シャオミ mi10。 internal.artstor.org:シャオミ新ハイエンド「Mi 10 Pro」がDxOMarkで最高点、ファーウェイを上回る

Xiaomi Mi 10/Mi 10 Proが発表!Xiaomi創立10周年の集大成モデル!

シャオミ mi10

最高レベルのスマホを所持したい• 最新のスマホの実力を試したい• 108MPの高解像度写真を撮影したい• ファブレット並みの大型スマホが好き• Xiaomi愛好家(米粉)である Mi 10• コーラルグリーン• トワイライトグレー の2色展開。 中国では3色でしたが、グローバルは2色になりました。 価格は次の通り。 その分、スペックも向上しています。 SamsungのS20、HuaweiのMateシリーズをライバルに位置づけているのでしょう。 MIXシリーズがかなり実験的かつ高額な位置づけになり、これまでのMiシリーズの位置づけにはRedmi KシリーズあるいはNoteシリーズが入ってきそうです。 114 同クラスのライバル機種とのスペック比較 ライバルとなるP40、OnePlus 8とスペック比較してみました。 スペック的には優位に立っていると言えます。 一方で、サイズ、重量共に大型であると言えます。 項目 Xiaomi Mi 10 OnePlus 8 Huawei P40 重さ 208 g 180 g 175 g 厚さ 9. 0 mm 8. 0 mm 8. 5 mm 画面サイズ 6. 0 UFS 3. 0 UFS 3. 寸法だけでなく、重さも200g超えなのでずっしりと感じます。 背面もシールで保護。 のちほど記述しますが、SIMが一つしか入りませんとイラストに描かれています。 IMEIが一つしか記載されていません。 ディスプレイはきれいですね。 カメラユニット。 本体が厚みがある上に、さらに飛び出しています。 レイアウトはMi 9と変わらずデザインを踏襲していますね。 右サイド。 上に音量ボタン、下に電源ボタン。 オーソドックスなレイアウトです。 左サイド。 なにもありません。 SIMトレイはボトム側に移動しました。 トップ側。 今回から新しくデュアルスピーカーになったので、スピーカー穴が見えます。 あとはマイク穴と赤外線通信穴です。 ボトム側。 中央にUSB-TypeCコネクタ。 スピーカー穴。 そしてSIMトレイがここに移動してきました。 付属品をチェック 標準添付のクリアタイプの保護ケース。 保護ケースを装着してみました。 両サイドはカーブに合わせて、手が引っかからないようエッジが立っていません。 しかしボトムとトップはエッジが立っています。 トップは気になりませんが、ボトムからフリックして使うときにひっかかりが少し気になります。 このように少しドット調の模様が入っています。 カメラユニットの盛り上がりにあわせて、ケースのエッジも立ち上がっています。 添付の充電器。 残念ながらEUプラグでしたので、変換プラグがおまけでついてきました。 この充電器でないと30W急速充電ができません。 左側のUSBケーブルはType A to Cです。 Type C to 3. 5mmイヤホンジャックアダプターも付属しています。 ゲームモード画面。 アプリと登録すればゲームに最適な環境でプレイできます。 続いて定番の2種類のゲームをプレイしてみました。 デレステ。 3Dモードで問題なくプレーできました。 音も格段にパワーアップにしたので、なかなか良いプレイ環境だと思います(そこまでやりこんでませんが・・・)。 PUBG。 15分程度プレイしましたが、この程度であればまったく発熱しません。 発熱問題 SoCの発熱問題については、冷却システムがかなり効いていると思います。 ただ充電時に 電池がけっこう発熱しますので、充電しながら高負荷ゲームをするとひょっとしなくてもほんのり熱さを感じるかもしれません。 