おしゃぶり メリット。 使う派?使わない派?おしゃぶりのメリットとデメリット

赤ちゃんにおしゃぶりは本当に必要?メリット・デメリットを徹底解説!

おしゃぶり メリット

赤ちゃんのおしゃぶりは何のため? どんな効果があるの? 赤ちゃんの気持ちを落ち着かせるため 赤ちゃんはよく指しゃぶりやおしゃぶりをしますよね。 赤ちゃんは指しゃぶり・おしゃぶりによって、本能的に口を使っていろいろな物の感触を覚えていきます。 指しゃぶり・おしゃぶりは、手や口の動きを育てる上でも重要な行動です。 来るべき授乳に向けて、胎児のころから指しゃぶりをする子もいます。 赤ちゃんは本能的に何かに吸い付く吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)を持っているため、指しゃぶりやおしゃぶりをすると、落ち着いたり寝てくれたりすることもあります。 このため、 赤ちゃんの寝かしつけや、ぐずってしまった時に赤ちゃんを落ち着かせるお助けアイテムとしておしゃぶりを利用しているパパママも多いでしょう。 おしゃぶりはパパママの育児ストレスを軽減してくれるお役立ちアイテムということですね。 新生児から使いはじめ、2歳ごろまでにやめるのが理想的 赤ちゃんには吸啜(きゅうてつ)反射があるため新生児期からでもおしゃぶりを使うことができます。 おしゃぶりを使うときにママが 不安になるのは「歯の噛み合わせが悪くなるのでは?」という点でしょう。 もし、おしゃぶりが原因で子供の噛み合わせの異常が見られた場合でも、 歯が生え揃わない2歳ごろまでに使用を止めれば発育とともに噛み合わせ異常は改善されていきます。 しかし、2歳半や3歳を過ぎて子供の乳臼歯が生え揃った後も、おしゃぶりを使い続けた場合どうなるのでしょうか。 前歯が噛み合わない「開咬」や、下あごが横にずれる「乳臼歯交差咬合」などの噛み合わせの異常が発生した場合、元に戻りにくくなってしまうのです。 また、4歳を過ぎても子供がおしゃぶりをやめられない場合には、子供が日常的におしゃぶりによって安心を求めているとも考えられます。 子供がおしゃぶりをやめられずに悩んでいるというパパママは、小児科の先生に相談してみましょう。 おしゃぶりはどの赤ちゃんにも必要? おしゃぶりを使わない赤ちゃんもいる 赤ちゃんにも好き嫌いがあるので、無理におしゃぶりを与える必要はありません。 筆者の子供はまさにおしゃぶりを使いたがらない子でした。 「泣き止まない時や寝かしつけの際におしゃぶりがあると便利だよ」と友人に聞いたため試してみたのですが、短時間ならくわえてくれるもののすぐにおしゃぶりをペッとはき出してしまいました。 何度か試してみましたが、まったくくわえてくれないため、そのまま使わなくなりました。 おしゃぶりは便利な育児グッズなので、おしゃぶりが子供に合えばママにとっては心強いアイテムになります。 ただ、子供が嫌がるのであればおしゃぶりにはこだわらず、別の手段で赤ちゃんが安心する方法を探してみましょう。 