クボタ メガネ。 窪田製薬ホールディングス株式会社が発表した「クボタメガネ」について

メガネのいらない世界をつくる「クボタメガネ」:時事ドットコム

クボタ メガネ

5月18日付で窪田製薬ホールディングス株式会社より、同社又はその100%子会社であるクボタビジョン・インク(本社・米国)が開発中の「クボタメガネ」について、同社のウェブサイトで発表がありました。 詳細は下記リンクをご参照ください。 その発表では、(1)クボタビジョン・インク(本社:米国ワシントン州、以下「クボタビジョン」)が、ヒトを対象に、アクティブスティミュレーションを用いた卓上デバイスでの効果検証を行なった結果、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が対照眼と比較して短縮したこと、(2)それに伴って、近視領域での需要を見込み、メガネのいらない世界をつくる「クボタメガネ」として、ウェアラブル近視デバイスの開発を加速すること、の2点が報告されています。 この発表後、関係各所より、当社に対し、当社が現在、開発中で、医療機器の治験を実施しているメガネ型の近視進行抑制機器と、「クボタメガネ」との違い等について、多くの質問が寄せられました。 このため、この場を借りて、「クボタメガネ」との違いについて、ご説明申し上げます。 まず、上記発表では、「クボタメガネ」が採用している技術の開示がないので、その内容は不明です。 ただ、「アクティブスティミュレーションを用いた卓上デバイスでの効果検証を行なった結果、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が対照眼と比較して短縮した」という技術を利用するものであるのならば、当社はこのような技術は用いておりません。 当社の技術は、慶應義塾大学医学部眼科で得られた研究成果である、近視抑制のメカニズムを礎としています。 それは、太陽光に含まれるバイオレットライトが遺伝子EGR-1等を介して、近視進行抑制効果を解明することを明らかにした、鳥居講師らの研究から生まれた技術であり、すでに論文発表がされております。 さらに、弊社の保有する近視進行抑制に関する光波長を使った近視予防器具に関する特許は、日本・米国で登録されており、さらに治験を含めた研究開発は世界の中でも当社だけが実施しており、現在、世界初の近視進行抑制医療機器の製造販売承認取得に向けた治験を実施中です。 以上のとおりですので、窪田製薬ホールディングス株式会社(又はその子会社であるクボタビジョン・インク)が開発中の「クボタメガネ」と、当社が治験を実施している機器とは、全く異なるものでありますので、誤解をされぬようお願い申し上げます。 当社は、知的財産権を有効に利用するとともに、現在進行中の治験を遂行し、サイエンスに基づいた世界初の光照射型の近視進行抑制医療機器の承認を目指し、開発を加速していく所存です。 つきましては、これまで同様のご指導、ご鞭撻、ご支援、及びお力添えをお願い申し上げます。 今後とも、株式会社坪田ラボをどうぞよろしくお願い致します。 EBioMedicine 2017 15 210-219, Violet light exposure can be a preventive strategy against myopia progression (株)坪田ラボ 近視研究に関わる関連論文 (2020年5月28日現在) 1 Torii H, …, Tsubota K. Violet Light Exposure Can Be a Preventive Strategy Against Myopia Progression. eBio Medicine, 2017. 2 Torii H, …, Tsubota K. Violet Light Transmission is Related to Myopia Progression in Adult High Myopia. Scientific Reports, 2017. 3 Jiang X, …, Tsubota K. A highly efficient murine model of experimental myopia. Scientific Reports, 2018. 4 Asbell PA and Tsubota K. Myopia control: current thoughts and future research. 5 Jiang X, …, Tsubota K. Progress and control of myopia by light environments. 6 Jiang X, …, Tsubota K. Inducement and evaluation of a murine model of experimental myopia. Journal of Visualized Experiments, 2019. Video 7 Mori K, …, Tsubota K. Oral crocetin administration suppressed refractive shift and axial elongation in a murine model of lens-induced myopia. Scientific Reports, 2019. 8 Tanaka Y, Kurihara T, Hagiwara Y, Ikeda SI, Mori K, Jiang X, Torii H, Tsubota K. Ocular-Component-Specific miRNA Expression in a Murine Model of Lens-Induced Myopia. Int J Mol Sci. 2019 Jul 24;20 15 :3629. 9 Yotsukura E, …, Tsubota K. Current Prevalence of Myopia and Association of Myopia With Environmental Factors Among Schoolchildren in Japan. JAMA Ophthalmology, 2019. 10 Mimura R, Mori K, Torii H, Nagai N, Suzuki M, Minami S, Ozawa Y, Kurihara T, Tsubota K. Ultra-Widefield Retinal Imaging for Analyzing the Association Between Types of Pathological Myopia and Posterior Staphyloma. J Clin Med. 2019 Sep 20;8 10 :1505. 11 Mori K, …, Tsubota K. The Effect of Dietary Supplementation of Crocetin for Myopia Control in Children: A Randomized Clinical Trial. Journal of Clinical Medicine, 2019. 12 Mori K, Kurihara T, Uchino M, Torii H, Kawashima M, Sasaki M, Ozawa Y, Yamagishi K, Iso H, Sawada N, Tsugane S, Yuki K, Tsubota K. High Myopia and Its Associated Factors in JPHC-NEXT Eye Study: A Cross-Sectional Observational Study. J Clin Med. 2019 Oct 25;8 11 :1788. 13 Mori K, Kurihara T, Jiang X, Ikeda SI, Ishida A, Torii H, Tsubota K. Effects of Hyperoxia on the Refraction in Murine Neonatal and Adult Models. Int J Mol Sci. 2019 Nov 29;20 23 :6014. 14 Mori K, Kurihara T, Jiang X, Ikeda SI, Yotsukura E, Torii H, Tsubota K. Estimation of the Minimum Effective Dose of Dietary Supplement Crocetin for Prevention of Myopia Progression in Mice. Nutrients. 2020 Jan 9;12 1. pii: E180. 15 Grzybowski A, Kanclerz P, Tsubota K, Lanca C, Saw SM. A review on the epidemiology of myopia in school children worldwide. BMC Ophthalmol. 2020 Jan 14;20 1 :27. doi: 10. Review.