筆者の場合、充電しながらAntutuベンチマークを回したところ、かなり発熱しました(アチアチ程度)。 追加)常時CPUをRUNさせるアプリでMAX設定で温度を計測したところ次のとおりでした。 これくらいになるとアチアチではないですが、カイロ状態です。 カメラユニットは上から次の通りレイアウトされています。 メインレンズ以外はノーブランドのようです。 4、1. メインレンズ|Samsung Bright S5KHMX|108MP、0. マクロレンズ|2MP、1. 超広角|13MP、1. 4 Proはユニット構成が異なります。 マクロレンズが無くなり、かわりにポートレートレンズ(近距離望遠)が採用されています。 望遠レンズ|Omnivision|8MP, 1. 0, OIS• ポートレートレンズ|Samsung S5K2L7|2x光学ズーム, 108MP, 1. メインレンズ|Samsung Bright S5KHMX|108MP, 0. 忙しかたにはかなり便利ですね。 付属充電器の出力は、次の通り。 MAX30Wの独自仕様です。 PD対応の充電器(cheero USB-C PD Charger 18W mini)から。 5Aで流しているようです。 無線充電の様子。 手元に30W対応のQi充電器が無いので、Mi 9用20WのQi充電器で検証してみました。 ちゃんと20Wでチャージしていました。 スクリーン 6. 67インチ パンチホール AMOLED• コントラスト 5000000:1(標準)、DCI-P3• 画面保護 コーニング第5世代ゴリラガラス• 指紋認証 画面内指紋認証• センサー 距離センサー 環境光センサー 加速度計 ジャイロ 電子コンパス 振動モーター• スピーカー あり デュアル1216 Xmax ウルトラリニアスピーカー Smart PAアンプ 1. 0cc x 2• 5mmオーディオジャック なし• 寸法 62. 6 x 74. 8 x 8. 96 mm• 重さ 208 g カメラ性能• 無線ネットワーク WLANプロトコル:Wi-Fi 6, Wi-Fi 5, Wi-Fi 4 802. Bluetooth Bluetooth 5. NFC あり• ラジオ なし• USB Type-C 充電・バッテリー性能 Xiaomiのフラッグシップらしいスマホ。 高級感のある上質なスマホです。 性能や価格、サイズ的にもOnePlus 8がライバルとなるでしょう。 Mi 9と比べると すべてのポイントに置いて着実に進化しています。 ただ買い換える必要があるかというと…。 もう少し待ってMi 10TだとかMi 11あたりまで我慢したほうが良いかもしれません。 Mi 8やRedmi Noteシリーズからだと大きな違いを感じることができると思います。 Pros. 満足な点• 満足できるビルドクオリティ!。 高級感あふれるボディ。 きれいなディスプレイ。 サクサク&ヌルヌル動く高性能プラットフォーム。 最高峰を使う喜び。 上質な画像が得られる4眼カメラ。 日々の暮らしに満足感。 超急速充電で忙しい毎日でも余裕。 Cons. 不満な点• パンチホールは思っていた以上に存在感あり。 デザイン再考を求む。 グローバル版はまさかのシングルSIM。 これが理由で買わない人が多くいると思われ。 フラッグシップなら望遠レンズは光学3倍ズームであってほしい。 やはり210gは重い。 日々の使用でストレスあり。 200gは切るように!• Xiaomiならもう少し安くできたのではないか?良いものを安くがXiaomiの信条でしょ! 筆者的には重量と価格が気になりました。 価格についてはSnapdragon 865の価格が高いのが高騰の原因とも言われています。 しかし他社製品を見るとそこまで価格差が無いので、頑張って欲しいですね。