おしゃぶりで鼻呼吸が促される 普段の呼吸や眠っているときの呼吸を、口をポカンと開けて行うことを「口呼吸」と言います。 口呼吸は口内の乾燥を招きウイルス・花粉などを吸いこみやすくなってしまいます。 口呼吸になる原因は、主に口を閉じるための「口輪筋(こうりんきん)」の筋力不足です。 歯科医の中には、 おしゃぶりをすることで「口輪筋」が鍛えられ、口を閉じるようになることで鼻呼吸を促すという意見もあり、欧米ではこれを理由におしゃぶりはポピュラーに使用されています。 おしゃぶりでママの育児負担を軽減できる 乳児期の赤ちゃんが「泣き止まない」、「寝てくれない」はすべてのママが経験する悩みごとではないでしょうか。 外出先でぐずりだし泣き止ませようとしても焦って余計に泣き止まなかったり、夜は子供が眠るまで延々と抱っこでゆらゆら…などは筆者も経験したことがあります。 そんな時に役立つのがおしゃぶりです。 「授乳しておしゃぶりを咥えさせておけば勝手に寝てしまった」、「ぐずってもおしゃぶりを咥えるとすぐに泣き止む」などは実際に経験し、助かりました。 ストレスを抱えることが多いこの2つの問題が解消されるだけで、育児はずいぶんと楽になりますよね。 赤ちゃんのおしゃぶりのデメリット おしゃぶりは歯並びや噛み合わせに悪影響がある おしゃぶりを使い続けると歯に影響が出てくることがあります。 おしゃぶりをいつまで使用するのかによってその影響度合は変わってきます。 おしゃぶりを長く使用するほど歯並びや噛み合わせへの影響が大きくなってくると考えてください。 親子のコミュニケーションが減る おしゃぶりを与えるだけで泣き止むのはママにとっては有難いのですが、一方でおしゃぶりひとつで泣き止んでしまうため、子供が泣いている理由をママが考えなくなるというデメリットもあります。 子供が泣くのにはいろいろな理由があり、子供が泣けば「お腹が空いているのかな? 」、「どこか痛いのかな? 」、「抱っこしてほしいのかな? 」など様子を見ながらママは考えを巡らせます。 そして、子供が笑顔になるように言葉を掛けたり、抱っこして頭をなでたりしながら一生懸命子供をあやします。 泣いたらおしゃぶりという習慣はそういった子供のことを考えて触れ合う機会が減ってしまう可能性はあります。 赤ちゃんにおしゃぶりをやめさせるのが大変な場合がある 習慣化してしまったこと子供にやめさせるのは大変です。 卒乳とともに子供が勝手におしゃぶりを卒業したという話も聞きますが、「やめるのに苦労した」という話もよく耳にします。 おしゃぶりが入眠グッズになっている場合にはおしゃぶり以外で眠れるようにならなくてはなりませんし、子供が大きくなると自分の意思も出てくるため大好きなものを取り上げられたことに対する反発もあるでしょう。 子供のおしゃぶりへの依存度が高いほど、やめる時のハードルも高くなっていきます。 おしゃぶりはいつかはやめなくてはならないものなので、やめさせる時の大変さはデメリットの1つと言えるでしょう。

