エホバ コロナ。 新型コロナウイルスで家族を亡くした兄弟姉妹を支える

コロナの影響で最近はとんと見かけなくなりましたが、エホバの証人とい

エホバ コロナ

キリスト教系列の新興宗教ですね。 客観的になおかつわかりやすく書かれているものとして下記の記事をみつけましたので全文引用します。 <問い> エホバの証人(ものみの塔)という団体から何度も訪問を受けていますが、どういう宗教団体ですか。 <答え> 百年余り前にアメリカで生まれた新興宗教で正式名は「ものみの塔聖書冊子協会」といいます。 聖書の神はエホバという名前だとし、それを証(あか)す人々という意味で「エホバの証人」と呼ばれています。 聖書を用いていますが独特の解釈をしており、カトリックやプロテスタントなど一般のキリスト教は「ものみの塔」をキリスト教と認めていません。 使っている聖書の内容も、一般のものとは違っています。 アメリカのニューヨーク市内ブルックリンに本部(統治体)、各国に支部があり、日本の信者は推定二十万人余。 圧倒的に女性が多いけれど、女性は組織の指導者にならないという原則があります。 組織の上下関係の厳しさや、「とり決め」(戒律)の多さで知られ、戒律には訪問伝道の実践をはじめ、輸血や選挙、格闘技、クリスマス、誕生祝い、法事の拒否など、細かいものをあわせると三千以上あるともいわれています。 聖書にあるハルマゲドン(この世の終わり)は必ず来る。 エホバの証人だけが、その後の楽園(パラダイス)に生き残ることができる。 ただし、そのためには多くの戒律を守り実践しなければならないと説きます。 各家を訪ね『ものみの塔』『めざめよ』の冊子を配るのも、その実践の一つ。 そのときの、静かな語り口や物腰も定められた戒律の一つとされています。 「ものみの塔」の名前を出さずに「ホロコースト展」などを開催するという活動もしています。 元信者や家族による「被害者の会」もつくられ、同会などは「マインドコントロールにより人権や命の尊厳を奪い、家庭崩壊を招いている」と批判しています。 エホバの証人(ものみの塔)とは?.

次の

見学: エホバの証人のカナダ支部

エホバ コロナ

ハルマゲドン-エホバの証人は世界の終わりを予言している エホバの証人はこの世の中がもう直ぐ終わると思っています。 この腐り切った世の中がリセットされて、エホバの証人やエホバを信じる人たちで構成された楽園がくるのです。 エホバの証人は一生懸命伝道活動をしています。 みんなにエホバの言葉を届けて、信じてもらって、 みんなで楽園に行きたいと思っています。 だから今日も頑張って、駅の前に立ったり、皆さんのおうちに行っています。 ハルマゲドンとは世の終わりの日 さて、この世界のリセット、世界の終わりの日をハルマゲドンといいます。 映画の世界では、隕石が降ってきて人類が滅亡したりしていますが、聖書の中ではそれはないと書かれています。 それはないとは書いてあるけど、どうなるかは書かれていません。 ハルマゲドンはいつ来るのか 聖書では、世の中の状況が最悪になった時・人類の苦しみが最もひどくなる時にハルマゲドンがくると書かれています。 どうでしょうか、どの項目も今の時代にすごく当てはまっていることではないでしょうか? 特に今、パンデミックと宣言された新型コロナウィルス は、 そこからここへと疫病があります。 をまさしく表しているのではないでしょうか? 新型コロナウィルス はパンデミックとして、世界的に伝染している 新型コロナウィルス はハルマゲドンのしるし 伝染病が流行っただけでは終わりの日が来るとは言い切れません。 しかし聖書ではこれらのことが頻繁に起きる、世に溢れ返ると予言していました。 聖書は2000年以上前の書物です。 科学が発達して、文明も豊かになった今でなお これほどの苦しみが世界に蔓延っています。 洞察力を働かせましょう。

次の

見学: エホバの証人のカナダ支部

エホバ コロナ

ハルマゲドン-エホバの証人は世界の終わりを予言している エホバの証人はこの世の中がもう直ぐ終わると思っています。 この腐り切った世の中がリセットされて、エホバの証人やエホバを信じる人たちで構成された楽園がくるのです。 エホバの証人は一生懸命伝道活動をしています。 みんなにエホバの言葉を届けて、信じてもらって、 みんなで楽園に行きたいと思っています。 だから今日も頑張って、駅の前に立ったり、皆さんのおうちに行っています。 ハルマゲドンとは世の終わりの日 さて、この世界のリセット、世界の終わりの日をハルマゲドンといいます。 映画の世界では、隕石が降ってきて人類が滅亡したりしていますが、聖書の中ではそれはないと書かれています。 それはないとは書いてあるけど、どうなるかは書かれていません。 ハルマゲドンはいつ来るのか 聖書では、世の中の状況が最悪になった時・人類の苦しみが最もひどくなる時にハルマゲドンがくると書かれています。 どうでしょうか、どの項目も今の時代にすごく当てはまっていることではないでしょうか? 特に今、パンデミックと宣言された新型コロナウィルス は、 そこからここへと疫病があります。 をまさしく表しているのではないでしょうか? 新型コロナウィルス はパンデミックとして、世界的に伝染している 新型コロナウィルス はハルマゲドンのしるし 伝染病が流行っただけでは終わりの日が来るとは言い切れません。 しかし聖書ではこれらのことが頻繁に起きる、世に溢れ返ると予言していました。 聖書は2000年以上前の書物です。 科学が発達して、文明も豊かになった今でなお これほどの苦しみが世界に蔓延っています。 洞察力を働かせましょう。

次の