッププードル 60• トイプードル トイ 58• チワワ 201• チワワ ロング 161• チワワ スムース 40• ミックス・その他の犬種 90• ポメラニアン 73• 柴犬 65• 柴犬 標準サイズ 34• 豆柴 31• ミニチュアダックスフンド 55• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• フレンチブルドッグ 47• シーズー 44• コーギー 34• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ミニチュアシュナウザー 31• ヨークシャーテリア 31• パグ 28• パピヨン 27• ボルゾイ 23• ペキニーズ 20• 狆 チン 19• カニンヘンダックスフンド 17• カニンヘンダックスフンド ロング 16• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• カニンヘンダックスフンド スムース 0• ブルドッグ 16• ボストンテリア 14• マルチーズ 13• スタンダードプードル 13• アメリカンコッカースパニエル 8• ゴールデンレトリバー 8• ミニチュアピンシャー 7• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• 秋田犬 5• グレートデン 5• シベリアンハスキー 5• 日本スピッツ 5• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• サルーキ 4• スタンダードダックスフンド 4• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• グレートピレニーズ 3• シェットランドシープドッグ 3• ケアーンテリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• ドーベルマン 2• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュポインター 2• ノーフォークテリア 2• シェパード 2• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ビアデッドコリー 1• ボーダーコリー 1• ブリタニースパニエル 1• チャウチャウ 1• 北海道犬 1• 日本テリア 1• ラブラドールレトリバー 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 5• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 8• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 0• アメリカンブリー 0• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 0• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 0• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 0• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 0• カニンヘンダックスフンド スムース 0• カニンヘンダックスフンド ロング 16• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 0• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 5• グレートピレニーズ 3• ケアーンテリア 2• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 8• サモエド 0• サルーキ 4• シーズー 44• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 3• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 34• シベリアンハスキー 5• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 0• スキッパーキ 0• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 13• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 98• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 40• チワワ ロング 161• 狆 チン 19• ティーカッププードル 60• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 58• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 2• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 5• 日本テリア 1• ニューファンドランド 0• ノーフォークテリア 2• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 0• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 28• パピヨン 27• ビーグル 0• ビアデッドコリー 1• ビションフリーゼ 0• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 0• フレンチブルドッグ 47• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 1• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 16• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 20• 北海道犬 1• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 1• ボクサー 0• ボストンテリア 14• ボルゾイ 23• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 73• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 31• マルチーズ 13• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 0• ミニチュアシュナウザー 31• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 7• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 31• ラサアプソ 0• ラフコリー 0• ラブラドールレトリバー 1• レークランドテリア 0• レオンベルガー 0• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 0• ミックス・その他の犬種 90 ふわふわの小さな身体につぶらな瞳。 ぬいぐるみのようなかわいらしい姿で日本でも不動の人気を誇るポメラニアン。 性格はフレンドリーで明るく、忠誠心も高い理想の家庭犬です。 また、学習能力が高いのでしつけもしやすいでしょう。 ポメラニアンの特徴 ポメラニアンは、超小型犬。 