次の

おしゃぶりのメリット・デメリットとは?やめる場合のタイミングと注意点について|ベビーカレンダー

おしゃぶり メリット

『おしゃぶり』は、とても便利な育児グッズです。 しかし、「おしゃぶりを使うと出っ歯になってしまうのではないか?」などと不安に思っているママもいるのではないでしょうか。 そこで、おしゃぶりのメリット・デメリットについて紹介します。 おしゃぶりは便利?メリットを確認 『おしゃぶり』は、赤ちゃんはもちろんママにとっても活躍する育児アイテムの一つです。 まずは、おしゃぶりのメリットを再確認してみましょう。 赤ちゃんの気持ちが落ち着く おしゃぶりは、赤ちゃんの気持ちを安定させるのに効果的です。 赤ちゃんは生まれつき『吸啜反射(きゅうてつはんしゃ・きゅうせつはんしゃ)』という、口に触れた物を無意識に吸う性質を持っています。 そのため、誰が教えたわけでもないのに自然と母乳を飲むことができるのです。 それ以前にも、赤ちゃんは生まれる前からママのお腹の中で指しゃぶりをしているといわれています。 このことからも、おしゃぶりを使用した赤ちゃんの『吸う』行為は、心を落ち着かせるということが分かりますね。 ママの負担を減らせる 赤ちゃんは、何か不快なことがあると泣くことで表現します。 ママは、赤ちゃんが何が原因で泣いているのか分からず、不安な気持ちになることもあるでしょう。 また、赤ちゃんが泣いているとママは抱っこしてあやさないといけませんし、心身共に疲れてしまうこともあるでしょう。 そんなときに役立つのが『おしゃぶり』です。 赤ちゃんを安心させ、泣き止んだり寝付いたりしてくれるのでママの負担軽減にも一役買ってくれるでしょう。 鼻呼吸の習慣にも? おしゃぶりをすることで、『鼻呼吸の習慣が身に付く』ことも期待されています。 おしゃぶりを使用することで口が塞がれるため、自然と鼻で息をするようになるのです。 また、おしゃぶりをすることは、口輪筋・舌・顎の発達を促すことができるという専門家の意見もあります。 鼻呼吸の練習をしつつ、口周りの発達を促す効果も期待できることを知っておきましょう。 注意しておきたいデメリットもチェック 赤ちゃんの心を安定させ、ママの負担も軽減してくれることがメリットのおしゃぶりですが、残念ながらデメリットもあります。 どんな点があるのかを理解した上で使用することは、デメリットの対策にもつながります。 知っておきたい二つのデメリットをチェックしていきましょう。 出っ歯・噛み合わせに影響が出ることも 有名な話ですが、長期的におしゃぶりを使い続けると『出っ歯』になったり『噛み合わせ』に影響が出たりすることがあります。 小児科医と小児歯科医から構成される『小児科と小児歯科の保険検討委員会』がまとめたおしゃぶりに関する提言によると、赤ちゃんのころからずっとおしゃぶりを使っていると、2歳のころには『開咬(かいこう)』になる子どもがいます。 『開咬』とは、口を閉じたときに前歯や横の歯の間にすきまが空いてしまい、うまく噛み合わせができないというものです。 後ほど、おしゃぶりの使用期間について触れますが、2~3歳といった年齢まで日常的に使うのは避けた方がよさそうです。 コミュニケーションの機会が減る 気を付けたいのが、『おしゃぶりに頼り過ぎて、赤ちゃんとのスキンシップが減ること』です。 赤ちゃんが泣いたらすぐにおしゃぶりを与えていると、何が原因で泣いているのかという大切なことが分からなくなってしまいます。 赤ちゃんが伝えたいことを全て理解できるわけではありませんが、なるべくコミュニケーションをとって、赤ちゃんと向き合うのはとても大切なことです。 ママから赤ちゃんへ声かけをしたり、赤ちゃんが発語したりしようとする機会を減らさない意識が必要です。 期間はいつまで?上手な使い方 おしゃぶりにはメリット・デメリットがあるとお伝えしましたが、上手に使いこなすことができればデメリットを減らせるかもしれません。 使ってよい期間や使うときの注意点についても見ていきましょう。 常用するのは1歳まで 『日常的におしゃぶりを使うのは、1歳まで』としましょう。 2歳になってもどうしても手放せないようなら、外出時のみや就寝時のみ使うといったように、時間を区切ることが大切です。 赤ちゃんが落ち着いてくれるので、ママも精神的におしゃぶりに頼ってしまうことがありますが、先ほど触れたように、赤ちゃんから3歳までといった長期間のおしゃぶり使用は『出っ歯』や『噛み合わせが悪くなる』原因になってしまうことがあります。 