次の

Xiaomi Mi10 シャオミ スペック 予想 日本での発売はあるのか

シャオミ mi10

Mi 10 Mi 10 Pro ディスプレイ 6. 67(有機EL90Hz) 6. 8x162. 6x9. 0 74. 8x162. 6x9. 0 Xiaomi Mi10の魅力 高級感高し。 Mi10 on hand. — Allen He heling1682002 外観は金属みたいな質感で美しい。 Xiaomiのスマホは価格が安くても外観は手を抜かないから、 所有感が満たされる。 個人的には緑系の色が好み。 中華スマホのデザインって絶妙に渋いんだよね。 Xiaomi Mi10は6. 67インチのAMOLEDディスプレイ+90Hzのリフレッシュレート Mi10は6. 67インチの大画面に加え、AMOLEDディスプレイを搭載している。 AMOLEDとは、有機ELディスプレイの一種で、OLEDより精細かつ鮮やかな画像表現が可能。 Xiaomi Mi10のバッテリー4780mAhは頼もしい。 2日は使える。 個人的にうれしいポイントなんだけど、 Mi10は4780mAhという大容量バッテリーを搭載している。 2日は間違いなく使える容量なので、出先でバッテリーを全く気にせず使えるのはかなりうれしい。 Snapdragon865は省電力性能も向上しているから、電池の持ちは最高に言いと言い切れる。 充電速度が爆速 有線での充電速度が30W、ワイヤレス充電の速度も30Wだから、めちゃめちゃ速く充電できるんだ。 今使っているNova5 Proが40W充電に対応していて、50分で100%まで回復するから、 Mi10の30Wの速度なら1時間ちょっとくらいで満タンに充電できる。 1億8000万画素のクアッドカメラを搭載。 Mi9は3眼だったが、 Mi10は4眼にパワーアップしている。 ちなみに、Mi10の上位モデルMi10 Proはさらにトンデモない事になっている。 カメラの性能調査を実施し、その情報を提供している「 DxOMark」で、シャオミのハイエンドモデル「 Xiaomi Mi 10 Pro」のレビュー記事が掲載。 スマホでトップとなる 124点という結果になったのだ。 今までは Mate30 Pro 5Gがトップに君臨していたが、Mi10 Proはそのスコアを抜かし、トップに君臨してしまった。 実はこれはとんでもないことなんだよね。 Mate30 Proの価格は10万を優に超えていて、いまだに価格は落ちておらず、かなり価格が高いスマホ。 それに対してMi10 Proは79000円で買えるから、価格差がけっこうある。 10万を切るスマホのカメラが世界一なんて、すごすぎない? まあ、この記事はMi10についての記事だからMi10に話を戻していく。 下の画像はMi10で撮った夜景の画像なんだけど、すごくきれいに撮れている。 以下のサイトでXiaomi Mi10で撮った画像を見ることができるから、興味があったら見てほしい。 2万円で最高性能のスマホを手に入れることができる。 性能に関しては iPhone11 Proを超えていて、Antutuベンチマークスコアは 568000点。 何をするにも快適すぎるから、ストレスを抱くことはない。 もちろん5G対応。 もうすぐ来るであろう、5Gにももちろん対応している。 次のiPhoneも5Gに対応しているし、GalaxyS20も5Gにもちろん対応している。 もはや5Gに対応していることは当たり前の時代になっていくだろう。 そんな中でXiaomi Mi10は6. 2万円で買えてしまうので他のフラッグシップスマホを買う理由が薄れていく気がする。 価格はMi9の時のような衝撃はないけど、十分安い。 前のモデルのMi9は4. 5万円台で購入できて、性能もフラッグシップと同じくらいだったから、発表当初はみんな驚きまくった。 (今は3万円台で購入できるよ) あまりにも安すぎるのに性能は最強クラスだからそりゃ驚くよね。 でもMi10は6. 2万円~と、結構高くなっている。 iPhone、Galaxy、Xperiaとか、日本で売られているフラッグシップスマホは10万越え当たり前。 Mi10は今挙げた3つのスマホすべてに性能で勝っているのに値段は6. 2万円だから、お買い得だよね。 Xiaomi Mi10の気になる点 208gは重いよ。 Xiaomi Mi10の重さは「 208g」もある。 ただでさえ大画面で片手操作が厳しいのに、そんな重さで来られたらけっこうまずい。 プラチナバンド19非対応• FOMAプラスエリア非対応 Band19に対応していないんだ。 田舎や地下に行くとつながりにくくなる。 まあ、田舎でもある程度繋がるんだけど、 地下は無理。 前に使っていたMi Mix3 5gってスマホもBand19に対応していなかったんだけど、地下に行ったら電波立たなくなった。 地下鉄使う人はきびしいかも。 Softbank回線はフル対応しているから、Softbankの回線を使っている人はMi10に買い替えても問題ない。 auは無理。 Xiaomi Mi10は買い!だと思う…けど、問題点はあり。 Xiaomi Mi10は最高の性能+最高クラス(一番とは言ってない)のカメラを搭載していて6. 2万円で買えるから、めちゃめちゃお得なスマホだといえる。 だが、 Band19に対応してなかったり、208gの重さがあったりと、意外と問題点もあったりする。

