目 イラスト。 ジト目 (じとめ)とは【ピクシブ百科事典】

ジト目 (じとめ)とは【ピクシブ百科事典】

目 イラスト

よくある目の病気一覧 一言で目と言っても、中の構造は複雑です 目の病気には様々なものがあります。 涙腺や涙道を含む「涙器」を始め、「まぶた」「目の表面」などの目を細かなパーツに分けて、それぞれの箇所に起こる主な病気をまとめました。 ・眼瞼炎……まぶたが皮膚炎を起こし、赤くなったり痛くなったりする。 ・……まぶたに脂肪の塊ができて腫れる。 アレルギー性、老人性、ヘルペス性のものがある ・……まぶたに感染が起こってはれて痛くなる。 ・兎眼(とがん)……眼瞼の閉鎖不全。 顔面神経の麻痺で、まぶたを閉じられなくなり、目の表面に炎症が起こって赤くなることから、ウサギの目のように赤くなるということで兎目と名前がついた。 ・……(アレルギー性結膜炎、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、風邪による結膜炎、コンタクトレンズによる巨大乳頭結膜炎、フリクテン性結膜炎、春季カタル、ドライアイによる乾燥性結膜炎など) 結膜に異物(花粉、ウイルスなども広い意味での異物)が付着することにより、結膜に炎症が起こって、痛い、かゆい、赤いなどの症状が起こる。 ・瞼裂斑……結膜の3時、9時にあたる部分が分厚くなって、黄色くなったり赤くなったりする。 ・翼状片……結膜の3時、9時にあたる部分が分厚くなって、黄色くなったり赤くなったりして、角膜に入ってくる。 ・角膜炎……(角膜の細菌やアメーバや真菌やヘルペスウイルス感染症による角膜炎、コンタクトレンズによる表層点状角膜炎や角膜びらん、ドライアイによる表層点状角膜炎や角膜びらん) 角膜に炎症が起こり、痛みや充血が起こる。 ・円錐角膜……本来丸い角膜が変形して、紡錘形になってきて見づらくなる。 ・水泡性角膜症……角膜の裏の細胞(角膜内皮細胞)が減少し、角膜がにごってしまう。 ・顆粒状角膜変性症……角膜の表面に白い斑点ができてくる。 遺伝性の病気。 ・強膜炎……強膜に炎症が起こり、痛み、赤みが出る。 視野欠損を生じる。 日ごろからできる目のケア方法や、気になる人が多そうな視力回復法について紹介します。

次の

これが無料?優秀なフリーイラスト素材サイト30(商用利用可)

目 イラスト

よくある目の病気一覧 一言で目と言っても、中の構造は複雑です 目の病気には様々なものがあります。 涙腺や涙道を含む「涙器」を始め、「まぶた」「目の表面」などの目を細かなパーツに分けて、それぞれの箇所に起こる主な病気をまとめました。 ・眼瞼炎……まぶたが皮膚炎を起こし、赤くなったり痛くなったりする。 ・……まぶたに脂肪の塊ができて腫れる。 アレルギー性、老人性、ヘルペス性のものがある ・……まぶたに感染が起こってはれて痛くなる。 ・兎眼(とがん)……眼瞼の閉鎖不全。 顔面神経の麻痺で、まぶたを閉じられなくなり、目の表面に炎症が起こって赤くなることから、ウサギの目のように赤くなるということで兎目と名前がついた。 ・……(アレルギー性結膜炎、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、風邪による結膜炎、コンタクトレンズによる巨大乳頭結膜炎、フリクテン性結膜炎、春季カタル、ドライアイによる乾燥性結膜炎など) 結膜に異物(花粉、ウイルスなども広い意味での異物)が付着することにより、結膜に炎症が起こって、痛い、かゆい、赤いなどの症状が起こる。 ・瞼裂斑……結膜の3時、9時にあたる部分が分厚くなって、黄色くなったり赤くなったりする。 ・翼状片……結膜の3時、9時にあたる部分が分厚くなって、黄色くなったり赤くなったりして、角膜に入ってくる。 ・角膜炎……(角膜の細菌やアメーバや真菌やヘルペスウイルス感染症による角膜炎、コンタクトレンズによる表層点状角膜炎や角膜びらん、ドライアイによる表層点状角膜炎や角膜びらん) 角膜に炎症が起こり、痛みや充血が起こる。 ・円錐角膜……本来丸い角膜が変形して、紡錘形になってきて見づらくなる。 ・水泡性角膜症……角膜の裏の細胞(角膜内皮細胞)が減少し、角膜がにごってしまう。 ・顆粒状角膜変性症……角膜の表面に白い斑点ができてくる。 遺伝性の病気。 ・強膜炎……強膜に炎症が起こり、痛み、赤みが出る。 視野欠損を生じる。 日ごろからできる目のケア方法や、気になる人が多そうな視力回復法について紹介します。