時期を見計らい、意識的におしゃぶりを卒業する機会を探りましょう。 定期的な消毒で清潔に おしゃぶりを上手に使うには、『定期的な消毒で清潔にする』ことが必要です。 消毒方法には『煮沸消毒』『薬液消毒』『電子レンジ消毒』があり、基本的に哺乳瓶と同じケアで問題ありません。 ただし、おしゃぶりの種類によっては対応していない消毒方法があるので、しっかりと取扱説明書を読むようにしましょう。 消毒のタイミングは、『初めて使うとき』『お昼に寝たとき』『外出から帰ったとき』など、こまめに行うようにするのがおすすめです。 哺乳瓶の消毒を行うときと一緒にすると効率がよいですね。 泣き出してすぐにおしゃぶりはNG 泣き出してすぐのおしゃぶり使用は控えましょう。 赤ちゃんが泣いている理由はいくつも考えられます。 ときには、ママの温もりをほしがっているときもあるでしょう。 泣き出してすぐにおしゃぶりを与えることばかりしていると、赤ちゃんは寂しさを感じてしまうかもしれません。 「どうして泣いているのかな…?」と赤ちゃんの気持ちを考えることは忘れないようにしましょう。 乳歯が生え始める頃になると、口の中がむずむずして手を入れてみたり、おもちゃなどを口に入れてみたりする赤ちゃんも。 そんなときに使いたい便利なア... おすすめのおしゃぶり3選 上手な使い方を知ったところで、おすすめのおしゃぶりを三つ紹介します。 さまざまなデザインや性質があるので、赤ちゃんにぴったりなおしゃぶりを見つけてあげましょう。 NUK ジーニアス2. 0 ドイツの歯学博士と共同開発されたおしゃぶりの人気シリーズです。 乳首にそっくりな形を再現しており、口を一生懸命動かすことで、口腔周囲筋の総合的な発育をサポートしてくれます。 月齢に合わせた3サイズがあり、おしゃぶりの裏側にある凹みが、赤ちゃんの舌にマッチしやすくなっています。 別売りの『おしゃぶりホルダー』と組み合わせれば、落としたりなくしたりするのも防げますよ。 無理なく卒業するにはどうすればよい? 日常的におしゃぶりを使うのは1歳頃までが望ましいですが、今まで使っていたものを突然やめるのは難しいことです。 1歳になるまでにおしゃぶりを無理なくやめる方法を知っておきましょう。 おしゃぶりの種類を変える おしゃぶりの種類を変えて、赤ちゃんに抵抗感を与えてみましょう。 おしゃぶりを別の物に変えると、慣れ親しんだゴムの感触が変わり、味や硬さの変化に違和感をおぼえ、おしゃぶりを卒業できる赤ちゃんがいるようです。 別のおしゃぶりを買うのに抵抗がある場合は、思い切っておしゃぶりの先端のゴム部分をはさみで切ってみましょう。 切った部分を見せて「壊れてしまったから捨てようね」と説明して聞かせることも、卒業するのに効果的な方法です。 隠してみる方法も おしゃぶりを隠して様子を見つつ、おしゃぶりを卒業させてあげるのもよい方法です。 もちろん、赤ちゃんはおしゃぶりがないことに気付きますが、ママは「あれ、おしゃぶりどこいっちゃったんだろうね?」ととぼけてみましょう。 同時に、おしゃぶりではないおもちゃを差し出して気をそらすと効果的です。 ときには、おもちゃやタオルを吸うことがありますが、おしゃぶりと違ってずっと吸っているわけではないので、それほど気にする必要はないでしょう。 やめることをきちんと話そう 2~3歳になってもおしゃぶりがやめられないなら、「もうそろそろやめよう」ときちんと話すのが有効です。 特に、弟や妹のおしゃぶりを取って使ってしまう場合、お兄ちゃんやお姉ちゃんは赤ちゃん返りをしている可能性があります。 うまくいかなくても叱りつけず、優しく声をかけてあげるようにしてみましょう。 適切な使い方でママも赤ちゃんも笑顔に おしゃぶりは、赤ちゃんの気持ちが落ち着き、ママが一息つける育児アイテムです。 しかし、出っ歯になったり、噛み合わせに影響が出たりすることがあるので、日常的に使うのは1歳くらいまでにすることをおすすめします。 おしゃぶりを無理なく卒業するためには、新しいおしゃぶりに変えてみたり、ときには隠してみたりするのもよいでしょう。 「いつものお気に入りのものと違う」ということに気付いてもらえたら、おしゃぶりではないほかのものに興味が移るかもしれません。 おしゃべりにはメリット・デメリットがあるので、うまく付き合っていきたいですね。 構成・文/HugKum編集部.