次の

安くて速いは正義! シャオミ「Mi 10 Lite 5G」の詳細をチェック

シャオミ mi10

「Xiaomi Mi Note 10」は2019年11月6日にヨーロッパで発表されたシャオミのスマートフォンです。 中国では2019年11月5日に「Xiaomi Mi CC9 Pro」の名称で発表されています。 オッポの「OPPO Reno A」 2019年10月発売 と外観・スペックを比較してみました。 シャオミは2019年12月9日に日本参入が発表されています。 外観・デザイン• 【サイズ】 「Xiaomi Mi Note 10」は「OPPO Reno A」より、幅が1. 2mm、高さが0. 6mm、小さな本体サイズになっています。 ディスプレイサイズは「Xiaomi Mi Note 10」が6. 47インチ 2340x1080 に対し、「OPPO Reno A」は6. 4インチ 2340x1080 なので、「Xiaomi Mi Note 10」はディスプレイの左右がカーブした形状などの狭額縁設計でよりベゼル幅を狭くしています。 【microSDカード】 「OPPO Reno A」は256GBまでの「microSDXCカード」を装着できますが、「Xiaomi Mi Note 10」は外部ストレージに非対応です。 内部ストレージは「Xiaomi Mi Note 10」が最大256GBに対し、「OPPO Reno A」は128GBです。 【その他】 「OPPO Reno A」は「IP67」の防水・防じん性能に対応していますが、「Xiaomi Mi Note 10」は非対応です。 「Xiaomi Mi Note 10」は奥行きが9. 67mm OPPO Reno Aは7. 8mm 、質量が208g OPPO Reno Aは169. 5g なので、一般的なスマートフォンよりも少し厚く、重めの機種になっています。 機能・特徴• 【プロセッサ】 「Xiaomi Mi Note 10」はクアルコム製SoC「Snapdragon 730G」を採用していますが、「OPPO Reno A」は「Snapdragon 710」です。 どちらもミドルハイクラスの性能で、「Snapdragon 730G」のほうがよりハイパフォーマンスになっています。 RAMは「Xiaomi Mi Note 10」が最大「8GB」に対し、「OPPO Reno A」は「6GB」です。 【カメラ】 「Xiaomi Mi Note 10」は背面がペンタカメラ 5眼 に対し、「OPPO Reno A」はデュアルカメラ 2眼 です。 「Xiaomi Mi Note 10」は「1億800万画素のメインカメラ」「超広角カメラ」「2倍の望遠カメラ」「10倍の望遠カメラ」「マクロカメラ」の構成により、超高画素の写真や、0. 6~10倍までのズーム、クローズアップ撮影に対応します。 「OPPO Reno A」は「メインカメラ」と「被写界深度測定用サブカメラ」により、高精度な背景ぼかしが可能です。 【バッテリー】 「OPPO Reno A」は3600mAhのバッテリー容量ですが、「Xiaomi Mi Note 10」はより大容量の5260mAhです。 「Xiaomi Mi Note 10」は「30W」のケーブル急速充電が可能です。 