次の

【ジト目にタレ目に切れ目】イラストの描き分け簡単!目の描き方全種類

目 イラスト

子どもは顔の全体のパーツがすべてやや下方にあるなど、 男女や 年齢の 描き分け に よって、 配置の バランスは 若干 異なり ます が、 目の 高さ は 大体 顔 の 輪郭 の 上下 の 中心 あたり に 位置 します。 顔の パーツ の 配置の 決め方 は、 人 に よって さまざま です。 た と え ば、 眉に あたる でっぱり の 部分 と 鼻 の 最 も 高 い 部 分 を 決 め て から、 その間 に 収まる よう に 描い たり、 目尻 と 耳 の 付 け 根 の 高 さ を 揃 える ライン を ひ い て から 描 い たり、 額 から 顎 先 まで の 縦 線 を 引 い て 自分 の 絵柄 に 合わせ た 比率 で 目 や 鼻 や 口 を 描 い たり する 方法 など が あり ます。 ただ、 つ り 目 や たれ 目、 極端 に 大きな 目 など、 絵柄 によって 目 の 位置 の 基準 と なる ライン が 変わる こと も ある ため、 自分 で 描 き や すく バランス を 取り やすい 方法 が あれ ば、 一点 の 方法 に こだわる 必要 は あり ま せん。 ただ、 顔 の 角度 が 変 わっ た 場合 に、 目 の 位置 が ずれ て しまう こと が 多い ので、 最初 に 輪郭 の 中 で 基準 に なる 線 は 引く よう に すると よい で しょう。 記 号 的 な 表現 を する 場合、 「笑顔 」は 目 を 上向き の 曲線 で 描く こと が 多い ですが、 実際 の 表情 では、 「微笑む 」、 「少し 目元 を ゆるめる 」、 「優しい 目 を する 」など、 目 を 開 い た まま ほんの 少し だけ 目 を 細める こと も 多い で しょう。 そうした、 好感 を 表現 する 目 を 描く 場合 は、 まぶた を 少し 閉 じ 気味 にし て、 眉 も 目 に 近 づ け ます。 目 を 細める 度合い が 強 く なるほど、 「笑顔 」に 近 づ き、 感情 が 強 く 表れる よう な 印象 に なり ます。 まぶた や 眉 が 逆 の 動き に なる の が、 「驚き 」の 表現 です。 目 は 黒目 の 円形 が すべて 見える くらい に 上下 に 大 きく 開き、 眉 の 位置 も 上 が って 目 と の 間 が 広がり ます。 実際 の 人間 の 目 は どんなに 驚 い て も 黒目 の 大 き さ が 小 さく なる こと は ありま せん が、 目 を 見開く こと で 白目 に対する 黒目 の 割合 が 小 さく 見える ため、 漫画 的 な 表現 として は 黒目 を 小 さく 描く 場合 も あり ます。 漫画 的 な 表現 では、 目 の 中 や 目 の 付近 に 星 や 弾 けた 光 の 粒、 ハート など、 驚き の 種類 に 合わせ た 効果 が 加 え られる こと も あり ます。 「驚き」 の うち、 悲しみ など の 強い ショック を 受け た 場合 の 表現 として は、 黒目 の 部分 を 含む、 本来 黒 く 描 か れ て いる 部分 も すべて 白 く 描く 場合 など も あり ます。 「 悲しみ 」の 感情 は、 「泣く 」という 行為 で 表現 さ れる こと が 多い ですが、 眉 尻 や 目尻 など 目 の 外側 を 下げる だけ でも、 「悲しみ 」や 「落胆 」、 「悲しみ や 辛 さ を こらえる 」といった、 マイナス の 感情 を 表す こと が でき ます。 