次の

新生児のおしゃぶりはいつからいつまで使う?悪影響はある? [ママリ]

おしゃぶり メリット

おしゃぶりは必要?メリットとデメリット おしゃぶりは愛用する赤ちゃんにとっては大好きなアイテム。 一般的な赤ちゃんのイラストや写真を見ると、当たり前のようにおしゃぶりを付けているイメージですが、実際は使用をためらうママや使用中でもなるべくやめさせたいと考えているママもいるようです。 まずはおしゃぶりのメリットやデメリット、使用時期などの基本的な情報を確認していきましょう。 おしゃぶりのメリット おしゃぶりのメリットとしては、赤ちゃんが精神的に安定し、おしゃぶりを与えることで泣き止むこと、静かになることが挙げられます。 また、寝かしつけに使うことで入眠がスムーズになり、ママの子育てのストレスが軽減することが挙げられます。 おしゃぶりのデメリット おしゃぶりのデメリットは、使い始めると習慣化して長く使い続けることになりやすく、それにより噛み合わせに影響するといわれています。 また、泣くとすぐにおしゃぶりを与えることで、子供がどうして泣いているのかを考えなくなり、あやす時間が減ったり、パパやママからの語りかけの機会が減ったりするのではないかと言われています。 また、赤ちゃんが身の回りの物を口に運んで味や形を学習する時期にさしかかえると、おしゃぶりを使用することでこういった機会が失われてしまうことに繋がります。 いつごろまでに卒業するべき? おしゃぶりを使用すること自体が悪いことではありませんが、2歳ごろまでには少しずつ使用をやめていくことをおすすめします。 3~4歳ごろまでには徐々に卒業できる子が多いといわれていますが、もし4歳ごろになってもおしゃぶりが取れない場合はかかりつけの小児科医に相談しましょう。 出典元:• 小児科と小児歯科の検討委員会「おしゃぶりについての考え方」三重県(,2019年11月25日最終閲覧)• 新潟県福祉保健部「乳幼児保健指導の手引」新潟県(,2019年11月25日最終閲覧) 私の体験談 ちなみに我が家は上の子が3ヶ月ごろから、下の子は1ヶ月ごろから使用していました。 きっかけは寝ぐずり解消のためでしたがおしゃぶりした途端あまりにも入眠がスムーズで「もうちょっと早く使っても良かったかな」と思いました。 他にも1歳近くなると出掛け先でカートを舐めてしまったり、自分の洋服を噛んでしまったりと衛生面的に気掛かりな時におしゃぶりをさせておけば、他のものを口に入れることは無いので助かりました。 私の体験談!おしゃぶりをやめさせた経緯とやめさせ方 上記にもありますが乳歯が生えそろう2歳~3歳ごろまでおしゃぶりをしていると歯並びが悪くなるという意見もあります。 赤ちゃんの発育やご家庭の事情にもよりますが、わが家は上の子は2歳ごろ卒業、下の子は1歳2ヶ月で今まさにおしゃぶり卒業にむけて頑張っているところです。 きっかけとしては上の子も下の子も自然とおしゃぶりをする回数が減ってきたため「これは卒業のチャンスかな?」と思ったこと。 特に下の子はご飯もよく食べるのでフォローアップミルクを飲む回数も減り、コップやマグで飲めるようになったし、寝ぐずりも減ったので思い切って卒業を考え始めました。 ではやめさせるにはどんなことをしたのか、ここからはその方法をご紹介していきます。 1:おしゃぶりから気をそらす こちらは1歳ごろに実践できる方法です。 1歳ごろではまだママの言う事すべてを理解できませんから、とにかく気をそらすことです。 まずは昼間におしゃぶりを欲しがったら他のおもちゃやタオルなどで気を引いてみましょう。 おもちゃやタオルはおしゃぶりと違ってずーっと吸っているということはありませんから、まずは第一歩としておしゃぶりがなくても平気な日常を作ってあげましょう。 