「Xiaomi Mi Note 10 シャオミ・ミー・ノート・テン、Mi CC9 Pro 」と「OPPO Reno A オッポ・リノ・エー、CPH1983 」のスペック違いを比較 製品名 シャオミ Mi Note 10 オッポ Reno A 発売日 Mi Note 10: 2019年12月16日、Mi Note 10 Pro: 12月23日 楽天モバイル: 2019年10月01日、SIMフリー: 10月18日 予想価格 Mi Note 10: 5万2800円前後、Mi Note 10 Pro: 6万4800円前後 楽天モバイル: 3万8800円前後、SIMフリー: 3万5800円前後 キャリア SIMロックフリー SIMロックフリー、楽天モバイル SIMフリーモデル スロット nanoSIMx2 microSDカードに非対応 nanoSIMx2 2ndスロットはmicroSDカードと排他利用 デュアルSIM・デュアルスタンバイ DSDS デュアルSIM・デュアルVoLTE DSDV シリーズ ミー・ノート Mi Note オッポ・リノ OPPO Reno 発売時のOS Android 9. 0ベースのMIUI 11 Android 9. 0ベースのColorOS 6 SoC プロセッサー CPU: Snapdragon 730G オクタコア 最大2. 2GHz 、GPU: Adreno 618 700MHz CPU: Snapdragon 710 SDM710 オクタコア 2x2. 2GHz+6x1. 7Ghz 、GPU: Adreno 616 ストレージ Mi Note 10: 128GB、Mi Note 10 Pro: 256GB 楽天モバイル: 128GB、SIMフリー: 64GB 外部ストレージ microSDXC 256GB RAM Mi Note 10: 6GB、Mi Note 10 Pro: 8GB LPDDR4X 6GB バッテリー容量 5260mAh、急速充電: 30W USB PD 3600mAh セキュリティ 生体認証 指紋認証 ディスプレイ内に設置 、2D顔認証 指紋認証 ディスプレイ内に設置 、顔認証 モニター 6. 47インチ、フルHD+ 2340x1080ドット 、比率19. 5:9、398ppi 6. 4インチ、フルHD+ 2340x1080ドット 、比率19. 5:9 パネル 有機EL 3D曲面 curved AMOLED、600nit、400,000:1コントラスト比、DCI-P3、TUV Rheinland ブルーライト低減、エッジディスプレイ 両サイドがカーブ 有機EL AMOLED、画面占有率約91% ノッチ 切り欠き 水滴型/しずく型 HDR動画再生 HDR10 未確認 防水・防塵機能 正面&背面: Gorilla Glass 5と3D曲面ガラス IP67、正面: Gorilla Glass 5、背面: 3Dグラデーションカラー Wi-Fi IEEE 802. 2 超広角 +1200万画素 50mm相当 F2. 0 デュアルピクセル 2倍ポートレート望遠 +500万画素 125mm相当 F2. 0 4軸光学式手ブレ補正 光学5倍・ハイブリッド10倍・デジタル50倍ズーム望遠 +200万画素 2-10cmマクロ 1600万画素 F1. 7 標準 +200万画素 F2. 4 深度測定用 正面/インカメラ 3200万画素 4in1 21mm相当 F2. 0 2500万画素 F2. 0 、HDR、パノラマ、ポートレートモード、背景ぼかし、Vlogモード、正面: Mimoji デジタル10倍ズーム、LEDフラッシュ、ダブルカラーモード、A. ポートレート、A. ビューティー、夜モード、エキスパート、タイムラプス、パノラマ その他 Gaming Toolbox 2. 0 ゲームブースト2. 0 フレームブースト&タッチブースト コネクター USB Type-C 3. 2mm 75. 4mm 高さ 157. 8mm 158. 4mm 奥行き 厚み 9. 67mm 7. 8mm 重さ 208g 169. 5g カラー ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、オーロラグリーン ブラック、ブルー.

次の