体高は18~22cm、体重は2kg前後が理想体型とされています。 うるうるした瞳とクマのぬいぐるみような容姿でがかわいくて思わず甘やかしたくなってしまいますが、実は意外性の魅力にあふれたワンちゃんです。 ポメラニアンの毛色は10種類以上! 犬のなかでも毛色の種類が豊富なポメラニアン。 ジャパンケネルクラブ(JKC)でスタンダードとして認められている毛色は10種以上です。 主流は、オレンジ、ホワイト、レッド、クリーム、ブラックですが、レアカラーとしてはチョコレート、ブルー、イザベラなどがあります。 単色のほか、2色以上の毛色も実にさまざま。 ベースカラーに黒色の毛が混ざるセーブルをはじめ、ホワイトベースに1~2色の斑が見られるパーティカラー、黒柴のようなブラック&タンなど個性豊かな色が揃っています。 数年前、白いポメラニアンの赤ちゃん犬がCMに起用され、あまりのかわいさに一躍話題になりましたが、その人気も手伝ってかホワイトやクリームの人気が上昇。 価格相場もやや高めになっているようです。 ポメラニアンの「たぬき顔」と「きつね顔」 かわいいポメラニアンの画像や動画はインターネット上でも大人気ですが、愛好家のなかには顔立ちにこだわる人もいるようです。 大きく分けると「たぬき顔」と「きつね顔」の2種類になりますが、それぞれの特徴を紹介しましょう。 サモエドの血を引いているので、元来はマズルも長めのきつね顔です。 愛玩犬として人気が出るようになると、幼い顔立ちのたぬき顔が多く生まれるようになりました。 見分け方の最大のポイントはマズルの長さですが、たぬき顔だと思っていたのに成長したらきつね顔だった、ということもあるようです。 顔立ちにこだわりたい方は、ブリーダーから迎える方法がおすすめです。 両親の顔を尋ねてみましょう。 両親の情報を得ることで、成長後の姿をある程度予想することができます。 ブリーダーによっては顔を見せてくれるところもあります。 たぬき顔にしてもきつね顔にしても、総じて愛らしい顔立ちのポメラニアン。 ポメラニアンのミックス犬も人気ですが、その顔立ちを受け継いでいることも理由のひとつかもしれません。 ポメラニアンの性格 ポメラニアンは小さいながら、とってもパワフルな犬種です。 好奇心旺盛で、人間と遊ぶことが大好き。 なでられたり抱っこされたりすることを好む様子は、まるで本当のぬいぐるみのようです。 自分より大きい相手にも果敢に立ち向かう小さな体のポメラニアンですが、先祖は、シベリアの番犬や猟犬として知られる白い大型犬・サモエドと言われています。 その血をひくポメラニアンは、活発で飼い主に従順な性格。 警戒心も強く、自分より大きな相手にもひるむことなく果敢に立ち向かっていきます。 猪突猛進タイプにも見えますが、聡明なのでしつけをきちんと行えば飼い主を困らすような心配もありません。 友好的で社交性も抜群。 自立心も合わせ持つ「優等生」な性格です。 まいにちポジティブ! チャレンジ精神も旺盛他の犬種より、はるかにポジティブな性格を持つポメラニアン。 叱られたり、嫌なことがあっても、切り替えが早いのでへこたれるようなことはありません。 周囲を明るくするムードメーカー的存在になってくれるでしょう。 ポメラニアンの飼い方・しつけのポイント ポメラニアンは、しつけやお手入れさえきちんとすれば、問題行動も少なく非常に飼いやすい犬です。 しつけのポイントは、子犬のうちに始めること。 理想は、生後5カ月頃までを目安に終わらせること。 スタートは早いほど良いでしょう。 「無駄吠え」の対策はしっかりと。 ポメラニアンは、警戒心の強さから見知らぬ人やものに対して吠えることがあります。 放っておくと「無駄吠え」がクセになったり、トラブルのもととなる可能性も。 元来は賢い犬なので、適切なしつけを行えば「無駄吠え」を防ぐことができます。 くれぐれも叱ることなく、褒めてしつけましょう。 吠えるのを止めたタイミングでたっぷり褒めることがポイントです。 「止めれば飼い主に喜んでもらえる」と学習できれば、褒められたときと同じ振る舞いをするようになります。 「噛み癖」を直す方法子犬は遊ぶ時に相手の体を甘噛みしてじゃれあうものですが、人間を噛む癖がつかないようにしつけましょう。 放っておくと成犬になったときに凶暴化してしまい、手が付けられなくなった……なんてことも。 もし子犬に噛まれたら、ひとこと「痛い!」と伝え、その場を立ち去りましょう。 犬は遊んでいるつもりなので、飼い主が騒ぐと「楽しい」と勘違いして余計に噛んできます。 あくまでも毅然とした態度で「相手にしない」スタンスをとりましょう。 ポメラニアンがおとなしくなったら、声をかけて、おもちゃやご褒美を与えてみてください。 「噛まずにおとなしくしていたほうが良いことがある」と覚えさせることが大切です。 このしつけを粘り強く繰り返して、噛まない子に育てていきましょう。 毎日散歩に出かけましょうあまりスタミナはないものの、ポメラニアンは活発なので毎日の散歩が理想です。 無駄吠えや噛み癖はストレスが原因のこともあります。 散歩に出かけることで、ポメラニアンのストレス解消やリフレッシュにもなりますよ。 ポメラニアンのグルーミング・カット ポメラニアンの人気の理由はなんといっても、ふわふわの被毛ではないでしょうか。 ふわふわ感を保つためには日頃のブラッシングやシャンプーが必須です。 子犬の頃から慣れさせるといいですね。 ブラッシングは1週間に3回程度、シャンプーは月に1~2回が目安です。 ポメラニアンのカットについて知っておきたいことそのままでも十分かわいいポメラニアンですが、近年は柴犬風に切り揃えた「柴犬カット」やチャウチャウ風、たぬき風など様々なカットスタイルを楽しむ飼い主さんが増えています。 ただし、極端に短くしたり、カットを頻繁に繰り返すと毛質が変わって伸びにくくなることがあるので、失敗しないように注意してください。 ポメラニアンの被毛は非常に繊細なのです。 ポメラニアンはトップコートとアンダーコートの二重構造。 これは気温変化から身体を守るためです。 夏は紫外線、冬は乾燥など、外的刺激から守る役割も果たしているので、過剰なカットは肌トラブルを引き起こす原因になります。 カットしたいときは、信頼できるトリミングサロンに相談してポメラニアンに負担をかけないスタイルに仕上げてもらいましょう。 ポメラニアンの寿命 ポメラニアンの平均寿命は13. 超小型犬の平均は13. 人間の年齢に換算すると70歳くらいにあたります。 しかし、健康をキープできれば15歳以上生きる子もいるようです。 長生きしてもらうためには、異変があった際の早期発見、早期治療がポイントになります。 異変は日頃のコミュニケーションによって発見しやすいと言われています。 食事量や排泄物の状態は常に確認しておく、スキンシップを通して体の状態をチェックするなど、健康状態に常に気を配るようにしましょう。 脱臼の程度はさまざまですが、足をひきずったり痛みをかばったりなど歩き方が不自然なときは、それは病気のサインかもしれません。 治療には早期発見が大切ですので、歩き方がおかしいと感じたら早めに受診するようにしましょう。 また、ポメラニアンは「気管虚脱」にもかかりやすいです。 これは、喉から肺へ空気を送るための気管が押しつぶされ、呼吸困難が起こる病気です。 初期は目立った症状が表れないことも多いですが、病気が進行すると「ガーガー」といった呼吸をするようになり、最終的には呼吸困難に陥ってしまうことも。 肥満や激しい運動により病気が悪化してしまうこともあるので、適度な食事と運動を心がけることが大切です。 ほかには、 脳の室内に脳脊髄液が溜まることで、さまざまな脳障害が起こる「水頭症」や、僧帽弁の障害による「僧帽弁閉鎖不全」などの心臓病にもかかりやすいとされています。 予防が難しい病気もありますが、早期に治療を進めることで症状をやわらげられるものも少なくありません。 愛犬のためにもコミュニケーションを通じて、日頃からしっかりと健康管理を行ってあげてくださいね。

次の