当然 類語。 「すべからく」の意味と類語、注意したい誤用と正しい例文5選

「至極」の意味とは?言葉の使い方や例文・類語表現も解説

当然 類語

「自明の理」【じめいのり】 「至極当然」と同じような意味の言葉に 「自明の理」があります。 「この勝負に勝つのは『自明の理』だ」などと使います。 「自明」には 「おのずから明らかになる」という意味があります。 特に外野が説明をしようとしなくても、ハッキリしている事を 「自明」と言います。 「自明の理」の 「理」には 「ルール」のような意味があります。 「自明の理」は、 「自明」に 「そういうものだ」というニュアンスが付く感じになります。 「これ以上ないくらい当たり前」という 「至極当然」と、 「誰かが証明しなくてもそうである事は間違いない」という意味を持つ 「自明の理」は似た意味を持つ言葉として覚えておきましょう。 「至極当然」の使い方 「至極当然」という言葉を、どのような場面で、どのように使えば良いでしょうか。 「至極当然」という言い回しは、ビジネスシーンなど、フォーマルな場面で使われる事が多いです。 さらに 「当たり前」だという客観的な意見を、念押ししたい時に使う事が多いです。 重力がある場所では、物は下に向かって落ちて行くのと同じくらい、ビジネス上で当たり前の事を、理解してほしい時に 「至極当然」を使う事があります。 例えば 「採算を無視した経営をすれば、会社の業績が悪化するのは『至極当然』です」という感じです。 さらに 「出世確実」な上司に対して、おべっかを使う時も 「至極当然」という言葉を使う事があります。 「至極当然」を使った例文1 ビジネスシーンで登場する 「至極当然」を使った文章を紹介します。 まず理解が足りない人に対して、 「当たり前の事を念押しする」場面で使う場合です。 営業部の新卒社員に、先輩社員が説教する場面を 「至極当然」を使った文章にすると、 「営業マンが仕事をしないと、どんなに良い商品を作っても売れないのは『至極当然』だろ? お前がんばれよ」という感じになります。 またビジネスシーンでは、普通以上に働く事が 「至極当然」なので、やや理不尽な常識を 「至極当然」という事もあります。 「新人が徹夜で仕事をするのは『至極当然』だ」という感じです。 全然当たり前ではないと思うかもしれませんが、社内環境によっては極端な常識を持っている職場もあります。 「至極当然」を使った例文2 会社員として生き残っていくためには、社内の人間関係も大切になります。 そこで 「至極当然」という言葉を使いながら、上司におべっかを使うケースがあります。 例えば 「課長が仕事をできる事は『至極当然』の事実です。 なぜ昇進が遅れているのか理解できません」という感じです。 「課長は仕事ができますよね」と言うよりも、 「至極当然」という言葉を使って、 「すでに当たり前の事実になっている」という表現にした方が、褒められた相手が喜ぶケースがあるからです。 「部長が社内一のオシャレさんである事は、『至極当然』ですが…」とか、 「専務が次期社長になるのは、すでに『至極当然』の事実となっていますが…」などと、自分の意見を一般化する事で、最大級の褒め言葉にする事ができます。

次の

「すべからく」の意味と類語、注意したい誤用と正しい例文5選

当然 類語

表記としては「しかるべき」「然るべき」「然る可き」の3つがありますが、 漢字の場合は読み方が難しいため「しかるべき」という平仮名表記が一般的になっています。 よく見かける使い方としては「しかるべき対応を取らせていただきます」といった、やや硬めの表現で使われる場面が多いですね。 相手方にも迷惑をかけた訳だし、何か一言挨拶があって しかるべきだ• 私は昨日も仕事で使う道具を しかるべき場所に戻してから帰宅しました• 君には社会人として しかるべき行動がとれる人になって欲しいと思います• このまま問題が進展しない場合は、 しかるべき措置を取らせていただきます• 今はまだ言えないけど しかるべき時が来たら、友人には全てを話そうと思っている• 非常に残念だが、彼には規定に則って(のっとって) しかるべき処分が下るだろう• そこにどんな事情があったとしても、悪人は何らかの報いを受けて しかるべきだ この例を見ていくと、 やや硬い真面目な雰囲気の時に「適切な・ふさわしい」といった言葉を言い換えるのが妥当と言えそうですよね。 逆にゆるくて砕けた雰囲気で使ってしまうと、ちぐはぐな印象になってしまうので避けた方がいいかもしれません。 「しかるべき」の類語 「しかるべき」という言葉の類語も知っておくと、その場その場で適切な表現をするのに役立ってくれます。 このまま改善していただけない場合は、しかるべき対応を取らせていただきます。 「しかるべき措置」というのも多いかもしれませんね。 これは 相手に対して一度注意や警告を行った上で、それでも改善・解決しない場合に相応の対処をさせてもらうという意味です。 注意や警告をしても態度を改めない相手に対して使う言葉なので、少し強めの言葉だと思ってください。 日常的なやり取りの中でも使えない訳ではありませんが、言葉自体に雰囲気や場面を選ぶ傾向があるため、無理に使う必要はありません。 無理に使って間違っていたらちょっと恥ずかしいですもんね… 実際にはほとんどの場合が、類語である「真っ当な・正しい・当然・相応・適切な」辺りで事足りるはずなので問題ないでしょう。 使用する場面が無ければ会話の中で出てきたときや、書籍などで見かけた際に意味が理解できれば十分ですね。

次の

「言わずもがな」の意味と使い方を例文で解説!英語・類語も

当然 類語

英語:、、 彼が怒ったのも 当然だ。 that he angry. それは、 当然のことだ。 a of course. : tietysti, tietenkin, totta , ilman muuta• : persze• : tentu• : certo, per , naturalmente• : 물론 , 당연하다 (), 당연히 ()• : scilicet• : natuurlijk• : selvsagt, naturligvis• : naturalmente, acordo, claro• : supuesto , desde luego• : tabii.

次の