黒目 を 下 に 描 き、 視線 を 下 に 落とす と、 「しょんぼり 」と した 印象 が 強 く なり ます。 涙 を 描く 時 は、 潤 ん だ 目 を 表す ため、 黒目 を やや 大 きく 描 い たり、 黒目 の 輪郭 を ぼや か した り ぶ れ さ せ たり といった 表現 方法 が あり ます。 涙 が 流れる 場合 は、 一気に 溢 れ 出す 場合 や、 ゆっくりと 涙 が 目の下 に たま って こぼれ落ちる 場合 など が あり ます が、 目 から あふれ た 涙 は、 まっすぐ では なく 頬 の 膨 ら み に 沿 って 流れ ます。 同じ マイナス の 感情 でも、 「怒り 」を 表す 場合 は、 眉 尻 や 目尻 など 目 の 外側 が 上がり ます。 眉 の 内側 の 眉根 は、 どちら も 場合 も やや 力 が 入る ため、 場合 によって は 眉間 に シワ を よせ て 表現 する こと も あり ます。 怒り の あまり 涙 が にじむ 場合 は、 目尻 が 上 が って いる ため、 涙 は 目頭 に たまる 方 が 自然 に 見え ます。 「甘え 」や 「戸惑い 」、 「媚 び 」など は、 上目遣い で 表現 する こと が でき ます。 相手 の 感情 を うかがう 場合 に も 上目遣い で 表現 でき ます。 単純 に 上方 を 見る 場合 に は、 視線 だけ で なく 顔 も 上向く こと が 多い ですが、 上目遣い は 顔 の 角度は そのまま、 もしくは 逆に 少し 下 を 向き ます。 目 は 上下 に 開き 気味 に なり、 眉の 位置 も やや 上がり ます。 眠って いる 時 や 自然 に 軽 く 閉 じ た 場合 は、 力 が 入 って い ない ため、 まつげ の 生 えて いる 閉 じ た まぶた の ライン は 開 い た 時 の 目の下 の ライン と ほぼ 同じ 位置 で 重 なり ます。 閉 じ た 場合 に まぶた の 上 に 眼球 の 丸み を 示す ライン を 入れ て も よい で しょう。 恐怖 や 緊張 で 目 を 閉じる など、 強 く 閉 じ た 目 を 表現 する 場合 は、 頬 の 筋肉 ごと 下 まぶた が 持ち上がる ため、 まつげ の 生 えて いる 閉 じ た まぶた の ライン は 少し だけ 上 に 描く と 効果 的 です。 また、 まぶた や 眉間 に シワ が 寄り ます。 強 く 閉 じ た 目 の 表現 は、 目 に 砂 など が 入 っ た 時 や 顔 を しか め た 時 など に も 使う こと が でき ます。 漫画 的 に は 考え事 や 悩み 事 の 表現 として 使う こと も あり ます。 「 笑顔 」の うち 「にっこり と 笑う 」など 笑顔 の 度合い の 強い 場合、 実際 に は かなり 細め た 目 を 閉 じ た 目 として 描く こと も あり ます。 また、 単に 記号 的 な 「笑顔 」の 表現 として、 上向き に 弓なり に 閉 じ た 目 を 描く こと も 多く あり ます。 片目 のみ を 閉じる、 ウインク を 描く 時 は、 閉 じ た 方 の 眉根 が 下がる など、 眉 も 同時に 動く と、 単に 片目 を 閉 じ た だけ では なく 意図 的 に 閉 じ て 力 が 入 って いる こと が わか りや すく なり ます。 