次の

メガネのいらなくなるメガネ!? 窪田製薬の子会社が近視の撲滅を目指し「クボタメガネ/コンタクトレンズ」の開発を加速~2020年内にプロトタイプ完成が目標

クボタ メガネ

株式会社坪田ラボ 5月18日付で窪田製薬ホールディングス株式会社より、同社又はその100%子会社であるクボタビジョン・インク(本社・米国)が開発中の「クボタメガネ」について、同社のウェブサイトで発表がありました。 詳細は下記リンクをご参照ください。 その発表では、(1)クボタビジョン・インク(本社:米国ワシントン州、以下「クボタビジョン」)が、ヒトを対象に、アクティブスティミュレーションを用いた卓上デバイスでの効果検証を行なった結果、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が対照眼と比較して短縮したこと、(2)それに伴って、近視領域での需要を見込み、メガネのいらない世界をつくる「クボタメガネ」として、ウェアラブル近視デバイスの開発を加速すること、の2点が報告されています。 この発表後、関係各所より、当社に対し、当社が現在、開発中で、医療機器の治験を実施しているメガネ型の近視進行抑制機器と、「クボタメガネ」との違い等について、多くの質問が寄せられました。 このため、この場を借りて、「クボタメガネ」との違いについて、ご説明申し上げます。 まず、上記発表では、「クボタメガネ」が採用している技術の開示がないので、その内容は不明です。 ただ、「アクティブスティミュレーションを用いた卓上デバイスでの効果検証を行なった結果、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が対照眼と比較して短縮した」という技術を利用するものであるのならば、当社はこのような技術は用いておりません。 PR 当社の技術は、慶應義塾大学医学部眼科で得られた研究成果である、近視抑制のメカニズムを礎としています。 それは、太陽光に含まれるバイオレットライトが遺伝子EGR-1等を介して、近視進行抑制効果を解明することを明らかにした、鳥居講師らの研究から生まれた技術であり、すでに論文発表がされております。 さらに、弊社の保有する近視進行抑制に関する光波長を使った近視予防器具に関する特許は、日本・米国で登録されており、さらに治験を含めた研究開発は世界の中でも当社だけが実施しており、現在、世界初の近視進行抑制医療機器の製造販売承認取得に向けた治験を実施中です。 以上のとおりですので、窪田製薬ホールディングス株式会社(又はその子会社であるクボタビジョン・インク)が開発中の「クボタメガネ」と、当社が治験を実施している機器とは、全く異なるものでありますので、誤解をされぬようお願い申し上げます。 PR 当社は、知的財産権を有効に利用するとともに、現在進行中の治験を遂行し、サイエンスに基づいた世界初の光照射型の近視進行抑制医療機器の承認を目指し、開発を加速していく所存です。 つきましては、これまで同様のご指導、ご鞭撻、ご支援、及びお力添えをお願い申し上げます。 今後とも、株式会社坪田ラボをどうぞよろしくお願い致します。 EBioMedicine 2017 15 210-219, Violet light exposure can be a preventive strategy against myopia progression (株)坪田ラボ 近視研究に関わる関連論文 (2020年5月28日現在) 1 Torii H, …, Tsubota K. Violet Light Exposure Can Be a Preventive Strategy Against Myopia Progression. eBio Medicine, 2017. PR 2 Torii H, …, Tsubota K. Violet Light Transmission is Related to Myopia Progression in Adult High Myopia. Scientific Reports, 2017. 3 Jiang X, …, Tsubota K. A highly efficient murine model of experimental myopia. Scientific Reports, 2018. 4 Asbell PA and Tsubota K. Myopia control: current thoughts and future research. 5 Jiang X, …, Tsubota K. Progress and control of myopia by light environments. PR 6 Jiang X, …, Tsubota K. Inducement and evaluation of a murine model of experimental myopia. Journal of Visualized Experiments, 2019. Video 7 Mori K, …, Tsubota K. Oral crocetin administration suppressed refractive shift and axial elongation in a murine model of lens-induced myopia. Scientific Reports, 2019. PR 8 Tanaka Y, Kurihara T, Hagiwara Y, Ikeda SI, Mori K, Jiang X, Torii H, Tsubota K. Ocular-Component-Specific miRNA Expression in a Murine Model of Lens-Induced Myopia. Int J Mol Sci. 2019 Jul 24;20 15 :3629. 9 Yotsukura E, …, Tsubota K. Current Prevalence of Myopia and Association of Myopia With Environmental Factors Among Schoolchildren in Japan. JAMA Ophthalmology, 2019. 10 Mimura R, Mori K, Torii H, Nagai N, Suzuki M, Minami S, Ozawa Y, Kurihara T, Tsubota K. Ultra-Widefield Retinal Imaging for Analyzing the Association Between Types of Pathological Myopia and Posterior Staphyloma. J Clin Med. 2019 Sep 20;8 10 :1505. PR 11 Mori K, …, Tsubota K. The Effect of Dietary Supplementation of Crocetin for Myopia Control in Children: A Randomized Clinical Trial. Journal of Clinical Medicine, 2019. 12 Mori K, Kurihara T, Uchino M, Torii H, Kawashima M, Sasaki M, Ozawa Y, Yamagishi K, Iso H, Sawada N, Tsugane S, Yuki K, Tsubota K. High Myopia and Its Associated Factors in JPHC-NEXT Eye Study: A Cross-Sectional Observational Study. J Clin Med. 2019 Oct 25;8 11 :1788. PR 13 Mori K, Kurihara T, Jiang X, Ikeda SI, Ishida A, Torii H, Tsubota K. Effects of Hyperoxia on the Refraction in Murine Neonatal and Adult Models. Int J Mol Sci. 2019 Nov 29;20 23 :6014. 14 Mori K, Kurihara T, Jiang X, Ikeda SI, Yotsukura E, Torii H, Tsubota K. Estimation of the Minimum Effective Dose of Dietary Supplement Crocetin for Prevention of Myopia Progression in Mice. Nutrients. 2020 Jan 9;12 1. pii: E180.