2:おしゃぶりを隠す 1歳半ごろになると少しずつ言葉も理解し始め、おしゃぶりが置いてある場所なども覚えたりします。 そこで、おしゃぶりは見つからない所に隠してしまいましょう。 もちろん子供は「おしゃぶりがない」という事も少しずつですが理解できます。 欲しがったりしても「どこいっちゃったんだろうね?」とママも知らん顔しましょう。 同時に「気をそらす」を実践すれば赤ちゃんの中でもだんだんとおしゃぶりの必要性が少なくなっていきます。 3:おしゃぶりに細工をする ママの言うことをほとんど理解できるようになってきたらおしゃぶりに細工をしてしまうのもいいかもしれません。 おしゃぶりにはさみで少しだけ切り込みを入れていつも通りくわえさせると、吸う感覚がいつもと違って自然とおしゃぶりを嫌がる子もいます。 もしくは切り込みを入れた部分を見せて「これはもう壊れちゃったからポイしようね?」と言って捨ててしまいましょう。 「壊れたから捨てたよ」という理由をしっかり教えてあげると、子供も納得できるので諦めがつくようです。 4:「おしゃぶりをやめたい」と自分から思わせる この方法も2~3歳くらいの子供に有効な方法です。 ぬいぐるみやおもちゃの人形などを用意して「この子は赤ちゃんだからおしゃぶりが欲しいんだって」と言って子供のおしゃぶりをあげてもいいかな?と聞いてみましょう。 子供は自然と「自分の方がお姉ちゃん お兄ちゃん だから卒業したいな」と理解し、頑張ってくれます。 ただ、この方法の場合気をつけて欲しいのは「子供を傷つけないこと」です。 特に下の子がいる場合は、赤ちゃん返りをしている可能性もあります。 子供の気持ちを考えながら優しく少しずつ声を掛けていきましょう。 5:とにかく根気!・・・でも無理強いはダメ! おしゃぶりをやめさせるために一番必要な事はママの根気です。 おしゃぶりを外してすぐの頃はなかなか寝付いてくれなかったり、一日中泣いていたりとママも大変な事が多いでしょう。 しかし、そこですぐに諦めてしまうとおしゃぶりの卒業は遠のいてしまいます。 最初はママもパパもつらいかもしれませんがそれ以上に頑張っているのは子供です。 ママやパパもいっしょに頑張ってあげましょう。 ただし、最初に説明したようにおしゃぶりは子供にとって安心のもと。 無理矢理取り上げてしまうのはできる限り避けたいものです。 しっかりと子供の様子を見ながら、焦らずに実践していきましょう。 子供に合ったタイミングや方法で焦らずゆっくり卒業しよう 私も上の子のおしゃぶりを取るのには苦労しました。 1歳半を過ぎた辺りから「取らないといけないのかな?」となんとなく思い始め、上記のような方法を少しずつ少しずつ実践していました。 初めの頃は私も意地になってる所があり、半ば強引に取り上げてしまう事もあったのですが、ふと冷静になった時に「でも、幼稚園に行ってまでおしゃぶりしてる子なんていないし、歯並びも今のところ問題ないんだからこんなに慌てなくていいんじゃないか?」と気付いてからはゆっくりゆっくり進めました。 ママがおしゃぶりを取るんじゃなくて子供と一緒におしゃぶり卒業を頑張る!と気持ちを切り替え、子供の様子を見ながら取り組んだことで、私も子供もストレスなく2歳を過ぎた頃にいつの間にか卒業できていました。 下の子はまだ1歳2ヶ月ですが自分からおしゃぶりを「いらないわ!」と、ペッとするので少しずつですがおしゃぶりなしの生活を実践中です。 こうして我が家だけでもおしゃぶり卒業のタイミングは全然違います。 目安としておしゃぶり卒業のタイミングや方法はありますが、それぞれ子供にあったベストなタイミングや方法で焦らずゆっくり実践していってほしいなと思います。 ママと子供、一緒に頑張っておしゃぶりというアイテムがなくてもストレスなく過ごせる素敵な日常を築き上げてくださいね!.

次の