ウインク を 描く 場合 は、 顔 を 真正面 から 描く ほか、 やや 閉 じ た 目 の 方 を 向い た 角度 から 描 き、 開 い て いる 方 の 目 も 対象 の 方 を 向い て いる よう に すると、 ウインク を 向け たれ た 対象 が 明確 に なり ます。 ベース の 肌色 は 一番 下 の レ イヤー で 塗 って いき ます。 墨 で 描 い た 線 の 上 に、 赤 系 の 色 で 線 を 重ねる こと で、 肌 と の なじみ を よく し てい ます。 その 上 に レ イヤー を つくり、 まず 白目 を 塗り ます。 白目 は 真っ白 では なく、 少し 青 や グレー が か っ た 色 に すると 澄 ん だ 印象 の 目 に なり ます。 そして、 黒目 の 部分 に、 今回 は 緑 系 の 色 で グラデーション を かけ ま した。 次は影の レイヤー です。 白目 部分 を 中心に、 瞼の 下の 影を 「乗算」 で描いて います。 次は 光 の レ イヤー です。 光 は、 「覆い 焼き 」53 %にし てい ます。 今回 は 涙 目 で うるうる と した 状態 を 表現 する ため に、 色々 な 色 を ちり ば め てい ます。 涙 用 の レ イヤー も 作成 し ます。 涙 部分 を 中心 に 白 で 光 を 足 し てい ます。 重ねた色の境界を指先ツールなどでぼかしてなじませます。 ぼ か した 上 に、 細かい 部分 を 細い ブラシ に 持ち か えて 描 き 起 こ し、 メリハリ を つけ ます。 まぶた と 眼球 に 高低 差 が ある ので、 目 の 内側 に も 影 を 入れ ます。 また、 影 だけ で なく 瞳孔 の 周囲 に ある 虹彩 など も 描 き 加える と、 より 立体 感 が 出 ます。 塗る たび に、 指先 ツール など で こまめ に ぼかし てい き ます ので、 同一 レ イヤー で 作業 する こと が 多い ですが、 印象 を 引き締める ため に、 最後 に シャープ な 線 を 加える 時 は、 別 レ イヤー にし て も よい で しょう。 最後 に 上 に 1 枚 レ イヤー を つく って、 白 で 光 を 入れ ます。 光 は 瞳孔 の 脇 や 虹彩 に 沿 って 入れる と、 つややか な 印象 に 仕上がり ます。 アニメ 塗り の 場合 は、 細かい 線 は 省略 し、 線、 色、 影、 光 と 段階 ごと に レ イヤー を 分け ます。 昔 の アニメ は 濃淡 表現 の ない セル 画 を 用 い てい た ため、 アニメ 塗り という 場合 は パーツ ごと に べた 塗り と 言 われる 濃淡 の ない 塗り 方 が 基本 です。 しかし、 最近 は アニメ も デジタル で 作画 さ れる ため、 グラデーション など も 使用 さ れ てい ます。 そのため、 アニメ 塗り という 言葉 が 指す イメージ も 広 が って います。 塗り 方 に は、 ほかに も ツール の 特性 を 活 か した 多種 多様 な 技法 が あり ます。 いろいろ な 技法 を 試す 中 で、 自分 だけ の 方法 を 編み 出し、 感情 豊か な 目 の 表現 を さらに 広 げ て いける と よい です ね。

次の