次の

近視を治すメガネ開発へ 特殊な光で目に刺激、クボタビジョンが試作機で効果確認

クボタ メガネ

眼軸長が伸びると、眼球の中で焦点が網膜より手前に位置づけられるために、遠くが見えにくくなるが、「クボタメガネ」を着用で眼軸長の短縮を確認したそう。 によれば、360-400 nm の光(バイオレット光)が近視進行(眼軸長伸長)を抑制することを世界で初めて発見しており、360-400 nm の光(バイオレット光)を浴びたヒヨコの目では近視進行を抑制する遺伝子として知られている Early growth response 1 EGR1 [ZENK, zif268] が上昇していることで、近視の進行が抑制されている可能性があることがわかったそうです。 目を休める スマホやパソコンをよく見ている人 は定期的に目を休めることが重要です。 例えば、スマホやPCでインターネットのページ読み込み中は、遠く(5mぐらいでいい)を見るようにするなど。 ピントを合わせる毛様体筋は、遠くをみるとリラックス、近くをみると緊張するので、一時間に一度は遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげましょう。 寝たままで携帯電話を使うと、回旋(外回旋)という動きをして目が疲れてしまうためです。 周りが明るいと光の量を減らすために瞳を小さくしてしまうためです。 人差し指にしっかりとピントを合わせ、3秒数えます。 今度は、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数えます。 これを交互に10回繰り返します。 【関連記事】• 【関連記事】• 蒸しタオルで目を暖め血行をよくする 目の筋肉のこりを和らげることができます。 また、によれば、42度のシャワーで眼の周囲を温めると、目の疲労回復に効果があるそうです。 シャワーの熱が毛様体筋に伝わることで目の疲れを癒すのに効果があるようです。 ただ、目を温めればよいというわけではなく、仕事中(まだ目を使うとき)は目を冷やすようにし、寝る前に眼の筋肉を温め、目の筋肉をほぐすようにするとよいようです。 目の周囲をマッサージする 目の周りの皮膚は非常に薄く、刺激を与えすぎるといけないので、を参考にしてみてください。 近視の子供が将来「病的近視」により失明するリスクを眼底検査で早期発見 東京医科歯科大学の大野京子教授と横井多恵助教の研究グループによれば、眼球がいびつに変形し、視神経や網膜に障害が起きて失明につながる目の病気である 「病的近視」の患者には、 子どもの時から視神経に異常が現れる(視神経の周囲に萎縮が起きている)ことがわかったそうです。 つまり、子どもの時に、「病的近視」と 「学童近視」(眼鏡矯正などで視力を維持できる近視)を早期に見分けることができることによって、「病的近視」の子どもの症状の進行を抑える治療を行うことができれば、失明を食い止めることにつながるということですね。 【関連記事】• 普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、健康補助食品(・・)などを利用する 【関連記事】• 【近視 関連記事】• 投稿ナビゲーション 40代・50代へのおすすめオイル!• 40代・50代の美容法• 40代・50代に必要な栄養• 40代・50代の健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の